サイトのデザインが新しくなりました。

音声生成AIを自社サービスに活用した企業事例3選!導入するメリット、注意点を徹底解説

音声生成AI 自社サービス 活用 企業 導入 メリット 注意点 徹底解説

近年、音声技術の進化により、企業は音声生成AIを利用してさまざまなサービスを提供し始めています。音声生成AIを導入しようと考えている企業は多く、自社サービスやコンテンツ作成にどのように生かせるか注目されています。

この記事では、音声生成AIの基本から、具体的な導入メリット、活用事例、導入時の注意点まで、幅広く解説します。最後までご覧いただくと、音声生成AIの可能性を最大限に活かし、あなたのビジネスやプロジェクトにどのように適用できるかの理解が深まるでしょう。

なお弊社では、生成AIツール開発についての無料相談を承っています。こちらからお気軽にご相談ください。
→無料相談で話を聞いてみる

目次

音声生成AIとは

音声生成AIとは、人工知能技術を用いて人間の声を模倣し、テキストから音声を合成するシステムのことです。この技術は、自然言語処理(NLP)と音声合成の進歩により大きく進化し、現在ではニュースの読み上げやオーディオブックのナレーション、バーチャルアシスタント、さらには音楽制作に至るまで、多岐にわたる分野で活用されています。

音声生成AIは、特定の声のトーン、イントネーション、感情を真似ることができ、生成された音声は非常に自然に聞こえるようになっています。

なお、音声生成AIサービスについて詳しく知りたい方は、下記の記事を合わせてご確認ください。
音声生成AIとは?おすすめサービスや企業の導入事例、利用の注意点を徹底解説

音声生成AIを導入するメリット

音声生成AIの技術は進化を続け、今や多くの企業で導入が進んでいます。では、音声生成AIを活用することでどのようなメリットを得ることができるでしょうか。まずは、音声生成AIを導入するメリットについて見てみましょう。

作業時間の短縮

従来、人間のナレーターによる音声収録や、カスタマーサービスのための人員配置は、多大な時間とリソースを要していました。しかし、音声生成AIを導入することでこれらの業務を自動化し、必要な音声コンテンツを効率的に生成できるようになりました。

例えば、数パターンの音声コンテンツを用意しようとした場合、音声生成AIを使えば追加のナレーション録音なしで簡単に対応できます。このように、音声生成AIを活用することで、時間短縮を行うことができ、空いたリソースでよりクリエイティブな作業に集中することができるようになりました。

コストの削減

ナレーションや音声ガイドなどの制作において、プロの声優やナレーターに依頼することなく、高品質な音声コンテンツを生成できるため、制作に関わる人件費やスタジオ利用料などのコストを大幅に削減することが可能です。

また、カスタマーサポートにおいても、音声生成AIを用いた自動応答システムの導入により、人員配置にかかるコストを削減し、24時間体制のサポートを提供することが可能です。さらに、音声生成AIの多言語対応能力により、追加言語への展開時の翻訳や録音にかかる費用も削減できるため、グローバル市場への進出がより容易かつコスト効率的になります。

多言語への対応

外国語での音声コンテンツを作成するには、それぞれの言語に対応したナレーターの確保や翻訳作業が必要でした。ところが音声生成AIを利用することで、収録から翻訳まですべて自動で行ってくれるので、迅速かつコストを抑えながら音声コンテンツを生成できるようになりました。

さらに、生成される音声のクオリティが上がっており、各言語のニュアンスや発音の特徴を捉える能力も高いため、ユーザーにとって使いやすく、満足度の高いサービスを提供することができます。

このように、音声生成AIを導入することで、さまざまな言語でのサービス展開が可能になり、世界に向けたサービス開発の際に役立ちます。

音声生成AIを自社サービスに導入した活用事例

音声生成AIを利用することで、新たなビジネスチャンスを生み出すだけではなく、幅広い業務に利用することができます。実際に音声生成AIを活用した自社サービスや製品が販売されているので、どんなサービスや用途に音声生成AIが使われているのか、活用事例を紹介します。

今回解説する事例において、弊社がX(旧Twitter)で発見した参考となるツイートを紹介させていただいております。取り下げなどのご連絡は、弊社公式X(旧Twitter)からご連絡ください。

事例① ナレーション(東急世田谷線)

音声生成AIはナレーションを入れたいときによく活用されます。特に、eラーニングの教材やプロモーションビデオでの利用が増えている印象です。

このように、音声生成AIを活用することで声質や感情表現などをカスタマイズした音声を生成することができ、本来必要だったナレーターのスケジュール調整や録音時にかかるコストの削減に成功しています。また、複数言語でのナレーションを簡単に生成できるため、海外顧客を持つ企業にも音声生成AIの導入はおすすめです。

例えば、自社サービスとしてニュース配信サービスを作ろうとしたときに音声生成AIをナレータとして導入したりすることができます。

東急世田谷線の10駅でも構内アナウンスに音声生成AIを活用しています。音声生成AIを導入したことによりアナウンス制作スピードが上がり、コスト削減にも成功しています

事例② ゲーム制作(Forbes JAPAN)

Xのポストにある通り、今やゲーム内音声は音声生成AIのみで作れる時代がやってきました。「THE FINALS」は著者も少しだけプレイしたことがありますが、この記事を読むまで音声生成AIで作られた音声だと気づかないぐらいのクオリティです。

さらに、音声生成AIの翻訳機能を使えば複数の言語でゲームをリリースすることができます。これにより、ゲームのグローバル展開がスムーズに進むと共に、より広いプレイヤー層を獲得することができるようになりました。

自社で作ったゲームに声を入れたいけど予算的に難しい、さまざまな言語でゲームを配信したいなどといった悩みは、音声生成AIを活用すれば解決できる可能性があります。

事例③ プログラミング学習に音声追加(株式会社モバイルインターネットテクノロジー)

株式会社モバイルインターネットテクノロジーが展開しているプログラミング学習サービスの「Mind Render」では提供サービスに音声生成AIを追加。それにより、ユーザーが指定したセリフをしゃべらせる機能が追加されました。

これにより利用者はよりプログラミングの勉強がはかどると思われます。Mind Renderは実際の教育現場にも導入されているサービス。生成AIによる音声追加によって、教育にプラスの影響を与えることでしょう。

参考記事:プログラムを作って遊べる、PC・タブレット/スマートフォン向けのプログラミング学習アプリ「Mind Render」へ喋らせる機能の追加

音声生成AI導入の注意点

音声生成AIを利用することでさまざまなメリットがありますが、導入するにあたって注意すべき点があります。

では、どのようなことに注意すれば良いのでしょうか。次に音声生成AIを導入する際の注意点について確認しましょう。

感情表現不足

技術が進化し、生成される音声はかなり流暢になり抑揚も付けられるようになりました。ですが、まだまだ感情表現という点においては、機械音声らしく違和感があることも少なくありません。

それでも、確実に音声生成AI技術は進化を続けているため、今後本物の人間と話しているかのようなリアルな音声生成AIも登場してくるでしょう。

言語の制限

音声生成AIの技術は、翻訳時にも役立つとご紹介してきましたが、ツールによって対応していない言語があるので利用する際は注意しましょう。翻訳機能を使う予定がないのであれば問題ありませんが、対応言語を確認せずにツールを選択してしまうと、グローバル展開したい時に、スムーズに展開できないという事態に発展しかねません。

AIツールを選択するときには、機能面が優れているツールを選ぶことも大事ですが、利用シーンを考えながら用途にあったツールを選択しましょう。

なお、生成AIにおけるリスクについて詳しく知りたい方は、下記の記事を合わせてご確認ください。
ChatGPTを企業利用するリスクと対策5選|実際の企業事例と共に解説 

弊社のAIツール導入活用支援について

弊社・株式会社WEELのサービス「AIツールの導入支援・活用促進」では、お客様のAIツール導入から活用までを、一気通貫でサポートしています。AIツールの導入にあたって、お客様が直面しうる

● どんなAIを使えばいいのか?
● うちには何が合うのか?
● 生成AIツールが多すぎて、わけがわからない
● ChatGPT公式や無料AIツールで、解決できないか?
● 一度入れてみたけれど、業務に合わなかった……

といったお困りごとを、弊社スタッフが伴走しながら解決いたします。詳しい内容や料金につきましては、下表をご覧ください。

AIツールの導入支援・活用促進
期間2〜4ヶ月
内容・要件定義
・改善案提出
・新業務フロー図の作成
・導入支援・ツールの設定
・サポート
見積もり額¥ 2,400,000 ~ 4,800,000
※対象規模により変動

「うちにもAIツールで自動化できる業務があるのでは……」と気になった場合は、ぜひ無料相談で、貴社のお困りごとをお聞かせください。「有料より良い無料ツールはないか」なども含めて、弊社の知見を共有させていただきます。
→無料相談で話を聞いてみる

AIツールの導入促進紹介資料

生成AIを組織に取り入れたい!といった方へ

【無料】サービス紹介資料AIツールの導入支援/活用促進

AIを取り入れようとお考えの企業様の支援をするサービスです。フローや実績も載せています。

AIツールの導入促進紹介資料

生成AIを組織に取り入れたい!といった方へ

【無料】サービス紹介資料AIツールの導入支援/活用促進

AIを取り入れようとお考えの企業様の支援をするサービスです。フローや実績も載せています。

音声生成AIの導入が進む!

音声生成AIは、業務の効率化やコスト削減、多言語対応を簡単にするなど、利用することでさまざまなメリットを得ることができます。各企業で導入方法が検討され、今後さらに活用される場面は増えていくでしょう。

しかし、音声生成AIを最大限に活用するためには、選択するAIツールの品質や法的な権利問題、プライバシーやセキュリティの確保など比較的新しい技術のため、配慮しなければならない点がたくさんあります。

生成AIは便利なツールであることは間違いありませんが、使い方によっては誰かを傷つけたり、意図せず誰かを陥れたりしてしまうこともあるので、リテラシーをつけて正しく利用することを心がけましょう。

サービス紹介資料

【無料】2023年4月版生成系AIの業務活用なら!

・生成系AIを活用したPoC開発

・生成系AIの業務活用コンサルティング

・システム間API連携

サービス紹介資料

生成系AIの業務活用なら!

・生成系AIを活用したPoC開発

・生成系AIのコンサルティング

・システム間API連携

最後に

いかがだったでしょうか?

弊社では

・マーケティングやエンジニアリングなどの専門知識を学習させたAI社員の開発
・要件定義・業務フロー作成を80%自動化できる自律型AIエージェントの開発
・生成AIとRPAを組み合わせた業務自動化ツールの開発
・社内人事業務を99%自動化できるAIツールの開発
ハルシネーション対策AIツールの開発
自社専用のAIチャットボットの開発

などの開発実績がございます。

まずは、「無料相談」にてご相談を承っておりますので、ご興味がある方はぜひご連絡ください。

➡︎生成AIを使った業務効率化、生成AIツールの開発について相談をしてみる。

生成AIを社内で活用していきたい方へ

「生成AIを社内で活用したい」「生成AIの事業をやっていきたい」という方に向けて、生成AI社内セミナー・勉強会をさせていただいております。

セミナー内容や料金については、ご相談ください。

また、弊社紹介資料もご用意しておりますので、併せてご確認ください。

投稿者

  • 晋平大竹

    生成AIの登場に大きな衝撃を受けたWebライター。好きなAIツールは、ChatGPTとAdobeFirefly。AIがこれからの世界を良い方向に導いてくれると信じ、正しい&有益な情報を発信し続けています!

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次