サイトのデザインが新しくなりました。

最先端のAIインフルエンサーで稼ぐ人続出!? AI時代の新しいマーケティング方法とは!

最先端 AIインフルエンサー AI時代 新しいマーケティング方法

皆さん「AIインフルエンサー」って知っていますか?
最近では、広告にAIインフルエンサーが起用されることもあり、今後どんどん活用されていくことは間違い無いでしょう。

え!ご存知ないんですか!?

ソーシャルメディアにおけるAIの世界市場は、2022年に約2,000億円と評価され、さらに2023-2030年には28.70%以上の継続的な成長率を保つと予測されています。※1

こんなに成長が約束されているのに、AIインフルエンサーを知らないのは勿体無い!

そこで本記事では、AIインフルエンサーをご存知ないあなたのために、今大活躍中の国内や海外で人気のAIインフルエンサーをまとめてご紹介します。

この記事を最後まで読めば、AIインフルエンサーが持つ可能性に気づき、生成AI時代のお金の稼ぎ方についての理解を深めることができるでしょう。ぜひ、最後までご覧ください!

なお弊社では、生成AIツール開発についての無料相談を承っています。こちらからお気軽にご相談ください。

目次

AIインフルエンサーとは?

AIインフルエンサーは、人工知能を利用して作成された仮想のインフルエンサーのことを指します。彼らは実在の人物ではなく、CGやアニメーション技術を使用してデザインされているのです。

AIインフルエンサーは、ソーシャルメディア上での活動やブランドのプロモーションなど、実際のインフルエンサーと同様の役割を果たすことができます。そのようにして、多くのフォロワーを獲得し、魅了しています。

また、自分の顔や声を出したくないけど、個人でインフルエンサーとして活動したいと考えている人にもおすすめです。人物や音声などは全て生成AIを活用して作成するため、身バレする心配をすることなくインフルエンサーとして活動できます。

有名になれば広告収入を目的とした動画配信や製品を紹介する企業案件などを獲得できるようになるので、さまざまな分野でマネタイズすることができます。

個人からだけではなく、多くの企業からもAIインフルエンサーはその独自性や新しさから注目を集めており、多くのブランドや企業がマーケティングの一環として活用している技術なのです。

なお、AIインフルエンサーの作り方について詳しく知りたい方は、下記の記事も合わせてご覧ください

これから来るAIインフルエンサーマーケティングとは?

AIインフルエンサーマーケティングは、従来のインフルエンサーマーケティングの方法とは異なり、AI技術を活用して仮想的なインフルエンサーを生成・活用する新しいマーケティング手法です。

この手法により、広告コストの削減や遠隔地でのマーケティングが可能となります。例えば、「AIキャスティ」のようなサービスでは、商品や実空間との融合を実現し、オリジナルのインフルエンサーの生成もできます。※2

このようなAI技術により、ブランドや企業は独自のマーケティング戦略を展開することができるのです。

有名AIインフルエンサーを紹介

ここでは、有名なAIインフルエンサーをご紹介します。AIインフルエンサーの活用事例を見ていきましょう。

神宮寺藍

参考:https://www.tiktok.com/@jinguji_ai_

神宮寺藍は、19歳の港区在住として設定されたAIインフルエンサーで、グラビアアイドルとしての活動をしているとされています。しかし、彼女は実在しない仮想の存在であり、その全ての背景や経歴は設定されたものです。

彼女のTikTokアカウントは1万人以上のフォロワーを持ち、動画は数日で100万回再生されるなど、非常に高い人気を誇っています。この人気の背後には、会社経営者である朝比奈ひかりさんのツイートが関与しているとされています。※3

SARI

参考:https://gokindler.com/sari/

SARI(さり)は、AI技術を活用して生まれた「AI女子大学生」としての設定を持つインフルエンサーです。彼女の趣味は恋愛相談、占い、ダンス、コスプレだそうです。※4

このAIインフルエンサーは、OpenAI社の技術である「ChatGPT」とStability AI社の「Stable Diffusion」を使用しており、LINE上でユーザーとのチャットサービスを行っています。

彼女はKINDLER株式会社のAIインフルエンサーグループ「PlanetPopStars」からデビューし、その人気は急速に拡大しているそう。事実、LINEの友達数は1日で1,000人を超え、会話の回数も12,000往復を超えるなど、その注目度の高さが伺えます。このような影響力により、ブランドや商品のプロモーションに新しい可能性を見出せるでしょう。

imma

参考:https://www.instagram.com/imma.gram/

immaは、2018年にInstagramでの活動をスタートさせたAIインフルエンサーで、バーチャルヒューマンとして注目を集めています。※5

彼女のデビュー以降、世界中のメディアで取り上げられ、2020年の東京パラリンピックの閉会式にも登場するなど、その活動の幅を広げています。特に、SK-ⅡやFENDI、PRADAなどの有名ブランドでのモデル活動や、ファッション誌『Harper’s BAZAAR』台湾版の表紙を飾るなど、その影響力は増している最中です。

現在、彼女のSNSのフォロワーは合計で100万人を超えるなど、非常に高い人気を誇っています。このような影響力を、多岐にわたる活動を通じて、新しい形の広告やプロモーションに利用できるでしょう。

AIひろゆき

参考:https://www.youtube.com/@AI_Hiroyuki

AIひろゆきは、2Ch創設者のひろゆきさんをモデルにした「国内初の実在人物のAIアバター」として知られています。このAIは、声、会話、動画のすべてがAI技術によって生成されており、特にChatGPTを活用してひろゆきさんの口癖や言いそうなことを学習させることで、質問に対する返答を音声と動画で自動生成することができます。

また、この技術を活用した「【ひろゆき公認】AIひろゆき」というYouTubeチャンネルも存在し、まるでひろゆきさん本人が配信しているかのような生配信が行われているのです。※6

経済的な側面では、AIひろゆきのYouTube動画の切り抜き投稿が許可されており、その収益は全てひろゆきさんに還元される仕組みとなっています。

AIひろゆきの作り方については下記の記事で詳しく解説しているので、興味のある方は下記の記事も合わせてご覧ください。

Caryn Marjorie

参考:https://www.snapchat.com/add/cutiecaryn/jWJAjIkAS6yMDIkYIAkO3gAAgcWlzcWRzeGlpAY-UuGLrAY-UuGHBAAAAAA

Caryn Marjorieは、Snapchatで約200万人のフォロワーを誇る、23歳のソーシャルメディアインフルエンサーです。彼女は、自らの声や性格を再現したAI「CarynAI」を立ち上げ、このAIは「Forever Voices」というサービスとOpenAIのGPT-4を活用して、彼女がYouTubeに投稿した2000時間以上のコンテンツから学習されました。Caryn Marjorieのフォロワーは約98%が男性で中には恋愛感情を持つ人もででくるほどリアルに作られています。

CarynAIは、ユーザーとの会話の中で多岐にわたる話題に対応する能力を持ち、1分1ドル(約136円)の有料サービスを開始してからわずか1週間で約970万円の収益を上げるなど、その経済効果も大きいです。※7

しかし、CarynAIの性的な魅力やエロティックな話題への傾向も指摘されており、マージョリー氏自身は「AIは性的な誘いには乗らない」と説明しています。

このように、海外では有名なAIインフルエンサーが増えつつあり、人気を獲得できれば独自のサービスを展開したり、プロモーション動画案件の獲得など、さまざまな分野でマネタイズも可能です。

生成AIが新しいマーケティング方法を生み出す

今回紹介したAIインフルエンサーは以下の通りです。

  • 神宮寺藍
    19歳の港区在住として設定されたAIインフルエンサー。
    TikTokのフォロワーは1万人を超える。
  • SARI
    AI技術を活用して生まれた「AI女子大学生」。
    LINEの友達数は1日で1,000人を超え、会話の回数も12,000往復を超える。
  • imma
    2018年にInstagramでの活動をスタートさせたAIインフルエンサーで、バーチャルヒューマンとして注目を集めている。
    SNSのフォロワーは合計で100万人を超える。
  • AIひろゆき
    2Ch創設者のひろゆきさんをモデルにした「国内初の実在人物のAIアバター」。
    「【ひろゆき公認】AIひろゆき」というYouTubeチャンネルを解説し、まるでひろゆきさん本人が配信しているかのような生配信が行われている。
  • Caryn Marjorie
    Snapchatで約200万人のフォロワーを誇る、23歳のソーシャルメディアインフルエンサー。
    自らの声や性格を再現したAI「CarynAI」を立ち上げ、わずか1週間で約970万円の収益を上げる。

このように、海外だけではなく日本国内でも生成AIを活用したインフルエンサーは増えています。作り方などについてもたくさん情報があるため、個人で活動するAIインフルエンサーや、AIインフルエンサーを専門とした事務所が次々に誕生しています。

AI技術はものすごいスピードで進化していて、今後も新しいサービスやツールが誕生するでしょう。そういった情報をいち早くキャッチし活用することで、生成AIを活用した新たな稼ぎ方も見つけることができるのではないでしょうか。

サービス紹介資料

生成系AIの業務活用なら!

・生成系AIを活用したPoC開発

・生成系AIのコンサルティング

・システム間API連携

最後に

いかがだったでしょうか?

弊社では

・マーケティングやエンジニアリングなどの専門知識を学習させたAI社員の開発
・要件定義・業務フロー作成を80%自動化できる自律型AIエージェントの開発
・生成AIとRPAを組み合わせた業務自動化ツールの開発
・社内人事業務を99%自動化できるAIツールの開発
ハルシネーション対策AIツールの開発
自社専用のAIチャットボットの開発

などの開発実績がございます。

まずは、「無料相談」にてご相談を承っておりますので、ご興味がある方はぜひご連絡ください。

➡︎生成AIを使った業務効率化、生成AIツールの開発について相談をしてみる。

生成AIを社内で活用していきたい方へ

「生成AIを社内で活用したい」「生成AIの事業をやっていきたい」という方に向けて、生成AI社内セミナー・勉強会をさせていただいております。

セミナー内容や料金については、ご相談ください。

また、弊社紹介資料もご用意しておりますので、併せてご確認ください。

投稿者

  • Hiromi Sai

    ChatGPTメディア運営 / テクニカルライター リベラルアーツ専攻。大学休学中は、Webマーケティング会社のマネージャーとしてライター、ディレクター100名のマネジメントをする。南米のチリとタイでの長期居住歴を持つ。

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次