サイトのデザインが新しくなりました。

音声生成AIとは?おすすめサービスや企業の導入事例、利用の注意点を徹底解説

音声生成AI おすすめサービス 企業 導入事例 利用の注意点 徹底解説

近年、音声生成AI技術は目覚ましい進化を遂げており、一部のツールでは人間とほとんど変わらない自然な音声生成が可能になっています。その他にも、音声合成技術を利用して特定の人物の声へ変換できたり、ほぼリアルタイムで翻訳できたりとできることはツールによってさまざまです。

しかし、そんな音声生成AIがどのようなところで、どういう風に使われているかわからない方も多いでしょう。本記事では、音声生成AIのおすすめツール5選と、音声生成AIのメリットや導入事例などをご紹介します。

最後までお読みいただくと、音声生成AIの概要や活用方法がわかるようになります。ぜひ、最後までご覧ください。

なお弊社では、生成AIツール開発についての無料相談を承っています。こちらからお気軽にご相談ください。
→無料相談で話を聞いてみる

目次

音声生成AIとは?

音声生成AIとは、テキストを音声に変換する種類の生成AIです。テキストを入力するとAIが音声データを生成し、音声として出力します。生成できる音声はナレーションのような文章を読んでくれるようなものや、会話できるもの、歌を歌えるものなど種類はさまざまです。

また、特定の人の音声サンプルを集めて音声生成AIに学習させれば、その人の声を出力することも可能です。このような特性から、金融業界や医療業界、エンタメ業界に教育業界など幅広い業界で利用されていて、今後さらにさまざまな企業で導入が進むことが予想されます。

ChatGPTとの音声会話について詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。
ChatGPTと音声会話するには?スマホやPCブラウザでの設定方法を含め徹底解説

音声生成AIのメリット

近年研究が進み、徐々に精度が上がっている音声生成AIですが、導入することでどんなメリットを得ることができるのでしょうか。利用用途によってメリットは多くありますが、今回はその中でも押さえておくべきメリットを3つご紹介します。

作業時間の短縮

通常、人間の音声を利用した動画や音声コンテンツを作成する場合、必ず収録が必要です。そのためには、スタジオやスタッフの確保、さらには数パターンの音声を収録するとなると時間がかかります。

しかし、音声生成AIを使えば、収録も不要でテキストさえ用意すれば何パターンでも音声を生成することができるので、作業を効率的に進めることができます。

コストの削減

人間の音声でナレーションを録音する場合、収録機材の準備やスタジオをレンタルしたり、スタッフの人件費やナレーターをアサインするとなるといろいろコストがかかります。

しかし、音声生成AIを使えばこれらの機材や場所を用意する必要がなく、パソコンやスマートフォンのみで音声の生成が可能なのでコスト削減に繋がります。

多言語対応

音声生成AIには、日本語のテキストを入力すると英語やフランス語、中国語などさまざまな言語へ翻訳した音声を出力することができます。この技術により、海外旅行時の翻訳機として利用したり、海外のお客様への対応、博物館等の音声解説などさまざまなシーンで利用することができます。

また、イントネーションやアクセントの確認など、語学勉強のツールとしても使うことができます。

音声生成AIの活用方法

音声生成AIの導入はさまざまな企業で進んでいますが、どのように活用されることが多いのでしょうか。ここでは音声生成AIの活用方法を3つ紹介します。

今回解説する事例において、弊社がX(旧Twitter)で発見した参考となるツイートを紹介させていただいております。取り下げなどのご連絡は、弊社公式X(旧Twitter)からご連絡ください。

ナレーション

音声生成AIは、ナレーションを挿入する際にも活用されることが多いです。Xの投稿にもある通り、音声生成AI技術が進化したことにより、生成される音声はとてもリアルで違和感がないような音声を作ることも可能です。

また、スタジオや録音機材、ナレーターのアサインなどが不要なのでコスト削減になり、テキストを用意するだけで何パターンも音声を生成できるので作業時間の削減にもなります。こうしたナレーションは、会社の研修教材やクリエイティブ動画のナレーションとして活用されることもあります。

翻訳した言語を音声に変換

海外のビジネスパートナーとの商談や海外旅行などで活躍する翻訳機能に、音声生成AI技術を搭載したツールもたくさんあります。

最新技術でいえばFacebookやInstagramを提供しているMetaが、パソコンやスマートフォンに話しかけると話した内容を翻訳し、瞬時に音声へ変換するAI技術のデモ動画を公開しました。入力から約2秒で多言語へ変換した音声を出力できるだけではなく、変換後の音声を自分の声で生成するという技術が開発されています。

参考記事:自分の声のまま、ほぼリアルタイムで翻訳 メタが最新のAI技術公開

コールセンターの自動応答

人手不足により電話が繋がらなかったり、対応内容の確認・担当部署へ電話を転送するための長時間保留など、コールセンター業務は顧客を待たせることが多くあります。長時間待たせると顧客満足度が低下し、対応したオペレーターの対応品質がよくないと場合によってはクレームに発展することもあります。

しかし、音声生成AIを活用すれば、あらかじめ学習したデータで解決できる問題に対しては自動で回答し、対応できないものは担当部署へ繋ぐという一次対応を代替することが可能です。これにより、すぐに電話に繋がり、詳しい担当部署へ直接電話を繋ぐことになるので顧客満足度を向上させることができます。

コールセンター業務における生成AIの導入について詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。
生成AIはコールセンターでどう使える?結果を出した企業の導入事例を含め徹底解説

音声生成AIの注意点

ここまで進化した音声生成AIですが、やはりまだまだ不自然な部分も存在します。せっかく導入したのに、思っていたものと違うというミスマッチが起こらないためにも音声生成AIを利用する際の注意点についても理解しておきましょう。

感情表現不足

先ほどご紹介した通り、音声生成AIで生成される音声はリアルで自然なものも多くなりました。しかし、ツールによってはまだまだ不自然で機械的な音声が生成されるものも多いのが現状です。

また、声のトーン・声質・抑揚などは、それぞれのツールによって異なるので、サンプル音源をしっかり聞いたうえで導入を検討しましょう。

言語の制限

音声生成AIを導入した翻訳機能を利用する際は、翻訳能力だけではなく対応している言語も確認する必要があります。

ツールによっては6ヵ国語のみ、などといった対応している言語が限定されていることも少なくありません。いざ、利用しようとしたときに対応できないという事態を防ぐためにも、事前にしっかり対応言語を確認しましょう。

音声生成AIの導入事例

実際に音声生成AIを導入している企業は多くありますが、いったいどのように利用されているのでしょうか。次に実際の導入事例についてみてみましょう。

東急電鉄株式会社

東急電鉄株式会社が運営する東急世田谷線の各ホームで、電車接近時の案内放送として音声生成AI技術が利用されています。

音声生成AIの導入は、男性と女性の声でアナウンスを作成したり、英語放送の作成といった音声アナウンスの生成に活用。これにより、作成時間とコストを抑えながらアナウンスのバリエーションを増やすことができました。

参考記事:【東急電鉄株式会社】東急世田谷線の駅構内放送としてReadSpeakerのAI音声(音声読み上げ)が採用

全国瞬時警報システム(Jアラート)

弾道ミサイルや大津波警報、緊急地震速報などの緊急情報を無線やスマートフォン等に伝達するJアラートでも音声生成AIが導入されています。

地震や津波など「気象」に関する情報は気象庁から発信される情報のフォーマットが決まっており、伝えなければならない情報は予測可能で事前に録音することができます。

しかし想定していなかった事態が発生した場合、対応したアラートを放送できないため、音声生成AI導入が検討されました。導入した結果、必要な情報を即時に音声へ変換し、想定されていなかった国民保護に関する情報もいち早く放送できるようになりました。

参考記事:全国瞬時警報システム(Jアラート) | お客様事例

おすすめ音声生成AIサービス 5選

技術が進化したことで音声生成AIの精度が向上し需要が高まった結果、さまざまな音声生成AIサービスが展開されています。最後に、おすすめの音声生成AIサービスを5つ紹介します。

IVRy

電話転送やSMS送信、AI自動文字文字起こしなど、あらゆる電話業務をサポートするIVRyには、音声生成AIを活用した自動応答機能が搭載されています。

英語や中国語など、多言語にも対応しており、聞き取りやすい自然な音声を生成することができます。さらに、留守番電話の録音やリダイレクト機能もあるため、電話業務を改善したい企業におすすめです。

公式サイト:IVRy

ReadSpeaker

喜怒哀楽などの人間らしい感情の表現と、肉生感を実現したReadSpeaker。日本語を含む44ヵ国語の言語に対応しており、約80の話者から利用用途やシチュエーションに合わせた音声を選択することができます。

これにより、エンタメ業界や案内音声、コールセンターなど幅広い分野で導入されています。

公式サイト:ReadSpeaker

AITalk

AITalkは導入事例で紹介した「全国瞬時警報システム(Jアラート)」に導入されている音声生成AIサービスで、総勢100名以上の話者と60種類以上の言語に対応しています。

さらに、芸能人や声優、自分の声でも短時間の録音で音声合成用データに変換できる機能もあり、唯一無二の音声を生成することも可能です。

公式サイト:AITalk

AIVoiceSpeaker

AIVoiceSpeakerは、プロのナレーターからアニメ声まで対応可能で、幅広いAI音声からイメージに合った音声を生成することができます。対応言語も28ヵ国とさまざまなシーンで活用できます。

さらに、リアルタイムでボイスチェンジを行う変換機能が搭載されているので、ライブ配信などで自分の声を発信したくない時にも活用できます。

公式サイト:AIVoiceSpeaker

コエステーション

一般ユーザーから有名人まで多種多様な「コエ」をデータベース化し、音声合成をすることができるコエステーション。

2022年7月時点で、一般ユーザーのコエは10万以上、有名人などの公式のコエは60以上と、変換できる音声のバリエーションが豊富なのが特徴です。

公式サイト:コエステーション

音声生成AIの活用で広がる世界

機械音声といえば、無機質で棒読みというイメージが強く、業務では使えないと思っていた方も今回の記事をお読みいただき進化に驚かれた方も少なくないのではないでしょうか。

今回ご紹介したツールはほんの一例であり、他にも音声生成AIツールはたくさんあります。音声生成AIを活用することで、音声コンテンツ制作の効率化やコスト削減だけではなく、クリエイティブなコンテンツを作ることもできるでしょう。

これを機に、ご自身の身の回りで音声生成AIを活用できないか見直し、導入を検討してみてはいかがでしょうか。

サービス紹介資料

【無料】2023年4月版生成系AIの業務活用なら!

・生成系AIを活用したPoC開発

・生成系AIの業務活用コンサルティング

・システム間API連携

サービス紹介資料

生成系AIの業務活用なら!

・生成系AIを活用したPoC開発

・生成系AIのコンサルティング

・システム間API連携

WEELの生成AIへのスタンス

我々はむやみやたらにAIツールの使用をお勧めしていません。

AIツールでできることはほとんどがChatGPTやStable Diffusionなどの大元のAIサービスで行えるからです。
※国内のAIツールの多くはChatGPTだけでも完結できるソリューションを展開しています。

もし、自社で生成AIを活用したいという場合は
1. ChatGPTをフルで使えるようになる
2. 業務を生成AIに解けるタスクまで分解し、自動化する
のどちらかが良いと思います。

弊社では
1の場合、生成AIセミナーの実施や生成AIコンサルティングなどで、AI専門家による生成AI活用指導
2の場合、PoC開発やソリューション開発などで、LLMエンジニアやAIコンサルタントが御社にあったAIツールの開発を行います。

無料相談にてご相談を承っておりますので、興味がある方は以下からご連絡ください。
無料相談で話してみる

生成AIを社内で活用していきたい方へ

「生成AIを社内で活用したい」「生成AIの事業をやっていきたい」という方に向けて、朝の通勤時間に読めるメルマガを配信しています。

最新のAI情報を日本最速で受け取りたい方は、以下からご登録ください。

また、弊社紹介資料もご用意しておりますので、併せてご確認ください。

投稿者

  • 晋平大竹

    生成AIの登場に大きな衝撃を受けたWebライター。好きなAIツールは、ChatGPTとAdobeFirefly。AIがこれからの世界を良い方向に導いてくれると信じ、正しい&有益な情報を発信し続けています!

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次