サイトのデザインが新しくなりました。

ChatGPTで要件定義を行うには?プロジェクト進行を効率化させる方法を徹底解説

ChatGPT 要件定義 プロジェクト進行 効率化 徹底解説

開発プロジェクトの初歩、要件定義。これを正確に行えないと、後の開発が大変なことになりますよね。でも、心配無用です!ChatGPTの登場で、要件定義がこれまでになく簡単かつ効率的になりました。

この記事では、ChatGPTを使ってどのようにして要件定義を行うか、そのステップやコツをわかりやすく解説します。最後まで読めば、あなたもChatGPTを活用してプロジェクトの要件定義をスムーズに進められるようになりますので、ぜひ最後までご覧ください!

なお弊社では、生成AIツール開発についての無料相談を承っています。こちらからお気軽にご相談ください。
→無料相談で話を聞いてみる

目次

要件定義とは

要件定義とは、システムやソフトウェア開発プロジェクトにおいて、製品やサービスが満たすべき要求や条件を明確に設定するプロセスです。プロジェクトの目的、対象となるユーザーのニーズ、必要な機能性や非機能性要件、システムを運用する環境などが詳細に検討されます。

要件定義は、開発チームとステークホルダー間でのプロジェクトにおける理解の違いを減らし、円滑な促進に欠かせません。プロジェクトの範囲が定義され、後の設計や開発作業の基礎となるのです。

要件定義を正確に作成することは、プロジェクトの成功に直結するため、十分な時間と労力をかけることが重要です。

ChatGPTで要件定義を行うメリット

ChatGPTを活用することで、従来の手法に比べて作業効率が大幅に向上し、フィードバックループを通じて質の高い要件定義書を迅速に作成できます。ここでは、ChatGPTで要件定義を行うメリットを3つ解説します。

作業効率の改善

ChatGPTを活用して要件定義を行うと、自然言語による対話形式で要件を抽出できるためユーザーとの意思疎通が容易になり、作業効率が大幅に改善されます。

また、類似した過去のプロジェクトから要件を自動生成することもできるため、従来人手に頼っていた情報の整理や文書の草案作成にかかる時間を大幅に削減できます。さらに、要件の矛盾や欠落箇所を自動的に検出し修正を促すことで要件の品質を向上させると同時に、要件の変更履歴を自動で管理しトレーサビリティを確保することが可能です。

自然言語処理の能力により、ユーザーの意図を的確に捉えた要件定義が可能になることに加え、要件定義プロセス全体の効率化と品質向上を実現し、開発コストの削減とリリース期間の短縮にもつながります。

繰り返し発生する作業や定型的な文書作成をChatGPTに任せることで、プロジェクトメンバーは別のタスクに集中できるというメリットもあります。

フィードバックを返すことで質を向上できる

ChatGPTを利用した要件定義では、生成されたドキュメントに対してフィードバックを繰り返し行うことで、文書の質を徐々に高めていくことが可能です。このプロセスを通じて、ChatGPTは入力されたフィードバックから学習し、より精度の高い文書を生成する能力を向上させます。

結果として、プロジェクトの要求やステークホルダーのニーズに合致した、より適切な要件定義書を作成できます。

このように、ChatGPTは単なる文書作成ツールではなく、プロジェクトチームと協働して質の高い成果物を生み出すパートナーとしての役割を果たします。

無料版ChatGPTでも使用可能

無料版ChatGPT(GPT-3.5)でも、基本的な要件定義作業を効率化し、質の高いドキュメントを作成可能です。しかし、GPT-4などの最新バージョンでは、より複雑な要件や繊細なニュアンスを理解し処理する能力が高まっています。

そのため、特に大規模で複雑なプロジェクトや特定の専門知識を要する場合において、より適切で精度の高い要件定義書を期待できるのです。

GPT-3.5で十分な場合もありますが、プロジェクトの規模や要件の複雑さや期待される成果物の質に応じて、有料版(GPT-4)の利用を検討することをおすすめします。

ChatGPTで要件定義を行う方法

それでは、実際にChatGPTを使って要件定義を行いましょう。今回は、企業における「勤怠管理システム」を作るという前提でChatGPTに要件定義をお願いしてみました。

あっという間に必要な機能をリストアップしてくれました。一般的な内容ではありますが、必要な情報は網羅していると思います。
機能ベースだと要件の妥当性が判断しにくいため、ここからは画面ベースで要件定義を進めていきます。

最初の機能ベースより各段に分かりやすくなりました。ここからは、各画面の仕様を詳細化していきます。

「エラーメッセージ表示エリア」や「セキュリティーとプライバシーの案内」など、つい忘れてしまいそうな機能もしっかりと網羅してくれていますね。

次に、「ダッシュボード」の仕様を聞いてみます。

いったん止まってしまいました。ChatGPTは、回答の情報量が多すぎると途中で止まってしまうことがありますが、「続けてください」などと入力するか、「Continu generating」ボタンを押すことで続けて回答してくれます。

勤怠管理システムとして適切なダッシュボードに仕上がっていると思います。「休暇残高」が簡単に確認できるシステムや「勤務時間と休暇のトレンドグラフ」など、ユーザー目線で使いやすい機能が組み込まれていると感じますね。

デザインに関するアドバイスもちょこちょこ提示してくれています。せっかくなのでデザイン画面でのポイントも聞いてみましょう。

プロのUIデザイナーにも勝る完成度ではないでしょうか。表現はテキストなのでイメージしにくいですが、ChatGPTの機能がより発展して画面イメージをそのまま出力してくれるようになればなお良いですね。

デザインはこのくらいにして、また要件定義に戻ります。次は、「勤怠記録画面」の要件定義に移りましょう。

表形式があったほうが見やすそうなセクションなので、それもお願いしてみました。

表が必要な部分を判断して出力してくれました。「勤怠記録画面」で表示させる情報の定義がある程度完成したので、それらを表示・操作するためのUI要素の洗い出しもChatGPTにやってもらいます。

全体的にユーサビリティ(使いやすさ)やアクセシビリティに関する言及が多いと感じたので、具体的なデザインを聞いてみました。

業務システムのUIデザインポリシーとしてそのまま流用できるくらい完成度の高い内容ですね。ここまで明確に提示できるのは、生成AIならではと言えます。
実際の要件定義はさらに深く詳細化していきますが、今回は手順の説明なのでここで終了とします。
さらに1つずつ細かくやり取りしていくことで、より詳細な要件定義も可能です。

最後に、要件定義書としてまとめやすくするために、ここまでの一連の流れをマークダウン形式で出力してもらいました。

このまま提出できそうな完成度です。ChatGPT素晴らしいですね!

もちろん、完全にChatGPTに任せられるわけではなく、人の手によるチェックと改善も必要です。しかし、自然言語のみの非常にシンプルな操作でここまでの要件定義ができてしまうので、かなりの作業時間と作業工数の削減が可能になります。ぜひ新しいプロジェクトを進める際に活用してみてください。

なお、ChatGPTを含むAIを利用したプロジェクトの進め方について詳しく知りたい方は、下記の記事を合わせてご確認ください。
AIプロジェクトの進め方とは?よくある悩みやその対策、失敗事例、成功のポイントを解説 | WEEL

ChatGPTで要件定義を行う場合の注意点

ChatGPTを用いて要件定義を行う際には、いくつかの重要な注意点があります。上手にChatGPTを活用することで、適切な要件定義を行えるでしょう。ここでは、ChatGPTで要件定義を行う場合の注意点を3つ解説します。

人間によるチェックが必須

ChatGPTによって生成された要件定義書は、たたき台としては非常に有用ですが、そのまま最終版として使用することはおすすめできません。

生成されたドキュメントは、プロジェクトチームや関係者によるレビューを経て、プロジェクトの具体的なニーズや目標に合わせて修正を加える必要があります。

ChatGPTはあくまでAIであり、プロジェクトの全ての独自性や複雑性を完全に理解することはできません。そのため、人間の専門知識と判断が、要件定義書を最終的な形に仕上げる上で不可欠です。

試行錯誤する必要がある

ChatGPTを用いた要件定義プロセスでは、最適な結果を得るために、入力するプロンプトの表現を変更したり異なる質問を試したりするなど一定の試行錯誤が必要です。

プロジェクトの要件が複雑である場合や、特定の技術的詳細に関する情報が必要な場合には、より具体的かつ詳細なプロンプトを使用することで、ChatGPTが適切な回答を行える可能性が高まります。

このプロセスは、時に時間を要するかもしれませんが、質の高い要件定義書を作成するためには欠かせません。

ハルシネーションなどのリスクに注意

ChatGPTを含むAIは、実際には存在しないデータや事実を生成したり、誤った情報を出力したりするハルシネーション」と呼ばれる現象を引き起こすことがあります。

要件定義では、このような誤情報がプロジェクトの方向性を誤らせる可能性があります。そのため、ChatGPTによって出力された情報は、専門家が必ず検証し、その正確性を確認しましょう。

特に、技術的な詳細やプロジェクト固有の要素に関しては、専門家の意見や既存の文献を参考にすることをおすすめします。

なお、生成AIのリスクについて詳しく知りたい方は、下記の記事を合わせてご確認ください。
生成AIの企業利用・開発のリスクとその対策を解説!開発失敗事例も紹介

要件定義にChatGPTを活用しよう

本記事では、要件定義におけるChatGPTの活用メリットや具体的な手順をご紹介しました。

要件定義は、システムやソフトウェア開発において製品が満たすべき要求を明確にする重要な要素です。ChatGPTを活用することで、このプロセスの効率が大幅に向上し、迅速に高品質な要件定義書を作成できます。

しかし、ChatGPTによる要件定義は、生成された内容に対する修正や試行錯誤、そしてAIの出力する情報の検証が必要です。特に、技術的詳細やプロジェクト固有の要素に関しては、専門家の意見を参考にすることをおすすめします。

記事内で詳しく解説している手順を参考に、ぜひプロジェクトの要件定義を進める際に活用してみてくださいね!

サービス紹介資料

【無料】2023年4月版生成系AIの業務活用なら!

・生成系AIを活用したPoC開発

・生成系AIの業務活用コンサルティング

・システム間API連携

サービス紹介資料

生成系AIの業務活用なら!

・生成系AIを活用したPoC開発

・生成系AIのコンサルティング

・システム間API連携

最後に

いかがだったでしょうか?

弊社では

・マーケティングやエンジニアリングなどの専門知識を学習させたAI社員の開発
・要件定義・業務フロー作成を80%自動化できる自律型AIエージェントの開発
・生成AIとRPAを組み合わせた業務自動化ツールの開発
・社内人事業務を99%自動化できるAIツールの開発
ハルシネーション対策AIツールの開発
自社専用のAIチャットボットの開発

などの開発実績がございます。

まずは、「無料相談」にてご相談を承っておりますので、ご興味がある方はぜひご連絡ください。

➡︎生成AIを使った業務効率化、生成AIツールの開発について相談をしてみる。

生成AIを社内で活用していきたい方へ

「生成AIを社内で活用したい」「生成AIの事業をやっていきたい」という方に向けて、生成AI社内セミナー・勉強会をさせていただいております。

セミナー内容や料金については、ご相談ください。

また、弊社紹介資料もご用意しておりますので、併せてご確認ください。

サービス紹介資料

【無料】2023年4月版生成系AIの業務活用なら!

・生成系AIを活用したPoC開発

・生成系AIの業務活用コンサルティング

・システム間API連携

サービス紹介資料

生成系AIの業務活用なら!

・生成系AIを活用したPoC開発

・生成系AIのコンサルティング

・システム間API連携

最後に

いかがだったでしょうか?

弊社では

・マーケティングやエンジニアリングなどの専門知識を学習させたAI社員の開発
・要件定義・業務フロー作成を80%自動化できる自律型AIエージェントの開発
・生成AIとRPAを組み合わせた業務自動化ツールの開発
・社内人事業務を99%自動化できるAIツールの開発
ハルシネーション対策AIツールの開発
自社専用のAIチャットボットの開発

などの開発実績がございます。

まずは、「無料相談」にてご相談を承っておりますので、ご興味がある方はぜひご連絡ください。

➡︎生成AIを使った業務効率化、生成AIツールの開発について相談をしてみる。

生成AIを社内で活用していきたい方へ

「生成AIを社内で活用したい」「生成AIの事業をやっていきたい」という方に向けて、生成AI社内セミナー・勉強会をさせていただいております。

セミナー内容や料金については、ご相談ください。

また、弊社紹介資料もご用意しておりますので、併せてご確認ください。

投稿者

  • 晋平大竹

    生成AIの登場に大きな衝撃を受けたWebライター。好きなAIツールは、ChatGPTとAdobeFirefly。AIがこれからの世界を良い方向に導いてくれると信じ、正しい&有益な情報を発信し続けています!

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次