サイトのデザインが新しくなりました。

Open Interpreterが人類に与える影響とは?次のゲームチェンジャーAIを大予想

OpenInterpreter 次にくる AI 次世代AI

Open InterpreterというAIツール、ご存知ですか?

当社もChatGPTなど、最新のAIを駆使しておりますが、Open Interpreterの登場以降、業界の今後がどう変わるかが、非常に気になっておりまして、夜も眠れないほどです!

AIツールが現在、続々と登場している状況ですよね?ご存知ないわけがありませんよね!!!

驚くべきことに、わずか1週間前にデビューしたOpen Interpreterは、GithubTrendでダントツの1位に!スター数はなんと2万を超えており、多くの方々から注目されております。

しかしながら、この業界は急速に進化しているため、次なる「注目のAIツール」がすぐにでも登場するでしょう。

そこで今回は、Open Interpreterの登場により、世界がどう変わるか、未来の予測とともに熱烈に解説します。 最後まで読んでいただいた方は、今後のビジネスチャンスも確実に掴めるようになるでしょう!

ぜひ、最後までご覧ください。

なお弊社では、生成AIツール開発についての無料相談を承っています。こちらからお気軽にご相談ください。

目次

近い未来の世界の姿

近い将来、AIが一般的に普及すれば、家庭でもAIを見かけるようになるでしょう。想像してみてください。

朝になると突然、マットレスが優しく振動し、目を覚ます瞬間が訪れる。これはただのマットレスではなく、AIアルゴリズムによってあなたの睡眠パターンを学習した「スマートマットレス」です。

そして、「おはようございます、佐藤さん。今日は晴れのち曇り、最高気温は25度です。」と、AIアシスタントが穏やかな声で話しかけてくる。このアシスタントは高度なLLMによって動かされており、あなたの一日をスムーズに進めるための多くの機能を持っています。

「今日の予定は午前中に会議が2つ、午後はフリーです。また、昨日の運動不足を考慮して、今朝は軽いストレッチがおすすめですよ。」

アシスタントはさらに続ける。「朝食には、冷蔵庫にある食材を使って、オムレツとフルーツスムージーはいかがでしょうか?栄養バランスも良く、エネルギーをしっかり補給できます。」

「それがいいですね」と答えると、AIアシスタントはキッチンのスマートデバイスに指示を出し、オムレツとスムージーの準備が始まる。あなたは浴室に向かい、スマートミラーが今日の服装を提案してくれる。もちろん、その提案も今日の天気と予定に基づいています。

朝食ができたころ、テーブルに座ると、AIアシスタントがニュースの要約を読み上げ始める。重要なトピックには、さらに詳しく説明してくれるのです。

このようにして、将来的にAIやLLMは日常生活に溶け込んでいくでしょう…。

Open Interpreterの登場で何が変わるのか

先ほど述べたのは、決してSF映画のあらすじではありません。
AIの発展、LLMが日常に溶け込んでいけば十分にあり得る世界です。

冒頭で述べたOpen Interpreterの登場は、その世界の存在を匂わせる重大な出来事であると感じます。

そこで、Open Interpreterの登場により、雇用や職業など、我々の生活にどのような変化が起こるのか直近の未来を予想してみました。

知的労働者が減るかも?

Open Interpreterや類似するAIツールの登場によって、真っ先に考えられるのは「単純な知的作業は、全てAIの担当になる」ということでしょう。

加えて、ChatGPTの台頭で、コンサルタントやその他の知的労働が、AIに取って代わると既に言われていましたが、Open Interpreterの登場でそれが現実味を増してきました。未来のホワイトカラーは、AIの進化によって完全に覆される可能性があります。

たとえば、簡単な書類の整理やメールの返信はともかく、プログラミングなどの末端の作業は、すべてOpen Interpreterなどのツールに置き換わると予想されます。

そのため、デスクワークによる単純知的作業が、AIに置き換わることにより、未来のホワイトカラー職は大きく減少するかもしれません。

さらに、AIに「自分で考え目標」を達成させることができる「AIエージェント」という技術があります。この技術により、知的労働者の減少に、さらに拍車がかかるでしょう。

他の職業への影響は?

以下の論文によると、LLMの登場により8割の労働者の業務の1割、2割の労働者の業務の半分に影響を与えるとされています。

参考記事:https://arxiv.org/abs/2303.10130

また、プログラミングや執筆などのタスクは大きく影響を受けるらしいです。さらに、会計士などの専門職についても、生成型AIの能力に最も影響を受ける可能性が高いとされています。一方で、科学や批判的思考力は、影響を受けにくいとされています。

このことからも、AIツールによる労働への影響は大きいことが分かるでしょう。これに加えて、Open Interpreterは自然言語によって、高度なプログラミングが可能になるので、データ解析やプログラミングは、完全に置き換わることが予想されます。

そうなれば、AIの登場で影響を受ける職業は、完全に無くなるか「上位層のごく限られた人」しか残らなくなるでしょう。

たとえば、プログラマーのほとんどは職を失い、超天才プログラマーしか生き残れなくなるかもしれません。

ただ、産業革命により大量の職が無くなる一方で、大量の新たな職が生まれる、という話もあります。そのため、「完全に職を失う人は多くないんじゃないか」と思っています。

参考記事:https://www.internetacademy.jp/it/programming/programming-basic/what_is_fourth-industrial_revolution.html

Open InterpreterのようなLLMもスマホに標準搭載される?

現在は、小型の高精度LLMが登場しています。この流れから行くと、どんなに小型でも、現在のChatGPTの精度を遥かに凌ぐような小型LLMが出てきてもおかしくありません。

そうなると、SiriのようなAIアシスタントに、Open InterpreterのようなLLMが搭載され、手元でLLMを動かせる時代になるでしょう。しかも、声だけで動いてくれるようになるかも。

そこで、Open Interpreterがスマホで動作するためには、スマホが必要なリソース(CPU、メモリなど)を持っている必要があります。さらに、スマホのOS(Android、iOSなど)が、Open Interpreterをサポートする必要もあります。

そのため、もしもOpen Interpreterの開発者と、スマホメーカーやOS開発者が協力関係にある場合、標準搭載の可能性が高まるでしょう。さらに、最近ではPhi-1.5と呼ばれる小型LLMも登場したことから、より一層スマホへの標準搭載の機運が高まっています。

また、PCにおいてはローカルで動かせることから、MacやWindowsに標準搭載される確率が高いです。もし標準搭載されたら、以下のような使い方も可能になるでしょう。

  • 自然言語だけで、アプリや標準機能を呼び出せる
  • 自然言語だけで、アプリや標準機能を操作できる
  • 環境構築なしで、自然言語プログラミングができる
  • ごちゃごちゃになったファイルの整理

とにかく、めちゃくちゃ便利になり、作業効率も相当アップされるでしょう。

Open Interpreterの登場で人間には何が必要になる?

ここまでは、Open Interpreterの登場による労働市場での変化や、スマホへの変化について解説しました。このような変化を受けて、人間はどのような能力を伸ばすべきか、について解説します。

Open Interpreterなどのツールの登場で、たとえばプログラミングにおいても、AIと対話しながらコードを書くようになります。そうなれば、プログラミングスキルは、ほとんど要らなくなるでしょう。もしかしたら、「頭で考えた機能を、AIが実装してくれる」という未来も来るかもしれません。

そうなったら、人間は何もしなくてもいいなじゃないかって思いますよね。そんな時代に何を身につけておくべきか、ご紹介します。

AIの知識

近年、AIの活用は多くの業種で進んでおり、その範囲は日々拡大しています。例えば、製造業から医療、金融に至るまで、AIは業務効率の向上や新しいビジネスモデルの創出に貢献しています。このような状況下で、企業が競争力を保ち、成長していくためには、AIの活用が不可欠です。

しかし、AIやAI人材を理解しないまま遠ざけていると、他社や他の業界に遅れを取るでしょう。そうならないためにも、今のうちからAIに関する知識を身につけておくことが重要です。

AI関連の新たな職が生まれることが予想されるので、AIの知識を身につけておくだけで、職を手に入れやすくなるかもしれません。

AIを扱うスキル

AIを扱うスキルには、代表的なもので「プロンプトエンジニアリング」があります。プロンプトエンジニアリングの知識があれば、Open InterpreterやChatGPTなどのAIツールの精度を、高めることができます。

また、自分でAIモデルを動かす際には、パラメータをプログラムで設定することも必要です。そのため、こうしたAIを扱うスキルは、今後も必須になってくるでしょう。

今後、もしかしたら「プロンプトの達人を募集します」みたいな仕事募集ページも、見かけるようになるかもしれませんね。いや、今でさえ少しずつ出てきているので、プロンプト技術だけで仕事になります(断言)。

ITリテラシー

Open InterpreterのようなAIを使いこなすには、当然IT全般の知識も重要になってきます。たとえば、「何かのモデルを自分のPCで動かそうと思ったとき、どのくらいのスペックが必要になるのか」を考えられる力も、今後必要になってくるITリテラシーの一部です。

また、AIもIT業界の中の一部なので、必然的にその他のIT技術とも関係性が生まれます。そうなったときに、ITリテラシーがないと、その関係性を上手く捉えられなくなるでしょう。

経験を通じた問題発見・解決能力

Open Interpreterはデータ解析やプログラミングなどを高速に行えますが、その結果をどのようにビジネスや社会に活かすかは、人間の判断と戦略に依存します。

特に変化の激しい現代社会において、経験を通じて得られる問題発見・解決能力は、新しい課題に柔軟に対応する力をもたらします。

そうして発見した問題を、Open Interpreterを利用して効率的に解きながら、問題を解決する能力が重要になってくるのです。

なお、AI時代の生存戦略について知りたい方はこちらをご覧ください。
ChatGPTの思考回路と人間の脳の違いを徹底解説

【予想】直近でOpen Interpreterの次に流行るAIツール

ここからは、Open Interpreterの次に流行るであろうAIツールを、予想してみたいと思います。

ノーコードツール全般

ノーコードツールが近年注目を集めているのには、いくつかの重要な理由があります。

まず第1に、IT人材の不足が深刻な問題となっているからです。プログラミングやコーディングの専門知識が必要なアプリケーション開発は、限られた人材に依存していました。しかし、ノーコードツールの登場により、専門的なスキルがなくてもアプリケーションの開発が可能になります。

次に、AI技術の進展により、AI人材もまた不足しているからです。ノーコードAIプラットフォームを使用することで、特別なAIの専門知識がなくても、基本的なAIアプリケーションの開発が可能です。

GPT-4.5

GPT-4.5は、OpenAIによるGPTシリーズの新しい進化形として注目されています。

まず、その理由として何といっても、GPT-4.5はGPT-4よりも高度なタスクをこなせるからです。これはビジネスや研究、さまざまな産業において非常に有用であり、そのためにも多くの関心が寄せられるでしょう。

さらに、GPT-4がすでにマルチモーダルな機能を持っていることから、GPT-4.5はそれをさらに進化させる可能性があります。そうなると、テキストだけでなく画像や音声など、多様なデータ形式を扱うことができるようになるでしょう。

次に、GPT-4.5の開発過程はGPT-5への道筋を示す重要な一歩となる可能性があります。研究者や開発者は、GPT-4.5の性能や機能の向上を通じて、GPT-5の開発に大きく貢献できると踏んでいるでしょう。

GPT-5が登場している頃には、何かとヤバい世界になっているかもしれませんね。

Gemini AI

Googleが開発中の新しい生成型AIモデル、Gemini AIは業界内で大きな話題となっているのです。最先端のGPT-4モデルを凌駕する性能を持つとされ、2024年末までにはChatGPTに対して、なんと20倍の性能を発揮する可能性があると報告されています。

Gemini AIが今後トレンドになると予測される理由は、いくつかあります。

まず、その圧倒的な性能です。現在のところ、Gemini AIは最先端のGPT-4モデルよりも5倍高い性能を持っているとされています。

次に、Google自体がAI研究と開発に多額の投資をしている点です。特に、Googleの財政力はOpenAIを上回るとされ、これがGemini AIの急速な進化を後押ししています。

最後に、Gemini AIの出現はAIガバナンスにも影響を与える可能性があります。その高度な能力は、世界中の政府や規制機関が、AI技術の急速な進展に注目を集める一因となっているのです。

参考記事:https://gemini-ai.com/

米インテルのAI向け新型半導体

米インテルが開発した新型半導体は、2023年12月に発売予定です。この半導体の特徴は、ローカル環境で高度なAI処理が可能である点です。具体的には、クラウド上のデータセンターにアクセスすることなく、パソコン上でAIチャットボットを動作させることができます。

この新型半導体が今後のトレンドになる理由として、まず、クラウド接続が不要であるため、データのプライバシーとセキュリティが強化される点にあります。

また、遅延が少なく、リアルタイムでのAI処理が可能になるという点も、大きなメリットです。さらに、クラウドサービスに依存しないため、長期的には運用コストが削減される可能性があります。

加えて、ローカルでAIを動作させられるこの半導体は、IoTデバイス、エッジコンピューティング、モバイルデバイスなど、多様な用途での活用が期待されています。

参考記事:https://jp.reuters.com/business/technology/6VOH5INTKJLSXFC2EJNMG7NNDA-2023-09-19/

小型LLM

Microsoftは6月にPhi-1.5を発表しました。そして、9月にはその進化版であるPhi-1.5を発表しています。

Phi-1.5は、パラメーターが13億しかないにも関わらず、さまざまなベンチマークで100億パラメーターのLLMと同等の性能を示したLLMです。

これまでは、大きなトレンドとして以下に大きいパラメーターで優れた回答をできるLLMを開発できるかという点が注目されていました。しかし、これからはいかに小さいパラメーターで優れた回答をできるLLMを開発できるかという点が重視されるでしょう。

小型LLMが進化していけばいずれはスマートフォンの中に内蔵できるくらい小さいLLMが開発され、スマホからLLMを動かすという時代に突入していくでしょう。

実は、その動きはすでに起こっており、なんと2023年の3月にAlpacaという70億パラメーターのLLMを、iPhone14で動かしたという報告がされています。

報告したのはマサチューセッツ工科大学の学生。構築費用は600ドル以下だったそうです。

動画を見るとかなり動きが遅く、実際に使うにはまだまだというレベルではありますが、この先スマホで動くくらいの小型LLMが開発されることは間違いないでしょう。

参考記事:https://www.axion.zone/ai-38/

なお、Open Interpreterについて知りたい方はこちらをご覧ください。
Open Interpreterがついに画像出力にも対応!使い方から実践までを解説【画像付き】

まとめ

Open Interpreterが出てくると、知識労働者の数は減るかもしれませんね。特にプログラミングやデータ解析の仕事は、AIによって自動化される可能性が高いです。スマホやパソコンにもこの技術が搭載されるかもしれないので、もしそうなったら、AIがもっと身近な存在になるでしょう。

また、これからの時代、AIに詳しいことやAIをうまく使いこなせるスキルが求められるでしょう。プロンプトエンジニアリングなんかもその一例です。それに加えて、AIでは解決できないような問題を見つけたり解決できる能力も大事です。

今後流行るであろうAIツールとしては、以下のようなものが挙げられます。

  • ノーコードツール
  • GPT-4.5
  • GoogleのGemini AI
  • インテルが作るAI向け新型半導体

これらのツールによって、AIの専門家が足りない問題や、高度なタスク、データのプライバシーとセキュリティ、リアルタイムでの処理能力などが可能になります。

サービス紹介資料

生成系AIの業務活用なら!

・生成系AIを活用したPoC開発

・生成系AIのコンサルティング

・システム間API連携

最後に

いかがだったでしょうか?

弊社では

・マーケティングやエンジニアリングなどの専門知識を学習させたAI社員の開発
・要件定義・業務フロー作成を80%自動化できる自律型AIエージェントの開発
・生成AIとRPAを組み合わせた業務自動化ツールの開発
・社内人事業務を99%自動化できるAIツールの開発
ハルシネーション対策AIツールの開発
自社専用のAIチャットボットの開発

などの開発実績がございます。

まずは、「無料相談」にてご相談を承っておりますので、ご興味がある方はぜひご連絡ください。

➡︎生成AIを使った業務効率化、生成AIツールの開発について相談をしてみる。

生成AIを社内で活用していきたい方へ

「生成AIを社内で活用したい」「生成AIの事業をやっていきたい」という方に向けて、生成AI社内セミナー・勉強会をさせていただいております。

セミナー内容や料金については、ご相談ください。

また、弊社紹介資料もご用意しておりますので、併せてご確認ください。

投稿者

  • Hiromi Sai

    ChatGPTメディア運営 / テクニカルライター リベラルアーツ専攻。大学休学中は、Webマーケティング会社のマネージャーとしてライター、ディレクター100名のマネジメントをする。南米のチリとタイでの長期居住歴を持つ。

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次