【生成AI×広告】AIで広告運用を最適化!企業の活用事例や導入時の注意点も徹底解説

生成AI 広告 AI 広告運用 最適化 企業 活用事例 導入時 注意点 徹底解説

生成AIにより、広告業界は大きな変革を迎えています。マス広告からインターネット広告へと時代は変わってきましたが、AIで広告を最適化できるようになりました!

ただ、生成AIを活用する際にはリスクも存在します。そのまま使用すると、情報漏洩や著作権侵害などの恐れもあるのです。

今回は、生成AIで広告を最適化する方法を紹介します。具体的な成功事例や注意点もまとめていますので、生成AIで効率的に広告を配信して成果を最大化しましょう!

目次

生成AIの導入で最適化する広告配信

生成AIの導入で最適化されつつある広告配信。従来の手法では、広告のターゲティングや配信戦略は人間の判断に依存していました。

しかし、近年ではAIでデータを活用し、効果的な広告キャンペーン配信が可能です。AIは大量のデータを分析してターゲットを絞り込み、最適なタイミングでの広告が配信できます。

また、AIは広告配信のパフォーマンスを分析し、必要に応じて配信戦略を最適化してくれます。生成AIの導入により、広告配信はより効率的で効果的になっているのです。

 

広告業界で生成AIで利用するメリット

生成AIが広告業界にもたらすメリットは数多く存在します。クリエイティブ制作や広告運用、配信分析など、得られる恩恵は計り知れません。

それぞれ詳しく紹介しますので、ぜひ活用して広告業務を効率化しましょう。

クリエイティブの作成ができる

まず、広告業界で生成AIを利用するメリットはクリエイティブを作成できる点です。従来の手法では時間が必要だったクリエイティブ制作をAIが自動化してくれます。

生成AIはテキスト、画像、動画などの広告素材を自動的に生成可能です。そして、広告制作の人件費や時間を大幅に削減しつつ、多様な広告キャンペーンを展開できます。

また、生成AIでクリエイティブの量や質が向上するので、効果的な広告の配信で消費者の関心をひきやすいです。広告主や広告代理店は多くのリソースを戦略立案やキャンペーンの最適化に投入できます。

適切な広告運用が可能

次に、広告業界で生成AIを活用するメリットは適切な広告運用が可能な点です。今までは、広告の配信やターゲティングの決定には人の判断が必要でした。

しかし、生成AIを活用すると、AIはリアルタイムで膨大なデータを分析します。そして、ユーザーの行動パターンや好みから最適なターゲティングを行えるのです。

さらに、生成AIは広告の配信先やタイミングも最適化します。ユーザーのオンライン行動や地理的な情報などを考慮し、最適な時期や場所での広告配信が可能です。

入札価格の最適化ができる

3つ目に、広告業界で生成AIを活用するメリットは、入札価格の最適化ができる点です。入札価格の設定には広告主や広告代理店の判断が必要でしたが、生成AIの登場で事情は変わります。

AIは広告プラットフォーム上のデータを分析し、競合他社の入札状況や市場動向を把握。そして、広告主の目標に応じて最適な入札価格を設定し、効率的に広告を配信してくれます。

生成AIを活用すると、予算の限られた状況でも最適な結果を得ることができ、広告キャンペーンの効果を最大化できるのです。

配信した広告の分析が可能

最後に、広告業界で生成AIを活用するメリットは配信した広告の分析が可能な点です。今までは、広告のパフォーマンスデータを収集し、分析する時間と労力が必要でした。

しかし、生成AIはリアルタイムで詳細な分析が可能です。AIは広告の配信データから、広告のクリック率、コンバージョン率、CTR(クリックスルーレート)などを分析します。

そして、広告の効果を評価し、最適な広告を判断してくれるのです。広告主や広告代理店はキャンペーンの成果を正確に把握し、次のマーケティング戦略に活かすことができます。

なお、ChatGPTでの広告運用について詳しく知りたい方は、下記の記事を合わせてご確認ください。

広告業界における生成AIの導入事例

ここまで、生成AIを広告運用に活用するメリットをお伝えしてきました。生成AIは広告で活用できる場面が多いので、数多くの企業が導入し始めています

具体的な生成AIの導入事例を紹介しますので、ぜひ広告の課題を解決する際に参考にしてください。

事例①やよい軒

まず、定食店として有名なやよい軒の事例を紹介します。やよい軒を運営するプレナスは、クリエイティブの効果を事前に予測できるサイバーエージェントグループの「極予測AI」を導入しました。

そして、100パターンほどのクリエイティブで効果の高いクリエイティブを検証して運用した結果、約4ヵ月で100万インストールを達成。獲得率も200%になり、成果に直結しています。※1

生成AIは、高速で広告の効果検証ができて非常に便利です。

事例②サントリー

次に、飲料メーカーとして知られるサントリーの事例を紹介します。サントリーは、ChatGPTを活用した新しいCMを2023年6月にWEB上で公開しました。

このCMは、AIの提案により声優の白井悠介氏が起用され、予想外の展開が続く斬新な内容となっています。例えば、キウイフルーツを食べたりドーナツの上に乗ったりと非常に斬新な内容です。※2

人が思いつかないアイディアを出してくれるのも生成AIのメリットと言えるでしょう。

事例③コカ・コーラ

3つ目に、誰もが知る炭酸飲料であるコカ・コーラの事例を紹介します。コカ・コーラは2023年の11月に画像生成AI「Create Real Magic」を一般公開しました。

Create Real Magicでは、テーマやシーン、スタイルを選び、イメージに合ったプロンプトを入力するとクリスマスカードを生成できます。渋谷のスクランブル交差点の屋外広告にも生成した画像が使用されており、過去の広告データも学習済みです。※3

ツール利用者が生成した画像は一部SNSや屋外広告での紹介を予定します。

事例④バーガーキング

最後に、ハンバーガーチェーンであるバーガーキングの事例を紹介します。バーガーキングは、生成AIで画像を生成してハロウィンのプロモーションを行いました。

使用された画像は、「ハンバーガーを食べている女性」などと生成AIに指示してうまく生成できなかった画像です。しかし、不気味な画像でハロウィンのホラー要素をうまく表現しています。※4

生成AIから出力されるものは、人間の想像を超えており、それをうまく活用した事例です。

広告業界で生成AIを導入する際の注意点

生成AIは広告業界に革新をもたらしてくれますが、導入する際には注意が必要です。対策を準備していないと、会社に大きな損害を与えかねません。

詳しく紹介しますので、リスクを軽減するために事前に対策しましょう。

機密情報の漏洩リスクがある

まず、広告業界で生成AIを導入する際は、機密情報の漏洩リスクに注意しましょう。AIは大量のデータを処理し、学習するため、機密情報が漏洩する可能性があります。

特に個人情報や企業の秘密情報など、機密性の高いデータを扱う場合は注意が必要です。データの暗号化やアクセス制御といった基本的な情報セキュリティ対策を実施しましょう。

さらに、データの取り扱いに関する法規制や規制基準を遵守することも重要です。生成AIの導入は、情報セキュリティ対策を徹底した上で慎重に行ってください。

著作権侵害を起こす可能性がある

次に、広告業界で生成AIを導入する際は著作権侵害のリスクに注意しましょう。AIが学習する大量のデータは著作権で保護されている場合もあります。そのため、生成AIで作ったクリエイティブをそのまま利用すると、著作権を侵害する可能性があるのです。

特に、他の作品や画像、音楽などの著作物に類似している場合、著作権侵害の疑いが生じます。生成AIが適切なライセンスを持たない素材を使用すると、著作権侵害のリスクが高まるので、ライセンスや利用許諾の確認を徹底しましょう。

トレンドを追うことができない

最後に、広告業界で生成AIを導入する際の注意点は、トレンドを追うことができない点です。AIは過去のデータに基づいて学習を行うため、最新のトレンドや変化に対応する能力が限られています。

広告業界では、市場環境や消費者の好みが常に変化し、新たなトレンドが生まれる場合が多いです。しかし、生成AIは最新のトレンドやニーズに合ったアプローチを取ることはできません。

そのため、生成AIの情報だけに頼りきらず、人間の判断や専門家の知見を活用しましょう。

なお、生成AIのリスクについて詳しく知りたい方は、下記の記事を合わせてご確認ください。

生成AIで広告運用を最適化して成果を高めよう!

インターネット広告が主流になった現代において、生成AIの導入は広告配信を最適化してくれます。例えば、クリエイティブの作成、入札価格の決定など活用できる場面が多いです。また、広告分析も可能であり、最適な広告を判断してくれます。

一方で、生成はメリットだけでなくリスクに注意が必要です。学習データからの機密情報の漏洩リスクや生成データの著作権侵害などを対策する必要があります。また、生成AIは過去のデータを反映したものなのでトレンドを追えない点にも注意してください。

これから、生成AIで広告運用はますます最適化されていきます。生成AIで広告業務を効率化して、成果を高めましょう!

サービス紹介資料

生成系AIの業務活用なら!

・生成系AIを活用したPoC開発

・生成系AIのコンサルティング

・システム間API連携

WEELの生成AIへのスタンス

我々はむやみやたらにAIツールの使用をお勧めしていません。

AIツールでできることはほとんどがChatGPTやStable Diffusionなどの大元のAIサービスで行えるからです。
※国内のAIツールの多くはChatGPTだけでも完結できるソリューションを展開しています。

もし、自社で生成AIを活用したいという場合は
1. ChatGPTをフルで使えるようになる
2. 業務を生成AIに解けるタスクまで分解し、自動化する
のどちらかが良いと思います。

弊社では
1の場合、生成AIセミナーの実施や生成AIコンサルティングなどで、AI専門家による生成AI活用指導
2の場合、PoC開発やソリューション開発などで、LLMエンジニアやAIコンサルタントが御社にあったAIツールの開発を行います。

無料相談にてご相談を承っておりますので、興味がある方は以下からご連絡ください。
無料相談で話してみる

生成AIを社内で活用していきたい方へ

「生成AIを社内で活用したい」「生成AIの事業をやっていきたい」という方に向けて、朝の通勤時間に読めるメルマガを配信しています。

最新のAI情報を日本最速で受け取りたい方は、以下からご登録ください。

また、弊社紹介資料もご用意しておりますので、併せてご確認ください。

投稿者

  • 晋平大竹

    生成AIの登場に大きな衝撃を受けたWebライター。好きなAIツールは、ChatGPTとAdobeFirefly。AIがこれからの世界を良い方向に導いてくれると信じ、正しい&有益な情報を発信し続けています!

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次