生成AI搭載型のOCRとは?従来のOCRツールとの違いや導入事例を簡単に解説

生成AI OCR 導入事例

ペーパーレス化が進んでいる世の中で、請求書や伝票、注文書などまだまだ紙媒体でのやり取りが多く、データ化するためにリソースが割かれてしまうシーンは多いですよね。

そんな業務負担を削減するために、過去にOCRツールを導入するも精度が高くなく使えなかった…… なんて経験をされた方も多いのではないでしょうか。しかし、近年ではOCRにもAIが搭載されたことにより、精度が飛躍的に向上しました。

ではAIを搭載したことでどのようにOCRが変化したのでしょうか。この記事では、進化したAI-OCRについて解説します。最後までお読みいただくことで、AI-OCRの活用方法などがわかるので、ぜひ最後までご覧ください。

なお弊社では、生成AIツール開発についての無料相談を承っています。こちらからお気軽にご相談ください。
→無料相談で話を聞いてみる

目次

AI-OCRの概要

前述の通り、AI-OCRとは従来のOCR技術にAIを搭載した新しい技術です。では、従来のOCRからAI-OCRに進化したことで何が変わったのでしょうか。まず初めに、AI-OCRについて解説します。

そもそもOCRとは?

OCRとはOptical Character Readerの略で、紙をPDF化させたファイルや写真など、画像データの文字部分をデジタル上で使える文字データに変換する技術のことです。

従来であれば、紙に記入された文字をデジタル上に移すには人間による手入力が必要でした。しかし、OCRを使えば素早く文字データに変換できるので、紙からデジタル化を行う業務の手助けとなるツールです。

AI-OCRはOCRの進化型

AI-OCRはその名の通りOCRにAIを搭載した技術で、高度な画像分析や文脈の理解、言語処理機能が追加されたツールです。

進化したことにより、これまでOCRで変換することが難しかった、特徴のある手書き文字なども高い精度で文字データに変換することが可能となりました。

生成AI搭載型も登場!

近年、生成AIの開発が急速に進んだことにより、さまざまなツールで生成AIが搭載される時代となりました。そんな時代の流れもあり、OCRにも生成AIを搭載したモデルも登場してきました。

生成AIを搭載することで文字のデータ化を行えるだけではなく、変換された書類に文章の追加が出来たり、書類の要約、キーワード検索やタグ付けなど、自動で文字データに手を加えることができるようになりました。

AI-OCRのメリット5つ

前述の通り、AI-OCRは画像データの文字部分をデジタル上で使える文字データに変換するツールですが、AI-OCRを使うメリットとはいったい何なのでしょうか。ここでは、AI-OCRを使うメリットを5つご紹介します。

識字率が高い

OCRで文字データに変換する際によく問題になるのが手書き文字の読み込みです。手書き文字は人により癖があり、読み込むことは出来ても誤った文字でデータ化されてしまうこともしばしばありました。

しかし、文字の認識処理過程にAI技術を取り込んだことで精度を向上させることができました。100%ではありませんが、手書き文字なども継続的に学習し認識精度を上げることができるので識字率が高いのが特徴です。

多言語に対応できる

日本語以外にも、英語や中国語、ロシア語など対応言語はモデルによってさまざまですが、多言語に対応しているのもポイントです。

また、ただ単に画像データを文字データに変換するだけではなく、読み取ったデータを翻訳することも可能です。読めない単語やフレーズなどの調べる手間を省くことができるので、業務効率を上げることにも繋がります。

様々な書式に対応できる

企業で利用する書類は、契約書や請求書、領収書、アンケート用紙などさまざまな書式があり、それらを各書式通りのデータへ変換するには手入力が必要でした。

しかし、AI-OCRを利用すれば、AIがレイアウトを認識して必要な情報をデータ化することができるので、即時に書式に合わせたデータ化を行うことが可能です。

紙媒体からの脱却に役立つ

近年、ペーパーレスの動きが進みいろんなところで紙媒体の廃止が進んでいます。しかし、企業によっては、すぐに体制を変えることが難しくまだまだ紙媒体に依存している企業も多くあるのが現状です。

役場などに提出する書類には一部データでの提出が可能なので、AI-OCRを利用してデータ化した書類を提出するなど、小さなことから紙媒体からの脱却に役立ちます。

入力業務が効率化できる

手作業で紙媒体からデジタルデータへ変換するには、紙媒体の文字を確認したうえで一文字ずつ入力していく必要があります。また、癖のある字は時には人間でも読み解くことが難しくどうしても時間のかかる作業です。

AI-OCRを利用すれば、瞬時に紙媒体からデジタルデータへ変換できるだけではなく、癖のある字も学習し認識できるようになるため、誤入力の防止にも繋がります。

なお、生成AIで電子帳簿保存を行う方法について詳しく知りたい方は、下記の記事を合わせてご確認ください。
生成AIで電子帳簿保存を行う方法!AI-OCRやおすすめツールを徹底解説

AI-OCR使用時の注意点3つ

便利なAI-OCRですが、まだまだ完璧なツールというわけではなく、利用する際にはいくつか気を付けなければいけないポイントがあります。大まかに説明すれば、AI-OCR使用時の注意点は下記の3つになります。

まだまだ誤認識が起こる

AIを搭載したからと言って、100%の確率で正確にデータへ変換できるわけではありません。もちろん、利用回数が増えれば増えるほど、AIが学習し手書き文字でも精度を上げることはできますが、それも100%正しく変換されるとは限りません。

このように、AI-OCRは完ぺきではなく、まだまだ誤認識が起こるツールと理解して利用する必要があります。

縦書きの書類が苦手

世の中の多くのデータは横書きで書かれており、AIも横書きのデータを中心に学習していることもあり、横書きデータに比べて縦書きデータに弱い傾向があります。

そのため、AI-OCRを活用したいのであれば、普段から縦書きのフォーマットを使わないようにすることをおすすめします。どうしても、縦書きの書類を取り扱わないといけないという場合は、縦書きの書類に強いAI-OCRもあるので、導入時に縦書きに強いモデルを選びましょう。

認識しづらい文字・言語がある

形の似ている文字や人によって癖のある文字などはどうしても認識しづらい文字があります。また、AIは学習データをもとに処理を行うため、学習データの少ない言語を扱う場合は正しく変換されないこともあります。

AI-OCRの変換したデータを鵜呑みにしてそのまま利用すると、思わぬトラブルに発展する可能性があるので、必ず最終的に人間の目でチェックする必要があります。

生成AI搭載!最先端のOCRツール

前述の通り、近年では生成AIを搭載したOCRツールの開発が進んでいますが、具体的にはどのようなツールがあるのでしょうか。まずは、生成AIを搭載した最新OCRツールを2つご紹介します。

DX Suite

定型・非定型のフォーマットを問わず読み取りが可能で、欲しいテキストだけを自動で抽出することが可能です。さらに、画像やPDFの文字情報の内容を理解することで、ファイルが構成されていなくても項目ごとにExcelへ自動で転記することができます。

スクロールできます
開発会社名AI inside 株式会社
料金要問い合わせ
サイトhttps://dx-suite.com/

GPT-4V

GPT-4Vは、簡単に説明するとOpen AI社が開発したGPT-4に画像解析機能と音声出力機能を追加したモデルです。単に機能が追加されただけではなく、GPT-4の弱点についても改善されてより精度の高いモデルとなっております。

スクロールできます
開発会社名Open AI
料金20ドル/月
サイトhttps://openai.com/blog/chatgpt-can-now-see-hear-and-speak

その他AI-OCRツール5選

その他にもAI-OCRツールはさまざまありますが、どのツールを使えばいいかわからないという方も多いのではないでしょうか。そんな方のために、ここでは代表的なAI-OCRツールを5つご紹介します。

スマートOCR

スマートOCRも手書き文字や非定型帳票などにも対応したAI-OCRツールです。

国税庁や法務省など、官公庁においても多数導入実績があり、代表的なものでいえば、e-Tax連携するモバイルアプリにも導入されています。

スクロールできます
開発会社名株式会社インフォディオ
料金要問合せ
サイトhttps://www.smartocr.jp/

Tegaki

ディープラーニングを活用した独自開発のアルゴリズムを活用し、99.2%という高い認識率を誇るTegakiはひらがなや漢字はもちろん、アルファベットや記号などさまざまな手書き文字を認識することができます。

また、直感的に操作できるインターフェースなので、誰でも簡単に利用することが可能です。

スクロールできます
開発会社名株式会社 Cogent Labs
料金要問合せ
サイトhttps://www.tegaki.ai/

CLOVA OCR

横書きや縦書きはもちろん、湾曲して書かれた文字や傾いた文字など、読み取りづらい文字から、専門用語まで認識できるのが特徴です。

全文認識・表などが抽出できるOCRから請求書やレシート、本人確認書類などの特化型AI-OCRも用意されているため、さまざまな用途で利用が可能です。

スクロールできます
開発会社名LINE WORKS株式会社
料金要問合せ
サイトhttps://clova.line.me/clova-ocr/

BPA2

AI画像認識技術を活用したBPA2が紙伝票を仕分けし、OCRやRPAソリューションを組み合わせることで紙伝票業務全般を完全に自動化することができます。

1つの請求書を処理するのにスピードが約80%削減できた実績もあり、業務効率を上げることができます。

スクロールできます
開発会社名NDIソリューションズ株式会社
料金要問合せ
サイトhttps://www.ndisol.jp/solutions/advanced_technology/bpa/bpa2_index.html

DEEP READ

独自の研究開発を経て、業界トップクラス水中での手書き文字のデジタル化が可能なDEEP READ。その認識精度の高さから、金融業界や医療機関、学校法人などにも活用されています。

文字認識処理が完了後、確信度の確認もでき、フィルター機能を使えば設定した確信度以上の場合は確認をスキップするという設定も可能です。

スクロールできます
開発会社名株式会社EduLab
料金要問合せ
サイトhttps://www.edulab-inc.com/deepread/jp

AI-OCRの導入事例3選!

このように、AI-OCRツールがたくさんあることから需要があることがわかり、導入している企業も少なくありません。では、実際にどのような企業がAI-OCRツールを利用しているのでしょうか。最後に実際の導入事例についてご紹介します。

株式会社ZOZO

ファッション通販サイト「ZOZOTOWN」で有名な株式会社ZOZOは、デジタル化の推進・決算の早期化・経理業務効率化・従業員の負担軽減のため、AI-CORを導入。

その結果、請求書の処理が大幅に激減し、月初の締めが7営業日から3.5営業日へと大幅縮小に成功。さらに、データでの保管に切り替えることでペーパーレス化や、残業時間の削減にも繋がりました。

参考記事:月次決算を3.5日早期化したZOZO導入事例を公開。「sweeep」受取請求書の自動処理クラウド

佐川急便株式会社

佐川急便では、人の手で行っていた配送伝票入力作業をAI-CORに代替。さらに、配送伝票情報の読み取りから既存システムへのデータ連携までを自動化することにより、月間8,400時間もの削減に成功しました。

手書きの読み取り精度は99%以上を誇り、書き間違いや文字飛ばしによる住所の誤記載も自動で修正する機能を搭載しています。

参考記事:SGシステム AI-OCRプラットフォームサービス「Biz-AI×OCR」に 業務自動化率9割を超える手書き日本語AIモデルを搭載

日本化学産業株式会社

日本化学産業株式会社では、受注数の7割程度がFAX受注で、毎月およそ1500枚もの注文書を営業事務やパートの方が管理システムへ手入力していました。この入力業務は工数が多く、時間がかかる作業ということもあり、工数や業務負担の軽減のために、AI-OCRを導入しました。

導入の結果、受注登録のエラー件数や作業工数の削減、電子データ化によりテレワークが可能となるなどの業務改善に成功しました。

参考記事:FAX受注の登録業務にAI OCRを活用。登録ミスの大幅削減や業務の平準化だけでなくテレワークにも対応可能に

弊社のAIツール導入活用支援について

弊社・株式会社WEELのサービス「AIツールの導入支援・活用促進」では、お客様のAIツール導入から活用までを、一気通貫でサポートしています。AIツールの導入にあたって、お客様が直面しうる

● どんなAIを使えばいいのか?
● うちには何が合うのか?
● 生成AIツールが多すぎて、わけがわからない
● ChatGPT公式や無料AIツールで、解決できないか?
● 一度入れてみたけれど、業務に合わなかった……

といったお困りごとを、弊社スタッフが伴走しながら解決いたします。詳しい内容や料金につきましては、下表をご覧ください。

AIツールの導入支援・活用促進
期間2〜4ヶ月
内容・要件定義
・改善案提出
・新業務フロー図の作成
・導入支援・ツールの設定
・サポート
見積もり額¥ 2,400,000 ~ 4,800,000
※対象規模により変動

「うちにもAIツールで自動化できる業務があるのでは……」と気になった場合は、ぜひ無料相談で、貴社のお困りごとをお聞かせください。「有料より良い無料ツールはないか」なども含めて、弊社の知見を共有させていただきます。
→無料相談で話を聞いてみる

AIツールの導入促進紹介資料

生成AIを組織に取り入れたい!といった方へ

【無料】サービス紹介資料AIツールの導入支援/活用促進

AIを取り入れようとお考えの企業様の支援をするサービスです。フローや実績も載せています。

AIツールの導入促進紹介資料

生成AIを組織に取り入れたい!といった方へ

【無料】サービス紹介資料AIツールの導入支援/活用促進

AIを取り入れようとお考えの企業様の支援をするサービスです。フローや実績も載せています。

AI-OCRで業務を効率的に

OCRからAI-OCRに進化したことにより、読み取り精度の向上だけではなく、電子化や自動入力など幅広い業務に対応することができるようになりました。導入事例からもわかる通り、自社システムと連携させることで大幅に業務改善を行うことができます。

過去にOCRの導入を検討したが、精度があまり高くないため導入を見送った企業もたくさんあるでしょう。AI-OCRに進化した今、活用シーンが多く、代替できる業務も増えているので、これを機に導入を再検討してはいかがでしょうか。

最後に

いかがだったでしょうか?

弊社では

・マーケティングやエンジニアリングなどの専門知識を学習させたAI社員の開発
・要件定義・業務フロー作成を80%自動化できる自律型AIエージェントの開発
・生成AIとRPAを組み合わせた業務自動化ツールの開発
・社内人事業務を99%自動化できるAIツールの開発
ハルシネーション対策AIツールの開発
自社専用のAIチャットボットの開発

などの開発実績がございます。

まずは、「無料相談」にてご相談を承っておりますので、ご興味がある方はぜひご連絡ください。

➡︎生成AIを使った業務効率化、生成AIツールの開発について相談をしてみる。

生成AIを社内で活用していきたい方へ

「生成AIを社内で活用したい」「生成AIの事業をやっていきたい」という方に向けて、生成AI社内セミナー・勉強会をさせていただいております。

セミナー内容や料金については、ご相談ください。

また、弊社紹介資料もご用意しておりますので、併せてご確認ください。

投稿者

  • 晋平大竹

    生成AIの登場に大きな衝撃を受けたWebライター。好きなAIツールは、ChatGPTとAdobeFirefly。AIがこれからの世界を良い方向に導いてくれると信じ、正しい&有益な情報を発信し続けています!

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次