サイトのデザインが新しくなりました。

【生成AI×飲食】飲食店における生成AIの導入効果とは?メリットと活用事例を徹底解説

生成AI 飲食 飲食 生成AI 導入効果 メリット 活用事例 徹底解説

飲食業界において、人件費の問題は深刻です。特に、人手不足も相まって生成AI導入を検討している企業も多いのではないでしょうか。

しかし、生成AIの導入はリスクが存在することも事実です。それでも、これらの障壁を乗り越えることができれば、大きなメリットを享受できるでしょう。

この記事では、生成AIを導入するメリットや、導入事例をご紹介します。生成AIの導入による恩恵と注意点について深く理解できますので、ぜひ最後までご覧ください。

目次

飲食業界への生成AI導入で起こる変化

飲食店に生成AIを導入すると、作業がスムーズになり、スタッフの労力も軽減されます。食材の発注や在庫管理を自動化し、無駄な食材ロスも防ぐこともできます。結果として大幅なコストカットにつながるでしょう。

また、生成AIは顧客の好みを分析して、おすすめメニューを提案したり、サービスの改善をサポートしてくれます。サービスをより良いものにするためのヒントを与えてくれる生成AIは、飲食業界においてさまざまな用途に活用できそうです。

 

飲食業界に生成AIを導入するメリット

生成AIの特徴としてユーザーの嗜好や購買履歴など膨大なデータを分析できる点があり、飲食業界にとっての大きな問題を解消する鍵となります。ここでは飲食業界に生成AIを導入するメリットを3点紹介します。

メニューの考案

飲食店によっては重要な要素となるメニューも生成AIにより考案できます。過去の売上データや季節ごとのトレンド、顧客の嗜好などを分析できる点が生成AIの強みです。

的確に人気メニューをレパートリーに加えていけるため、着実に売り上げを伸ばしていけるのではないでしょうか。お客様に多様な選択肢を提供できることにも繋がります。

さらに、新しい料理のアイデアを自動生成し、そのアイデアをヒントにしてシェフの創造力を引き出しながらメニューを開発できます。

最適な広告配信

広告配信はビジネスを成長させる上でとても重要です。特に飲食は人間の三大欲求に訴求するもの。インパクトのある広告は売り上げに直結します。

しかしビジネスの規模が大きくなるにつれ、広告費は膨大になっていくでしょう。そこで広告の「精度」がとても大切になってきます。生成AIなら顧客データを徹底的に解析し、個々の嗜好に的確に合わせた広告を配信できます。広告の精度を上げることで、コストパフォーマンスを最大化できる点は魅力的ですね。

人手不足の解消

飲食店において人件費は最大の悩みでもあります。しかしAIの導入により、レジ対応や在庫管理、発注業務などが自動化されるため、スタッフの負担を大幅に軽減でき、人件費の削減に繋がります。

繁忙期でも迅速な対応が可能となるため、生成AIはお店のスタッフからも心強い存在となるのではないでしょうか。加えて、労働コストを削減でき、生成AIを活用したトレーニングプログラムでの教育も可能です。生成AIの活用は人手不足の解消だけでなく、顧客満足の向上にも繋がるのです。

なお、生成AIでコスト削減について詳しく知りたい方は、下記の記事を合わせてご確認ください。

飲食業界における生成AIの導入事例

飲食業界では生成AIの活用が進み、既に多くの企業がその恩恵を享受しています。ここでは、生成AIの導入に成功した企業の具体的な導入事例を紹介します。

事例①鳥貴族

鳥貴族は直営60店舗に対話型AIサービス「AIレセプション」を導入し、月間1万件以上の電話予約対応をAIが行っています。これにより深刻な人手不足が解消され、スタッフは本来の接客業務に専念できるようになりました。

都内21店舗での先行導入では、ネット予約が約4.5倍、電話予約が約1.5倍に増加。AIが空席データと連携し、迅速かつ正確な予約対応を可能にしたことで、顧客から「スムーズな予約体験」と高い評価を受けています。※1

事例②福しん

老舗ラーメンチェーン「福しん」は、AIによる自動発注システム「HANZO 自動発注」とメニュー管理システムを全32店舗に導入しました。これにより食材発注が自動化され、季節や天候に応じた需要予測も実現。

発注作業の効率化と発注ミス・フードロスの大幅削減につながり、従業員の負担軽減と店舗運営の円滑化が図られました。AIシステムの導入で、従業員の働きやすい環境整備が進み、おいしい料理の提供を通じた顧客満足度向上にも大きく寄与しています。※2

事例③築地すし好 ―和― Nagomi

築地すし好 ―和― Nagomiは、ポケトークの翻訳機能を活用し、外国人客への対応を大幅に強化しました。アレルギー情報や料理の詳細を多言語で正確に説明できるようになり、顧客満足度が大きく向上。

リピーターの増加や多国籍顧客へのサービス向上につながっています。さらにポケトークは、スタッフの語学学習ツールとしても活用され、接客品質の底上げにも一役買っています。※3

事例④ガスト

ガストでは、猫型配膳ロボット「BellaBot」を全国2,100店舗に3,000台導入しました。これにより従業員の歩行距離が半減し、作業効率が大幅に向上。ピークタイムの客席回転率が上がり、顧客の待ち時間短縮にもつながっています。

ロボット導入で従業員の負担が軽くなり、サービス品質も向上しました。さらに、ロボットとのコミュニケーションが生まれ、店内の雰囲気も改善。多くの顧客から導入を歓迎する声が寄せられています。※4

 

飲食業界で生成AIを導入する際の注意点

ここまでは生成AI導入のメリットをご紹介してきました。しかし、AIの導入にはリスクが存在することも事実です。ここではAIの導入に関しての注意点を紹介しますので、ぜひご活用ください。

個人情報の流出

生成AIの導入において最も気をつけたいのは、企業にとって致命的なダメージとなる、個人情報の流出リスクです。チャットボットに入力されるデータや、コマンド(プロンプト)は、そのAIサービスを提供する企業からは閲覧可能です。

また、バグにより第三者に流出してしまうリスクもゼロではありません。そのため、顧客の個人情報など機密情報を入力するような運用は避ける必要があります。

イレギュラー対応ができない

飲食店において接客は重要な要素となります。顧客とのコミュニケーションは、感情の理解や細やかな対応が求められるため、その分野はAIにとってまだまだ苦手なジャンルと言えるでしょう。

特にクレーム対応などイレギュラーな状況への対応は注意が必要です。AIは予測可能なタスクや、自動化できる定型作業には適していますが、突発的なクレーム対応には向いていません。そこで人間のスタッフとAIを共存させることが今後の鍵となっていくのではないでしょうか。

初期投資が必要

飲食業界で生成AIを導入する際には、やはり初期投資が必要です。いざ「AIを導入したい!」と考えても「本当にAIで代替できるのか」「実現可能なのか」「どのようなシステムが必要なのか」手探りでのスタートとなります。

そこでAIの導入効果を明確化するために、コンサルティング費用が発生するでしょう。いざ本格的な導入となると、システム開発で膨大な人件費やデータの収集・加工、モデルのトレーニング費用も発生することも考慮しておきましょう。

なお、生成AIのリスク対策について詳しく知りたい方は、下記の記事を合わせてご確認ください。

生成AI導入で飲食業界の未来を切り拓く

生成AIの導入は、飲食業界において広告配信の最適化や人手不足の解消、業務効率の向上など、多くのメリットをもたらします。初期投資やセキュリティ的なリスクの課題はもちろん存在しますが、長期的な視点に立ってみると、その課題を乗り越えることで得られる利益は非常に大きなものとなるかもしれません。

そして先立ってAIの導入に成功した企業と後塵を拝した企業では、数年後大きな差が生まれているかもしれません。事例からも明らかなように、生成AIの導入は飲食業界の慢性的な問題を解決するきっかけとなるでしょう。大きなチャンスを掴むためにも、生成AIの導入を今すぐ検討してみてはいかがでしょうか。

サービス紹介資料

生成系AIの業務活用なら!

・生成系AIを活用したPoC開発

・生成系AIのコンサルティング

・システム間API連携

WEELの生成AIへのスタンス

我々はむやみやたらにAIツールの使用をお勧めしていません。

AIツールでできることはほとんどがChatGPTやStable Diffusionなどの大元のAIサービスで行えるからです。
※国内のAIツールの多くはChatGPTだけでも完結できるソリューションを展開しています。

もし、自社で生成AIを活用したいという場合は
1. ChatGPTをフルで使えるようになる
2. 業務を生成AIに解けるタスクまで分解し、自動化する
のどちらかが良いと思います。

弊社では
1の場合、生成AIセミナーの実施や生成AIコンサルティングなどで、AI専門家による生成AI活用指導
2の場合、PoC開発やソリューション開発などで、LLMエンジニアやAIコンサルタントが御社にあったAIツールの開発を行います。

無料相談にてご相談を承っておりますので、興味がある方は以下からご連絡ください。
無料相談で話してみる

生成AIを社内で活用していきたい方へ

「生成AIを社内で活用したい」「生成AIの事業をやっていきたい」という方に向けて、朝の通勤時間に読めるメルマガを配信しています。

最新のAI情報を日本最速で受け取りたい方は、以下からご登録ください。

また、弊社紹介資料もご用意しておりますので、併せてご確認ください。

投稿者

  • 晋平大竹

    生成AIの登場に大きな衝撃を受けたWebライター。好きなAIツールは、ChatGPTとAdobeFirefly。AIがこれからの世界を良い方向に導いてくれると信じ、正しい&有益な情報を発信し続けています!

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次