サイトのデザインが新しくなりました。

【生成AI×ディレクター】AIの登場でディレクターの働き方が変わる!おすすめツールも紹介

生成AI ディレクター AI ディレクター 働き方 変わる おすすめツール 紹介

生成AIをディレクターの業務に導入する企業が最近になって増えてきました。

ディレクター業務には人間による判断が求められそうな部分が多い気がしますが、それではディレクター業務のどの部分で生成AIを導入しているのでしょうか。

この記事では、ディレクター業務に生成AIを導入するメリットとおすすめツール、そして導入する際の注意点についてご紹介します。最後まで読むことで、自社業務への生成AI導入の検討がしやすくなります。

ぜひ最後までご覧ください!

目次

生成AIの導入でディレクターの働き方が変わる

ディレクターの業務では、人間による判断が必要な場面が多いですが、逆にそれ以外の業務は生成AIに任せることによって、より効率的に業務を進めることができます。

実際にアドバンスト・メディアの調査によると、業務に生成AIを導入している企業に活用用途を聞くと、「文章作成」がトップ(57.7%)で、「文章・会議・日報などの要約」(47.4%)、「文章の添削・校正」(44.3%)と続いたそうです。※1

このように自分の業務の中でAIにできそうな部分を任せて、クリエイティブな作業や重要な判断はディレクター自身が行う、という働き方がこれから主流になってくるでしょう。

 

ディレクター業務に生成AIを導入するメリット

ここでは、ディレクターの業務にAIを導入するメリットをご紹介します。

あなたが以下の業務を担当している場合、生成AIによって一気に効率化できる可能性が高いので、生成AI導入の際の参考にしていただければ幸いです!

会議音声などの文字起こし

生成AIを導入することによって、会議音声の自動文字起こし機能で会議内容の記録が迅速かつ正確に行われるため、議事録作成にかかる時間を大幅に短縮できます。

そのため、ディレクターは議事録作成に時間を取られることなく、会議後すぐに次のタスクに取り掛かることができます。

また、生成AIは外国語にも対応できるため、国際的なチームでも活用可能です。そして、会議の内容を後から簡単に検索でき、情報の共有と後での振り返りが簡単になります。

スケジュール管理の効率化

生成AIは、ディレクターのスケジュールを自動で最適化し、ダブルブッキングや時間的に無茶な移動などがないようにしてくれます。その結果、重要な会議やタスクに集中できる時間が増えます。

また、スケジュールの変更や調整も素早く行うことができ、思わぬ急な予定変更にも柔軟に対応できます。

さらに、会議の出席者のことも考慮し、最適なスケジュールを提案することもできるため、調整にかかる負担が少なくなります。

メンバー対応の簡略化

生成AIを導入することで、AIチャットボット自動メール生成を活用し、例えば顧客からのよくある質問に対する自動応答や、定型文の自動生成によって対応を簡略化できます。

その分、ディレクターは個別対応にかける時間を減らし、より重要な業務に専念できます。

さらに、生成AIはメンバーのパフォーマンスを分析し、それぞれのメンバーに合わせたフィードバックをすることもできます。こうすることで、チーム全体の生産性が向上し、メンバーのモチベーションも高まります。

リスク管理

生成AIは大量のデータを解析し、潜在的なリスクを早期に発見することで、問題の発生前に策を講じることができます。

例えば、プロジェクトの進捗状況や市場の変動をリアルタイムで監視し、異常が検出された際には即座にアラートを発信するようにできます。

生成AIによってディレクターはリスクを管理し、プロジェクトの成功率を高めることができます。

また、生成AIは過去のデータを基にリスクパターンを学習し、将来のリスク予測精度を向上させ、より信頼性の高いリスク管理を行うこともできます。

なお、生成AIでの顧客対応について詳しく知りたい方は、下記の記事を合わせてご確認ください。

ディレクター業務を効率化するAIツール3選

それでは、ディレクター業務を効率化するための優れたAIツールを3つ紹介します。各ツールの特徴を理解し、業務に適したツールを選ぶことで、日々の業務をよりスムーズに進めることができます。

Commu

参考:https://commu.co.jp/

Commuは、タスク管理、進捗追跡、コミュニケーションの一元化ができ、プロジェクトの全体像をリアルタイムで把握してタスクの進行状況を簡単に把握できるツールです。

タスクをチケットとして管理し、ガントチャートで可視化することにより、プロジェクトの全体像を把握しやすくなり、各タスクの進捗状況をリアルタイムで確認できます。

そして、報告漏れやタスクの放置を防ぐためにチャットボットが適切なタイミングでチケットの更新を促す機能や、チームのナレッジを一元管理するWiki機能もついています。

開発会社株式会社Curious Edge
特徴AIが毎日のタスク管理や全体の進捗状況管理をするプロジェクトマネジメントツール。
機能タスクをチケット化し、ガントチャートで可視化。期限が近いものはチャットボットで通知
料金プランフリープラン:無料スタンダードプラン:月1078円ビジネスプラン:月2420円プレミアムプラン:月11550円(税込。いずれも年額契約だと2ヶ月分が無料)
サイトCommu

TARA.AI

参考:http://TARA.AI

TARA.AIは、Jira、GitHubなどのツールと連携し、プロジェクト管理とタスク自動化を行うエンジニア向けのAIツールです。

タスクが細かく分割され、それぞれの進捗状況がリアルタイムで追跡され可視化されます。また、スプリントボードを使ってドラッグアンドドロップでタスクの優先順位を簡単に調整できます​。

また、リアルタイム通知機能もあり、重要な更新やブロッカーの発生を即座に知らせてくれます。

さらに、Slackなどのコミュニケーションツールとも連携し、スプリントレポートやタスクの通知を自動で送信できます。

開発会社Tara Intelligence Inc.
特徴ソフトウェアエンジニア向けのプロジェクト管理とタスク自動化ツール
機能Github、Slackなどエンジニアにとって欠かせないツールとの連携
料金プランInsights Core:25ドルInsights Plus:35ドルEnterprise:要問い合わせ
サイトTARA.AI

Whisper

参考:https://openai.com/index/whisper/

Whisperは、音声認識と自動文字起こしのためのAIツールです。会議やインタビューの際にWhisperを活用することで、音声を即座にテキストに変換し、記録できます。

高い精度で音声を認識し、多くの言語へ翻訳することもできます。これによって会議の議事録作成やインタビューの内容整理をかなり効率的に進めることができます。

さらに、データはテキスト化されるので、簡単に検索・編集が可能となり、情報の管理もよりしやすくなります。

開発会社OpenAI
特徴多言語対応、高性能な文字起こしツール
機能音声データのリアルタイム文字起こしと翻訳、APIを通じて他のツールやアプリと連携
料金プランGithub版:無料API版:1分につき、0.006ドル
サイトWhisper

ディレクター業務で生成AIを導入する際の注意点

ここでは生成AIをディレクター業務に導入する際の注意点を解説します。ディレクター業務にはコアとなる作業が多いので、注意点をしっかり踏まえた上でチーム全体がストップしないように気をつけて作業しましょう。

機密情報が漏洩する可能性がある

生成AIを導入する際、最も注意すべき点の一つは機密情報の漏洩リスクです。

AIツールは大量のデータを扱うため、情報漏洩のリスクが常に伴います。例えば、会議の音声データや顧客情報が外部に流出する可能性があります。これを防ぐために、AIツールを選定する際にセキュリティ機能が十分に備わっているかを確認しましょう。

また、定期的なセキュリティチェックや従業員へのセキュリティ教育も重要な対策です。

イレギュラーな対応ができない

生成AIは通常の業務は非常に効率を良くしてくれますが、イレギュラーな状況に対する対応には限界があります。例えば、予期しないトラブルでは、AIが適切な対応を取れないことがあります。

ディレクターは、生成AIツールの限界を理解し、重要な決定やイレギュラーな対応は人間ができるようにする体制を整えておくことが必要です。

また、AIが対応できない状況に備えて、バックアップや緊急対応マニュアルを準備しておくことも重要です。

誤った情報を出力する可能性がある

生成AIは大量のデータを基に判断を行いますが、そのデータが不正確であったり、学習データが偏っていたりすると、誤った情報を出力する可能性があります。

例えば、AIが生成する報告書や分析結果に誤りがあると、ディレクターの判断に悪影響を及ぼすことがあります。

このため、生成AIを使用する際には、出力された情報の精査が必要です。特に重要な決定に関するデータについては、複数の情報源を確認する必要があります。

なお、生成AIのリスクについて詳しく知りたい方は、下記の記事を合わせてご確認ください。

ディレクター業務を生成AIで補完しよう

生成AIの導入は、ディレクター業務を効率的にする反面、いくつかの注意点も存在します。機密情報の漏洩リスク、イレギュラーな対応の難しさ、誤った情報の出力など、これらのリスクをきちんと把握して管理する必要があります。

生成AIのメリットを最大限に活かすためには、セキュリティ対策やバックアッププランの整備、そして情報の精査が不可欠です。

AIツールを有効活用しつつ、最終的には人間が判断する形で業務を進めることで、これまでよりもさらにディレクター業務を効率的に進めることができるでしょう。

サービス紹介資料

生成系AIの業務活用なら!

・生成系AIを活用したPoC開発

・生成系AIのコンサルティング

・システム間API連携

WEELの生成AIへのスタンス

我々はむやみやたらにAIツールの使用をお勧めしていません。

AIツールでできることはほとんどがChatGPTやStable Diffusionなどの大元のAIサービスで行えるからです。
※国内のAIツールの多くはChatGPTだけでも完結できるソリューションを展開しています。

もし、自社で生成AIを活用したいという場合は
1. ChatGPTをフルで使えるようになる
2. 業務を生成AIに解けるタスクまで分解し、自動化する
のどちらかが良いと思います。

弊社では
1の場合、生成AIセミナーの実施や生成AIコンサルティングなどで、AI専門家による生成AI活用指導
2の場合、PoC開発やソリューション開発などで、LLMエンジニアやAIコンサルタントが御社にあったAIツールの開発を行います。

無料相談にてご相談を承っておりますので、興味がある方は以下からご連絡ください。
無料相談で話してみる

生成AIを社内で活用していきたい方へ

「生成AIを社内で活用したい」「生成AIの事業をやっていきたい」という方に向けて、朝の通勤時間に読めるメルマガを配信しています。

最新のAI情報を日本最速で受け取りたい方は、以下からご登録ください。

また、弊社紹介資料もご用意しておりますので、併せてご確認ください。

投稿者

  • 晋平大竹

    生成AIの登場に大きな衝撃を受けたWebライター。好きなAIツールは、ChatGPTとAdobeFirefly。AIがこれからの世界を良い方向に導いてくれると信じ、正しい&有益な情報を発信し続けています!

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次