サイトのデザインが新しくなりました。

AIライティングツールを賢く使いこなす! メリットを理解してライティング効率を爆上げしよう

AIライティングツール 賢く 使いこなす メリット ライティング効率 爆上げ

WEELメディア事業部リサーチャーのいつきです。

みなさんはすでに、AIライティングツールを活用されていますでしょうか?

最近ではSEO対策の機能まで備えた便利なツールが登場するなど、その機能はもはや文章を作成するのみにとどまりません。

そこで今回は、AIライティングツールを使うメリット・デメリットと、おすすめのAIライティングツールをご紹介します。最後までご覧いただくと、AIライティングツールを導入できるようになるので、これまで多くの時間を費やしてきた文章作成の業務から解放されるかもしれません

ぜひ最後までご覧ください。

目次

AIライティングツールとは

AIライティングツールとは、その名のとおり生成AIの技術を使って瞬時に文章を生成できるツールです。

生成AIはライティングに必要なデータを大量に学習しているため、入力したキーワードやトピックに基づいて瞬時に文章を提案してくれます。

なお、AIライティングツールに備わっているのは文章の生成機能だけではありません。構成作成機能や添削機能などを備えたツールも存在するので、精度の高い文章を作成できます。

とくに、AIライティングツールによって執筆時間を大きく削減できるのがポイント。空いた時間をよりクリエイティブな作業に充てられるので、個人やチームの生産性向上に大きく貢献できます。

なお、法人向けのライティングツール「Writer」について詳しく知りたい方は、下記の記事を合わせてご確認ください。

AIライティングツールを使うメリット

AIライティングツールを使うメリットとして、以下の4つが挙げられます。

  • 瞬時に文章を生成できる
  • 様々なジャンルに対応できる
  • 誤字脱字を減らせる
  • SEO対策ができる

とくに、文章をすぐに作れるのが大きなメリットです。ほかにも、さまざまな便利機能を備えたツールもあるため、作れる文章の質は以前よりも向上しています。

以下で、それぞれのメリットを解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

瞬時に文章を生成できる

AIライティングツールの1番のメリットといえば、瞬時に文章を生成できることです。膨大な量の学習データを備えたAIが記事に必要な情報を瞬時にまとめてくれるので、ライターは事実確認や細かい表現の修正に集中できます。

とくに、文章は書き出しで最も時間がかかるものですが、AIライティングツールならその心配もいりません。提案された文章を自分なりにまとめれば、一般公開できるレベルの文章がすぐに出来上がりますよ。

リサーチにかかる時間も大幅に削れるので、ライターは訴求面の見直しなど、よりクリエイティブな作業に時間を費やせます。

様々なジャンルに対応できる

AIライティングツールは、すでに様々なジャンルに対応できるレベルにまで進化しています。ジャンルが変わるたびに別のツールを導入する必要がないので、コストを節約できるのが大きなメリットです。

また、自分で必要な情報を学習データとしてアップロードできるツールもあります。自分の執筆ジャンルに応じてカスタマイズできるので、使うたびに文章の精度が向上していくはずです。

専門性の高い文章の作成も任せられるので、ぜひ一度AIライティングツールを使ってみてください。

誤字脱字を減らせる

AIライティングツールを使えば、誤字脱字を減らせます。やはり人間がタイピングして文章をしているとタイピングミスや変換ミスが付きものですが、AIならその心配が入りません。

また、AIライティングツールには、添削機能を搭載したものもあります。自分の手で作成した文章をアップロードすれば、誤字脱字をすぐに指摘してくれるので、チェックにかかる時間を大幅に削減できますよ。

誤字脱字は信頼性や権威性の低下につながるので、AIライティングツールで対策しておきましょう。

SEO対策ができる

AIライティングツールでは、SEO対策ができるのも大きなメリットです。対策したいキーワードを入力するだけで、必要な情報をピックアップして、生成する文章に反映してくれます。

なお、SEO対策とはSearch Engine Optimizationの略で、自社の記事を検索結果の上位に表示させるための施策を指しています。SEO対策では、以下のような施策を行う必要がありますが、AIライティングツールなら一瞬でこなしてくれます。

  • 検索ボリュームの多いキーワードを選定
  • 競合調査
  • 再検索されやすいキーワードの盛り込み

本来であればかなりの時間を要する作業ですが、効率化してほかの作業に集中できるのがAIライティングツールの強みです。

おすすめAIライティングツール6選

ここからは、おすすめのAIライティングツールを6つご紹介します。

今回紹介するAIライティングツールをまとめました。

  • らいたー君
  • BLOGA200文字程度
  • Value AI Writer by GMO
  • イルシル
  • AIブログくん
  • RakuRin(ラクリン)

以下で詳しい機能を解説していくので、自分に合ったAIライティングツールを探してみてください。

らいたー君

参考:https://raita-kun.arvo.net/
プラン月額特徴
Free無料記事作成2回
メールサポート
GPT-4 Tubro
画像挿入
Lite5,980円記事作成10回
メールサポート
GPT-4 Tubro
画像挿入
Standard9,800円記事作成30回
メールサポート
GPT-4 Tubro
画像挿入
Pro59,800円記事作成45回
メールサポート
GPT-4 Tubro
画像挿入
順位調査
SEOコンサル
電話サポート

らいたー君は、最新のGPT-4 Turboを搭載したAIライティングツールです。上位サイトを参考に、SEOを意識した記事をワンクリックで作成してくれます。

プランは上記4つに分かれており、なんと無料プランも用意されています。記事作成回数は上位プランほど増える仕組みですが、まずは無料プランで使い勝手を試してみましょう。

BLOGAI

参考:https://ai-blog-writing.com/lp/blogai/
プラン月額特徴
フリー無料目次作成
本文作成
セールスライティング
リライト
SEO診断
スタンダード2,480円フリープランの全機能
ファクトチェック
キーワード調査
トピッククラスター生成・カニバリ調査
PROモード使用可能:30回/月
記事一括作成機能:通常10記事/月、PRO4記事/月
プレミアム6,480円スタンダードプランの全機能
PROモード使用可能:100回/月
記事一括作成機能:通常30記事/月、PRO15記事/月

BLOGAIは、現役AIブロガーが開発したブログ特化型のAIライティングツールです。UIがシンプルで使いやすく、価格の安さにも魅力があります。

提供しているプランを表にまとめましたが、フリープランでも記事の作成数に制限はありません

なお、BLOGAIの記事作成機能には2つのモードがありますが、通常モードはGPT-3.5 turbo(高速)、PROはGPT-4 turboで高品質な文章を生成できます。

価格の安さや多機能さを求めるなら、おすすめのツールです。

Value AI Writer by GMO

参考:https://www.value-domain.com/value-aiwriter/
プラン月額特徴
エントリー1,650円作成可能記事数:5記事
見出し作成:GPT-4
本文作成:GPT-3.5
文字数制限:12.5万文字
ベーシック2,970円作成可能記事数:11記事
見出し作成:GPT-4
本文作成:GPT-4選択可能
文字数制限:27万文字
プロ10,780円作成可能記事数:50記事
見出し作成:GPT-4
本文作成:GPT-4選択可能
文字数制限:150万文字
エキスパート43,780円作成可能記事数:300記事
見出し作成:GPT-4
本文作成:GPT-4選択可能
文字数制限:1000万文字

Value AI Writer by GMOは、インターネット事業大手のGMOインターネットグループが提供しているAIライティングツールです。ChatGPTの機能を内蔵しており、見出しや本文を簡単に生成できます

なお、提供プランは4種類あり、それぞれ文字数や作成な記事数に差があります。どのプランも5日間は無料で試せるので、興味が湧いた方はぜひ試してみてください。

イルシル

参考:https://irusiru.jp/
プラン月額特徴
フリープラン0円作成可能ドキュメント数:3個まで
構成生成AIで入力可能な文字数:1,600文字
パーソナルプラン1,680円作成可能ドキュメント数:無制限
構成生成AIで入力可能な文字数:3,000文字
PDF/PPTX可
ビジネスプラン2,980円作成可能ドキュメント数:無制限
構成生成AIで入力可能な文字数:10,000文字
PDF/PPTX可
メンバー招待
カスタマーサポート

イルシルは、AIの技術でスライド資料を自動生成できるツールです。キーワードを入力するだけで、AIが長文の文章を考えてそのまま資料にできます。

なお、プランは上記の3つですが、ビジネスプランならメンバー招待をして複数人で使えるのがポイント。会社やチームで導入して、社内会議や営業資料の作成効率化に役立ててみてください。

AIブログくん

参考:https://www.ai-blogkun.com/
プラン月額特徴
無料0円3記事の作成
各記事の画像挿入とタグの自動作成
Googleへ無料インデックス送信
検索キーワード分析
キーワード追跡
Lite4,900円15記事の作成
各記事の画像挿入とタグの自動作成
Googleへ無料インデックス送信
検索キーワード分析
キーワード追跡
Starter9,900円50記事の作成
各記事の画像挿入とタグの自動作成
Googleへ無料インデックス送信
検索キーワード分析
キーワード追跡

AIブログくんは、対策キーワードを入力するだけで、自動でブログ記事を作成してくるAIライティングツールです。本文の文章を生成するだけでなく、画像挿入やGoogleへのインデンクス送信機能など、多様な機能を備えています。

また、AIブログくんは無料プランでも豊富な機能を使えるのがポイント。ほかのAIライティングツールでは無料プランで機能を大きく制限している一方、AIブログくんはすべての機能を利用できます。

とくに、検索キーワードの分析といった、SEO対策には欠かせない機能も無料で使えるので、まずは無料で試してみてはいかがでしょうか。

RakuRin(ラクリン)

参考:https://rakurin.net/
プラン月額特徴
フリー0円利用可能数:20,000トークン
毎月約1記事を作成可能
シルバー4,980円利用可能数:200,000トークン
毎月約10記事を作成可能
ゴールド9,980円利用可能数:60,000トークン
毎月約30記事を作成可能
プラチナ29,980円利用可能数:2,000,000トークン
毎月約100記事を作成可能

RakuRin(ラクリン)は、記事作成に特化したAIライティングツールです。モデルにはGPT-4 Turboを採用しているので、高品質な文章を素早く生成できます。

なお、プランは4つ用意されており、フリープランなら支払い方法の登録なしで利用できるのがポイント。機能はどのプランでも同一でシンプルですが、その分初心者でも扱いやすいといえます。

まずはフリープランで1記事作成してみて、使い勝手を試してみてはいかがでしょうか。

AIライティングツールを使う際の注意点

AIライティングツールはとても便利なツールですが、以下4つの点に注意する必要があります。

  • ハルシネーションを起こす可能性がある
  • 不自然な日本語が出力される可能性がある
  • 著作権を侵害してしまう可能性がある

それぞれの注意点を詳しく解説するので、使用する前に一度確認してみてください。

ハルシネーションを起こす可能性がある

AIライティングツールで文章を生成すると、ハルシネーションを起こす可能性があります。ハルシネーションとは、生成AIが幻覚をみているかのように嘘の情報を出力する現象のことです。

このハルシネーションを起こすと、情報の発信元となる企業や個人の権威性・信頼性を失うので、注意しなければなりません。ハルシネーションを起こさないためにも、文章生成後のファクトチェックを徹底しましょう。

不自然な日本語が出力される可能性がある

AIライティングで出力された日本語は、稀に不自然になることがあります。これはGPT-4をはじめとした言語モデルが、文法の難しい日本語をまだ完全に掴みきれていないためです。

したがって、生成AIが出力した文章をそのまま掲載すると、読者からは読みにくい文章にうつります。ストレスの原因となり、記事などから離脱される原因となりうるので注意しましょう。

著作権を侵害してしまう可能性がある

AIライティングツールで生成した文章をそのまま掲載すると、著作権を侵害してしまう可能性があります。これは生成AIに学習させる段階で、他人の著作物を学習している可能性があるためです。

たとえ、知らずに著作権を侵害してしまったとしても、訴えられれば企業や個人の信用を失います

したがって、AIライティングツールで生成した文章をそのまま使うのではなく、一度著作権を侵害していないかチェックすることが重要です。

なお、生成AIの企業利用・開発のリスクを詳しく知りたい方は、以下の記事もご覧ください。

AIライティングツールで文章作成を効率化しよう

AIライティングツールは、生成AIの技術を使って瞬時に文章を生成できるツールです。使用することで、以下のようなメリットを受けられます。

  • 瞬時に文章を生成できる
  • 様々なジャンルに対応できる
  • 誤字脱字を減らせる
  • SEO対策ができる

最近のAIライティングツールはただ文章を生成するだけにとどまりません。キーワード選定や競合分析など、SEO対策ができるツールも存在します。

とくにおすすめのAIライティングツールを以下にまとめました。

  • らいたー君
  • BLOGA200文字程度
  • Value AI Writer by GMO
  • イルシル
  • AIブログくん
  • RakuRin(ラクリン)

上記のAIライティングツールは、無料で利用できるものも多いので、予算を抑えたい方でも気軽に挑戦できます。

ただし、AIライティングツールを使用する際は、以下の点に注意が必要です。

  • ハルシネーションを起こす可能性がある
  • 不自然な日本語が出力される可能性がある
  • 著作権を侵害してしまう可能性がある

AIライティングツールで生成した文章をそのまま使用すると、さまざまな問題に直面する可能性があるため、必ずファクトチェックは徹底しましょう。

本記事の内容を参考に、AIライティングツールを業務に活用してみてください。

サービス紹介資料

生成系AIの業務活用なら!

・生成系AIを活用したPoC開発

・生成系AIのコンサルティング

・システム間API連携

最後に

いかがだったでしょうか?

弊社では

・マーケティングやエンジニアリングなどの専門知識を学習させたAI社員の開発
・要件定義・業務フロー作成を80%自動化できる自律型AIエージェントの開発
・生成AIとRPAを組み合わせた業務自動化ツールの開発
・社内人事業務を99%自動化できるAIツールの開発
ハルシネーション対策AIツールの開発
自社専用のAIチャットボットの開発

などの開発実績がございます。

まずは、「無料相談」にてご相談を承っておりますので、ご興味がある方はぜひご連絡ください。

➡︎生成AIを使った業務効率化、生成AIツールの開発について相談をしてみる。

生成AIを社内で活用していきたい方へ

「生成AIを社内で活用したい」「生成AIの事業をやっていきたい」という方に向けて、生成AI社内セミナー・勉強会をさせていただいております。

セミナー内容や料金については、ご相談ください。

また、弊社紹介資料もご用意しておりますので、併せてご確認ください。

投稿者

  • いつき

    高卒6年目にして独立開業した、フリーランスのWebライター。 ChatGPTをはじめ、多くのAIツールを使いこなした経験を基に、AIメディアの記事を執筆中。 複数のWebメディアに在籍し、ライター・ディレクター業務をマルチにこなす。

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次