サイトのデザインが新しくなりました。

【生成AI×インテリア】室内デザインをAIが提案!導入メリットとおすすめツールを徹底解説

生成AI インテリア 室内デザイン AI 提案 導入メリット おすすめツール 徹底解説

生成AIを使ってインテリアの提案やデザインをもっと簡単にできないか、、とお悩みではないでしょうか?本記事は、そんな悩みを抱えている方のための記事になります。

今回は、生成AIがインテリア分野でどのように活躍しているか、生成AIを使って得られる具体的なメリット、国内外の生成AIツールのご紹介をします。本記事を読めば、インテリアの生成AIを効果的に活用し、デザインの質と効率を飛躍的に向上させることができるでしょう。

ぜひ、最後までご覧ください。

目次

インテリア分野でも活躍中の生成AI

生成AIは、インテリア分野においてもその力を発揮しています。特に、デザインの提案やイメージ画像の生成、その他の対応の自動化など、さまざまな面で利用されています。

従来の手法では時間がかかるデザインも、AIを利用することで迅速に行うことが可能です。例えば、AIが過去のデザインデータを分析し、トレンドや顧客の好みに基づいた最適な提案を瞬時に作成できます。

このように、今後もますますインテリア分野での生成AIの使用が増えることでしょう。

インテリア分野で生成AIにできること

インテリア分野では、生成AIがデザイン提案やイメージ画像の生成、その他対応の自動化など多岐にわたる役割を果たしています。

以下では、インテリア分野で生成AIにできることをご紹介します。

デザインの提案

生成AIは、インテリアデザインの提案を自動で行うことができます。例を挙げると、ユーザーが希望するスタイルや色の情報を入力すれば、それに基づいたデザイン案を複数生成するといったことがあります。

これにより、デザイナーは短時間で多くのアイデアを得ることができ、効率的に仕事を進められるでしょう。また、生成AIは過去のデザインデータを学習し、トレンドに合った最新の提案が可能です。

イメージ画像生成

また、生成AIは、インテリアのイメージ画像を生成する能力にも優れています。これにより、デザインの提案段階で、具体的なビジュアルイメージを提供できます。

ユーザーは完成後の部屋のイメージを視覚的に確認できるため、デザインの選択がしやすくなるでしょう。例えば、新しいインテリアデザインを検討する際、AIが生成したイメージ画像を元に、家具の配置や色の組み合わせを事前に確認できます。

その他対応の自動化

さらに、生成AIは、その他の自動化対応にも利用されています。例を挙げると、在庫管理やカスタマーサービスの対応など、日常的に繰り返される業務を自動化することで、業務効率が向上します。

これ以外にも、オフィスデザインプロジェクトで生成AIを使用して家具の配置シミュレーションを行うなど、デザイナーの仕事を補助するようなこともできるでしょう。

なお、このようなAIの自動化について詳しく知りたい方は、下記の記事を合わせてご確認ください。

インテリア分野の生成AI導入メリット5点

生成AIはインテリアデザインにおいて、効率化と品質向上に大きなメリットをもたらします。以下に、具体的な利点を5つ紹介します。

メリット1.サービスのコスト削減

生成AIの導入により、デザイン提案やアイデア出しのプロセスが自動化されるため、人件費や運用コストが大幅に削減されます。特に、初期のアイデア出しやコンセプト設計にかかる時間と費用を節約できます。

例えば、AIが顧客の要望を分析し、最適なデザインを提案することでデザイナーの作業時間を短縮し、その分他のプロジェクトに集中できるでしょう。

メリット2.提案までの時間短縮

生成AIは、顧客の要望をもとに瞬時にデザイン提案を生成できるのが特徴です。これにより、提案までの時間が劇的に短縮され、クライアントとのコミュニケーションが円滑になります。

一例を挙げると、従来のデザインプロセスでは数日かかっていた提案作成が、生成AIの活用により数時間以内に完了することが可能になります。これにより、顧客への対応が迅速になり、顧客満足度が向上します。

メリット3.案出しの効率化

生成AIは大量のデザインパターンやレイアウトを短時間で生成できるため、デザイナーのアイデア出しの効率が大幅に向上します。これにより、多様な選択肢を短時間で提供でき、最適なデザインを迅速に選択可能です。

例えば、AIが異なるスタイルやテーマのデザインを提案し、クライアントのフィードバックを即座に反映できます。

メリット4.要望の言語化

生成AIは、顧客の曖昧な要望を具体的なデザインに変換する能力を持っています。これにより、クライアントが漠然としたアイデアしか持っていない場合でも、具体的な提案を行えます。

仮に、顧客が「落ち着いた雰囲気」といった曖昧な要望を伝えたとしても、AIは具体的な色彩やレイアウトを提案することができます。これにより、顧客の要望を的確に反映したデザインが提供できます。

メリット5.デザインにおける属人性排除 

生成AIの導入により、デザインプロセスが標準化され、個々のデザイナーのスキルや経験に依存しない一貫した品質のデザインを提供可能です。これにより、プロジェクトごとのデザイン品質にばらつきがなくなり、クライアントに対して常に高い品質のサービスを提供できるでしょう。

同じAIツールを使えば、どのデザイナーが担当しても同様のクオリティのデザインが期待できます。

なお、生成AIのデザインについてより詳しく知りたい方は、下記の記事を合わせてご確認ください。

インテリア分野における生成AIの注意点3つ

生成AIはインテリアデザインの分野でも多くのメリットを提供していますが、一方でいくつかの注意点も存在します。これらの注意点を理解し、適切に対処することで、安全かつ効果的に生成AIを活用できます。

注意点1.著作権侵害のリスク

生成AIは既存のデザインや画像を学習し、新しいデザインを生成することが多いため、著作権侵害のリスクがあります。他人のデザインを無断で使用すると、法律的な問題が発生する可能性があります。

例えば、他のデザイナーやアーティストの作品をベースにした生成物が、そのオリジナルの権利を侵害する場合があるので注意しましょう。これを防ぐためには、生成されたデザインの出所を確認することが重要です。

注意点2.インテリアの安全性

生成AIによって提案されたデザインが実際に安全であるかどうかの確認も必要です。特に家具や装飾品の配置など、物理的な安全性に関わる要素は注意深く検討しなければなりません。

また、子供や高齢者がいる家庭では、鋭利な角や不安定な構造のデザインが危険を伴うことがあるかもしれません。このため、AIの提案を人間が検証し、必要に応じて修正が求められます。

注意点3.責任の所在

生成AIを利用して作成されたデザインに対する責任の所在も明確にする必要があります。特に商業的なプロジェクトでは、誰が最終的なデザインの責任を負うのかを明確にしておくことが重要です。

例を挙げると、AIが生成したデザインをそのまま採用して問題が発生した場合、その責任が誰にあるのかを事前に契約書などで明示しておくことが求められます。これにより、トラブル発生時の対応がスムーズになります。

【国内編】インテリア関連の生成AIツール4選

日本国内でも多くの生成AIツールがインテリア分野で活躍しています。これらのツールは、デザインの提案やイメージ画像の生成、自動化対応など、様々な機能を提供しています。

以下では、特に注目されている4つのツールをご紹介します。

ROOV

ROOVは、リンクをクリックするだけでVRの住まい空間を体験できる生成AIツールです。CADソフトで書き出したデータをアップロードすることで、最短20分ほどでブラウザ上にVR化が可能になります。

ユーザーは3D空間内で家具や採寸を確認したり、チャットでコミュニケーションしたりなど様々な体験ができます。

公式サイト:https://styleport.co.jp/news/4297/

STYLE NAVI

STYLE NAVIは、ユーザーが好む部屋の雰囲気を作り出すために最適なインテリアスタイルを提案するツールです。このツールは画像生成AIを利用しており、約1分ほどで診断が可能となっています。

STYLE NAVIでは、部屋のトーン、作りたい部屋のテイストをそれぞれ数種類の中から選択することで自分にとって理想的なインテリアスタイルを画像を通して知ることができます。

公式サイト:https://www.stylics.com/lp/stylenavi/

stadi

stadiは、画像生成AIによる建築や構造物のパース作成ツールです。設計者がクライアントにヒアリングした内容をプロンプトとして入力し、画像を生成します。

そして、出力された画像をクライアントと共に微調整していき、よりクライアントの要望に添ったデザイン作成が可能になります。

公式サイト:https://stadi.biz/

renorf

renorfは、物件のリノベーションの際に使用する生成AIツールです。クライアントの要望に合わせて物件の画像や間取りを元にデザインのテイストを変更した画像を生成します。

使い方は非常にシンプルで、元になる物件の画像をアップロードして、変更したいデザインを選択するだけで新たなリノベーション画像が生成されます。

公式サイト:https://www.mign.io/products/X5Wurp

【海外編】インテリア関連の生成AIツール5選

インテリア分野の生成AIは、国内だけでなく海外でも多くの優れたツールが開発されています。以下では、その中から特に注目すべき5つのツールをご紹介します。

roomGPT

roomGPTは、インテリアデザインの提案を自動で行う生成AIツールです。このツールはユーザーが提供した部屋の写真を元に、全く異なるテイストや装飾のアイデアを生成します。

例えば、家具の配置や色の組み合わせ、デコレーションのアイデアなどプロのデザイナーに頼ることなく手軽に提案を受けられます。多くのユーザーがroomGPTを利用して、自分だけの理想的な空間を作り上げることができるでしょう。

公式サイト:https://www.roomgpt.io/

INTERIOR AI

INTERIOR AIも、元の部屋の写真をAIによって別の部屋に変換できるツールになります。「トロピカル」や「禅」など多様なインテリアスタイルが用意されています。

部屋の大々的なリフォーム、ちょっとしたインテリアの変更をする際、重宝できるツールになるでしょう。

公式サイト:https://interiorai.com/

Planner 5D

Planner 5Dは、2Dの間取りや見取り図を3Dの室内画像に変換できるWebサービスです。このサービスは海外の英語サイトですが、無料で利用可能です。

メールアドレスとパスワードを登録するだけで、自分の理想の建物や室内をWeb上で手軽に作成できます。

さらに、配置可能な照明や家電の種類も豊富です。間取りを設計する際には家具だけでなく、照明や家電も重要な要素となるため、よりリアルな間取りを作成したい場合に推奨されます。

公式サイト:https://planner5d.com/

Spacely AI

Spacely AIは、インテリアデザインの過程で生じる様々なタスクを自動化するツールです。このツールはユーザーが提供した情報を元に、家具の選定やレイアウトの最適化、デコレーションの提案などを自動で行います。

また、生成されたデザインはリアルタイムで変更できるため、ユーザーは自分のアイデアを即座に反映できます。

公式サイト:https://www.spacely.ai/

AiHouse

AiHouseは、中国発のインテリアデザインツールです。3Dで部屋のデザインをシミュレーションでき、家具やデコレーションの配置をリアルタイムで確認できます。

家具の配置や色彩の選定など、細部にわたるデザインを支援し、プロフェッショナルなデザインを短時間で作成できます。

公式サイト:https://www.aihouse.com/global

なお、インテリアデザインについて詳しく知りたい方は、下記の記事を合わせてご確認ください。

生成AIを使って効率よくインテリアをデザインしよう

インテリア分野での生成AIの活用は、デザイン提案から自動化対応まで幅広く、多くのメリットをもたらしています。

コスト削減や時間短縮、効率化を実現し、デザインにおける属人性を排除することで、より高品質なサービス提供が可能となります。

一方で、著作権侵害やインテリアの安全性、責任の所在といった注意点も存在するため、慎重な導入が求められるでしょう。

国内外のさまざまな生成AIツールを活用し、最新の技術を取り入れることで、インテリアデザインの新たな可能性を探ってみてください。

サービス紹介資料

生成系AIの業務活用なら!

・生成系AIを活用したPoC開発

・生成系AIのコンサルティング

・システム間API連携

WEELの生成AIへのスタンス

我々はむやみやたらにAIツールの使用をお勧めしていません。

AIツールでできることはほとんどがChatGPTやStable Diffusionなどの大元のAIサービスで行えるからです。
※国内のAIツールの多くはChatGPTだけでも完結できるソリューションを展開しています。

もし、自社で生成AIを活用したいという場合は
1. ChatGPTをフルで使えるようになる
2. 業務を生成AIに解けるタスクまで分解し、自動化する
のどちらかが良いと思います。

弊社では
1の場合、生成AIセミナーの実施や生成AIコンサルティングなどで、AI専門家による生成AI活用指導
2の場合、PoC開発やソリューション開発などで、LLMエンジニアやAIコンサルタントが御社にあったAIツールの開発を行います。

無料相談にてご相談を承っておりますので、興味がある方は以下からご連絡ください。
無料相談で話してみる

生成AIを社内で活用していきたい方へ

「生成AIを社内で活用したい」「生成AIの事業をやっていきたい」という方に向けて、朝の通勤時間に読めるメルマガを配信しています。

最新のAI情報を日本最速で受け取りたい方は、以下からご登録ください。

また、弊社紹介資料もご用意しておりますので、併せてご確認ください。

投稿者

  • 晋平大竹

    生成AIの登場に大きな衝撃を受けたWebライター。好きなAIツールは、ChatGPTとAdobeFirefly。AIがこれからの世界を良い方向に導いてくれると信じ、正しい&有益な情報を発信し続けています!

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次