サイトのデザインが新しくなりました。

【Petals】パラメーター100B超えのLLMを自宅のPCで動かす方法

Petals LLM 動かす方法 無料

皆さん、PetalsというLLMプラットフォームをご存知ですか?

なんと、大規模言語モデルが、Google Colabやご自宅のGPUで動かせるようになるんです。

扱えるモデルは、Llama2(70B)やFalcon(180B)などのパラメータ数が特級クラスのものばかり。誰でも、Google Colabさえあればこれらのモデルを動かせます。

ということで、今回の記事ではPetalsというLLMプラットフォームの概要、導入、実際に使ってみた感想についてまとめています。

この記事を最後まで読むと、Petalsを理解できるようになります。

ぜひ最後までご覧ください!

なお弊社では、生成AIツール開発についての無料相談を承っています。こちらからお気軽にご相談ください。
→無料相談で話を聞いてみる

目次

Petalsの概要

Petalsは、家庭用のGPUやGoogle Colabを使用して、大規模な言語モデルを実行するためのプラットフォームです。動かせるモデルは、Llama 2(70B)、Falcon(180B)、BLOOM(176B)など、化け物クラスのパラメータ数を誇るLLMばかりです。

そんなPetalsの特徴は以下の4点です。

分散型パイプライン:Petalsは、高速なニューラルネットワークの推論のための分散型パイプラインとして動作します。モデルはいくつかのブロックに分割され、それぞれが異なるサーバー上でホストされます。

透明性:ブロックの各入力と出力はネットワーク上で送信されるため、モデルのレイヤー間にタスク固有のアダプタを挿入することが可能です。これにより、サーバー上の事前学習済みモデルを変更することなく、軽量な微調整が可能となります。

実用性:Petalsのインターフェースは、Transformersライブラリに非常に似ており、複雑なロジックなどは表示されず、分かりやすいUIになっています。

ベンチマーク:Petalsは、同様のプラットフォームであるオフロードとの性能を比較して、レイテンシーが3〜25倍速いことが比較実験で示されています。

分散型パイプラインについてもう少し詳しく説明すると、Petalsで大規模なモデルを動かせるのは、、BitTorrentのようなP2Pの通信手法をとっているからです。

P2Pを使うと、容量の大きなファイルを大勢のユーザーで分散し共有することができます。BitTorrentの技術は、高速で効率的なデータ転送を可能にするため、Petalsプラットフォームは大規模なモデルもスムーズに動作させることができるということですね。

さらにPetalsは、ファインチューニングやサンプリング方法も使用できるため、多様な用途に対応しています。

ここまでPetalsの概要をご説明してきましたが、ここからは実際に使いながら機能を紹介していきます。

なお、有名大規模言語モデルであるLlama2について詳しく知りたい方は、下記の記事を合わせてご確認ください。
【Llama 2】オープンソース版ChatGPTの使い方〜ChatGPTとの比較まで

Petalsの料金体系

Petalsはオープンソースプロジェクトであり、GitHubから無料でダウンロードして使用することができます。

ただし、Google Colab Pro / Pro + を使う場合、月額1,179円 / 5,767円がかかります。

それでは、気になるPetalsの導入方法を見ていきましょう。

Petalsの導入方法

以下のGoogle Colabファイルにアクセスします。

Petals – Getting started with Llama 2 and Stable Beluga 2 (GPU Colab)

画面上部のメニューバーからRuntime →Change runtime type をクリックします。

GPUを選択します。今回は、共有したColabファイルの初期設定のまま、T4 GPUを使いました。

以下を実行しPetalsのパッケージをインストールします。

%pip install git+https://github.com/bigscience-workshop/petals

実行すると以下のような画面になります。

次に、以下を実行し、StableBeluga2というモデルをロードします。

import torch

from transformers import AutoTokenizer

from petals import AutoDistributedModelForCausalLM

model_name = "petals-team/StableBeluga2"

# You could also use "meta-llama/Llama-2-70b-chat-hf" or any other supported model from 🤗 Model Hub

tokenizer = AutoTokenizer.from_pretrained(model_name, use_fast=False, add_bos_token=False)

model = AutoDistributedModelForCausalLM.from_pretrained(model_name)

model = model.cuda()

このようになったら準備完了です。

ちなみに、”meta-llama/Llama-2-70b-chat-hf”モデルを使う場合は、Metaにアクセストークンをリクエストする必要がありますので、以下の手順でリクエストを送信してください。

まずは、こちらのURLにアクセスします。
meta-llama/Llama-2-70b-chat-hf

下にスクロールするとこんな画面があるので、「I agree…」にチェックを入れて、Submitを押しましょう

以下のように、リクエストに成功と出たらOKです。

次にHugging Faceのアクセストークンを取得します。

Hugging Faceにログインした状態で、以下のページにアクセスします。
settings/tokens

New tokenをクリックして生成します。

終わったら、Google Colabで、以下のコマンドを実行。

!huggingface-cli login --token your-access-token

Login successfulと出たらOKです!

Llama-2-70b-chat-hf モデルを選択して実行する。

import torch

from transformers import AutoTokenizer

from petals import AutoDistributedModelForCausalLM

model_name = "meta-llama/Llama-2-70b-chat-hf"

tokenizer = AutoTokenizer.from_pretrained(model_name, use_fast=False, add_bos_token=False)

model = AutoDistributedModelForCausalLM.from_pretrained(model_name)

model = model.cuda()

以下のようになっていたらOKです!

Petalsを実際に使ってみた

ここからは、Petalsで出来ることを実際に試していきます。

テキスト生成

まずは、テキスト生成から。
以下を実行すると、文章の続きを生成してくれます。

今回の場合、「A cat in French is」に続く文章が生成されます。

inputs = tokenizer('A cat in French is "', return_tensors="pt")["input_ids"].cuda()

outputs = model.generate(inputs, max_new_tokens=3)

print(tokenizer.decode(outputs[0]))

実行結果はこちらです。

「A cat はフランス語でun chat だ」と出力されています。

ちなみに、この処理は、初めてのときだけPetalsのネットワークに接続するからすごく重いです。

リアルタイムでのトークン生成

次は、リアルタイムでのトークン生成について。

以下を実行すると、出力が1トークンずつ生成されるところを確認できます。

fake_token = tokenizer("^")["input_ids"][0] # Workaround to make tokenizer.decode() keep leading spaces

text = "What is a good chatbot? Answer:"

prefix = tokenizer(text, return_tensors="pt")["input_ids"].cuda()

with model.inference_session(max_length=30) as sess:

for i in range(20):

# Prefix is passed only for the 1st token of the outputs

inputs = prefix if i == 0 else None

# Let's use sampling with temperature = 0.9 and top_p = 0.6 to get more diverse results

outputs = model.generate(inputs, max_new_tokens=1, session=sess,

do_sample=True, temperature=0.9, top_p=0.6)

今回のプロンプトは「What is a good chatbot? Answer:」です。

これに対する回答がトークンごとに出力されていきます。

段階を追って出力される様子は以下のとおりです。

チャットボットの作成

次はチャットボットについて。

以下を実行すると、会話ができるチャットボットを作れます。

with model.inference_session(max_length=512) as sess:

while True:

prompt = input('Human: ')

if prompt == "":

break

prefix = f"Human: {prompt}\nFriendly AI:"

prefix = tokenizer(prefix, return_tensors="pt")["input_ids"].cuda()

print("Friendly AI:", end="", flush=True)

while True:

outputs = model.generate(prefix, max_new_tokens=1, session=sess,

do_sample=True, temperature=0.9, top_p=0.6)

outputs = tokenizer.decode([fake_token, outputs[0, -1].item()])[1:]

# Now, let's print one new token at a time

print(outputs, end="", flush=True)

if "\n" in outputs or "</s>" in outputs:

break

prefix = None # Prefix is passed only for the 1st token of the bot's response

このように入力欄ができます。

「Hello」と書いてみると、あいさつが返ってきました!

Petalsの推しポイントである大規模言語モデルのロードは本当にできるのか?

それでは、推しポイントを確認していきます。
以下が推されていたので、実際に比較していきましょう。

  • LLama 2(70B)モデルなどの大規模モデルをGoogle Colabや家庭用GPUで動かせる。

比較する環境は、Google Colab のA100 GPUです。

というわけで、Petalsを使った場合と使わなかった場合で本当に変化があるのか検証していきます。

Petalsを使わない場合

まずは、以下を実行し、Llama-2-70b-chat-hfをロードしました。

from transformers import AutoTokenizer

import transformers

import torch

# モデルID

model = "meta-llama/Llama-2-70b-chat-hf"

# トークナイザーとパイプラインの準備

tokenizer = AutoTokenizer.from_pretrained(model)

pipeline = transformers.pipeline(

"text-generation",

model=model,

torch_dtype=torch.float16,

device_map="auto",

)

モデルをロードする段階でディスクがパンパンに。

ですから、そのあともプロンプトを入力していますが動きません。

ずっとセルの実行ボタンがクルクルしてます。

Petalsを使った場合

以下を実行し、同様にLlama-2-70b-chat-hfモデルをロードしました。

import torch

from transformers import AutoTokenizer

from petals import AutoDistributedModelForCausalLM

model_name = "meta-llama/Llama-2-70b-chat-hf"

# model_name = "meta-llama/Llama-2-70b-hf"

# model_name = "petals-team/StableBeluga2"

# You could also use "meta-llama/Llama-2-70b-chat-hf" or any other supported model from 🤗 Model Hub

tokenizer = AutoTokenizer.from_pretrained(model_name, use_fast=False, add_bos_token=False)

model = AutoDistributedModelForCausalLM.from_pretrained(model_name)

model = model.cuda()

問題なくロードできました。

ディスク容量の圧迫具合も全然違います。

ちなみに、過去に記事を書きたかったのですが、実行できずに断念したFalcon-180Bモデルも実行してみました。

import torch

from transformers import AutoTokenizer

from petals import AutoDistributedModelForCausalLM

# model_name = "petals-team/StableBeluga2"

model_name = "tiiuae/falcon-180B"

# You could also use "meta-llama/Llama-2-70b-chat-hf" or any other supported model from 🤗 Model Hub

tokenizer = AutoTokenizer.from_pretrained(model_name, use_fast=False, add_bos_token=False)

model = AutoDistributedModelForCausalLM.from_pretrained(model_name)

model = model.cuda()

1800億のモデルが無事にロードできました!

Falcon-180Bは、本来ならA100GPUが8機必要らしいので、それが1機で難なくロードできているとなると、1/8以下のリソースで使用できることになるので、本当に便利ですね!

このプラットフォームを活用することで、今まで使えなかった強力なモデルをローカルで利用して、様々なタスクをこなすことが出来そうです。

なお、BLOOMについて詳しく知りたい方は、下記の記事を合わせてご確認ください。
【BLOOM】大規模言語モデルの原点!?世界60カ国、1,000人以上の研究者による珠玉のLLMを使ってみた

まとめ

Petals は、家庭用のGPUやGoogle Colabを使用して、Llama 2(70B)、Falcon(180B)、BLOOM(176B)などの大規模な言語モデルの実行を可能にするためのプラットフォームです。

これは、BitTorrentのようなP2Pの通信手法をとって、モデルをいくつかに分割して、異なるサーバ上でロードすることで実現しています。

実際に使ってみた感想は、通常ではクラッシュしてしまうような規模のモデルのロードも難なく行うことができ、そのモデルを使って、推論の実行やチャットボットの作成もできました。

このプラットフォームを使えば、これまで使えなかったモデルが使えるようになり、LLMの活用の幅が広がると思うので、もしこの記事を読んで気になった方は、是非使ってみてください!

サービス紹介資料

生成系AIの業務活用なら!

・生成系AIを活用したPoC開発

・生成系AIのコンサルティング

・システム間API連携

最後に

いかがだったでしょうか?

弊社では

・マーケティングやエンジニアリングなどの専門知識を学習させたAI社員の開発
・要件定義・業務フロー作成を80%自動化できる自律型AIエージェントの開発
・生成AIとRPAを組み合わせた業務自動化ツールの開発
・社内人事業務を99%自動化できるAIツールの開発
ハルシネーション対策AIツールの開発
自社専用のAIチャットボットの開発

などの開発実績がございます。

まずは、「無料相談」にてご相談を承っておりますので、ご興味がある方はぜひご連絡ください。

➡︎生成AIを使った業務効率化、生成AIツールの開発について相談をしてみる。

生成AIを社内で活用していきたい方へ

「生成AIを社内で活用したい」「生成AIの事業をやっていきたい」という方に向けて、生成AI社内セミナー・勉強会をさせていただいております。

セミナー内容や料金については、ご相談ください。

また、弊社紹介資料もご用意しておりますので、併せてご確認ください。

投稿者

  • Leon Kobayashi

    必ずフォローすべきAIエバンジェリスト(自称) => 元東証一部上場ITコンサル (拙者、早口オタク過ぎて性に合わず退社)<-イマココ 【好きなもの】リコリコ・しゃぶ葉 宜しくおねがいします。

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次