サイトのデザインが新しくなりました。

Cribl、AIコパイロットを発表しデータ管理を強化

Cribl AIコパイロット データ管理強化

サンフランシスコに拠点を置くCriblは、企業がデータを一元管理して観測性を向上させるための新たなツールを発表しました。

このNEWSをAIが簡単要約
  • CriblがAIコパイロット機能を導入
  • データ管理と観測性が向上
  • ITとセキュリティの分野で強化

同社はCribl Streamを提供するデータ観測パイプラインプロバイダーとして2017年に設立されました。

2024年にはデータ湖サービスを開始し、新たにAIコパイロット機能を導入。

Criblの共同創設者兼CEOであるクリント・シャープ氏は、同社がITとセキュリティのためのデータエンジンとしての役割を強化していると述べています。

Criblのプラットフォームには、データストリームを処理するCribl Stream、データを移動させずにクエリを実行するCribl Search、データ収集のためのCribl Edge、およびAmazon S3上に構築されたデータ湖であるCribl Lakeが含まれます。

新たに導入されたAIコパイロットは、ユーザーが自然言語で製品スイート全体を操作できるようにするものです。

具体的には、Apacheウェブログを解析してJSONに変換するパイプラインの生成や、HTTPコード別にエラーを時間ごとにチャート化するログ検索などが可能です。

シャープ氏は、このAIコパイロットを構築するのに多くの時間と努力を要したと述べ、特に技術的な質問に対する正確な回答を提供するために多くの学習が必要だったと説明しています。

今回の新機能により、Criblは観測性市場での競争を超え、ITとセキュリティの分野でのデータ管理をより一層強化しています。

参考記事:Cribl

生成AIを社内で活用していきたい方へ

「生成AIを社内で活用したい」「生成AIの事業をやっていきたい」という方に向けて、朝の通勤時間に読めるメルマガを配信しています。

最新のAI情報を日本最速で受け取りたい方は、以下からご登録ください。

また、弊社紹介資料もご用意しておりますので、併せてご確認ください。

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次