【ChatGPT内蔵ロボット特集】ターミネーターかよ!? 人類に反逆してきそうな事例5選!

この記事では、ChatGPTを内蔵し、さまざまなことが出来るようになったロボットについて紹介します。
ChatGPTとロボットが連携することで、ロボットにタスクを実行してもらったり、人とおしゃべりができるようになったり。気になる方は最後までご覧ください!

なお弊社では、生成AIツール開発についての無料相談を承っています。こちらからお気軽にご相談ください。
→無料相談で話を聞いてみる

目次

ファービー人形も最新技術で大変身!

押し入れで眠っているファービー人形がChatGPT搭載ファービーに生まれ変わりました。
やはり実際に会話できると愛着も倍増ですね!
昔のおもちゃが最新技術で蘇るのは感慨深い!
このまま進化が続くとドラえもんも夢物語ではなさそうです!

自然言語でドローンや6軸ロボットの操作も!?

産業用ロボットの事例もあります!
Microsoftが公開した技術デモでは、なんと自然言語による指示でロボットの操作が出来るんです!
ロボットアームを操作してブロックを並べさせたり、ドローンを使って棚の確認などの活用方法が紹介されています。
さまざまな産業分野でChatGPTが活用される日はそう遠くはなさそうです!

ChatGPTとスタックチャンを組み合わせて会話能力を持つ”おしゃべりロボット”を作成!

手のひらサイズのコミュニケーションロボット「スタックチャン」。
これにOpenAIの最新技術であるChatGPTを搭載して、より高度な会話能力を持つロボットを作成しています!
なんと3000円くらいで作れるらしいので私も時間があれば作ってみたいです!

ブログで作り方も解説しているので興味があれば是非!

日本語はまだ変だけど、多言語対応ロボット”Ameca”が驚きの会話力を披露!

イギリスのスタートアップ企業「Engineered Arts」社が開発した人型ロボット「Ameca」の紹介です!
なんと頭部に搭載された17個のモーターにより、人間のような表情が実現できます。
さらにChatGPTが搭載されており、複数の言語での会話が可能になっているとのことです。
日本語も話せるということでしたが、ちょっぴり変だなぁという印象。
そして表情や動作がリアルで怖い……笑

Switch news
ロボット「Ameca」が複数の言語を披露、奇妙な日本語を話してしまう ChatGPTボットと同じ技術が使われた人型ロボット「Ameca」が、複数の言語を流暢に話す動画が公開されている。

多脚歩行ロボット制御もChatGPTで!

3Dプリンターやサーボモーターを駆使して作った多脚歩行ロボット。
このロボットにChatGPTで会話をしながら指示を出すこともできるようです!
トコトコとした足の動きがなかなか可愛いですね!

最後に

いかがだったでしょうか?

弊社では

・マーケティングやエンジニアリングなどの専門知識を学習させたAI社員の開発
・要件定義・業務フロー作成を80%自動化できる自律型AIエージェントの開発
・生成AIとRPAを組み合わせた業務自動化ツールの開発
・社内人事業務を99%自動化できるAIツールの開発
ハルシネーション対策AIツールの開発
自社専用のAIチャットボットの開発

などの開発実績がございます。

まずは、「無料相談」にてご相談を承っておりますので、ご興味がある方はぜひご連絡ください。

➡︎生成AIを使った業務効率化、生成AIツールの開発について相談をしてみる。

生成AIを社内で活用していきたい方へ

「生成AIを社内で活用したい」「生成AIの事業をやっていきたい」という方に向けて、生成AI社内セミナー・勉強会をさせていただいております。

セミナー内容や料金については、ご相談ください。

また、弊社紹介資料もご用意しておりますので、併せてご確認ください。

投稿者

  • ChatGPT Media

    株式会社WEELが運営する生成系AI関連メディア「生成AI Media」は、AIの専門家によるWebメディアです。 AIに特化した編集部がAIの活用方法、導入事例、ニュース、トレンド情報を発信しています。

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次