【生成AI×観光】AIで人手不足を解決!観光事業の導入事例とリスクも紹介

生成AI×観光 AI 人手不足 解決 観光事業 導入事例 リスク

今回は生成AIが観光業界に及ぼす革命的な影響に注目してみました。この記事は生成AIを観光事業に組み合わせることで、私たちの旅行体験を豊かにし、新たな価値をもたらすかについて解説しています。

実際に生成AIを観光業に活用した実例・生成AIを観光事業に使う注意点等も細かに説明しているため、最後まで読むと生成AIが観光事業との相乗効果やAIを使ったアイデアを理解できます。ぜひ最後までご覧ください。

なお弊社では、生成AIツール開発についての無料相談を承っています。こちらからお気軽にご相談ください。
→無料相談で話を聞いてみる

目次

生成AIは観光分野でも活躍!

ChatGPTの登場によって生成AIの進化は爆発的に進んでおり、観光業界にも新しい風を吹き込んでいます。旅行計画の提案から、旅行者の嗜好に合わせたツアーまで、AIは利用者のニーズに応じた対応をしてくれます。

例えばリアルタイムの言語翻訳機能を使って、異文化間のコミュニケーションを円滑におこなってくれたりなど、観光と生成AIの可能性は無限大です

生成AIを利用したバーチャルリアリティを活用したバーチャルツアーは、遠隔で観光地を擬似的に体験させてくれたり、様々な提案をしてくれます。

生成AIを観光事業に利用するメリット

生成AIの活用は観光事業に大きなメリットをもたらしてくれます。生成AI導入のメリットは、観光事業の質と効率を向上させ、顧客満足度を高める重要な要素です。この項目ではそれぞれのメリットを一つずつ紹介します。

人手不足を解消

生成AIは観光業界における人手不足の解消に大きく貢献してくれます。生成AIの技術を人間から生成AIを利用すれば人手不足の問題を解決してくれます。

  • ホテルや観光施設の予約システム
  • 生成AIのチャットボットで顧客対応
  • 情報提供などの業務を自動化

特に多言語対応のAIチャットボットは、外国人観光客の問い合わせに24時間体制で対応可能であり、言語の障壁を乗り越えるサポートも可能です。

生成AIを導入すれば観光業界は労働力不足によるサービスの質の低下を防ぎ、スタッフの負担を軽減し、より高い顧客満足度を実現できるでしょう。

コスト削減

生成AIの導入は、観光業界におけるコスト削減に役立ちます。AIによる自動化と効率化は、人件費の節約に直結してくれるため、定型的な業務や顧客対応において効果は絶大です。

生成AIによるチャットボットの活用で、顧客からの問い合わせにも迅速かつ正確に対応できるため、人員を削減しながらもサービスの質を維持することも可能です。

また、今まで人間が行っていた予測分析や需要予測をAIが行うことで、資源の最適化・無駄な支出の削減も実現します。観光事業者は、AI導入によってコストを削減し、今まで使っていた予算を別のサービスに当てられます。

観光プランの考案も任せられる

生成AIの応用により、観光プランの考案も大きく変革されています。AIは旅行者の好みや過去の行動パターンを分析し、それに基づいた旅行プラン提案が可能です。

  • 行ってみたい場所
  • 観光客が興味を持っていること
  • 予算
  • 滞在期間

上記のような情報を生成AIに問いかけることで、観光客一人ひとりに考慮した観光プランを導き出せるメリットを持っています。

AIによる学習で旅行パンフレットには掲載されていないような隠れた名所、季節のイベントを提案してくれたり、旅行者にとって特別な素晴らしい観光プランを導き出してくれるでしょう。AIによる観光プランの提案は、観光事業者と旅行客の双方にとってメリットを得られます。

外国人観光客とのコミュニケーションもスムーズになる

生成AIの進展により、外国人観光客とのコミュニケーションが大きく改善されています。多言語対応のAIシステムは、観光客が母国語で問い合わせや要望を伝えられるため、言語による障壁を取り払ってくれるメリットを持っています。

今までは外国人観光客と会話するために、従業員は多言語を話す能力が必要でしたが、生成AIの登場によって従業員は外国人観光客とスムーズなコミュニケーションをとれるようになりました。

AIによる母国語の対話によって外国人観光客は、より安心して旅行を楽しめるほか、現地の文化や情報に対する理解を得られるのもメリットの一つです。

なお、AIチャットボットについて詳しく知りたい方は、下記の記事を合わせてご確認ください。
AIチャットボットの作り方とは?PythonやChatGPTなど6種類の作り方を徹底解説!

生成AIを活用した観光事業例

生成AIを観光事業に組み込むメリットを解説しましたが、この項目では実際に生成AIを観光事業へ取り組んでいる3つの事例を紹介させていただきます。生成AIと観光事業の融合をごらんください。

「大阪観光局」多言語対応の生成AIチャットボット導入

参考:https://kotozna.com/lamondo/

2025年に開催予定である大阪万博に向けて、観光情報管理を効率化するために、日本初の多言語AIチャットボットKotozna laMondo(コトツナ ラモンド)が生まれました。

大阪観光局、JTB株式会社、コトゾナ株式会社によって開発されたチャットボットは、GPT-4を利用した多言語による問い合わせに対して、正確で信頼性のある回答をしてくれる多言語AIコンシェルジュです。

現在Kotozna laMondoは大阪公式観光ウェブサイト「OSAKA-INFO」に導入されており、今後は公式観光アプリ「Discover Osaka」でも利用可能になります。

参考記事:Kotozna laMondo(コトツナラモンド)

「とちぎ旅ネット」AIコース作成

参考:https://www.tochigiji.or.jp/course/concierge/

「とちぎ旅ネット」は、生成AI技術の活用により、栃木県の観光情報を網羅したサイトです。とちぎ旅ネットは、AIを使って訪問者に栃木県内の多様な観光スポットや宿泊施設、体験メニューに関する情報を分析し、オンライン予約や旅行のプランの提案をサポートしてくれます。

生成AIの活用により、サイト利用者が必要としている情報に回答してもらい、栃木県の観光の魅力を深く理解できます。

さらに、季節ごとの特集・地域文化・歴史に関する情報も教えてくれたり、地域限定クーポンも紹介してくれたり、訪問者は栃木県での豊かな観光体験が楽しめるでしょう。

参考記事:AIコース作成 | とちぎ旅ネット〜栃木の観光旅行情報サイト

「京都」AIチャットボットKyoto Guide ENA

株式会社FKAIRは、増加する海外観光客のために多言語対応のAIチャットボット「Kyoto Guide ENA」を開発しました。例えば「近くの温泉はどこ?」といった問いかけに対しても的確に回答し、「嵐山までの電車での行き方は?」といった観光先に向かう情報も教えてくれます。

ユーザーの位置情報を利用して京都観光の質問で収集した情報は、AIで解析しマーケティングや行動分析に利用するようです。またAIによる施設の混雑予測などにも活用されるようです。今後、このKyoto Guide ENAはパーソナルAIとして進化していき、完成すれば世界に類を見ないAIが誕生します。

参考記事:AIの京都観光案内、チャットボット「Kyoto Guide ENA」の実証を開始

観光事業に生成AIを導入するリスク

観光事業への生成AIの導入には、顧客のプライバシー侵害やデータセキュリティの問題、誤った情報の拡散リスクが含まれます。こういったリスクは、観光事業の信頼性や顧客満足度に影響を与える可能性もあるため、生成AI導入には正しい知識が必要です。

機密情報の流出リスク

生成AIを観光事業へ導入するにあたって、企業はデータ管理とセキュリティ強化が重要な課題です。昨今のインターネット・クラウドサービスの普及に伴い、サイバー攻撃によって、ハッキングやフィッシング攻撃などによる情報漏洩が懸念されます。

また、社内の不正行為やヒューマンエラーも機密情報の流出リスクを高める原因の一つです。企業はセキュリティ審査の実施、従業員教育の強化、アクセス管理の厳格化、データ暗号化などの対策が必要です。こういった措置によって、機密情報の流出を防ぐことが可能となります。

プロンプトインジェクション

プロンプトインジェクションは、生成AIやチャットボットが不適切な入力により予期しない応答をするリスクを指します。

プロンプトインジェクションは、特に自然言語処理を利用するシステムで見られ、特定の入力によってシステムが誤った情報を提供したりセキュリティ上の脆弱性を露呈する可能性があります。

これを防ぐためには、入力の監視・フィルタリング、システムの強化、エラーハンドリングの実装が必要です。また、ユーザーへの適切な使用方法とリスクについての情報提供も重要で、生成AIの発展に伴いプロンプトインジェクションへの対策は企業にとって重要な課題となっています。

ハルシネーションのリスク

ハルシネーションとは実際には存在しないデータや偽りの情報を生成する現象です。特に自然言語処理や画像認識システムで見られる問題で、トレーニングデータの不足や偏りなどが原因で起こります。

この現象により、システムが不正確または誤解を招く情報を出力することがあり、信頼性の低下や誤った判断の原因となることがあります。

ハルシネーションのリスクを軽減するためには、多様で十分な量のトレーニングデータの確保、生成AIの精度を向上させる技術の進化、適切なモデルの評価と監視が必要です。AIの発展に伴い、ハルシネーションのリスクに対する対策意識は必須です。

なお、ハルシネーションについて詳しく知りたい方は、下記の記事を合わせてご確認ください。
AIのハルシネーションとは?ChatGPTでよくある原因や対策、検知する方法をご紹介

観光事業に革命をもたらす生成AI

生成AIは観光業界にも大きな革命をもたらしています。人手不足の解消・コスト削減・効率的な観光プランの作成など、大きな役割を果たしており、多言語対応のチャットボットなどを通じて国際的な観光客のニーズに応えています。

ただし生成AIの導入にはリスクも伴うのも事実であり、プライバシーの侵害や誤情報の拡散など、生成AIの適切な運用を心がけなければいけません今後も、生成AIが観光業界にどのような未来を作ってくれるか楽しみですね。

弊社の生成AIセミナーについて

弊社・株式会社WEELでは、生成AIの基礎から応用までを網羅したセミナーを行なっております。

弊社のセミナーでは、

「社員に生成AIを活用してほしい」
「生成AI導入にあたって、社長の理解を得たい」
「社内のみんなに、生成AIの可能性を知ってほしい」

などなど、お客様のご要望に応じて最適な内容をお伝えします。具体的な内容としましては……

● AIの歴史
● 生成AIの概要
● 生成AIのリスクと対策
● ChatGPTの活用事例
● ChatGPTの活用方法
…etc.

このように話題のChatGPTを中心に、明日から使える知識をお届けしております。

セミナーの期間や料金につきましては、下表をご覧ください。

セミナーの実施
期間2週間前から申込可能
内容・セミナー資料の作成
・セミナーの実施
・セミナーの効果測定(アンケート)
見積もり額¥ 100,000 ~ 200,000/回
※対象規模により変動
備考オフライン開催時の交通費&旅費は別途

「いち早く、社内に生成AI文化を浸透させたい」というご要望を、弊社スタッフが全力でバックアップいたします!まずは無料相談で、貴社のお困りごとをお聞かせください。

セミナー紹介資料

まずは生成AIについて知りたい!といった方へ

【無料】サービス紹介資料セミナー

社内・イベント登壇などセミナーサービスについての資料です。セミナーの実績や内容をまとめました。

セミナー紹介資料

まずは生成AIについて知りたい!といった方へ

【無料】サービス紹介資料セミナー

社内・イベント登壇などセミナーサービスについての資料です。セミナーの実績や内容をまとめました。

投稿者

  • 晋平大竹

    生成AIの登場に大きな衝撃を受けたWebライター。好きなAIツールは、ChatGPTとAdobeFirefly。AIがこれからの世界を良い方向に導いてくれると信じ、正しい&有益な情報を発信し続けています!

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次