サイトのデザインが新しくなりました。

生成AIを活用したおすすめライティングツール!無料で使えるツールも含め徹底解説

生成AI 活用 ライティングツール 無料 ツール 解説

記事執筆やメール文の作成など、時間がかかる文章作成を生成AIで簡単にできることをご存じですか? 実は、日本でも文章生成に特化した「生成AIライティングツール」の普及が進んでいます。

今や生成AIライティングツールもさまざまあり、それぞれのツールに強みがあります。この記事では、生成AIライティングツールのメリットやデメリットについて解説します。

最後におすすめ生成AIライティングツールのご紹介もしますので、ぜひ最後までお読みください。

なお弊社では、生成AIツール開発についての無料相談を承っています。こちらからお気軽にご相談ください。

目次

生成AIライティングツールとは?

生成AIライティングツールとは、記事やメール文、広告のキャッチコピーなどの生成はもちろん、書いた文章の校正や修正など、ライティングに関わるほとんどの業務を生成AIが行ってくれるツールのことです。

近年生成AIの進化は著しく、生成される文章の精度の高さやいろんな機能を持ったAIツールが登場しました。さらに、多くの企業では労働時間の削減を目指す働き方改革や、デジタルの時代に対応したDX化の推進などが進められており生成AIライティングツールの需要は高まっています。

なお、生成AIについて詳しく知りたい方は、下記の記事を合わせてご確認ください。
生成AIとは何か?仕組みやできることをAI専門家がわかりやすく解説

生成AIライティングツールを使うメリット

そんな需要の高まっている生成AIライティングツールですが、利用することでどのようなメリットがあるのでしょうか。ここでは、生成AIライティングツールを利用するメリットについてご紹介します。

短時間で文章を生成できる

メールなどの文章を書くためには、言い回しや文法、敬語がおかしくないかなど気にしながら書いていると時間がかかるものですよね。また、記事を書くということであれば、リサーチして構成を考え、そして執筆する。このように文章を書く作業は時間がかかることが多いです。

しかし、生成AIライティングツールを利用すれば、要点などを指示するだけで、瞬時に文章や記事を生成することが可能です。

新しいアイディアの創出

生成AIライティングツールは、文章の生成だけではなく、新しいアイディアを生み出すことができます。

例えば、記事の構成案を生成AIライティングツールに作成するように依頼すると、構成案を生成してくれるのはもちろん、何パターンかの構成案を出力してくれます。出力された構成案をそのまま使うのもいいですが、出力された構成案のいいところを取って自分で新たに構成案を作ることもできます。

また、構成案だけではなく、広告のキャッチコピー案やSNSの投稿文に有効なキーワードや言い回しなど、バズを狙うためのヒントになることもあります。

誤字脱字の軽減

人間の手で文章を作成するとタイプミスや変換ミスなど、誤字脱字が起こることは少なくありません。しかし、生成AIライティングツールを使えば、さまざまな情報を学習した生成AIが文章を生成するので、誤字脱字が発生することは滅多にありません。

また、生成AIライティングツールには校正機能が搭載されているものが多いので、手動で書いた文章をツールに通すことで誤字脱字のチェックが一瞬でできて、訂正案も提示してくれるため誤字脱字の軽減につながります。

コスト削減

前述の通り、文章や記事を書くことは工程も多く、注意を払いながらの作業になるため時間がかかります。また、大量に記事を作成しないといけない環境であれば、ライターが多く必要となるためコストがかかります。

しかし、生成AIライティングツールを使えば、瞬時に大量の文章を生成できるので文章作成に関わる人員の削減が可能です。さらに、空いたリソースを別の作業に回せるため、コスト削減だけではなく新たな事業に発展させることも可能になります。

多言語の文章が作成可能

生成AIライティングツールには翻訳機能が搭載されている物もあり、さまざまな言語で文章を生成することが可能です。ツールによっては翻訳だけではなく、自然な文章へ修正したり言い回しを考えてくれたりできます。

これにより、海外の方へ向けたやLPなどを簡単に作ることができ、より多くの人に文章を届けることが可能になりました。

生成AIライティングツールのデメリット

このようにさまざなメリットのある生成AIライティングツールですが、デメリットも存在します。このデメリットを理解していないと思わぬトラブルに発展する可能性があるので、利用する場合はしっかり理解しましょう。

盗作リスクがある

生成AIライティングツールで文章を生成する場合、生成AIはインターネット上にある情報を参照し文章を生成します。もちろんインターネット上で情報収集することはいいのですが、まれにどこかのサイトの文章をそのまま出力してしまうこともあります。

このように、出力した本人に盗作したという意識がなくても知らず知らずのうちに盗作をしている場合があるので注意が必要です。

ハルシネーションを起こす可能性がある

生成AIは日を追うごとに進化し精度が高まっていますが、まだまだ事実と異なる不正確な情報を出力する可能性があります。この現象をハルシネーションといい、生成AIを使う上で注意すべきポイントの一つです。

間違った情報を発信することは、誰かを不利益にしたり不幸にする可能性があるので公開前にはファクトチェックをするようにしましょう。

出力情報が最新ではない可能性がある

使う生成AIライティングツールによっては、学習している情報が最新ではない可能性があります。例えば、2024年2月13日現在のChatGPT4の学習データは2023年4月ごろまでの情報となっているため、2023年5月以降の情報については出力することができません。

古い情報を発信しないためにも、利用する生成AIライティングツールの学習データがいつまでのものなのかを把握しておく必要があるでしょう。

不自然な文章になることがある

さまざまな情報を学習し、添削や校正なども行える生成AIライティングツールですが、文章を生成すると不自然な文章になる場合があります。

例えば、文末に「ます」が3回以上続いたり、難しい言い回しの文章が生成されたりすることもあるので、読みやすい文章にするために適宜編集を加えないといけません。

このように、生成AIライティングツールはとても便利なツールですが、デメリットやリスクもたくさん存在するので、安全に利用するためには最終的に人間による最終チェックが必要です。

おすすめ有料生成AIライティングツール

生成AIライティングツールの概要やメリットやデメリットについて見ていただき、生成AIライティングツールとはどのようなものなのか理解していただけたと思います。次に、有料のおすすめ生成AIライティングツールをご紹介します。

ChatGPT

ChatGPTは無料でも利用することができますが、おすすめなのは有料(月額20ドル)の「ChatGPT Plus」です。理由はさまざまありますが、大きなものでいえば、最新バージョンのGPT4が利用できるという点です。

また、「GPTs」というChatGPTをカスタマイズできる機能が提供されており、ライティングに強いGPTsがあるという点もおすすめです。

Catchy

日本最大級の生成AIライティングツールの「Catchy」は100種類以上のツールを提供しており、キャッチコピーや広告文、記事などさまざまなフォーマットに合わせた文章を生成できます。

無料でも利用できますが、クレジット数が少ないため頻繁に使う方は月額9,800円の「Pro」への加入がおすすめです。

おすすめ無料生成AIライティングツール

生成AIライティングツールを使ってみたいけど、コストをかけたくない、とお考えの方も多いと思います。

また、生成AIツールを利用したことがない方であれば、いきなり有料ツールの購入というのはハードルが高いですよね。最後に無料で使える生成AIライティングツールをご紹介します。

Gemini

Googleが提供する「Gemini」(旧:Google Bard)は、ChatGPTのような対話型AIサービスです。メリットとしては、インターネット上にある最新情報を反映した文章が生成可能なことや、GoogleドキュメントやGメールに簡単にエクスポートできるところです。

また、Geminiは完全無料で利用可能なので生成AIを利用したことない方でも気軽に試すことができます。

ユーザーローカル AIライター

株式会社ユーザーローカルが提供する「ユーザーローカル AIライター」はGPT-4と連携しており、ChatGPT単体で文章を生成するよりもバリエーションが豊富で、利用者の意図通りの文章を生成できます。

使い方もシンプルで、出力したい文章のキーワードを入力するだけで、組込みたいキーワード、タイトル案、構成案などが生成されます。その中から自分のイメージに近いものを選択すれば、生成AIが自動で文章を生成してくれるので、手軽に利用できるのがポイントです。

なお、AIライティングツールWriterについて詳しく知りたい方は、下記の記事を合わせてご確認ください。
【Writer】海外上場企業が特別扱いするChatGPT超え、AIライティングツール

代替できる業務は生成AIへ

生成AIが普及した今、さまざまな業務を生成AIへ代替することが可能となりました。今回ご紹介した生成AIライティングツールもその一つで、今まで人の手で時間をかけてきたものを生成AIに任せれば、作業効率が上がり、働き方改革にもつながります。

ただ、まだまだ生成AIには不得意な分野も多いので、代替できる分野と人の手で行わないといけない分野を理解し、上手に生成AIを利用したいですね。

サービス紹介資料

生成系AIの業務活用なら!

・生成系AIを活用したPoC開発

・生成系AIのコンサルティング

・システム間API連携

WEELの生成AIへのスタンス

我々はむやみやたらにAIツールの使用をお勧めしていません。

AIツールでできることはほとんどがChatGPTやStable Diffusionなどの大元のAIサービスで行えるからです。
※国内のAIツールの多くはChatGPTだけでも完結できるソリューションを展開しています。

もし、自社で生成AIを活用したいという場合は
1. ChatGPTをフルで使えるようになる
2. 業務を生成AIに解けるタスクまで分解し、自動化する
のどちらかが良いと思います。

弊社では
1の場合、生成AIセミナーの実施や生成AIコンサルティングなどで、AI専門家による生成AI活用指導
2の場合、PoC開発やソリューション開発などで、LLMエンジニアやAIコンサルタントが御社にあったAIツールの開発を行います。

無料相談にてご相談を承っておりますので、興味がある方は以下からご連絡ください。
無料相談で話してみる

生成AIを社内で活用していきたい方へ

「生成AIを社内で活用したい」「生成AIの事業をやっていきたい」という方に向けて、朝の通勤時間に読めるメルマガを配信しています。

最新のAI情報を日本最速で受け取りたい方は、以下からご登録ください。

また、弊社紹介資料もご用意しておりますので、併せてご確認ください。

投稿者

  • 晋平大竹

    生成AIの登場に大きな衝撃を受けたWebライター。好きなAIツールは、ChatGPTとAdobeFirefly。AIがこれからの世界を良い方向に導いてくれると信じ、正しい&有益な情報を発信し続けています!

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次