サイトのデザインが新しくなりました。

【Physgaussian】置き物のキツネをまるで生きているように動かせるヤバいAIツール

Physgaussian AIツール

メディア事業部AIライターの中井です。

PhysGaussian」というツールをご存知ですか?

PhysGaussianとは、物理ベースのニュートンダイナミクスと3Dガウスカーネルを統合し、高品質なモーション合成を生成するものです。

これは、映画『アバター』で人間の動きをリアルタイムでエイリアンのキャラクターに変換している技術に似ています。

AIによるモーション合成技術も、現実世界の動きを別の形態に変換する点で似ているかもしれません。

この記事では、PhysGaussianの概要や特徴、使用する際の注意点を紹介します。

最後まで読んでいただくことで、PhysGaussianの概要や特徴がわかり、高品質なモーション合成を作成できるようになるでしょう。

ぜひ最後までお読みいただき、参考にしてください!

目次

PhysGaussianの概要

PhysGaussianは、3D ガウスカーネルを物理ベースのニュートンダイナミクスと統合することで、高品質なモーション合成を実現する革新的な方法です。

この方法は、物質点法をカスタマイズして、物理的に意味のある属性を持つ3D ガウスカーネルをシミュレーションおよびレンダリングできます。そのため、従来の3Dオブジェクトのシミュレーションおよびレンダリング方法と比較して、より高い柔軟性とリアリズムを実現します。

PhysGaussianは、3Dモデリングとアニメーションの分野において、新たな可能性を開く重要な技術です。その革新性と応用範囲の広さにより、多くの分野での利用が期待されています。

参考記事:Meet PhysGaussian: An Artificial Intelligence Technique that Produces High-Quality Novel Motion Synthesis by Integrating Physically Grounded Newtonian Dynamics into 3D Gaussians

なお、 AutoGPTについて詳しく知りたい方は、下記の記事を合わせてご確認ください。
AutoGPTとは?インストール方法から使い方まで徹底解説!【Windows・MacOS】

PhysGaussianの特徴

PhysGaussianの特徴を4つ紹介します。

PhysGaussianは、さまざまな材料の素材の特性を捉え高品質なモーション合成を生成できる便利なツールです。

以下を参考にして、PhysGaussianを使用してみてください。

物理ダイナミクスの統合

PhysGaussianは、3Dガウスと物理的に基礎づけられたニュートン力学を統合することで、物理的に正確なニュートンダイナミクスを捉えます。

この統合により、固体材料のリアルな挙動や慣性効果を含む、より正確な物理的表現が可能です。物理ダイナミクスの統合は、3Dオブジェクトの動きをシミュレートする際に、実際の物理法則に基づいたリアルな動きを再現できます。

例えば、金属やプラスチックなどの固体材料をシミュレートする場合、これらの材料が実際にどのように曲がったり、衝撃に反応したりするかを物理法則に基づいて正確に表現できます。これは、単に視覚的な模倣ではなく、物理的な特性を考慮した動きを再現するのです。

そのため、PhysGaussianは3Dガウスとニュートン力学の統合により、固体材料の動きを正確に捉えられます。

3Dガウスカーネルの物理特性

PhysGaussianでは、3Dガウスカーネルに特定の物理特性が与えられています。

この技術により、3Dガウスカーネルは、実際の物理的な挙動を模倣することが可能です。具体的には、弾性エネルギーや応力、塑性などの機械的特性と、速度やひずみなどの運動学的特性が与えられます。そのため、3Dガウスカーネルは、物理シミュレーションと視覚表現の両方をリアルに駆動することが可能になります。

例えば、3Dガウスカーネルに弾性エネルギーが与えられると、物体が外力によって変形した後、元の形に戻ろうとする挙動をシミュレートできます。また、応力や塑性の特性を持つことで、物体が力を受けた際の変形や永久的な変化を再現可能です。

したがって、PhysGaussianの3Dガウスカーネルの物理特性は、物理シミュレーションと視覚表現の両方においてリアルな動きや挙動を可能にする重要な要素です。

カスタマイズされた物質点法(MPM)の使用

PhysGaussianは、特別に設計された物質点法(MPM)を使用しています。

この技術は、連続体物理学の概念に基づいており、3Dオブジェクトの物理的な挙動を正確にシミュレートすることを可能にします。

具体的には、金属や弾性素材の動きをシミュレートする場合、カスタマイズされたMPMはそれらの素材の物理的特性を正確に捉え、リアルタイムでのレンダリングに反映させることが可能です。そのため、表示されるデータ(レンダリングされた画像)とシミュレートされるデータ(物理的な挙動)の不一致や解像度のミスマッチが解消されます。

要するに、PhysGaussianは3Dオブジェクトのシミュレーションとレンダリングの精度を一貫性を大幅に向上させる重要な要素なのです。

さまざまな材料での動的生成

PhysGaussianは、多様な材料に対応する動的な生成を可能にします。

この技術は、物理的特性を持つ3Dガウスカーネルを使用して、異なる種類の材料の動きや挙動をリアルにシミュレートできます。そのため、物理的な現実に基づいた動きの合成が可能です。

例えば、PhysGaussianは金属や弾性素材のような固体の挙動をシミュレートできます。さらに、非ニュートン流体粘塑性素材(フォームやゲルのような通常の流体と異なる性質を持つ素材)や粒状媒体(砂や土などの粒子状の素材)の動きも再現可能です。

これらの材料はそれぞれ異なる物理的特性を持っており、PhysGaussianはこれらの特性を正確に捉え、シミュレートできます。

したがって、PhysGaussianは、金属から非ニュートン流体、粒状媒体に至るまで幅広い材料の動的な生成とシミュレーションを可能にする強力なツールです。

PhysGaussianの注意点

PhysGaussianは、3Dガウスを物理的に基礎づけられたニュートン力学と統合することで、高品質な新しい動きの合成を実現する技術ですが4つの注意点があります。

ぜひ、参考にしてください。

  1. 物理ベースのシミュレーションとレンダリングを統合するため、高度な数学的知識が必要。
  2. 高密度の物質点を使用すると、シミュレーションの精度が向上するが、計算時間が増加する。
  3. 一部のユーザーにとっては、学習コストが高くなる可能性がある。
  4. 複雑なシーンや動きに対しては、まだ限界がある。

上記の注意点を理解し、PhysGaussianを使用することが重要です。

なお、ChatGPTのリスクについて詳しく知りたい方は、下記の記事を合わせてご確認ください。
ChatGPTを企業利用するリスクと対策5選|実際の企業事例と共に解説

まとめ

PhysGaussianは、3Dガウスカーネルを物理ベースのニュートンダイナミクスと統合することで、高品質なモーション合成を生成する革新的な技術です。

この技術は、さまざまな材料の素材の物理的特性を把握し動きの挙動をリアルに再現できます。また、リアルタイムでレンダリングに反映できるため、表示されるデータとシミュレートされるデータの不一致や解像度のミスマッチが解消できます。

PhysGaussianには、高度な数学的知識が必要だったり、高密度の物質点を使用すると計算時間が増加したりと注意が必要です。

しかし、PhysGaussianは3Dグラフィックスと物理シミュレーションの分野において、リアリズムや効率性・多様性を大幅に向上させることが期待されています。

AIの進化により、アバターのような世界観が近づいているのかもしれません。

サービス紹介資料

生成系AIの業務活用なら!

・生成系AIを活用したPoC開発

・生成系AIのコンサルティング

・システム間API連携

最後に

いかがだったでしょうか?

弊社では

・マーケティングやエンジニアリングなどの専門知識を学習させたAI社員の開発
・要件定義・業務フロー作成を80%自動化できる自律型AIエージェントの開発
・生成AIとRPAを組み合わせた業務自動化ツールの開発
・社内人事業務を99%自動化できるAIツールの開発
ハルシネーション対策AIツールの開発
自社専用のAIチャットボットの開発

などの開発実績がございます。

まずは、「無料相談」にてご相談を承っておりますので、ご興味がある方はぜひご連絡ください。

➡︎生成AIを使った業務効率化、生成AIツールの開発について相談をしてみる。

生成AIを社内で活用していきたい方へ

「生成AIを社内で活用したい」「生成AIの事業をやっていきたい」という方に向けて、生成AI社内セミナー・勉強会をさせていただいております。

セミナー内容や料金については、ご相談ください。

また、弊社紹介資料もご用意しておりますので、併せてご確認ください。

投稿者

  • Hiromi Sai

    ChatGPTメディア運営 / テクニカルライター リベラルアーツ専攻。大学休学中は、Webマーケティング会社のマネージャーとしてライター、ディレクター100名のマネジメントをする。南米のチリとタイでの長期居住歴を持つ。

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次