サイトのデザインが新しくなりました。

【MagicAnimateのおすすめ活用事例一覧】TikTokでバズるAIの使い方10選

MagicAnimate 画像生成AI 活用事例

メディア事業部AIライターの中井です。

2023年11月に、TikTokの運営会社である「ByteDance」が「MagicAnimate」という新しいツールを発表しました。

このツールは、たったー1枚の画像から簡単にアニメーションを作成できるため、誰でもアニメーションを手軽に生成することが可能です。
MagicAnimateを使えば、アニメーションの制作を効率化したり、ゲームのキャラクターをリアルに動かしたりすることができます。

そこでこの記事では、MagicAnimateの活用事例を10選を紹介します。
最後まで読んでいただくことで、MagicAnimateをどの業界でどのように使えるかが理解できるでしょう。

ぜひ最後までお読みいただき、参考にしてください!

なお弊社では、生成AIツール開発についての無料相談を承っています。こちらからお気軽にご相談ください。

目次

MagicAnimateとは?

MagicAnimateとは、TikTokの運営会社「ByteDance」が開発した、人物やキャラクターなどの静止画に動きを追加するためのツールです。

この技術は、時間的な一貫性を重視し、参照画像を忠実に保ちながらアニメーション化することを目指しています。

具体的には、参照画像に基づいて、人物が動くシーケンスをアニメーション化するのです。そのため、静止画が自然に動いているように見せることができます。

例えば、油絵や映画のキャラクターを走らせたり、ダンスさせたりすることが可能です。

MagicAnimateは、ビデオ拡散モデルと外観エンコーダを使用して、時間的モデリングとアイデンティティの保存を行います。これによって、長いビデオアニメーションをサポートし、滑らかなビデオ遷移を実現できます。

MagicAnimate活用事例10選

ここでは、MagicAnimateの活用事例を10選紹介します。

MagicAnimateを活用できる業界分野ごとに詳しく説明しています。

ぜひ、参考にしてMagicAnimateを活用してください!

【SNSや広告業界】広告やSNS用のアニメーション作成

MagicAnimateは、TikTokや他のSNSなどで使用する画像を動きのあるアニメーションに変換できます。

このような動画をSNSに投稿すれば、一気にバズりそうですよね。

MagicAnimateを活用することで、このようなアニメーションを簡単に作成できるのです。

さらに、広告業界では、商品やサービスのプロモーションに使用する画像をアニメーション化することで広告の効果を高めることが可能です。

MagicAnimateを使用すれば、静止画に新たな命を吹き込み、視覚的に魅力的なコンテンツを簡単に作成できます。

【教育】歴史や美術などの学習で使用

MagicAnimateは、教育用資料やトレーニングビデオの制作において、歴史上の人物の動きをアニメーション化することで学習効果を高められます。

例えば、このTwitterのように坂本龍馬の画像を用いて動きや表情をアニメーション化することで、歴史的な人物が実際に話しているかのようなビジュアルを作成できます。

このアニメーションを使用し、坂本龍馬が自らの生涯や幕末の歴史について語るシーンを作成することで、学習者はより没入感を持って歴史を学べるはずです。

MagicAnimateを活用することで、今までの教材に比べて視覚的に魅力的で学習者の関心を引きつけ、記憶に残りやすい教材を作成できるでしょう。

【映画・アニメーション】アニメーション制作をサポート

MagicAnimateは、映画やアニメーション業界で非常に有効です。

このツールを使用することで、アニメーションの制作プロセスが効率化され、時間とコストを節約できます。ほかにも、実写シーンを魅力的なアニメーションに変換し、特殊効果を加えることができます。

例えば、俳優の演技をアニメーション化して、ファンタジーやSFなどのジャンルでリアルな動きを表現することが可能です。

このように、MagicAnimateを活用することで映画やアニメーションのクリエイティブな表現の幅が広がり、制作過程の効率が向上します。

【ゲーム開発】ゲームキャラクターをリアルに再現

MagicAnimateは、ゲーム業界においてキャラクターの動きをリアルタイムでアニメーション化できます。

このツールを使用することで、ゲームキャラクターの動きを自然でリアルに表現できるため、ゲーム内の体験が豊かになるのです。

例えば、キャラクターが走る、ジャンプする、戦うなどのアクションを実行する際、MagicAnimateを使用して動きを滑らかでリアルなアニメーションに変換できます。

したがって、MagicAnimateはゲーム開発者にとって、キャラクターの動きを高品質なアニメーションで表現する強力なツールなのです。

【ウェブデザイン】ウェブサイトにアニメーション化された画像を使用

MagicAnimateはウェブデザインにおいて、ウェブサイトのUI/UXを活性化させるために使用できます。

ウェブサイトに動的な要素を加えることで、ユーザーの注目を高めることができます。アニメーション化された画像は、静的な画像よりも視覚的に魅力的でユーザーの興味を引きつけやすいです。

具体的には、トップページにアニメーション化されたキャラクターやオブジェクトを配置することで、訪問者の注意を引きサイトの主要なセクションへの導線を強化できます。また、インタラクティブな要素としてアニメーションを組み込むことで、ユーザーエクスペリエンスを向上させることが可能です。

MagicAnimateを使用することで、ウェブサイトのUI/IXデザインを魅力的でインタラクティブなものに変えることができます。

【アート・デザイン】美術やデザイン分野でアート作品に動きを追加

MagicAnimateは、アートやデザイン作品に動きを加えるための強力なツールです。

モナリザが走るなんて、考えもしなかったことですよね。

この光景は、映画『ハリーポッター』の喋る絵画のようです。

このツールは、静止画をアニメーション化する能力を持っており、アート作品やデザインに新たな次元をもたらします。

例えば、絵画やデジタルアートの静止画を取り入れ、それを動くアニメーションに変換することで視覚的な魅力を高め見るものに新しい体験を提供できます。そのため、アート作品がダイナミックでリアルなものになるのです。

MagicAnimateは、アート・デザイン分野で革新的な表現を可能にし、作品に生命を吹き込むツールとして活用できます。

【医療・ヘルスケア】患者説明のためにアニメーションを使用

MagicAnimateは、医療教育や患者への説明において、人体の動きを視覚的に示すのに役立ちます。

このツールは、この投稿のように人間の動きをリアルに表現できるのです。

例えば、解剖学的な動きや特定の医療手順をアニメーション化することで、医学生や患者に対して理解しやすい形で情報を提供できます。

この方法は、複雑な医療情報を簡潔かつ明確に伝えるのに有効です。さらに、アニメーション化されたデモンストレーションは、実際の人体の動きを再現することで理論的な知識を実践的な理解に結びつけます。

MagicAnimateを使用することで、医療関係者は患者や学生に対して、具体的で視覚的な説明をできるようになるでしょう。

【ファッション】モデルをアニメーションで表現

ファッション業界でのMagicAnimateの活用は、プレゼンテーションやカタログ作成に使用できます。

このツールを使用することで、モデルの画像をアニメーション化し、服の動きをリアルに表現できます。リアルな服の動きを表現することで、デザインの魅力を効果的に伝えることができるのです。

例を挙げると、新しいコレクションのカタログで、モデルが歩く様子や服の動きをアニメーションで示すことができます。

したがって、MagicAnimateはファッション業界において、デザインの魅力を際立たせるための強力なツールになるでしょう。

【エンターテイメント】ミュージックビデオなどに使用

MagicAnimateは、ミュージックビデオやコンサートでのビジュアルエフェクトに使用できます。

具体的には、アーティストやダンサーの実際の画像をアニメーション化し、それをスクリーンや背景に映し出すことで視覚的な魅力を高めることができます。

まさに、このような動画がコンサートを盛り上げるのです!

この技術により、観客に新しい体験を提供し、パフォーマンスの印象を強くします。

MagicAnimateを活用することで、エンターテイメント業界では、より魅力的で記憶に残るコンテンツを創出することができます。

【建築・インテリアデザイン】アニメーション化された人間を配置してリアルな空間を表現

MagicAnimateの活用事例の一つとして、建築やインテリアデザインの分野での使用があります。

このツールを使用することで、Twitterの投稿のように建物や部屋のプレゼンテーションに、アニメーション化された人間を加えることができます。具体的には、アニメーション化された人物を配置することで、空間の使用感や雰囲気を視覚的に示すことが可能です。

例えば、オフィススペースのデザインをプレゼンテーションする際に、実際に人が動いている様子をアニメーションで表現することができます。このようなプレゼンテーションにすることで、クライアントに対して、設計された空間がどのように使われるかを具体的に理解してもらえます。

このように、MagicAnimateを活用することで、建築やインテリアデザインのプレゼンテーションがよりリアルで魅力的になりクライアントの理解を深めることができるでしょう。

なお、生成AIの活用事例について詳しく知りたい方は、下記の記事を合わせてご確認ください。
【生成AI×仕事術】職場で神様扱いされる活用事例11選

MagicAnimateを活用しよう!

MagicAnimateの活用事例10選をご紹介しましたが、皆さんの中には、すでに試してみたいアイデアが浮かんでいる方もいるでしょう。

MagicAnimateを活用することで、ウェブサイトやプレゼンテーションに動きを加えて、魅力的なコンテンツを作成できます。また、教育分野では、アニメーションを通じて複雑な概念をわかりやすく伝えることが可能になります。

さらに、広告やマーケティングの分野では、アニメーション化された画像を使って、視聴者や消費者の興味を引きつけることができるでしょう。

MagicAnimateを活用して、クリエイティブなアイデアを形にして新しい可能性を広げましょう!

サービス紹介資料

生成系AIの業務活用なら!

・生成系AIを活用したPoC開発

・生成系AIのコンサルティング

・システム間API連携

弊社では法人向け生成AI研修・勉強会を行なっています

いかがだったでしょうか?

弊社では、法人様向けに生成AI研修を行なっております。
また、研修に加えて本事業の支援も行わせていただいております。

詳しくはこちらをご覧ください!
セミナー実績 | WEEL

研修をさせていただいた企業様からは、以下のような好評をいただいております。

生成AIについて包括的に理解ができ、多くの業務で生成AIが活用されるようになった。
生成AIの事例を知ることで、社内で生成AIを活用するためのアイデアがたくさん出てくるようになった。
全社で生成AIに関する認識を共有できたので、生成AIに関するプロジェクトの理解が得られるようになった。

研修の内容としては、以下のようなものになっています。

1. 生成AIの概要
2. 生成AIの歴史
3. 生成AIのリスク・対応策
4. 生成AIの活用事例
5. 生成AIの未来予測
6. 〇〇業界特有の生成AI活用法(様々な業界に対応)
7. プロンプトエンジニアリング実践(ChatGPTや画像生成AIへの入力文)
8. AI開発実践(Pythonプログラミング)
9. 生成AIの社内導入手順

※企業様のニーズに合わせて内容はカスタマイズしています。

「社員に生成AIに関する知識を身に付けてもらいたい」
「今後、生成AIを活用して事業展開をしていきたい」

と考えている方は、まずはご相談から承っておりますので、ぜひご連絡ください。

➡︎生成AIセミナー・社内勉強会について相談をしてみる

生成AIを社内で活用していきたい方へ

「生成AIを社内で活用したい」「生成AIの事業をやっていきたい」という方に向けて、朝の通勤時間に読めるメルマガを配信しています。

最新のAI情報を日本最速で受け取りたい方は、以下からご登録ください。

また、弊社紹介資料もご用意しておりますので、併せてご確認ください。

投稿者

  • Hiromi Sai

    ChatGPTメディア運営 / テクニカルライター リベラルアーツ専攻。大学休学中は、Webマーケティング会社のマネージャーとしてライター、ディレクター100名のマネジメントをする。南米のチリとタイでの長期居住歴を持つ。

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次