サイトのデザインが新しくなりました。

【MORPHEUS-1】生成AIを使って誰でも明晰夢を自由自在に見れるAIが登場

MORPHEUS-1 生成AI 明晰夢 自由自在

AIと超音波技術の研究を行っているProphenicは、明晰夢を誘発できる仕組みとしてMORPHEUS-1を開発したと発表しました。

以下が、2024年1月26日に発表された紹介動画です。

明晰夢は精神的な治療や心理的癒しをもたらすものとして注目されていましたが、意図的に見れる人はわずかでした。

このMORPHEUS-1を使うことで、誰でも明晰夢をみられるようになるとのことです。

今回は、MORPHEUS-1の特徴を解説します。

ぜひ、最後までご覧ください。

なお弊社では、生成AIツール開発についての無料相談を承っています。こちらからお気軽にご相談ください。

目次

MORPHEUS-1の概要

2024年1月26日にPropheticは明晰夢を誘発し、安定して見られるMORPHEUS-1を開発したことを発表しました。

これは世界初のマルチモーダル生成超音波トランスフォーマと呼ばれています。

精神的な問題の治療にも効果的と言われる明晰夢を意図して見られる人は少ないため、この開発によるメリットは大きいといえるでしょう。

なお、マルチモーダルAIについて詳しく知りたい方は、下記の記事を合わせてご確認ください。
マルチモーダルAIとは?特徴やできること、代表例を解説

そもそも明晰夢とは?

明晰夢は、夢の中で自分が夢を見ていることに気づく状態をさします。

この意識下では、夢見ている人はしばしば夢の内容を意図的にコントロールが可能です。

一部の人々は、明晰夢を利用して問題解決を行い、また心理的な癒しや自己啓発の手段として用いています。

また、夢のコントロールを通じて恐怖症の治療や、繰り返し発生する悪夢の管理に役立つ可能性もあり、注目されている分野の1つです。

MORPHEUS-1の特徴

明晰夢を意図的に見られるMORPHEUS-1の特徴は以下の6つです。

  1. 言葉を生成せず、超音波ホログラムを生成
  2. 1億300万パラメーターを取り込んだモデル
  3. 神経活動の全体像をとらえた世界初のモデル
  4. ウェアラブルデバイスを使って明晰夢を作りだす
  5. 2024年春よりベータ版の利用開始

それぞれについて解説していきます。

1.言葉を生成せず、超音波ホログラムを生成

Morpheus-1は神経のアクセスに特化した生成AIで、言葉や文章ではなく、脳の状態によって指示する世界初のマルチモーダルAIです。

さらには、MORPHEUS-1は言葉を生成する代わりに、神経刺激用の超音波ホログラムを生成し、人々を明晰状態へと導きます。

従来の明晰夢を見る手段として、予定の起床時間より早く起きて脳を刺激するなどありますが、できる人とそうでない人がいます。

しかし、MORPHEUS-1を使うことで僅かな人しか見れなかった明晰夢を誰もが見ることが出来るのは、大きな革命と言えるでしょう。

明晰夢を意識的に作り出せることで私たちの生活が大きく変化する可能性があります。

精神的なトラウマを克服しやすくなったり、夢の中というより自由な環境でクリエイティブ力をはぐくんだりしやすくなったりします。

このようにMORPHEUS-1を使うことで大きなメリットもあるのです。

2.1億300万パラメーターを取り込んだモデル

MORPHEUS-1は、8つのGPUで2日間トレーニングされた1億300万パラメーターを変換したモデルです。

1億300万という非常に大きなパラメータを取り込み、実験を成功させています。

明晰夢をコントロールすることで生産性を上げることを目的としたスタートアップ企業であるProphenic社は、MORPHEUS-1をゼロから設計して、商品化を行える段階まで来ました。

製品が発売されたら使う人も多くなっていくため、データ数は増えていきます。

その結果、取り込めむデータ数は1億300万からどんどん増えていき、よりよいものになっていくはずです。

どれだけのデータ数を取り込めるかの情報はありませんが、より多くのデータ数を取り込んで、誰もが思い通りの明晰夢を見られるようになるといいですよね。

3.神経活動の全体像を捉えた世界初のモデル

MORPHEUS-1は、神経活動を全体像で捉えた初めてのモデルです。

研究者たちは、さまざまな方法でデータを取得し解析していますが、神経活動の全体像を捉えることは未だできていません。

多くの研究者が用いる方法は、fMRI を収集し、統計分析 (線形回帰) または初歩的な ML を使用してターゲットを特定し、最も重要なものを選択する何らかの方法で作業を行っています。

しかし残念ながら、神経活動の全体像を捉えることができません。

そこで、MORPHEUS-1では、神経活動の全体像を捉えるために異なる視点を使い、神経活動を全体像で捉えることができました。

詳細な情報は公表されていませんが、マルチエレメントtFUSの機能を最大限利用することで、全体像を捉えることに成功したようです。

その結果、神経活動の全体を捉えた最初のモデルとなりました。

4.ウェアラブルデバイスを使って明晰夢を作りだす

MORPHEUS-1は、専用の端末がないと機能しません。

MORPHEUS-1で明晰夢を見るためには、Prophenic社が開発したThe Haloと呼ばれる頭に装着するウェアラブル端末を利用します。

The Haloを頭に装着し、脳波をインプットし超音波ホログラムを生成することで、誰でも明晰夢が見られるようになります

参考:明晰夢を誘発する予言AI「THE HALO」デバイス

The Haloの発売日は、2025年ごろとされているため、実際に手にとることができるのは少し先になる見込みです。

しかし、予約は既に開始しているので、興味がある方は予約が終了する前に早めの予約をおすすめします。

2025年のいつごろに発売になるのか。価格はいくらぐらいなのか。についてはまだ公開されていません。いち早く情報を手に入れたい人は、こまめにProphenic社の情報を確認するようにしてください。

5.2024年春よりベータ版の利用開始

MORPHEUS-1はまだ製品の一部が公開された段階のため、一般の人々がすぐに利用できる状態ではありません。

2024年春ごろにMORPHEUS-1のベータ版利用が開始される予定です。
現在はベータ版の登録を行っているため、早く試してみたい人はMORPHEUS-1の公式サイトから登録してみてください。

MORPHEUS-1を早く使うためには、The Haloを予約しているかどうかが関係しているようです。
ベータ版登録の際に、Haloを予約しているかの質問がありました。

詳しいことは特に書いていませんでしたが、Haloの予約している方が早めに体験できる可能性が高そうです。

いち早くMORPHEUS-1で明晰夢の体験をしたいという方は、The Haloを予約してから、MORPHEUS-1の利用登録をしてみてください。

The Haloの予約はProphenicの公式サイトからできます。

なお、生成AIツールの開発について詳しく知りたい方は、下記の記事を合わせてご確認ください。
【生成AI×開発】AI担当者が気になる生成AIツール開発の情報まとめ

どのように生成AIが使われているのか

MORPHEUS-1ではどのように生成AIが使われているのでしょうか。

明晰夢を見るためには、見たい人の脳波を解析し、適切な超音波を送らなければいけません。

適切な超音波を送るためには、ひとりひとりの脳波を解析し、最適な超音波を生成する必要があります。

この部分をひとの手で行うのは難しく、新しいシステムを作ることも困難なため、従来では明晰夢を誰でも見られるようにするのはできないとされてきました。

しかし、ChatGPTなどの生成AIは改良が進み、上手くを使うことで、従来では不可とされていたことでも可能になるものが増えてきています。

このMORPHEUS-1も生成AIを使うことで不可とされていたことを可能にした一つの例です。

MORPHEUS-1は、Prophenicが開発したHaloというデバイスを頭に装着することで、脳波を解析し生成AIが適切な超音波を生成して、明晰夢が見れるようになるのです。

MORPHEUS-1の使い方

MORPHEUS-1を使うためには、Prophenicが開発したThe Haloと呼ばれる新しいヘッドバンド製品を装着する必要があります。

参考:https://propheticai.co/

The Haloは頭に装着して非侵襲的な刺激を神経に与えることで、明晰夢の神経活性化のパターンを人工的に再現するヘッドギアです。

超音波と脳波とfMRIデータを用いて作成した機械学習モデルを組み合わせて、眠っている人が明晰夢を見やすくなるレム睡眠に入ったことを検知し、明晰夢を誘発し安定化させます。

このThe Haloを使ってMORPHEUS-1で、脳の状態を受け取り、明晰夢の状態を安定して作り出すための超音波ホログラムを生成します。

これにより、誰でも簡単に明晰夢を見ることができるのです。

MORPHEUS-1によって明晰夢が思い通りに見れるようになったらどうなるのか?

明晰夢を思い通りに見れることで以下のメリットが考えられます。

  • クリエイティブな活動の増加:明晰夢の中で、自分の想像力を自由に探求できるようになり、よりクリエイティブな活動をしやすくなります
  • 問題解決能力の向上:明晰夢の中で、人々は現実の問題に対する新しい解決策を考える時間ができます。夢の中での自由な思考が、現実世界の問題解決に役立つかもしれません
  • トラウマや不安障害の克服:トラウマや不安障害などの心理的問題を抱える人々にとって、明晰夢は治療的なツールになる可能性があります。夢の中で恐怖や不安を安全な環境で経験し、克服できる可能性があります。
  • 自己探求と自己改善:明晰夢を通じて、個人は自己の深層心理や無意識の願望を探求することができ、自己認識を深め、自己改善につながる可能性があります
  • エンターテイメントと新しい体験:明晰夢は、現実世界では不可能な体験や冒険を可能にするため、新しい形の娯楽やエンターテインメントになるかもしれません。
  • 睡眠の質の向上:明晰夢を頻繁に見ることが睡眠の質にどのような影響を及ぼすかは未知ですが、睡眠の深さや回復力に影響を与える可能性があります

これらの内容がどこまで実現可能になるかは、実際にMORPHEUS-1を使ってみなければわかりません。MORPHEUS-1の続報に期待ですね。

もう少し具体的にイメージしたい方は映画「パプリカ」や「インセプション」をご覧ください。

どちらの作品も人の夢に介入して、治療や情報を盗み出すという物語です。

なお、生成AIツールの開発費用について詳しく知りたい方は、下記の記事を合わせてご確認ください。
生成AIツールの開発費用相場を詳細に解説!コストを削減する2つの方法も紹介

MORPHEUS-1は精神的・心理的向上の可能性を秘めている

MORPHEUS-1は明晰夢をコントロールできるため、精神的な治療や心理的な癒しをもたらしてくれるメリットがあります。

しかし、まだ公表されていない部分もあるため、続報を確認していく必要があります。

なお、本記事で紹介したMORPHEUS-1の特徴を再度まとめました。

  1. 言葉を生成せず、超音波ホログラムを生成
  2. 1億300万パラメーターを取り込んだモデル
  3. 神経活動の全体像をとらえた世界初のモデル
  4. ギリシャ神話の夢の神が名前の由来
  5. ウェアラブルデバイスを使って明晰夢を作りだす
  6. 2024年春よりベータ版の利用開始

2024年春にMORPHEUS-1のベータ版利用が開始される予定のため、公開次第使ってみてください。

サービス紹介資料

生成系AIの業務活用なら!

・生成系AIを活用したPoC開発

・生成系AIのコンサルティング

・システム間API連携

投稿者

  • Hiromi Sai

    ChatGPTメディア運営 / テクニカルライター リベラルアーツ専攻。大学休学中は、Webマーケティング会社のマネージャーとしてライター、ディレクター100名のマネジメントをする。南米のチリとタイでの長期居住歴を持つ。

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次