サイトのデザインが新しくなりました。

ChatGPTのベクトルデータベースの活用方法を解説!SQLとの比較も紹介

chatgpt ベクトルデータベース

近年、大規模言語モデル(LLM=Large Language Model)の急成長に伴い、膨大なデータ処理の保管先としてベクトルデータベースが重要な役割を担っています。あらゆる産業や仕事に大きなインパクトを与えている生成AIをうまく活用するためには、LLMのデータ保管先としてベクトルデータベースの活用が欠かせません。

今回は、ChatGPTの台頭によって注目度が急上昇している「Pinecone」というベクトルデータベースに焦点を当てて、概念やPythonによる実装方法をわかりやすく解説します。さらに、ベクトルデータベースであるPineconeと従来のデータベース(リレーショナルデータベース)のSQLを比較していますので、ぜひ参考にしてください。

なお弊社では、生成AIツール開発についての無料相談を承っています。こちらからお気軽にご相談ください。

目次

ベクトルデータベースとは

ベクトルデータベースとは、データを「ベクトル」という数値の集まりとして表現し、それらの関係性からデータを探し出す仕組みのことです。従来のデータベースが扱いにくい複雑なデータ型を処理するために設計されました。

データをテーブルに格納する従来のデータベースとは異なり、ベクトルデータベースは数学的ベクトルを使用してデータを表現できるのがメリットです。。これにより、画像、音声ファイル、テキストのような高次元データを効率的に管理して検索できます。

身近な応用例で言うと、YouTubeのレコメンドシステムにもベクトルデータベースが使われています。YouTubeでは、1つ動画を見たらその動画の関連動画が出てきますよね。これは、動画1つ1つをベクトルに見立ててシステムが「似ているか否か」を判定し、「似ている」と判定された動画たちが関連動画として表示する仕組みです。

このように、ベクトル空間内の距離関係を使うので、キーワードにこだわらず内容の意味が近いものを見つけられるのがベクトルデータベースの特徴です。大量のデータから関連する情報を見つけるのに大きく役立ちます。

ベクトルデータベースの仕組み

ベクトルデータベースでは機械学習や、ベクトル埋め込みなどの手法でさまざまな情報をベクトルに変換しています。そして、データベースにある無数のベクトルから類似性を検索しているのです。

例えば、下記の表はECサイトでユーザーが何に関心があるかを購入点数で表しています。

参考:https://vigne-cla.com/5-11/#toc5

こちらの表を見るとBとCの類似性が高いと判断できるはずです。実際には、ユークリッド距離・コサイン類似度・内積などを用いて類似性を測っています。

このように、膨大なデータをベクトルで表し類似性のデータを抽出するのがベクトルデータベースの仕組みなのです。

ベクトルデータベースの作り方

ベクトルデータベースを作るには、文章や音声などの生データが必要です。まず、Word2vecなどを用いて生データからベクトルを作成します。

ベクトルは単語ではなく数字の羅列になるので、機械が理解しやすいのがメリットです。次に、ベクトルをデータベースに格納します。そうすると、類似性検索を容易にするベクトルデータベースを作れるのです。

従来のデータベースだと生データをそのまま格納しています。そのため、データベースから生データを取り出してベクトルに変換する必要があるので厄介です。

しかし、ベクトルデータベースの場合はベクトルがあらかじめ格納されているので簡単に類似しているデータをすぐに検索できます。

なお、ベクトルデータベースの仕組みについて詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

Pineconeとは

ベクトルデータベースにはいくつかの代表的なサービスがあります。

サービス特徴
Pinecone数十億のデータを扱える処理精度の高いベクトルデータベース
Weaviate オープンソースでAI Nativeのベクトルデータベース
Chroma 人気のRedisの上に構築された直感的なAPI連携で使いやすいベクトルデータベース
Oracle AIベクトルを活用して生産性を向上させるベクトルデータベース

その中でも、今回はPineconeの概要についてわかりやすく解説します。Pineconeは、数十億ものデータを扱うことができ、高速なクエリ処理を実現するベクトルデータベースです。シンプルなAPIを備えているため、使いやすさがメリットの1つです。

Pineconeのキーコンセプトは以下の通りです。

ベクトル検索類似ベクトルの高速検索
ベクトル埋め込みベクトルの意味的類似性を表した情報
ベクトルデータベース効率的なデータ管理と検索のための、ベクトル化と保存を実現するデータベース

まず、Pineconeの公式ページに移動しましょう。そして、「Sign Up for Free」をクリックして登録します。

Pineconeを利用するためにはAPIキーが必要なので、登録が完了したら、左サイドバーから「API Keys」へと進んでください。

すると、以下のように「Environment」と「Value(API Key)」があります。2つともひかえておきましょう。

PineconeのHybrid Searchとは?

Pineconeでは、基本的なキーワード検索に加えて、セマンティック検索を行うことができます。セマンティック検索とは、文字よりもその意味を解釈して検索する機能です。

この「基本的なキーワード検索」と「セマンティック検索」を組み合わせたのが「Hybrid Search」です。文の意味の類似性を図る手法は、下記の種類があります。。

  • TF-IDF
  • BM25
  • word2vec/doc2vec
  • BERT
  • USE

より詳細な内容は、Pineconeの公式ページに記事があるので、気になる方はぜひ読んでみてください。これ以降では、PineconeのHybrid Searchを使っていこうと思います。

Pineconeを使ってみた

早速Pineconeを、以下の順で試してみます。

  1. Pineconeのインストールやインデックス作成
  2. 簡単なクエリ処理
  3. Hybrid Searchでクエリ処理

公式ページにGoogle Colaboratoryが用意されているので、基本的には、その通りに実行していけば試すことができます。

クイックスタート

ここでは、Pineconeのインストールや、簡単なクエリ処理の実装から始めてみましょう。まずは必要なパッケージのインストールです。

# パッケージのインストール
!pip install pinecone-client

以下のような画面が出れば、インストール完了です。

次にPineconeの初期化を行います。先ほど取得した「Environment」と「Value(API Key)」を入力しましょう。

import pinecone

# Pineconeの初期化

pinecone.init(

    api_key="<Pinecone_APIキー>",

    environment="<Pinecone Environment>"

)

次に、インデックスを作成します。ここで設定できる引数の詳細は、以下の通りです。

引数意味詳細
dimensionベクトルの次元整数を入力
metric類似度の指標euclidean: ユークリッド距離cosine: コサイン類似度dotproduct: ドット積
pod_typeコストタイプs1: 低コストp1: 適度なコストp2: 高コスト

また、一番上にインデックスの名前を付けましょう。ここでは「quickstart」と名付けています。

# インデックスの生成

pinecone.create_index(

    "quickstart",

    dimension=8,

    metric="euclidean",

    pod_type="p1"

)

無料版ではインデックスは1つしか作れません。ちなみに、以下のコードを実行すれば、作ったインデックス名を全て参照できます。

# インデックスのリストを取得

pinecone.list_indexes()

また、Pineconeのマイページでも、インデックスが作成されたことを確認できます。

次に、クエリ処理をするために、作ったインデックスに接続します。

# インデックスに接続

index = pinecone.Index("quickstart")

次に、データベースにデータを挿入しましょう。ここでは「A」~「E」までが各データの名前で、[0.1, ~ , 0.1]などは、8次元のベクトルを表します。

# データの挿入

index.upsert([

    ("A", [0.1, 0.1, 0.1, 0.1, 0.1, 0.1, 0.1, 0.1]),

    ("B", [0.2, 0.2, 0.2, 0.2, 0.2, 0.2, 0.2, 0.2]),

    ("C", [0.3, 0.3, 0.3, 0.3, 0.3, 0.3, 0.3, 0.3]),

    ("D", [0.4, 0.4, 0.4, 0.4, 0.4, 0.4, 0.4, 0.4]),

    ("E", [0.5, 0.5, 0.5, 0.5, 0.5, 0.5, 0.5, 0.5])

])

ちなみに、このベクトルの部分は本来自分で入力するのではなく、深層学習技術などを用いて生データから変換したベクトルを入力してください。例えば、単語のデータベースを作りたい場合、Word2Vecなどで単語をベクトル化します。3次元のベクトルにする場合、以下のように入力することになるでしょう。

# データの挿入

index.upsert([

    ("りんご", [0.3, 0.1, 0.2]),

    ("ごりら", [1.2, 1.2, 1.2]),

    ("ラッパ", [0.3, 3.3, 2.3]),

    ("パセリ", [1.4, 0.8, 0.4]),

    ("リング", [5.5, 10.5, 3.5])

])

この場合、単語とベクトルのセットになります。インデックスの統計情報を参照したい場合は、以下のコードを実行してください。

# インデックスの統計の取得

index.describe_index_stats()

以下のように表示されるはずです。

そして、いよいよクエリ検索です。適当なベクトルを入力して、データベースに対して検索をかけてみましょう。

下記のコードの「vector」の部分が、検索にかけるベクトルです。このベクトルに近い「データベース内のベクトル」の情報を何個か表示してくれます。何個表示するかは「top_k」で決めます。

# 類似のベクトルの取得

index.query(

  vector=[0.3, 0.3, 0.3, 0.3, 0.3, 0.3, 0.3, 0.3],

  top_k=3,

  include_values=True

)

以下のように返ってきました。

ここでは、ベクトル[0.3, 0.3, 0.3, 0.3, 0.3, 0.3, 0.3, 0.3]に対して、ベクトルC, D, Bが返ってきました。「score」はユークリッド距離を表します。

距離が小さい=似ている」なので、「scoreが小さい=似ている」です。そのため、ベクトルCはまったく同じデータであることが分かります。

また、ベクトルD, Bともある程度似ています。最後に、インデックスを削除したい場合は、以下のコードを実行してください。また、「quickstart」のところには、消したいインデックスの名前を入れてください。

# インデックスの削除

pinecone.delete_index("quickstart")

次の実装のために、削除しておきましょう。ここまでの方法は、一般的な使い方でした。

次に、Hybrid Searchという方法で、クエリ処理をする方法を見ていきましょう。

Hybrid Searchでクエリ処理

ここでは、文章データをデータベースに格納し、Hybrid Searchを使って文章に対するクエリ処理を行っていきます。まずは、サンプルデータとして以下の10個の文章を用意しましょう。

all_sentences = [

    "purple is the best city in the forest",

    "No way chimps go bananas for snacks!",

    "it is not often you find soggy bananas on the street",

    "green should have smelled more tranquil but somehow it just tasted rotten",

    "joyce enjoyed eating pancakes with ketchup",

    "throwing bananas on to the street is not art",

    "as the asteroid hurtled toward earth becky was upset her dentist appointment had been canceled",

    "I'm getting way too old. I don't even buy green bananas anymore.",

    "to get your way you must not bombard the road with yellow fruit",

    "Time flies like an arrow; fruit flies like a banana"

]

次に、「Sentence Transformers」というライブラリをインストールします。このライブラリを使うことで、文章の意味を表す「意味ベクトル」への変換が可能です。

# Sentence Transformersのインストール

!pip install sentence_transformers

インストールできたら、先ほどのサンプルデータを、実際に「意味ベクトル」に変換します。

from sentence_transformers import SentenceTransformer

model = SentenceTransformer('flax-sentence-embeddings/all_datasets_v3_mpnet-base')

all_embeddings = model.encode(all_sentences)

all_embeddings.shape

最終行の「all_embeddings.shape」の出力結果から、all_sentencesは埋め込みが10、次元は768ということが分かりました。この情報は、後のインデックス作成時に、ベクトルの次元を決めるために使います。

続いて、HuggingFaceのライブラリ「transfo-xl-wt103」を用いて、サンプルデータ文をトークン化します。まずは、以下のインストールを実行してください。

!pip install sacremoses

インストールが完了したら、一度ランタイムを再起動しましょう。その後、もう一度これまでのセルを実行してください。

次に、以下のコードを実行して、トークン化を行います。

from transformers import AutoTokenizer

# transfo-xl tokenizer uses word-level encodings

tokenizer = AutoTokenizer.from_pretrained('transfo-xl-wt103')

all_tokens = [tokenizer.tokenize(sentence.lower()) for sentence in all_sentences]

all_tokens[0]

これを実行すると、サンプルデータの1文目の以下の文、

"purple is the best city in the forest"

が、次のように単語に区切られるのです。

['purple', 'is', 'the', 'best', 'city', 'in', 'the', 'forest']

これは「基本的なキーワード検索」に必要なので、このようにトークン化します。ここまで来たら、次にインデックス作成です。

import pinecone

pinecone.init(api_key="<Pinecone_APIキー>", environment="<Pinecone Environment>")

pinecone.list_indexes()  # check if keyword-search index already exists

pinecone.create_index(name='keyword-search', dimension=all_embeddings.shape[1])

index = pinecone.Index('keyword-search')

次に、作成したIndexに対して、先ほど作成した以下の2つのデータをDBに格納します。

  • all_embeddings
  • all_tokens
upserts = []

for i, (embedding, tokens) in enumerate(zip(all_embeddings, all_tokens)):

    upserts.append((str(i), embedding.tolist(), {'tokens': tokens}))

# then we upsert

index.upsert(vectors=upserts)

格納が完了したので、さっそくクエリ処理をしていきましょう。まずはセマンティック検索単体で試してみます。

以下の文章をクエリ文として引数に渡し、この文と「意味的に類似した文章」の上位5文を表示させます。

"there is an art to getting your way and throwing bananas on to the street is not it"

以下のコードを実行してください。

query_sentence = "there is an art to getting your way and throwing bananas on to the street is not it"

xq = model.encode([query_sentence]).tolist()

result = index.query(xq, top_k=5, includeMetadata=True)

result

結果は以下の通り。意味的に似ている文が、高い順に5つ並んでいます。

{'matches': [{'id': '5',

              'metadata': {'tokens': ['throwing',

                                      'bananas',

                                      'on',

                                      'to',

                                      'the',

                                      'street',

                                      'is',

                                      'not',

                                      'art']},

              'score': 0.732851684,

              'values': []},

            {'id': '8',

              'metadata': {'tokens': ['to',

                                      'get',

                                      'your',

                                      'way',

                                      'you',

                                      'must',

                                      'not',

                                      'bombard',

                                      'the',

                                      'road',

                                      'with',

                                      'yellow',

                                      'fruit']},

              'score': 0.57442683,

              'values': []},

            {'id': '2',

              'metadata': {'tokens': ['it',

                                      'is',

                                      'not',

                                      'often',

                                      'you',

                                      'find',

                                      'soggy',

                                      'bananas',

                                      'on',

                                      'the',

                                      'street']},

              'score': 0.500876725,

              'values': []},

            {'id': '1',

              'metadata': {'tokens': ['no',

                                      'way',

                                      'chimps',

                                      'go',

                                      'bananas',

                                      'for',

                                      'snacks',

                                      '!']},

              'score': 0.376693577,

              'values': []},

            {'id': '9',

              'metadata': {'tokens': ['time',

                                      'flies',

                                      'like',

                                      'an',

                                      'arrow',

                                      ';',

                                      'fruit',

                                      'flies',

                                      'like',

                                      'a',

                                      'banana']},

              'score': 0.338697404,

              'values': []}],

'namespace': ''}

次に、キーワード検索も絡めた「Hybrid Search」を実行してみます。クエリを実行する際に「bananas」というトークンが含まれているデータのみを検索するように指定します。要は以下の条件のもと、フィルタリングをかけているのと同じです。

  •  “there is an art to getting your way and throwing bananas on to the street is not it”という文章と意味的に似ている
  • 「bananas」というトークンが含まれている
result = index.query(xq, top_k=10, filter={'tokens': 'bananas'})

for i in result['matches']:

    print(all_sentences[int(i["id"])])

結果、4行がヒットしました。

throwing bananas on to the street is not art

it is not often you find soggy bananas on the street

No way chimps go bananas for snacks!

I'm getting way too old. I don't even buy green bananas anymore.

所感

所感ですが、データをベクトルとして保管し、ベクトルとしてすぐに取り出せるのは便利だなと思いました。自然言語処理の解析をする際にも、単語や文章はベクトルで扱います。

非構造されたデータを、生データのまま保管して取り出しベクトル化するのではなく、ベクトル化された状態で取り出せるので、スムーズに自然言語の分析が行えそうです。

PineconeとSQLの比較

ここでは、ベクトルデータベースと従来のデータベースは、どのくらい性能に差があるのか検証したいと思います。比較する処理内容は、下記の内容です。

  • 検索の計算スピード
  • コード記述量

今回は、100次元のベクトルデータを検索します。ちなみに、100次元のベクトルデータは、LLMなどでも使われるほど高次元なデータです。

このベクトルデータをN個用意し、N=100, 500, 1000, 5000, 10000, 20000と変化させた時の、検索スピードを比較します。 さらに、ベクトルデータを検索する際に、どのくらいコード量に違いがでるのかを比較します。

コード記述量を抑えられれば、コードの加筆・修正も容易になり、効率的にデータベースを扱えるようになるのです。まずはPineconeで処理してみます!

Pineconeで処理

まず、Pineconeを用いて、データの検索を行います。ソースコードは以下の通りです。

import pinecone

import numpy as np

import random, string

import time

import matplotlib.pyplot as plt

# ランダム文字列生成 (idの重複を避けるため)

def randomname(n):

  return ''.join(random.choices(string.ascii_letters + string.digits, k=n))

# Pineconeの初期化

pinecone.init(

    api_key="2d84de31-820b-4a30-b64f-55733e90c95f",

    environment="asia-southeast1-gcp-free"

)

# インデックスの生成

pinecone.create_index(

    "quickstart",

    dimension=100,

    pod_type="p1"

)

# インデックスに接続

index = pinecone.Index("quickstart")

# クエリベクトル

query_vector = np.random.normal(50,10,100).tolist()

data_sizes = [100, 400, 500, 4000, 5000, 10000]  # データ量のリスト

execution_times = []  # 時間計算量を保存するリスト

for size in data_sizes:

  for i in range(size):

    # 正規分布に従う乱数ベクトル生成+データの挿入

    index.upsert([

      {"id": randomname(20), "values": np.random.normal(50,10,100).tolist()}

    ])

  start_time = time.time()

  # 類似のベクトルの取得

  index.query(

    vector=query_vector,

    top_k=20,

    include_values=True

  )

  end_time = time.time()

  elapsed_time = end_time - start_time

  execution_times.append(elapsed_time)

# 速度表示

plt.plot([100, 500, 1000, 5000, 10000, 20000], execution_times, marker='o')

plt.xlabel('data_size')

plt.ylabel('time')

plt.title('Pinecone')

plt.show()

次に、SQLで同様の処理をします。

SQLで処理

先ほどは、Pineconeを使用して類似データ検索をしていました。ここでは、従来のデータベースである、リレーショナルデータベースで同様の処理をしてみます。

オープンソースのリレーショナルデータベースである「PostgreSQL」が有名ですが、今回はPythonライブラリの「SQLsqlite3」を用います。実行するのは以下の手順です。

  1. データベース作成
  2. データ格納
  3. データ抽出
  4. 類似度検索

そして、ソースコードは以下の通りです。

import sqlite3

import numpy as np

import time

import matplotlib.pyplot as plt

data_sizes = [100, 400, 500, 4000, 5000, 10000]  # データ量のリスト

execution_times = []  # 時間計算量を保存するリスト

# クエリベクトル

query_vector = np.random.normal(50,10,100).tolist()

# コサイン類似度

def cos_sim(v1, v2):

    return np.dot(v1, v2) / (np.linalg.norm(v1) * np.linalg.norm(v2))

# SQLiteデータベースの接続とカーソルの作成

conn = sqlite3.connect('keyword_search.db')

cursor = conn.cursor()

# テーブル作成

columns = ['id'] + [f'vector{i}' for i in range(1, 101)]

column_definitions = ', '.join([f'{column} INTEGER' for column in columns])

cursor.execute(f'CREATE TABLE database({column_definitions}, PRIMARY KEY (id))')

for size in data_sizes:

  for i in range(size):

    # データの挿入

    vectors = np.random.normal(50,10,100).tolist() # ベクトルデータのリスト(長さは100)

    vector_values = ', '.join([str(vector) for vector in vectors])

    cursor.execute(f'INSERT INTO database({", ".join(columns)}) VALUES (NULL, {vector_values})')

  # コミットして変更を確定

  conn.commit()

  start_time = time.time()

  # データの抽出

  cursor.execute('SELECT * FROM database')

  rows = cursor.fetchall()

  # query_vectorをNumPy配列に変換する

  query_vector = np.array(query_vector)

  # rows内の各行とのコサイン類似度を計算する

  similarities = []

  for row in rows:

    # データベースから取得したベクトルをNumPy配列に変換する

    db_vector = np.array(row[1:])  # ベクトルはid列以外の要素

    # コサイン類似度を計算

    similarity = np.dot(query_vector, db_vector) / (np.linalg.norm(query_vector) * np.linalg.norm(db_vector))

    similarities.append(similarity)

  # 上位20件のベクトルを取得する

  top_indices = np.argsort(similarities)[::-1][:20]  # 降順ソートして上位20件のインデックスを取得

  top_vectors = []

  for index in top_indices:

      top_vectors.append(rows[index])

  # 結果の表示

  for vector in top_vectors:

      print(vector)

  end_time = time.time()

  elapsed_time = end_time - start_time

  execution_times.append(elapsed_time)

import matplotlib.pyplot as plt

plt.plot([100, 500, 1000, 5000, 10000, 20000], execution_times, marker='o')

plt.xlabel('data_size')

plt.ylabel('time')

plt.title('SQL')

plt.show()

次に、いよいよ比較の結果を発表します。

検索スピードの比較結果

ベクトルデータを多くしていった時の、計算時間の推移をプロットすると、以下の通りになりました。

SQLは小規模なデータの計算スピードは速く、大規模なデータになるにつれて大幅に時間が増える結果でした。一方で、pineconeはサンプルサイズによらず、常に0.5付近を推移しているのです。

計算スピードに関しては、N=10000付近でSQLよりも速くなっています。この結果から、NLPやLLMのように「大量の高次元データを扱うタスク」では、ベクトルDBの方が効率的であると分かります。

では、コード記述量の方は、どうなったでしょうか?

コード量の比較結果

コード記述量は、Pineconeに比べてSQLの方が多かったです。

要因としては、Pineconeと違ってSQLでは、

  • クエリ処理の際にDBからデータをわざわざ取り出さないといけない
  • ベクトルの類似度を計算する実装を自分で行う必要がある

という面倒が追加されたからだと考えられます。

やはり、LLMやデータ解析などでベクトルは必ず使うデータ型なので、ベクトルのままデータベースに格納できるベクトルデータベースの方が圧倒的に便利です。また、SQLの場合は生データのままの格納になるので、わざわざ取り出した生データをベクトルに直す必要があり面倒です。

さらに、類似データの検索という観点でも、Pineconeだとライブラリ側で類似度を勝手に計算してそのままデータを表示できます。一方で、SQLの場合はデータをすべて取り出してベクトルに直し、さらに1つずつ類似度を計算する処理を自分で実装する必要があります。

そのあたりも自動で行ってくれるPineconeの方が、コード記述量も抑えられてやはり便利です。このことから、ベクトルデータを扱うようなタスクでは、Pineconeの方が効率的なコーディング・管理が可能です。

なお、ローコード開発でできることについて詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

データ保管にPineconeを活用しよう

本記事では、ベクトルデータベース「Pinecone」の概要や使い方、従来のデータベース「SQL」との比較についてわかりやすく解説しました。Pineconeは、数十億ものデータを扱うことができ、高速なクエリ処理を実現するベクトルデータベースです。

SQLはデータをすべて取り出してベクトルに直し、さらに1つずつ類似度を計算する処理を自分で実装する必要があります。一方で、非構造化データ(ベクトルデータ)を扱うようなタスクでは、Pineconeの方が効率的なコーディング・管理が可能です。アプリ開発や生成AI開発にはベクトルデータベースが欠かせません。Pineconeは無料で始めることができるので、ぜひこの記事を参考にベクトルデータベースを活用してみてくださいね!

サービス紹介資料

生成系AIの業務活用なら!

・生成系AIを活用したPoC開発

・生成系AIのコンサルティング

・システム間API連携

最後に

いかがだったでしょうか?

弊社では

・マーケティングやエンジニアリングなどの専門知識を学習させたAI社員の開発
・要件定義・業務フロー作成を80%自動化できる自律型AIエージェントの開発
・生成AIとRPAを組み合わせた業務自動化ツールの開発
・社内人事業務を99%自動化できるAIツールの開発
ハルシネーション対策AIツールの開発
自社専用のAIチャットボットの開発

などの開発実績がございます。

まずは、「無料相談」にてご相談を承っておりますので、ご興味がある方はぜひご連絡ください。

➡︎生成AIを使った業務効率化、生成AIツールの開発について相談をしてみる。

生成AIを社内で活用していきたい方へ

「生成AIを社内で活用したい」「生成AIの事業をやっていきたい」という方に向けて、生成AI社内セミナー・勉強会をさせていただいております。

セミナー内容や料金については、ご相談ください。

また、弊社紹介資料もご用意しておりますので、併せてご確認ください。

投稿者

  • ChatGPT Media

    株式会社WEELが運営する生成系AI関連メディア「生成AI Media」は、AIの専門家によるWebメディアです。 AIに特化した編集部がAIの活用方法、導入事例、ニュース、トレンド情報を発信しています。

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次