サイトのデザインが新しくなりました。

人間の絵とAIの絵の違いがわからない!AIはすでに人間を超えているのか?AI利き選手権【画像生成AI編】

画像生成AI AI 人間を超え

WEELメディア事業部LLMリサーチャーの中田です。

近年の画像生成AIの精度は凄まじく、「人間が描いたのか、AIが描いたのか分からない」ところまで来ています!

特に、最近のDALL-E 3(in ChatGPT)やMidjourneyStable Diffusionなどは、極めて精細な写真や絵を生成してくれます。その精度の高さといえば、人間が描いたものと見まがうほど!

当記事では、そんな気鋭の画像生成AI5種が描いた絵の中に、人間が描いた本物の絵を1枚だけMIX。「どれが人間の描いた絵なのか」を当てるクイズを実施します!

目次

【AI vs 人間】利きAI画像選手権

ここでは以下の4種類の画像について、人間が制作したものと画像生成AIによるものをそれぞれ用意しました。

  • 抽象画(キュビズム)
  • 東京の風景写真
  • モネの睡蓮
  • フォーヴィスムの絵画

画像の生成には、特に注目度が高い以下5種類の画像生成AIツールを使用します。

  • Bing Image Creator
  • DALL-E 3(ChatGPT)
  • Midjourney
  • Stable Diffusion(SDXL 1.0 / Leonardo.AI
  • Adobe Firefly

それでは、順番にクイズを解いていきましょう!

抽象画(キュビスム)

まずは抽象画(キュビスム)について、人間の絵を探していきます。

当クイズでは、各画像生成AIに共通で……

Paint an abstract painting that looks like the real thing.

と、いうプロンプトを使用。用意した画像は800×800のサイズに切り揃えました。

さて、この中で人間が描いた抽象画はどれでしょう?

正解は、、、

これは分からない!

抽象画は、画像生成AIの得意分野かもしれませんね。

抽象画家は、画像生成AIに危機感をもったほうがいいかも?

ちなみにそのほかの画像は、以下のAIツールで作成しました!

  • 上段中:Stable Diffusion(SDXL 1.0 / Leonardo.AI)
  • 上段右:DALL-E 3(ChatGPT)
  • 下段左:Adobe Firefly
  • 下段中:Bing Image Creator
  • 下段右:Midjourney

東京の風景写真

続いては、人間が撮影した東京の風景写真を探していただきます。

使用したプロンプトは、各画像生成AI共通で以下のとおりです。

Generate realistic-looking Tokyo landscape photos.

さて、この中で東京の風景写真はどれでしょう?

正解は、、、

東京などの都市の風景を、本物の写真さながらに生成するのは、まだ難しそうですね。

てことは、まだ写真家には未来があるのか?

そのほかの画像は、以下のAIツールで作成しました!

  • 上段左:Stable Diffusion(SDXL 1.0 / Leonardo.AI)
  • 上段中:Midjourney
  • 上段右:DALL-E 3(ChatGPT)
  • 下段中:Bing Image Creator
  • 下段右:Adobe Firefly

モネの睡蓮

今度は名画「モネの睡蓮」の本物を当てていきましょう!

画像生成にあたっては……

Paint a painting Water Lilies.

というプロンプトを使用したかったのですが、なんとDALL-E 3が生成を拒否。

どうやらモネの贋作を生成させる命令が、コンテンツポリシーに引っかかったみたいです。ということでDALL-E 3には、再度「モネに似せる必要はない」と命令しました。

さて、気を取り直してクイズに移ります。この中で、モネが描いた本物の「睡蓮」はどれでしょう?

正解は、、、

これもかなり自然ですね!

ただ、ところどころAIっぽさが残る部分もあります。とはいえ、オークションに出しても、普通に高値で売れそう(笑)

そのほかの画像は、以下のAIツールで作成しました!

  • 上段左:Midjourney
  • 上段中:DALL-E 3(ChatGPT)
  • 下段左:Bing Image Creator
  • 下段中:Stable Diffusion(SDXL 1.0 / Leonardo.AI)
  • 下段右:Adobe Firefly

フォーヴィスムの絵画

最後に極彩色が魅力のフォーヴィスム(野獣派)の絵画について、人間によるものを見破っていきましょう!

今回はAdobe Fireflyを除いて、下記プロンプトを使いまわしました。

Paint a forest picture in the style of fauvisme.

Adobe Fireflyについては……

このように人物写真が生成されてしまったので、下記プロンプトを使用しています。

Only Paint a forest picture in the style of fauvisme. Don't take a picture of human.

さてこの中で、人間が描いたフォーヴィスムの絵画はどれでしょう?

正解は、、、

かなり難しい!

一部の画像生成AIは、フォーヴィスム特有の配色と筆のタッチをうまく模倣できています。

非現実的な画風は、AIに取って代わられちゃうかも……

ちなみにダミーの画像は、以下のAIツールで作成しました!

  • 上段左:Adobe Firefly
  • 上段右:DALL-E 3(ChatGPT)
  • 下段左:Bing Image Creator
  • 下段中:Stable Diffusion(SDXL 1.0 / Leonardo.AI)
  • 下段右:Midjourney

なお、AIの開発環境の作り方について詳しく知りたい方は、下記の記事を合わせてご確認ください。
生成AI開発のベストな環境の作り方!エンジニアが開発の流れを解説

画像生成AIがクリエイターを倒す日

皆さんは、いくつ正解できましたか?

ここまでのクイズで、すでに「AIと人間の見分けはほぼつかない」ということが発覚しちゃいました。

これは、皆さんも今すぐAIで画家になれるかも……ということです。本記事のポイント(画像生成AIのポイント)は、以下のとおりです。

  • 人間が描いたと見まがうクオリティで、画像生成が可能
  • 抽象画を描くのは得意そう
  • 都市の風景を生成するのは、まだ難しそう
  • 写真家にはまだ未来がある?
  • 少しAIっぽさが残るが、オークションに出しても高値で売れそう
  • 配色・筆のタッチの模倣は得意
  • フォーヴィスムのような非現実的な画風はAIに取って代わられるかも……

最後に、今回用いた画像生成AIの特徴、得意な画像の種類を、以下の表にまとめましたので、ぜひ参考にしてください。

スクロールできます
モデル特徴得意な画像の種類
Bing Image Creator・ChatGPTと同じDALL-E 3が使用されている。
・生成できる画像の枚数に制限がある
SFやカオスな世界観のアート
DALL-E 3(ChatGPT)・有料版であれば、何枚でも高品質な画像を生成可能。
・AIっぽさが少し残る
SFやカオスな世界観のアート
Stable Diffusion(SDXL 1.0 / Leonardo.AI)・プロンプトの柔軟な設定が可能
・Image2Imageも可能
すべて平均的
Midjourney・導入までが少し面倒で、有料な点がデメリット
・とにかく精度が高く、トップレベルで自然な画像を生成できる
手書きっぽい絵も得意
Adobe Firefly・かなり自然だが、画像の左下にAdobeのマークが入る手書きっぽい絵も得意
サービス紹介資料

生成系AIの業務活用なら!

・生成系AIを活用したPoC開発

・生成系AIのコンサルティング

・システム間API連携

WEELの生成AIへのスタンス

我々はむやみやたらにAIツールの使用をお勧めしていません。

AIツールでできることはほとんどがChatGPTやStable Diffusionなどの大元のAIサービスで行えるからです。
※国内のAIツールの多くはChatGPTだけでも完結できるソリューションを展開しています。

もし、自社で生成AIを活用したいという場合は
1. ChatGPTをフルで使えるようになる
2. 業務を生成AIに解けるタスクまで分解し、自動化する
のどちらかが良いと思います。

弊社では
1の場合、生成AIセミナーの実施や生成AIコンサルティングなどで、AI専門家による生成AI活用指導
2の場合、PoC開発やソリューション開発などで、LLMエンジニアやAIコンサルタントが御社にあったAIツールの開発を行います。

無料相談にてご相談を承っておりますので、興味がある方は以下からご連絡ください。
無料相談で話してみる

生成AIを社内で活用していきたい方へ

「生成AIを社内で活用したい」「生成AIの事業をやっていきたい」という方に向けて、朝の通勤時間に読めるメルマガを配信しています。

最新のAI情報を日本最速で受け取りたい方は、以下からご登録ください。

また、弊社紹介資料もご用意しておりますので、併せてご確認ください。

投稿者

  • 中田

    データサイエンス専攻の大学院生。大学では、生成系AIの拡散モデルを用いた音楽生成について研究。 趣味は作曲、サッカー、コーヒー。

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次