サイトのデザインが新しくなりました。

【生成AI×スポーツ】生成AIがスポーツ業界を変革する!具体的な導入事例まで徹底解説

生成AI スポーツ 生成AI スポーツ業界 導入事例 徹底解説

スポーツ業界で生成AIがどのように活用されているかを知っていますか?

この記事では、スポーツ業界でのAI導入の具体的なメリット、実際の導入事例、導入することのリスクについて詳しく解説します。

最後まで読むことで、生成AIがスポーツ業界にどのような影響を与えているのか、今後どのように変わっていくのかがわかります。スポーツ関係者の方や、ファンの方でも今まで以上にさまざまな視点からスポーツを楽しむことができますので、ぜひ最後までご覧ください。

目次

生成AIの導入で変化するスポーツ業界

生成AIの技術が進化するにつれて、スポーツ業界にも大きな変化が訪れています。多くのスポーツで選手のパフォーマンス向上から健康管理、試合の戦略立案やファンに対するアプローチなどを目的として、生成AIが活用されるようになったのです。

これらの進展により、スポーツの各分野でより高度な技術が必要とされるようになり、スポーツ業界全体の面白さと正確性が向上しています。

生成AIをスポーツ業界で利用するメリット

生成AIの活用はスポーツ業界に大きなメリットをもたらしてくれます。また、そのメリットはスポーツ選手のみならず、ジャッジ、観客などさまざまです。

この項目ではそれぞれのメリットを1つずつ詳しく紹介します。

コンディションの確認ができる

生成AIを活用することで、選手の身体状態やコンディションを細かくチェックし、リアルタイムでデータを提供できます。例えば、心拍数や体温、筋肉の動きなどを測定し、そのデータを分析します。

そのデータをもとに、選手が最高のパフォーマンスを発揮できるタイミングや、トレーニングの調整が必要な時期を特定できるようになりました。この技術は、特に長期間にわたる競技やシーズンを通じて選手をサポートするのに役立ちます。

戦略を立てる

生成AIは大量のデータからパターンを識別し、戦略を立てるのに役立ちます。スポーツチームは、過去の試合データを分析して相手チームの弱点を見つけたり、自チームの強みを最大限に活用する戦略を練ることができるのです。

例えばバスケットボールの試合において、生成AIが相手チームのディフェンスの傾向を分析し、得点しやすいプレイの種類や選手配置を提案することもあります。これにより、監督やコーチもこれまで以上に正確な指示を出すことが可能です。

ジャッジが正確に行える

スポーツ競技では、公正なジャッジが非常に重要です。生成AIを用いた技術であるビデオアシスタントレフェリー(VAR)やホークアイは、サッカーやテニスなどで導入されており、試合の公平性を高めています。

これらの技術は、試合中の疑問点を解消し正確な判定を迅速に提供できるため、競技の信頼性が向上します。また、一定レベルの公平なジャッジが保たれるため、選手としてもプレーに集中できる要因の一つとなるでしょう。

新しい楽しみ方が増える

スポーツ観戦にも新しい楽しみ方が増えています。例えば生成AIとVR技術と組み合わせることで、ファンは自宅からでも競技場の雰囲気や臨場感を体感することが可能となりました。生成AIによる解析を基にした詳細なプレイ分析がリアルタイムで提供されるため、多くの方が今まで以上に試合を楽しめます。

さらに、リアルタイムで選手や監督の性格や特徴を持った生成AIとチャットが可能なチャットボットも多くのスポーツチームで導入されています。これにより、ファンを楽しませるだけではなく運営するチームもチャットを通じてファンの特性を把握し、売り上げの最大化を図ることができるのです。

なお、AIチャットボットの作り方について詳しく知りたい方は、下記の記事を合わせてご確認ください。

スポーツ業界における生成AIの導入事例

生成AIがスポーツ業界にもたらす影響は計り知れないものがあり、すでに世界中の多くのスポーツで活用されています。そこで、具体的な事例を通じて、その革新性と効果を掘り下げてみましょう。

事例①FIFAワールドカップ

FIFA ワールドカップではカメラやセンサーと生成AIを組み合わせてジャッジに活用しています。特に注目されているのは、ボールと選手の位置を追跡するセンサーやカメラを用いた半自動オフサイド判定技術です。ボールの状態をセンサーで検知し、データをオペレーションルームに送信します。

そのデータを元に生成AIがオフサイドかを自動的にオフサイドを判定するというものです。また、ビデオアシスタントレフェリー(VAR)も導入され、オフサイドやペナルティなど重要な判断をAIが支援しています。※1

これらの機能を使用することによって誤審を減らし、試合の流れをスムーズに保っています。

事例②ウィンブルドン選手権

テニスのウィンブルドン選手権では、IBMが開発した生成AIの技術を試合の分析やファン体験の向上に使用しています。生成AIは試合のハイライトを即座に生成し、観客に試合の重要な瞬間を提供することで、より楽しめるよう工夫しています。

選手に向けた機能としては、勝ち上がった場合に対戦する可能性のある選手との対戦成績などを分析して、決勝戦までの道のりでどれだけ有利かを評価してくれる統計機能も導入されました。これにより、選手も次の試合に向けた戦略を立てやすくなります。※2

事例③NBA

NBAでもIBMが開発した人工知能「Watson」を用いたデータ分析をトロント・ラプターズが活用しています。この機能の特徴としては、プレー分析だけではなく選手のSNSやインタビューなどのプライベートなデータまで幅広く収集することです。※3

選手の性格やプレースタイルをデータで分析することで、チームの戦略や選手の補強に生かしています。これにより、チームのパフォーマンスが向上し、2019年には創設24年目でNBA初優勝を果たしました。

生成AIがスポーツ分野でプレーを分析するだけでなく、選手の個性やチームニーズに応じた戦略を練るための強力なツールであることを示すきっかけとなりました。

事例④福岡ソフトバンクホークス

日本のプロ野球チーム、福岡ソフトバンクホークスも生成AIの技術をスポーツの分析に活用しています。高解像度のカメラと生成AIを組み合わせることで、選手の走攻守の動きを科学的に分析し、選手の技術向上やチーム戦略の精密化に役立てています。※4

また試合以外の部分では、生成AIが試合の内容や結果を分析し、球団目線で記事にするというサービスも導入されました。データがあるものは全て記事にできるため、情報の少ない2軍選手の記事なども見ることができます。※5

スポーツ業界で生成AIを導入するリスク

生成AIがスポーツ業界で広く採用されるにつれて、多くのメリットがある一方で、いくつかのリスクも存在します。ここでは、特に注目すべき2つの主要なリスクについて詳しく見ていきましょう。

機密情報の漏洩リスク

スポーツ業界での生成AIの導入には、機密情報の漏洩リスクが伴います。生成AIのシステムは大量のデータを処理し、選手やチームの戦略に関する情報を含むことが多いため、これらが外部に漏れることで競争上の不利益をもたらす可能性があるのです。

例えば、選手の健康状態や戦術データが漏洩すれば、他チームに利用されるリスクがあります。そのため、チームに生成AIの導入を検討する際にはマニュアルや研修などを完備した上で、慎重に取り扱うことが大切です。

誤審の発生

また、生成AIを用いた判定システムでは、技術的な不具合やプログラムのエラーにより誤審が生じる可能性もあります。たとえば、VAR(ビデオアシスタントレフェリー)システムがサッカーで導入されていますが、技術的な問題やAIの判断ミスにより誤った判定を下されることがあります。

これにより、試合の公正性が損なわれ、ファンや選手からの信頼を失うことにつながりかねません。誤審を最小限に減らすため、生成AIに全てを委ねず、最終的な判断は人が十分に精査して行う必要があります。

なお、生成AIのリスク対策について詳しく知りたい方は、下記の記事を合わせてご確認ください。

これからのスポーツ業界の未来

生成AIはスポーツ業界に革命をもたらしています。特に、選手のパフォーマンス分析やゲーム戦略の向上、正確なジャッジ支援、そしてファン体験の豊かさといった面で顕著なメリットをもたらしました。

一方で、機密情報の漏洩リスクや誤審の発生といった課題も存在します。これらのリスクを適切に管理することで、生成AIの恩恵を最大限に活用できます。

スポーツ業界での生成AIの進化は今後も続くと期待されており、その可能性は無限大です。しかし、技術の進化に伴うリスクにも十分に注意し、対策を講じることが重要です。これにより、スポーツの未来がさらに明るく、魅力的なものになるでしょう。

サービス紹介資料

生成系AIの業務活用なら!

・生成系AIを活用したPoC開発

・生成系AIのコンサルティング

・システム間API連携

WEELの生成AIへのスタンス

我々はむやみやたらにAIツールの使用をお勧めしていません。

AIツールでできることはほとんどがChatGPTやStable Diffusionなどの大元のAIサービスで行えるからです。
※国内のAIツールの多くはChatGPTだけでも完結できるソリューションを展開しています。

もし、自社で生成AIを活用したいという場合は
1. ChatGPTをフルで使えるようになる
2. 業務を生成AIに解けるタスクまで分解し、自動化する
のどちらかが良いと思います。

弊社では
1の場合、生成AIセミナーの実施や生成AIコンサルティングなどで、AI専門家による生成AI活用指導
2の場合、PoC開発やソリューション開発などで、LLMエンジニアやAIコンサルタントが御社にあったAIツールの開発を行います。

無料相談にてご相談を承っておりますので、興味がある方は以下からご連絡ください。
無料相談で話してみる

生成AIを社内で活用していきたい方へ

「生成AIを社内で活用したい」「生成AIの事業をやっていきたい」という方に向けて、朝の通勤時間に読めるメルマガを配信しています。

最新のAI情報を日本最速で受け取りたい方は、以下からご登録ください。

また、弊社紹介資料もご用意しておりますので、併せてご確認ください。

投稿者

  • 晋平大竹

    生成AIの登場に大きな衝撃を受けたWebライター。好きなAIツールは、ChatGPTとAdobeFirefly。AIがこれからの世界を良い方向に導いてくれると信じ、正しい&有益な情報を発信し続けています!

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次