生成AIを自動翻訳に活用する方法!おすすめAIツールや注意点を解説!

生成AI 自動翻訳 活用 AIツール 注意点 解説

生成AIを活用した自動翻訳は、国際的なビジネスから日常生活に至るまで多大な影響を与えています。生成AIと自動翻訳の組み合わせがもたらす効果は計り知れません。

この記事では生成AIによる自動翻訳のメリットから、AI翻訳の使用に考慮すべき重要なポイントまで説明しています。言語の壁を越えるためのツールとして、生成AIによる自動翻訳がどのような未来に繋がっていくか一緒に理解を深めましょう。

なお弊社では、生成AIツール開発についての無料相談を承っています。こちらからお気軽にご相談ください。
→無料相談で話を聞いてみる

目次

生成AIに翻訳を任せるメリット

生成AIによる自動翻訳、それはドラえもんのひみつ道具の一つ、ほんやくコンニャクのようなシステムです。生成AIの自動翻訳ツールは、言語の障壁を容易に越え、あなたのアイデアが世界に届けられます。生成AIに翻訳を任せるメリットをひとつずつ説明します。

多言語を簡単に翻訳できる

生成AIを使用した自動翻訳機能のメリットは、コミュニケーションの向上だけには留まりません。ビジネス面では、市場への迅速なアクセスが可能です。AIによる自動翻訳を利用すれば、企業は様々な言語圏の市場に素早く情報収集ができます。

また、各国の教育についても多言語翻訳の活用が期待されています。教育資料教育分野においては、自国のみならず世界中の教育資料を自然翻訳によって、翻訳の手間なく学習ができるでしょう。

生成AIによる自動翻訳は、異文化間での理解を深め、世界中の文学作品やニュース、文化的なコンテンツを多くの言語で享受できます。

翻訳に伴うコストを削減できる

生成AIによる自動翻訳は、従来の人力翻訳と比較して、大幅なコスト削減を実現可能です。人間が行う翻訳では、個々の言語能力・理解度・文脈の捉え方によって翻訳結果は異なりますが、生成AIによる自動翻訳は一貫した品質が約束されています。

また、AIは言葉のニュアンスや文脈も把握する能力を持っているため、生成AIによる自動翻訳が今後は主流となるでしょう。

特に多国籍の従業員が務めているグローバル企業にとって、生成AIの自動翻訳はコスト削減のみならず、多言語コミュニケーションが容易となり業務全体の効率化にも期待ができます。

生成AIの自動翻訳ツールおすすめ8選

生成AIによる自動翻訳が多言語に与える有用なツールということを紹介しましたが、この章では生成AIによる自動翻訳ツールを8つ紹介します。各々異なる特徴を持っているため、必要なツールを選びましょう。

ChatGPT

生成AIと自動翻訳が大幅に飛躍したのはChatGPTの普及でしょう。自動翻訳ツールの開発には、ChatGPT APIが鍵となります。ChatGPTのAPIを活用することで、翻訳開発者は独自の翻訳ツールを作成が可能となり、高性能な言語処理能力が可能です。

また、ChatGPTのGPTsStoreでは自動翻訳に特化した様々なGPTモデルもラインナップされており、誰でも手軽に専門的な翻訳ニーズに応えられる時代になりました。自動翻訳ツールの開発者や企業は、高度な翻訳を容易に実装し、多言語対応の幅を広げられます。

DeepL Pro

Deeplは、多言語の細かなニュアンスを的確に捉え、より自然で正確な翻訳を提供することが特徴で、競合他社と比較しても3倍以上の精度で翻訳できます。筆者自身も外国語サイトで使う翻訳ツールはDeepLを愛用しています。DeepL proは、下記のファイルを自動翻訳も可能です。

  • ・文書ファイル
  • ・ウェブページ
  • ・画像
  • ・メール

DeepLには他にもDeepL Writeというツールもあり、原文の文法や句読点の間違いを訂正し、AIが文全体を書き換え正しいニュアンスに反映させて翻訳してくれます。無料の場合、制限はありますけれど、海外サイトでいまいち翻訳がうまくいかなかった時に瞬時に解決できるでしょう。

参考記事:DeepL Pro

Qlingo

Qlingoは、MS Word、Excel、PowerPoint・PDF・テキストファイルの自動翻訳をサポートし、直感的なエディターで原文と翻訳を比較しながら編集が可能です。他にもQlingoの強みとして、全ての契約プランでファイル数無制限の翻訳が利用可能となります。

Qlingoは、プロの翻訳者に匹敵する精度を持ち、PDFファイルを翻訳をしてもらう時、レイアウトをそのままの状態で翻訳も可能なため、自動翻訳利用者にとって扱い易いとも言えるでしょう。セキュリティ面も強固で、翻訳で扱ったデータは暗号化して保管されているため、情報漏洩の心配はありません。

参考記事:Qlingo

Minutz(ミニッツ)

Minutzは、100言語以上の言葉に対応しており、リアルタイムで会議の音声を自動で翻訳してくれる革命的なツールです。Minutzを使えば、言語の壁を越えたスムーズなコミュニケーションが可能となり、国際的なビジネス環境で意思の疎通が大幅に向上できるでしょう。

Minutzは会議中に多言語を翻訳してくれる機能はもちろん、翻訳したテキストは後からダウンロードできる機能があるため、議事録の作成が効率的に行えます。

リアルタイム翻訳機能は、多言語の間で起こり得るコミュニケーションの障壁を取り除き、異なる文化や言語をグローバルに促進するでしょう。

参考記事:Minutz(ミニッツ)

ヤラクゼン

ヤクラゼンはAIによる自動翻訳機能と利用者の編集を組み合わせた成長し続けていく自動翻訳ツールです。ヤクラゼンの利用者が登録する特定のフレーズ・用語を元に自動翻訳が行われ、企業内でフレーズ集・用語集が拡充され、使えば使うほどに翻訳精度が向上します。

シンプルなデザインから始まるスタート画面で、ファイルをドロップして言語を選ぶだけで自動翻訳が始まり、自動翻訳後は元のレイアウトを保ったまま翻訳ドキュメントをダウンロードも可能です。

また、ドキュメントページで過去の翻訳文を一元管理し、フレーズ集ページで編集した文を蓄積・再利用できます。

参考記事:ヤラクゼン

シストラン

SYSTRANは、1968年に設立された、最も古い機械翻訳企業の一つで、2007年までGoogleの言語ツールにも使用されていました。

SYSTRANは、50年以上にわたり各国政府・国際機関をはじめ、製造・金融・医療・製薬・IT・法務・特許などの多くの企業に自動翻訳サービスを提供しています。

SYSTRANの特徴としては、最高峰のセキュリティを実現し、運用コストを最小化することが挙げられます。さらに専門分野に特化したエンジンも搭載されているため、国際的な評価機関『Intento』と『TAUS』によるレポートでは、SYSTRANの翻訳エンジンが高い評価を獲得しています。

参考記事:シストラン

みんなの自動翻訳@KI

みんなの自動翻訳@KIは、日本語の翻訳精度に優れた国産のAI翻訳サービスです。特に専門用語の翻訳に強く、分野特化型エンジンを使用しています。

従来の機械翻訳の品質に不満を持つ方や、翻訳作業をスピードアップしたい方、社内でGoogle翻訳の利用が禁止されている方、特許や金融、法律など専門的な分野の翻訳にも使いたい方に特におすすめです。

セキュリティ面にも配慮されており、サーバーの稼働場所は日本国内に限定され、翻訳データの送受信には暗号化通信が使用されています。こういった通信によって、翻訳データが海外に出ることや漏洩することがありません。

参考記事:みんなの自動翻訳@KI

Google翻訳

Google翻訳はAIを活用した機能強化により、さらにパワーアップしました。Google翻訳はGoogleアプリのデザインも一新され、文字入力のためのキャンバスが大きくなり、会話や音声入力、Googleレンズカメラでの翻訳が可能です。

さらに、Googleレンズでは画像の翻訳がサポートされ、カメラで撮影したテキストが翻訳に置き換えられます。この機能は6GB以上のメモリを搭載したAndroid端末で利用可能で、画像検索の結果にも拡充されています。

iOS版アプリではSE第2世代、iPhone11以降の機種でも使用可能の確認がとれました。

参考記事:AIで「Google 翻訳」がさらにパワーアップ、モバイルアプリのデザインも新しく

なお、生成AIを導入する時の注意点について詳しく知りたい方は、下記の記事を合わせてご確認ください。
生成AI社内導入マニュアル!具体的な導入方法、注意点、メリットを解説

生成AIに自動翻訳させるときの注意点

生成AIを活用した自動翻訳は便利な反面、その使用にあたってはいくつかの注意が必要です。この項目では、生成AIに自動翻訳をさせるときに注意するポイントを3つ簡単に紹介させていただきます。

人間による監修・調整は必要

生成AIを活用した自動翻訳では、人間による監修と調整が重要な役割です。生成AIは多くの場合、文の意味を正確に捉えて翻訳してくれますが、細かいニュアンスや文脈の解釈に誤りが生じることもあります。

このため、特に公式文書や重要なビジネスコミュニケーションの場面で、翻訳の正確性を確保するためにも人間の監修が必要不可欠です。

また、誤訳を防ぎ文化的な誤解や不適切な表現を避けるためにも、人間による最終チェックは欠かせません。人間によるチェックによって、生成AIによる自動翻訳の利便性を最大限に活用しつつ、翻訳の品質を保てます。

専門知識を反映させることは難しい

生成AIは専門的な知識や文化的背景を完全に理解は出来ていません。そのため生成AIによる自動翻訳では、特定の業界用語や文化的表現を原文のまま反映させることが難しい場面もあります。多くの生成AIによる自動翻訳システムは、一般的な言語使用には優れているのは事実です。

ただし、特定の専門分野や文化固有の表現に関して、精度が落ちる傾向があります。

そういった状況から医療・法律・技術などの専門分野の文書を翻訳する際には、専門家による監修が必要不可欠です。この点を理解し、生成AIによる翻訳の使用に注意していきましょう。

AIの翻訳が認められないケースもある

生成AIによる翻訳が認められないケースはいくつか存在します。特に法的文書や公式政府文書、重要なビジネス契約などでは、AIによる翻訳は正式な翻訳として受け入れられない場面もあります。

これはAIではなく、法的な精度や正確性、文脈に対する適切な理解が求められるためです。

加えて専門的な知識や独自の用語が正確に翻訳されないリスクもあるため、AI翻訳の利用には適用範囲を理解し、状況に応じて専門の翻訳者に依頼する方が良いでしょう。翻訳の正確性と適切性を確保し、誤解や法的な問題を避けることができます。

セキュリティ対策は必須

生成AIによる自動翻訳を利用する際、セキュリティ対策は非常に重要です。翻訳されるデータには機密情報が含まれることもあり、機密情報が外部に漏れるリスクを避けるためには、高度なセキュリティ機能を備えた自動翻訳ツールを選ぶ必要があります。

自動翻訳ツールは、翻訳データの暗号化やアクセス制御など、様々なセキュリティ対策が施されています。そしてユーザープライバシーの保護と法的規制の遵守も、AI翻訳ツールを安全に使用するためには欠かせない要素です。セキュリティ対策により、AI翻訳の利便性と安全性を両立させることが可能になります。

ハルシネーションのリスク

生成AIの自動翻訳で注意しなければならない一つとして、ハルシネーションがあげられます。ハルシネーションは実際には存在しないデータや偽りの情報をAIが生成する現象です。この現象により、システムが不正確または誤解を招く情報を出力することがあり、信頼性の低下や誤った判断の原因となることがあります。

ハルシネーションのリスクを軽減するためには、AIに対して充分な量のトレーニングデータを確保し、生成AIの精度を向上させた後に適切な監視が必要です。生成AIの発展に伴い、ハルシネーションのリスクに対する対策意識は必ず持たなければなりません。

なお、ハルシネーションについて詳しく知りたい方は、下記の記事を合わせてご確認ください。
AIのハルシネーションとは?ChatGPTでよくある原因や対策、検知する方法をご紹介

生成AIによる自動翻訳で言語の壁を取り払おう!

生成AIを活用した自動翻訳は、多言語コミュニケーションの向上、人員コスト削減、教育やビジネスのグローバル化といった多くのメリットがあります。

しかし、生成AIによる自動翻訳は人間による監修の必要性や専門用語を正確に反映する難しさ、法的な文書におけるAI翻訳の制限、セキュリティ対策の重要性などいくつかの注意点があるのも事実です。

注意するポイントを理解しつつ適切に対応することで、生成AIによる自動翻訳の可能性を最大限に活用できるでしょう。

WEELの生成AIへのスタンス

我々はむやみやたらにAIツールの使用をお勧めしていません。

AIツールでできることはほとんどがChatGPTやStable Diffusionなどの大元のAIサービスで行えるからです。
※国内のAIツールの多くはChatGPTだけでも完結できるソリューションを展開しています。

もし、自社で生成AIを活用したいという場合は
1. ChatGPTをフルで使えるようになる
2. 業務を生成AIに解けるタスクまで分解し、自動化する
のどちらかが良いと思います。

弊社では
1の場合、生成AIセミナーの実施や生成AIコンサルティングなどで、AI専門家による生成AI活用指導
2の場合、PoC開発やソリューション開発などで、LLMエンジニアやAIコンサルタントが御社にあったAIツールの開発を行います。

無料相談にてご相談を承っておりますので、興味がある方は以下からご連絡ください。
無料相談で話してみる

生成AIを社内で活用していきたい方へ

「生成AIを社内で活用したい」「生成AIの事業をやっていきたい」という方に向けて、朝の通勤時間に読めるメルマガを配信しています。

最新のAI情報を日本最速で受け取りたい方は、以下からご登録ください。

また、弊社紹介資料もご用意しておりますので、併せてご確認ください。

投稿者

  • 晋平大竹

    生成AIの登場に大きな衝撃を受けたWebライター。好きなAIツールは、ChatGPTとAdobeFirefly。AIがこれからの世界を良い方向に導いてくれると信じ、正しい&有益な情報を発信し続けています!

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次