サイトのデザインが新しくなりました。

生成AIの会社への導入方法を徹底解説!メリットやデメリット、事例、費用もご紹介

生成AI 導入方法 メリット デメリット 事例 費用

経済産業省の調査によると、中小企業におけるAI活用の成功率は3%にとどまっています。その理由としては、AI導入に必要なスキルやノウハウの不足AI活用の効果が明確でないことを指摘しています。

また、経済産業省の試算によると、中小企業にAIを導入した場合、最大11兆円の経済効果をもたらす可能性があるとされています。これは、中小企業の売上高の約10%に相当する規模です。

中小企業においてAIを活用するためには、AI導入のハードルを下げることが重要です。具体的には生成AI導入の支援体制を整備し、中小企業とAIベンダーの連携を促進する必要があります。

この記事では生成AIの活用方法について、生成AIでできることから実際の導入事例、導入にかかる費用まで、詳しく紹介します。この記事を読めば、生成AI導入の概要を理解できるでしょう。

なお弊社では、生成AI導入についての無料相談を承っています。こちらからお気軽にご相談ください。
→無料相談で話を聞いてみる

目次

そもそも生成AIの導入でどんなことができるの?

生成AIは、大きく分けて「テキスト生成」「音声生成」「画像生成」の3つに分けることができます

「テスト生成」は、ChatGPTをはじめとする言語モデルを用いて、ニュースやブログ、小説やメールなど様々な種類のテキストを生成できます。

「音声生成」は、音声合成技術を用いて、人間のような音声を生成できます。例えば、ニュースやナレーション、音楽など、さまざまな種類の音声を生成できます。

「画像生成」は、ディープラーニングを用いて新しい画像を生成できます。例えば、風景や人物、イラストなど、さまざまな種類の画像を生成可能です。

生成AI導入のメリット3つ

生成AIは、単純作業やルーティンワークを自動化することで、労働効率を向上させ24時間サービスの提供が可能になります。これにより、人間はより創造的な仕事に専念できます。

労働にかかる時間&コストが削減できる

生成AIは、テキストや音声、画像などのデータを生成するAIです。単純作業やルーティンワークの自動化することで、労働にかかる時間とコストを削減できます

具体的には次の業務に生成AIを活用できます。

・データ入力
・顧客対応
・営業資料の作成
・マーケティング施策の立案
・システムの開発

生成AIを活用することで、これらの業務を自動化することができ、人間の労働力をより創造的な仕事に集中させることができます。

例えば、データ入力をAIに任せることで、人間はデータ分析やマーケティングなどの業務に時間をさくことができます。また、顧客対応を生成AIに任せることで、人間は顧客のニーズをより深く理解するためにコミュニケーションなどに集中できるでしょう。

24時間体制でサービスが用意できる

生成AIを導入することで、24時間体制でビジネスを展開できます

例えば顧客対応を生成AIによるチャットボットに任せることで企業は夜間や休日でも、24時間体制で顧客からの問い合わせに迅速かつ的確に対応できます。

また、データ入力を生成AIに任せることで、企業は社員の休日や夜間でも資料の作成を継続できます。

人間はより有意義なタスクに集中できる

生成AIを導入することで、人間は創造的な仕事や、顧客との信頼関係を構築するような仕事に集中できます

例えば、データ入力や顧客対応などの単純作業を生成AIに任せることで、人間はより複雑な顧客のニーズを深く理解するような仕事に時間をさくことができます。

また、単純作業を生成AIに任せることでコミュニケーションなどの人間にしかできない仕事に集中できるようになり、企業の競争力強化につながることが期待できます。

生成AI導入のデメリット3つ

生成AIの導入は、時間とコストがかかり、サイバー攻撃のリスクが高まるだけでなく倫理的な問題も生じる可能性があります。

そのため、生成AIを導入する前には専門家の意見をまじえて慎重に検討する必要があります。

導入から維持まで時間&コストがかかる

生成AIの導入にはAI選定やデータ準備、システムの構築などの工程があり、数ヶ月から数年の時間がかかることもあります

導入後もAIの学習や運用、セキュリティ対策などが必要となり、継続的なコストも発生します。

特に生成AIは常にアップデートのために大量のデータがいるので、多大なコストと時間が必要です。

サイバー攻撃のリスクが高まる

生成AIは、まだ発展途上にあるため、脆弱性も存在します。攻撃者は脆弱性を悪用して生成AIを乗っ取ったり、情報を盗んだりできます。

サイバー攻撃により、企業は機密情報や個人情報の流出、偽の情報発信による信用失墜のリスクも高まります

専門家による適切なセキュリティ対策やログの監視・分析により、これらのリスクを軽減できます。

生成AIが倫理的に不適切な振る舞いをしてしまうかもしれない

生成AIはさまざまなコンテンツを生成できますが、運用をあやまると倫理的に不適切な振る舞いをしてしまう可能性があります。

  • 偽情報やフェイクニュースの生成
  • 差別や偏見を助長するコンテンツの生成
  • 個人情報やプライバシーの侵害

生成AIの倫理的な利用のためには、学習データに差別や偏見が含まれないようにし、適切に管理することが重要です。

なお、弊社の導入事例について詳しく知りたい方は、下記の記事を合わせてご確認ください。
導入実績|WEEL

生成AI導入の成功事例7選

日本内外から生成AIを導入している企業7社の事例を、生成AIが任された分野ならびに、その成果とともに紹介したいと思います。

【江崎グリコ株式会社】顧客管理の業務に生成AIを導入し商談率の向上

江崎グリコ株式会社は1929年に設立され、大阪市淀川区に本社を置く、日本を代表する大手食品メーカーです。

同社は生成AIを導入したことにより効果的な営業活動の展開ができるようになり、商談率の向上を実現できました。

具体的にはメール配信とデータ分析を自動化したことにより、従来よりも的確に顧客のニーズをとらえられたことが営業成果の向上につながりました。

【株式会社ファーストリテイリング】接客の業務に生成AIを導入して顧客満足度の向上

株式会社ファーストリテイリングは1963年創立の山口県山口市に本社を置くユニクロのブランド名で親しまれている大手衣料品小売業を行う会社です。

同社は、流通業界における生成AIの活用に積極的に取り組んでいます。商品の品ぞろえや、顧客の購買行動の分析に生成AIを活用しています。

例えば、商品の品ぞろえでは顧客の属性データや購買データから、顧客のニーズに合った商品をそろえて顧客満足度の向上に貢献しています。

【三菱重工業株式会社】製造工程に生成AIを導入して不適合製品の5割削減

三菱重工業株式会社は1884年に創立された東京都港区に本社を置く、日本の大手総合重工業メーカーです。

同社は生成AIを導入したことにより、不適合製品の発生割合を47%削減できるようになり、製造工程の効率化を実現できました。

具体的には、過去の品質データから不適合製品の発生率を予測することで、今までよりも速く効率的に不適合製品を見つけることができました。

【シーメンスヘルスケア株式会社】医療画像解析の業務に生成AIを導入して医師の診断精度の向上

シーメンスヘルスケア株式会社は、1979年に創立された東京都品川区に本社を置く医療機器の輸入販売を行う会社です。

同社は生成AIを導入して医療画像の解析を自動化しました。具体的にはCTやMRIなどの画像から病変や異常を自動的に検出しています。

その結果、医師の診断の精度が向上し、患者の早期発見・早期治療につながることができました。また、画像解析の効率化により医療費の削減にもつながっています。

【株式会社NTTデータグループ】システム開発の業務に生成AIを導入して3倍の生産性向上

NTTデータ株式会社は、1988年に設立された東京都江東区に本社を置く、ITサービス専業企業です。

同社は生成AIを導入してシステム開発の要件定義からテスト工程の全フェーズを自動化して生産性の向上を実現しています。

具体的には製造工程で、古いプログラミング言語から新しい言語に移行する作業などを生成AIに任せることで、ある案件では約3倍の生産性向上をはたしています。

【United Airlines,Inc.】顧客対応の業務に生成AIを導入して顧客満足度の向上

United Airlines、Inc.はイリノイ州シカゴに本社を置くアメリカの大手航空会社です。

同社は生成AIを活用して、カスタマーサービスの向上を実現できました。具体的には顧客からの問い合わせやクレームの内容によって顧客ニーズを把握し適切な対応をとるために生成AIを活用しています。

その結果、顧客からの問い合わせの対応時間が短縮し、顧客満足度が向上しました。

【株式会社三井住友フィナンシャルグループ】信用リスクの評価の業務に生成AIを導入して財務健全性の向上

株式会社三井住友フィナンシャルグループは東京都千代田区に本社を置く日本のメガバンクです。

同社は顧客の信用リスクの評価に生成AIを活用しています。具体的には顧客の属性データや取引データから学習させた生成AIに信用リスクの評価をさせています。

これにより不良債権の発生を未然に防ぎ、財務の健全性の向上を実現しています。

生成AI導入でつまずく事例を紹介!

生成AI導入でつまずく事例としては、次の3つがあげられます。

  • 生成AIに何ができるのかわかっていない
  • 自社業務のうち何が生成AIに任せられるかわかっていない
  • 生成AIを導入して効果の出る分野がわかっていない

これらのポイントを踏まえて生成AI導入を検討することが重要です。弊社・株式会社WEELから導入をご検討いただく場合は、プロフェッショナルチームが貴社のお困りごとに寄り添って提案します。たとえば……

弊社のソリューション事例
  • ChatGPTを社内で使うための環境作り(Microsoft Azure)
  • ハルシネーションを看破する生成AIの開発
  • 問い合わせ業務の工数を90%削減させる生成AIの開発
  • 専門分野の試験問題を作成する生成AIの開発

といった解決策を、1時間の無料相談を通して余すところなくお伝えできればと存じます。

生成AI導入にかかる費用は?弊社の例を紹介!

生成AI導入にかかる費用はベンダーによってまちまちですが、ここでは弊社・株式会社WEELの事例を紹介させていただきます。

弊社の場合ですと、生成AIの導入を4つのフェーズに分けておすすめしております。まずは、以下をご覧ください。

  1. 生成AIについて知りたい
  2. 生成AIを組織に取り入れたい
  3. 生成AIを使って働き方を変えたい
  4. 生成AI搭載型のシステムを開発したい

次にフェーズごとのサービスと費用をご紹介します。

1.生成AIについて知りたい

先述のとおり、生成AIにはメリットとデメリットの両側面があります。ですので、いきなり社内導入に進むのは不安ですよね。

そこで弊社ではまず、以下2つのサービスをご用意しました。

無料相談セミナー
見積もり額¥0¥100,000〜200,000
期間〜1時間2週間前から申込可能
内容・生成AIにまつわるお困りごとの相談
・「こういうのはできる?できない?」といった知見共有
・生成AIツールの開発相談や壁打ち
・セミナー資料の作成
・セミナーの実施(+交通費)
・セミナーの効果測定(アンケート)

当メディアよろしく、IT業界のタブーまで切り込んでお伝えしていく所存です!

2.生成AIを組織に取り入れたい

生成AIにも得意分野と苦手分野があります。ですので、導入して効果が出る場面を見定めなくてはいけません。弊社では以下2つのサービスを通して、そのお手伝いをさせていただきます!

導入支援 / 活用促進現場定着サポート
プロンプトデザイン / 指導
見積もり額¥2,400,000〜4,800,000¥1,200,000〜2,400,000
(月額60万〜)
期間2〜4ヶ月2〜4ヶ月
内容・要件定義
・改善案提出
・新業務フロー図の作成
・導入支援・ツールの設定
・サポート
・現状分析
・業務調査
・プロンプトデザイン
・トレーニング(指導)

Qiitaランキング1位を獲得したエンジニアが在籍する弊社のノウハウを、ぜひ貴社の業務にお役立てください。

3.生成AIを使って働き方を変えたい

生成AIの導入にあたって、弊社は技術面だけでなくマネジメント領域でもサポートが可能です。「競合の二歩先をゆく生成AI導入を果たしたい」「社内が一丸となって生成AI導入を進めたい」といったご要望を、以下2つのサービスにて全力サポートいたします。

顧問 / アドバイザリーコンサルティング
見積もり額¥600,000〜1,200,000¥2,400,000〜
期間2〜4ヶ月3ヶ月〜
内容・現状分析
・提案書の作成
・導入支援
・社内におけるAI基礎教育・AI活用法研修
・AIツール導入支援
・AIツール運用支援
・プロンプト研修・定着支援
・リスク対策・ガイドライン遵守
・社内システムとのインテグレーション(※要相談)

上記2つのサービスを通して、月間130万PV超えの当メディアで扱う最新情報まで共有させていただきたく存じます。

4.生成AI搭載型のシステムを開発したい

生成AIの進化は日進月歩。ChatGPTやMicrosoft Azureなど、素のAIサービスだけで多くの業務が効率化できてしまいます。

とはいえ、社内のノウハウ・専門知識を生成AIに適用するのであれば、別途開発が必要不可欠です。弊社では以下2つのサービスにて、貴社独自のお困りごとを解決いたします!

PoC開発生成AIのソリューション開発
見積もり額¥2,400,000〜4,800,000¥13,200,000〜
期間2〜4ヶ月4ヶ月〜
概要既存モデルを使って、社内向けAIツール・チャットボットを開発社外向けサービスや社内システムを基盤モデルから開発
内容・データ処理
・環境構築
・プロトタイプ開発
・検証
・コードの提出
・検証結果報告
(Poc開発の内容に加え)
・システムの要件定義書作成
・AIシステムの開発
・社内システムとの連携
・AIシステムの実装
・運用

開発にあたっては、巷にあふれるAIツールの中身まで包み隠さず共有させていただきます。プラットフォームに依存しないAIツール&サービスを、貴社とWEELの二人三脚で目指していきましょう!

なお、生成AIの開発費用について詳しく知りたい方は、下記の記事を合わせてご確認ください。
生成AIツールの開発費用が高い!コストを下げる2つの方法をご紹介

まとめ

生成AIは、大量のデータから学習して、さまざまな創造的なコンテンツを生成できます。これにより業務の効率化やコスト削減、創造性の向上など、企業は新たなビジネスチャンスを創出できます

しかし、導入コストや運用コスト、セキュリティリスク、倫理的な問題などのデメリットもありますので、導入にあたってはメリットとデメリットを十分に検討する必要があります。

生成AIの導入を成功させるためには、導入目的や用途を明確にし、運用体制とセキュリティ対策を講じる必要が重要です

弊社では、生成AIの導入をワンストップでサポートしております。導入を検討されている方は、ぜひご相談ください。

最後に

いかがだったでしょうか?

弊社では

・マーケティングやエンジニアリングなどの専門知識を学習させたAI社員の開発
・要件定義・業務フロー作成を80%自動化できる自律型AIエージェントの開発
・生成AIとRPAを組み合わせた業務自動化ツールの開発
・社内人事業務を99%自動化できるAIツールの開発
ハルシネーション対策AIツールの開発
自社専用のAIチャットボットの開発

などの開発実績がございます。

まずは、「無料相談」にてご相談を承っておりますので、ご興味がある方はぜひご連絡ください。

➡︎生成AIを使った業務効率化、生成AIツールの開発について相談をしてみる。

生成AIを社内で活用していきたい方へ

「生成AIを社内で活用したい」「生成AIの事業をやっていきたい」という方に向けて、生成AI社内セミナー・勉強会をさせていただいております。

セミナー内容や料金については、ご相談ください。

また、弊社紹介資料もご用意しておりますので、併せてご確認ください。

投稿者

  • 2sc

    テクニカルライター 大学時代はアリの生態を研究。 ラボで唯一、Pythonを使ってデータ分析を効率化していた。 現在はライターとして、オウンドメディアや学術記事の執筆に当たっている。

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次