GPT4が無料で使える!?ChatGPTへ課金する前に検討してほしいAIサービス2選

ChatGPT GPT4 AIサービス 無料

GPT-4は文脈理解や複雑なタスクへの対応力がGPT-3に比べて向上しているため、より自然で人間らしいテキストを生成することができます。そのため、ChatGPTのGPT-4はテキスト生成や翻訳、創作など、さまざまな用途に活用されています。

しかし、ChatGPTのGPT-4を使うには月額$20の支払いが必要です。GPT-4を採用している無料で気軽に使えるサービスがあるので、本当に無料で使えるのか?と気になり、試してみました!どのように使うのかもご紹介しますので、ChatGPTに月額$20支払う前にぜひ参考にしてみてください。

なお弊社では、無料で使えるAIサービスについて無料相談を承っています。こちらからお気軽にご相談ください。
→無料相談で話を聞いてみる

目次

GPT4を無料で利用できるAIサービス

基本的にGPT4.0は有料機能ですが、一部AIサービスでは制限はあるものの、ある程度無料で利用することができます。ここでは、GPT4を無料で試せるサービスを紹介します。

①ora.sh

ora.sh は、ユーザーが簡単に独自のAIチャットボットを作成できる先進的なプラットフォームです。誰でも独自のAI (Ora) を作成してパーソナライズし、共有できます。この機能を利用してGPT4を使うことができます。

利用制限があるのか気になって調べたのですが、公式には明記されていません。しかし、内部的にはGPT-4 APIを使っているはずなので、運営元は使われるたびに従量課金されると考えられます。そのため、どこかにキャッシュポイントがあり、利用制限がかかる可能性はあると思います。

とはいえ、現時点では利用制限を感じることなく、自由に試すことができるのです。とにかく無料で使えてしまうのでGPT-4に興味がある方は、ぜひ試してみてください!

使い方はこちら↓

ora.shにアクセスすると、こんな画面が表示されます。

②初めての場合は、サインアップが必要。クリックすると……

③こんな画面に。使いたいGoogle アカウントを選んでサインアップ!

④サインアップは完了ですが、この画面になっちゃう……

⑤ですので、もう一度、ora.shにアクセス。

これで、準備は完了です。実際に使ってみます!

文字を変換するたびに入力されてしまったため、画像のようにとぎれとぎれの指示文になってしまいました。本当は、「PythonでMySQLに接続するためのプログラムを書いて」と1文で入れたかった…。ですが、メモ帳など使えば解決できそうですね!!

②Bing

Bing は、Microsoftが提供する検索エンジンで、GPT-4モデルを活用しています。ユーザーはBingのウェブサイトを訪れるか、Bing Chat for All Browsersの拡張機能をインストールしてGPT-4モデルを利用できます。


こちらは、内部的にGPT-4を使っています。ChatGPTより優れている点は、「2021年問題」を解消していること。「2021年問題」とは、ChatGPTの回答はインターネットにある情報に基づいて生成されるため、2021年以降に更新された情報は反映されていないというものです。

そのため、最新の情報に基づいた回答が必要な場合は、ChatGPTでは不十分でした。BingのAIチャット機能は、GPT-4のアップデートに伴って最新の情報をもとにトレーニングされるため、「2021年問題」を解消しています。

つまり、Bing AI Chatは最新の情報に基づく回答を生成することができます。

例えば、「日本の総理大臣は?」と聞くと……

菅さんという回答が!ChatGPTの学習データが2021年9月までなので仕方ありません。

ですが、BingAIはこれを解消した上で無料。つまりインターネットから、最新情報をキャッチして、さらに賢いAIが回答文を作ってくれるんです!めっちゃ嬉しい!もちろん、BingAIに「日本の総理大臣は?」だと、岸田さんと回答してもらえます!

使うためには、

  • Microsoft アカウントの作成
  • ウェイティングリストへの登録

が必要です。

また、「ウェイティングリストに登録しているのに、なかなかBing AIが使えない!」という方もご安心ください。「Microsoft アカウントの誕生日の登録」を行うと解決するかもしれません。

BingのAIチャット機能を利用する上でのポイントは、モード選びです。リサーチで使う場合は、正確な情報を得ることが重要なので、厳密モードを選ぶのがおすすめです。

私もリサーチで使うときは、厳密モードを選んでいます。厳密モードは、事実にもとづく簡潔な回答を得ることができるため、誤った情報を教えてこない印象があります。

nat.devは無料でGPT4が使えなくなった

nat.devとは、様々なAIツールにアクセスできるプラットフォーム。ChatGPTをはじめ多くのAIツールを取り扱っていました。以前は、nat.devでGPT-4が無料利用できるという情報がありましたが、2024年1月時点では無料で利用できません。

確認の結果も参考になると思うので下記に記載します。

①このURLをクリックするとログイン画面に。Google Accountを使ってSignUpしましょう

②使いたいGoogle Accountを選んで……

③ログイン完了!こんな画面に。あれ……5ドル支払えの文字が……。

一旦、「×」をクリックして、無視。プロンプトを書いて、Submitを入力してみると……

残金が足りませんの文字が!!仕方ありませんが、無料では利用できないようです。

ということで、nat.devでは無料ではなく5ドル必要になります。無料で使いたい場合は、最初にご紹介したora.shを使う方が無難です。こちらに5ドル払う価値があるのかは、また別記事で検証したいと考えています!!

なお、無料で使えるGPT-4のライバルについて知りたい方はこちらをご覧ください。
Claude 2の日本での使い方解説!料金体系やセキュリティ、ChatGPTとの違いについても解説

GPT-4 Turboを無料で使えるツールはある?

2023年11月に公開されたばかりのGPT-4の最新版「GPT-4 Turbo」。こちらを無料で使えるツールはないのでしょうか?調べてみた結果、2つのツールが見つかりました。

ラクリン

こちらのラクリンというツールは、ブログ記事作成に特化したツールですが、GPT-4 Turboを内蔵しています。無料で利用することも可能です。その代わり、フリープランだと利用可能トークン数が20,000トークンと約1記事書けるかどうかの制限があります。GPT-4 Turboを試してみたい方向けでしょう。

リートン

無料・無制限でGPT-4を使えるコンテンツ生成プラットフォームリートン」(wrtn)は、2024年下旬に大型アップデート1月下旬に実施。GPT-4 Turboを無料で使えるようにすると発表しています。一般ユーザーは利用時間に制限があるようですが、リリースされたらぜひ使ってみたいですね。

なお、GPT-4 Turboについて知りたい方はこちらをご覧ください。
【GPT 4 Turbo】ChatGPT最強モデル!APIの使い方や料金、できることを解説

GPT-4のAPIを無料で使う方法はある?

GPT-4はAPIを利用して使うこともできます。ただし、無料で使う方法は見つかりませんでした。GPT-4のAPI料金は、Open AIのページに表記されています。

現状では、無料で使う方法は見当たりませんでした。

無料で使えるGPT-4は、日本語に対応してる?

上記で紹介したAIシステムは、全て日本語に対応しています。そもそもChatGPTのGPT-4が日本語対応しているので、当然と言えば当然かもしれませんね。

英語で入力しなくても、きちんと精度の高い回答をしてくれるので、安心して利用できますね。無料で、しかも日本語で利用できるので、ぜひ活用してみてください。

なお、日本語に特化した生成AIについて知りたい方はこちらをご覧ください。
【やってみた】Japanese Stable LM Alpha、Stability AIの日本語言語モデルを実践解説

GPT-4を無料で気軽に試せるサービスがある

GPT-4はGPT-3に比べて文脈理解や複雑なタスクへの対応が向上しており、自然なテキスト生成が可能です。ChatGPTのGPT-4は月額$20で提供されていますが、中にはそうした月額料金の負担が重く感じる方もいるでしょう。

そんな方は、今回紹介した無料利用できる代替サービスを活用してみてください!

最後に

いかがだったでしょうか?

弊社では

・マーケティングやエンジニアリングなどの専門知識を学習させたAI社員の開発
・要件定義・業務フロー作成を80%自動化できる自律型AIエージェントの開発
・生成AIとRPAを組み合わせた業務自動化ツールの開発
・社内人事業務を99%自動化できるAIツールの開発
ハルシネーション対策AIツールの開発
自社専用のAIチャットボットの開発

などの開発実績がございます。

まずは、「無料相談」にてご相談を承っておりますので、ご興味がある方はぜひご連絡ください。

➡︎生成AIを使った業務効率化、生成AIツールの開発について相談をしてみる。

生成AIを社内で活用していきたい方へ

「生成AIを社内で活用したい」「生成AIの事業をやっていきたい」という方に向けて、生成AI社内セミナー・勉強会をさせていただいております。

セミナー内容や料金については、ご相談ください。

また、弊社紹介資料もご用意しておりますので、併せてご確認ください。

投稿者

  • Leon Kobayashi

    必ずフォローすべきAIエバンジェリスト(自称) => 元東証一部上場ITコンサル (拙者、早口オタク過ぎて性に合わず退社)<-イマココ 【好きなもの】リコリコ・しゃぶ葉 宜しくおねがいします。

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次