【Cursor】今話題のAI搭載最強コードエディタ!使い方や料金体系、できることを解説

Cursor AI コードエディタ 使い方

皆さん、新しいコーディング体験に興味はありませんか?

今回、ご紹介するのはCursor生成AIを搭載した革新的なテキストエディタです。このツールは、コードの自動生成から質問応答、エラーの自動修正まで、開発作業を格段にスムーズにしてくれます。

初心者から上級者まで、どんな開発者にも適した機能を備えており、コーディングの効率を大幅に向上させることができるのです。

公式サイト:Cursor

この記事では、そんなCursorの魅力に迫りますので、是非最後までご覧ください!

なお弊社では、生成AIの社内活用について1時間無料相談を承っています。こちらからお気軽にご相談ください。
→無料相談で話を聞いてみる

目次

そもそもCursorって何?

Cursorは、AIを活用してコーディング作業を効率化するテキストエディタで、Visual Studio Code(VSCode)をフォークして作られています。VSCodeからスムーズに移行できる設計となっているため、開発者に親しみやすい環境を提供します。

そんなCursorの主な特徴は以下の4つです:

・AI技術を活用したプログラミング: Cursorは、AIを利用してコードの自動生成やエラーの検出、修正を行い、プログラミングの新しい地平を切り開きます。

・多機能性と将来性: Cursorは、現在も進化を続けるエディタで、将来的にはさらに多くの機能が追加される予定です。

・OpenAIとのパートナーシップ: Cursorは、AI分野のリーダーであるOpenAIと提携し、最先端のAI技術を統合しています。

ChatGPTの統合: ユーザーはChatGPTを通じてコードに関する質問をすることができ、リアルタイムでのサポートを受けることが可能です。

Cursorは、AIファーストのアプローチを採用しており、開発者が付属のチュートリアル用プロジェクトを通じてその機能が試せます。コードの自動生成からリアルタイムのコーディングアシスタンス、エラーの自動検出と修正まで、開発者の作業の効率化が可能になります。

また、VSCodeからのスムーズな移行が可能です。開発の効率を上げたい方は、Cursorの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

Cursorでできること3選

Cursorは、AIファーストの開発に特化したコードエディタ(IDE)で、GitHub Copilotよりもシンプルなツールとなっています。約100行のコード生成が可能です。

Cursorは、生産的な開発環境の構築、リファクタリング中のコードの自動修正、AIを使用したドキュメント作成などをサポートしてくれます。ここからは、実際にCursorにできることを紹介していきます。

ChatGPTによる自動コーディング

CursorはChatGPTを活用して、コードの自動生成を実現し、ユーザーは、特定の機能を実装するための指示をAIに伝えるだけで、適切なコードが生成できるのです。

このプロセスは、特に繰り返し発生するタスクや、標準的なコーディングパターンにおいて、開発者の時間を大幅に節約し、より創造的な作業に集中できるよう支援します。

ソースコードに関する質疑応答

CursorのAI機能は、ソースコードに関する質疑応答にも対応しています。

開発者は、コードベースに関する質問をAIに投げかけることができ、それに対する具体的な答えを得ることが可能です。たとえば、特定の関数の使用法や、あるクラスのメソッド一覧を尋ねることができます。

このインタラクティブな機能により、ドキュメントを探し回る時間が削減され、より効率的なコーディングが実現します

ChatGPTによる自動デバッグ&エラー修正

Cursorは、自動デバッグとエラー修正機能を備えており、開発者が直面するバグを迅速に特定し、修正案を提供します。

AIはコードを解析し、潜在的な問題点を指摘するだけでなく、その修正方法も提案します。この機能は、特に複雑なバグや、見落としがちな細かいエラーに対して特に有効です。

なお、「生成AI×開発」について詳しく知りたい方は、下記の記事を合わせてご確認ください。
【生成AI×開発】AI担当者が気になる生成AIツール開発の情報まとめ

Cursorの料金は?

Cursorは、柔軟な料金体系を提供しており、個々の開発者から大企業まで幅広いニーズに対応しています。

無料のBasicプランでもAIによるコーディング支援の基本的な機能は利用できますが、より高度な機能や大量のコード生成が必要な場合は、ProまたはBusinessプランへのアップグレードが必要です。

Proプランは個々のプロフェッショナル向け、Businessプランはチームや企業向けに設計されており、それぞれGPT 3.5やGPT 4の使用許容量が異なります。具体的な価格やプランの詳細は、Cursorの公式サイトで確認することを推奨します。

スクロールできます
Free$20 / 1ヶ月$40 / 1人 / 1ヶ月
プランBasicProBusiness
GPT 3.5の使用許容量200無制限無制限
GPT 4の使用許容量slow 50slow 無制限 / fast 500無制限
AIを使ったコーディング
データのプライバシー確保

公式サイト:Cursor

Cursorの使い方

Cursorの使い方は直感的で、以下のステップで始められます。

まず、公式サイトからインストーラをダウンロードし、指示に従ってインストールします。「Command K」を使用してAIを呼び出し、コードの生成や編集を行うことができます。

Chat機能を使えば、AIと対話してコードベースに関する質問をすることが可能です。また、「@Symbols」を用いて特定のコードやファイルに関する質問をAIに投げかけることができます。

インストール等の下準備

Cursorを使用するためのインストールと下準備は簡単です。

公式ウェブサイトからインストーラをダウンロードし、実行して指示に従います。インストール後、GitHubと連携させてIDEを起動すれば、すぐにコーディングが開始できます。

ソースコードの生成

Cursorの「Command K」機能は、AIの力を借りて必要なコード片を即座に生成します。

開発者はこのコマンドを活用して、特定の機能の実装指示をAIに伝えることで、迅速かつ正確にコードを書き起こすことが可能になります。

このプロセスは、特に反復的なコーディング作業を効率化し、開発者がより創造的な問題解決に集中できるよう支援します。

一方、「@ Symbols」機能は、プロジェクト内のクラスや関数などのシンボルを瞬時に検索し、その依存関係や定義を表示することができます。

これにより、大規模なコードベース内でのナビゲーションが容易になり、開発者は必要な情報を素早く見つけ出し、コーディングの効率をさらに高めることができます。

ChatGPTへの質疑応答

Cursorの「Ask about your codebase」機能は、プロジェクト全体にわたる質問に対してChatGPTを介して回答を提供します。

このプロセスは、Command + k のCHATからCommand+Enterを押し、「with codebase」ボタンをクリックして質問を行うことで開始されます。

この機能を使用すると、開発者はコードベースに関する疑問や問題点をAIに直接問い合わせることができ、リアルタイムでのフィードバックを得ることが可能です。

これにより、コード理解の深化や問題解決が迅速に行えるようになり、開発プロセスの効率化に貢献します。

ライブラリの提示

Cursorの「Browse documentation」機能は、開発者がサードパーティのライブラリに関する最新情報をAIが理解し提供するものです。

開発者は特定のURLを指定してAIにクローリングさせ、最新のドキュメント情報を学習させることができます。これにより、日々の開発作業で必要となる製品ドキュメントやOSSのマニュアルなどを効率的に参照することが可能になり、作業効率の向上が期待できます。

CHAT機能や「Command + K」を使用してライブラリ名を入力することで、AIが提供する情報を活用し、開発プロセスをスムーズに進めることができます。

デバッグ&エラーの自動修正

CursorのAuto-Debug機能は、コード内のバグを自動的に検出し、可能な解決策を提案します。

このAI駆動のデバッグ支援は、開発者が時間をかけて行う従来のデバッグ作業を大幅に短縮します。

一方、Fix Lints機能は、コードのスタイルや構文の問題点を自動的に修正し、コードの品質を維持するのに役立ちます。

これらのツールを組み合わせることで、開発者はより迅速にエラーを解消し、コードの品質を維持しながら開発を進めることができます。

なお、生成AI時代の開発について詳しく知りたい方は、下記の記事を合わせてご確認ください。
生成AI時代のローコード開発でできること、将来性、おすすめツールを解説 

まとめ

Cursorは、AI技術を活用して開発者の皆さんのコーディング作業を一新するエディタです。

自動コーディング、質問応答、そしてデバッグ支援といった機能を通じて、コードの書き方、理解の仕方、そして問題解決のアプローチを効率化します。柔軟な料金プランが揃っており、初心者からプロフェッショナルまで、全ての開発者がCursorの恩恵を受けられるようになっています。

このツールは、単なるテキストエディタではなく、開発者の皆さんの新しいパートナーとなることでしょう。未来のコーディングを体験してみたい方は、ぜひCursorを試してみてください。

サービス紹介資料

【無料】2023年11月版生成系AIの業務活用なら!

・生成系AIを活用したPoC開発

・生成系AIの業務活用コンサルティング

・システム間API連携

サービス紹介資料

生成系AIの業務活用なら!

・生成系AIを活用したPoC開発

・生成系AIのコンサルティング

・システム間API連携

弊社では法人向け生成AI研修・勉強会を行なっています

いかがだったでしょうか?

弊社では、法人様向けに生成AI研修を行なっております。
また、研修に加えて本事業の支援も行わせていただいております。

詳しくはこちらをご覧ください!
セミナー実績 | WEEL

研修をさせていただいた企業様からは、以下のような好評をいただいております。

生成AIについて包括的に理解ができ、多くの業務で生成AIが活用されるようになった。
生成AIの事例を知ることで、社内で生成AIを活用するためのアイデアがたくさん出てくるようになった。
全社で生成AIに関する認識を共有できたので、生成AIに関するプロジェクトの理解が得られるようになった。

研修の内容としては、以下のようなものになっています。

1. 生成AIの概要
2. 生成AIの歴史
3. 生成AIのリスク・対応策
4. 生成AIの活用事例
5. 生成AIの未来予測
6. 〇〇業界特有の生成AI活用法(様々な業界に対応)
7. プロンプトエンジニアリング実践(ChatGPTや画像生成AIへの入力文)
8. AI開発実践(Pythonプログラミング)
9. 生成AIの社内導入手順

※企業様のニーズに合わせて内容はカスタマイズしています。

「社員に生成AIに関する知識を身に付けてもらいたい」
「今後、生成AIを活用して事業展開をしていきたい」

と考えている方は、まずはご相談から承っておりますので、ぜひご連絡ください。

➡︎生成AIセミナー・社内勉強会について相談をしてみる

生成AIをもっと活用していきたい方へ

\ 生成AIツールの活用方法のご提案からツールの開発・実装までサポートします!/

document

弊社では以下のようなお悩みをご相談いただいております。

・生成AIを社内で活用するには?

・おすすめの生成AIツールを知りたい…

・生成AIの業務効率化方法がわからない!

・生成AIの開発を行いたい!

弊社の生成AIに精通したAIコンサルタントが、お悩みをヒアリングし、ベストなソリューションを提案します。

よくわからないけど、とりあえず話を聞きたいという方でも大丈夫です。

お気軽にご相談ください!

投稿者

  • Hiromi Sai

    ChatGPTメディア運営 / テクニカルライター リベラルアーツ専攻。大学休学中は、Webマーケティング会社のマネージャーとしてライター、ディレクター100名のマネジメントをする。南米のチリとタイでの長期居住歴を持つ。

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次