サイトのデザインが新しくなりました。

生成AIでトークスクリプトが作成できる!自動生成できるツールと注意点を解説

生成AI トークスクリプト 作成 自動生成 ツール 注意点

メディア事業部AIライターの中井です。

営業の皆さんは、トークスクリプトの作成に時間がかかっていませんか?

トークスクリプトとは、営業トークで使用するマニュアルみたいなものです。これは、営業全員が同じ情報を提供するために必要ですが、営業トークを自分で考え作成するのは多くの時間と労力がかかってしまいます。

しかし、生成AIを活用することで、トークスクリプトが一瞬で作れるのです!この記事では、生成AIでトークスクリプトを作成するメリットや注意点、作成する方法を紹介します。

最後まで読んでいただくことで、生成AIを使用してトークスクリプトを作成することで業務改善ができ、より効果的なトークスクリプトを生成できることが理解できます。ぜひ、最後までご覧ください。

目次

営業に欠かせないトークスクリプト

トークスクリプトとは、営業活動で使用される事前に準備された会話の台本のことです。これには、営業トークの内容や流れが含まれ、営業成果に大きく影響します。

トークスクリプトの主な利点は、営業トークの基準を設定し、全員が統一された情報を提供できることです。そのため、新人も含めた営業担当者は自信を持って話ができ、クロージングまでの流れを効率的に進めることができます。

また、インサイドセールスやフィールドセールスのような異なる営業スタイルにも対応し、商談の成約率を高めることができます。効果的なトークスクリプトは営業活動全体のパフォーマンスを向上させ、結果としてビジネスの成功に繋がります。

なお、生成AI×営業について詳しく知りたい方は、下記の記事を合わせてご確認ください。
【生成AI×営業】トップ営業マンになれる!?成績爆上がりする活用事例

AIならトークスクリプトを一瞬で生成!

生成AI(ジェネレーティブAI)は、深層学習に基づいて新しいコンテンツを自動生成する技術です。生成AIの利点は、大量の学習データを基に、独自の回答やコンテンツを創造する能力です。

たとえば、特定の製品やサービスに関するプロンプトを入力すると、AIがその情報に基づいて効果的なセールストークの台本を瞬時に作成できます。そのため、営業担当者はより迅速に、かつ効果的に顧客へのアプローチが可能になります。

また、AIが生成するトークスクリプトはその場の状況や顧客のニーズに応じて柔軟に調整できるため、営業の成功率を高めるための強力なツールとなるでしょう。

AIでトークスクリプトを生成するメリット6つ

生成AIでトークスクリプトを生成するメリットを6つ紹介します。生成AIでトークスクリプトを生成することで、作業時間の短縮多言語に対応できます。生成AIでトークスクリプトを生成することを検討している方は、ぜひ参考にしてください。

作成時間が短縮できる

生成AIを使用してトークスクリプトを生成するメリットの一つは、作成時間の短縮です。従来の方法では、トークスクリプトを一から作成するには相当な時間と労力が必要でした。

しかし、ChatGPTのようなAI技術を使うことで、高品質なスクリプトを短時間で生成することが可能になります。そのため、生成AIを使用することで作業時間が短縮でき、より重要な業務が行えるようになります。

多言語に対応できる

生成AIを活用しトークスクリプトを生成することで、多言語に対応可能できます。例を挙げると、ChatGPTは50以上の言語に対応しているため、複数の言語でトークスクリプトを生成することが可能です。

例えば、日本語でトークスクリプトを作成した後、同じ内容を英語や他の言語で再生成することが容易になります。これは、外国の顧客や多様な言語を話す人々にサービスを提供する際に非常に役立ちます。

生成AIの多言語対応能力により、コミュニケーションの障壁が低減し、広範囲の顧客との接点を確立できるようになるのです。

リアルタイムで対応を補助してくれる

生成AIによるトークスクリプトの生成には、リアルタイムで対応を補助してくれます。生成AIは、ユーザーの要求や質問に即座に反応し、適切なトークスクリプトを作成可能です。そのため、ビジネスシーンにおいて、カスタマーサポートやセールスの現場での即時に対応が実現できます。

特にカスタマーサポートでは、顧客からのさまざまな問い合わせに対して、迅速かつ効果的に対応することが重要です。AIが生成するスクリプトは、状況に応じて柔軟に調整され、顧客とのコミュニケーションをよりスムーズにします。

生成AIを活用することで、顧客満足度の向上や、業務の効率化ができます。

改善の案出しまで自動化できる

生成AIを使用してトークスクリプトを生成することで、改善案の提案を自動化ができます。通常、トークスクリプトを手動で作成し、評価、改善する過程には時間がかかります。しかし、AIを利用すると、このプロセスを大幅に短縮することが可能です。

生成AIは、対話のパターンや顧客の反応を分析し、より効果的なコミュニケーション方法を提案できます。この改善案の自動化により、短時間でのスクリプトの最適化が可能になり、営業やカスタマーサポートの質を向上させることが可能です。

ナレッジ共有・研修まで効率化できる

生成AIを活用することで、ナレッジ共有や研修プロセスが効率化できます。知識の共有や研修には、経験豊富な人材の時間やエネルギーが多く必要とされます。

しかし、生成AIを用いることで重要な情報やベストプラクティスを自動的に文書化し、それをトークスクリプトとして提供することが可能です。

このプロセスにより、一貫性のある品質の研修資料を迅速に作成し、組織内でのスムーズな知識伝達が可能になります。

細部まで対応の品質が向上する

生成AIを活用することで、細部までの対応の品質が向上します。

AIは専門知識を補いながら、それぞれの顧客に合わせたカスタマイズされたコミュニケーションを可能にします。そのため、カスタマーサービススタッフは顧客一人ひとりのニーズや状況に合わせて、より適切な対応が可能です。

さらに、AIが自動生成するトークスクリプトによって、クレーム対応もより円滑に進められます。

このように生成AIによるトークスクリプトの生成は、顧客とのコミュニケーションを効果的にし、全体的なサービス品質を向上させる重要な役割を果たしています。

なお、ChatGPTの日本企業導入事例について詳しく知りたい方は、下記の記事を合わせてご確認ください。
ChatGPTの日本企業導入事例をまとめて紹介!業務に導入するメリットや注意点も解説

トークスクリプト生成時の注意点2つ

生成AIをトークスクリプト生成に使用する際に注意する点が2つあります。これから紹介する注意点を知らずに生成AIを活用すると、情報漏洩誤った情報を生成してしまい、企業の信頼をなくしてしまう可能性があります。

以下の注意点を理解して、生成AIを活用してください!

誤情報・誤字に気を付ける

生成AIを利用してトークスクリプトを生成する際、特に注意すべき点の一つがハルシネーションすなわち誤情報や誤字の発生です。

生成AIが、実際の事実と違う情報を作り出すことをハルシネーションと呼びます。説得力のある文章の中に誤情報が混ざることがあり、その情報を信頼してしまうことがあります。そのため、AIの出力内容を慎重に確認することが必要です。

企業が従業員に対して生成AIの使用を許可する場合、利用上のガイドラインを策定し、誤解や誤用を防ぐためにリスクマネジメントの実施が重要です。

顧客・機密情報を扱う場合はAPIを使う

トークスクリプトを生成する際、顧客や機密情報を扱う場合は、特に注意が必要です。

情報漏洩を防ぐためには、ChatGPTのAPIなどのセキュアなサービスを活用することが推奨されます。これらのサービスは、情報の暗号化や厳格なセキュリティ対策をしており、機密情報が外部に漏れるリスクを最小限に抑えます。

APIを利用することで、社内情報を安全に管理しながら、トークスクリプトの生成を効率的に行うことが可能です。

生成AIでトークスクリプトを作る方法

ここでは、生成AIでトークスクリプトを作る方法を紹介します。

生成AIでトークスクリプトを作る際、プロンプトの指示がとても重要です。プロンプトの内容次第では、営業トークに使用できない文章を生成してしまう場合があります。どのように生成AIに指示を与えればいいのか解説していますので、ぜひ参考にしてください!

役割を与える

生成AIでトークスクリプトを作成する際、「AIに具体的な役割を与える」ことが重要です。この方法では、AIに特定の専門家キャラクターとしての役割を与えます。

例えば、「あなたはカスタマーサポートの専門家です」と指示することで、AIはその役割に基づいて適切な回答や提案を生成します。この方法により、AIは与えられた役割に沿った、専門的で具体的な内容のスクリプトを作成できるようになるのです。

役割指定は、AIに目的や方向性を明確に伝え、望む結果を得るための効果的な手段です。

具体的に条件を指定する

生成AIを用いて効果的なトークスクリプトを作成する際には、以下のように条件を具体的に指定することが重要です。

  1. 相手の設定や自社の設定を明確にする
    スクリプトを生成する前に、どんな相手に対して話すのか、また自社の立場や目的をはっきりさせます。
  2. 条件に見出しをつける
    必要な情報や要件を整理し、それぞれに見出しをつけてAIに指示します。見出しをつけることで、AIが求める情報を正確に理解しやすくなります。「#制約条件」という感じです。
  3. 断られる可能性を考慮する
    実際のビジネスシーンでは、提案が受け入れられない場合もあるため、そのような状況を想定したスクリプトの作成が必要です。

このように具体的に指示することで、生成AIは実際のビジネスシーンに適した、実用的で効果的なトークスクリプトを作成できます。

不足箇所について逆質問させる

生成AIを使ったトークスクリプト作成において、特に効果的なのが「逆質問」を用いることです。具体的には、AIに対して最初のプロンプトを与えた後、AIが不足している情報や明確化が必要な点について逆に質問を行うように指示します。

例えば、プロンプトの最後に「このタスクで最高の結果を出すために、追加の情報が欲しい場合は質問してください」と加えることで、AIはただ指示に従うだけではなく、必要な情報を問い合わせることで詳細で正確なトークスクリプトを生成できます。

社内データベースも活用する

生成AIで使ったトークスクリプトを作成する際、社内ベクトルデータベースを活用することが効果的です。ベクトルデータベースは、データを多次元のベクトル形式で管理し、これによってデータ間の類似性を計算します。

例えば、顧客の特徴や過去の購入履歴をベクトル化し、そのデータを基に顧客に合った営業トークをAIが作成可能です。そのため、よりパーソナライズされた、効果的な営業トークスクリプトを瞬時に作成できます。

なお、プロンプトデザインについて詳しく知りたい方は、下記の記事を合わせてご確認ください。
ChatGPTのプロンプトデザインの秘密を解明|深津式・シュンスケ式・ゴールシークプロンプトを紹介

トークスクリプト用の生成AIツール2選

トークスクリプト用の生成AIツールを2つ紹介します。トークスクリプト用の生成AIは通常の生成AIとは違い、より効果的な営業トークができるように設計されています。トークスクリプトを生成する際は、ぜひ検討してみてください!

UKABU

UKABUは、AIを活用して営業担当者向けの商談スクリプトを自動で作成するツールです。

このツールの魅力は、ユーザーが顧客名や担当者名を入力するだけで必要な顧客情報をインターネット上から収集し、その情報を基にカスタマイズされた商談スクリプトを生成する点です。そのため、営業担当者は顧客ごとに最適なアプローチを素早く準備でき、効果的な営業活動が可能になります。

参考記事:案件ごとの商談スクリプトを自動作成する「UKABU」が始動 テストユーザーの募集もスタート

RYO-DATA

RYO-DATAは、コールセンターや営業代行業務に最適なAIツールです。このツールは、月間500万人以上の通話データを活用し、AIが効率的なトークスクリプトを自動生成することを可能にします。

このツールの導入により、営業担当者や顧客サービス担当者は、より効果的なコミュニケーションを展開できるようになります。さらにRYO-DATAは顧客対応の質を向上させるだけでなく、業務プロセスの効率化にも寄与し時間とリソースを節約できるため、企業の生産性向上に大きく貢献します。

参考記事:RYO-DATA

弊社のAIツール導入活用支援について

弊社・株式会社WEELのサービス「AIツールの導入支援・活用促進」では、お客様のAIツール導入から活用までを、一気通貫でサポートしています。AIツールの導入にあたって、お客様が直面しうる

● どんなAIを使えばいいのか?
● うちには何が合うのか?
● 生成AIツールが多すぎて、わけがわからない
● ChatGPT公式や無料AIツールで、解決できないか?
● 一度入れてみたけれど、業務に合わなかった……

といったお困りごとを、弊社スタッフが伴走しながら解決いたします。詳しい内容や料金につきましては、下表をご覧ください。

AIツールの導入支援・活用促進
期間2〜4ヶ月
内容・要件定義
・改善案提出
・新業務フロー図の作成
・導入支援・ツールの設定
・サポート
見積もり額¥ 2,400,000 ~ 4,800,000
※対象規模により変動

「うちにもAIツールで自動化できる業務があるのでは……」と気になった場合は、ぜひ無料相談で、貴社のお困りごとをお聞かせください。「有料より良い無料ツールはないか」なども含めて、弊社の知見を共有させていただきます。
→無料相談で話を聞いてみる

AIツールの導入促進紹介資料

生成AIを組織に取り入れたい!といった方へ

【無料】サービス紹介資料AIツールの導入支援/活用促進

AIを取り入れようとお考えの企業様の支援をするサービスです。フローや実績も載せています。

AIツールの導入促進紹介資料

生成AIを組織に取り入れたい!といった方へ

【無料】サービス紹介資料AIツールの導入支援/活用促進

AIを取り入れようとお考えの企業様の支援をするサービスです。フローや実績も載せています。

生成AIでトークスクリプトを作成しよう!

トークスクリプトとは、事前に準備された会話の台本のことです。生成AIを活用することで効果的なトークスクリプトを作成できます。生成AIでトークスクリプトを生成するメリットは6つあります。

  • 作成時間が短縮できる
  • 多言語に対応できる
  • リアルタイムで対応を補助してくれる
  • 改善の案出しまで自動化できる
  • ナレッジ共有・研修まで効率化できる
  • 細部まで対応の品質が向上する

生成AIでトークスクリプトを生成する際は、ハルシネーション機密情報の取り扱いに注意が必要です。出力された文章に間違った情報がないかチェックしたり、機密情報を取り扱う場合はAPIを使用したりして対策することが重要です。

ぜひ、トークスクリプトの作成に生成AIを活用してみてください。

最後に

いかがだったでしょうか?

弊社では

・マーケティングやエンジニアリングなどの専門知識を学習させたAI社員の開発
・要件定義・業務フロー作成を80%自動化できる自律型AIエージェントの開発
・生成AIとRPAを組み合わせた業務自動化ツールの開発
・社内人事業務を99%自動化できるAIツールの開発
ハルシネーション対策AIツールの開発
自社専用のAIチャットボットの開発

などの開発実績がございます。

まずは、「無料相談」にてご相談を承っておりますので、ご興味がある方はぜひご連絡ください。

➡︎生成AIを使った業務効率化、生成AIツールの開発について相談をしてみる。

生成AIを社内で活用していきたい方へ

「生成AIを社内で活用したい」「生成AIの事業をやっていきたい」という方に向けて、生成AI社内セミナー・勉強会をさせていただいております。

セミナー内容や料金については、ご相談ください。

また、弊社紹介資料もご用意しておりますので、併せてご確認ください。

投稿者

  • 晋平大竹

    生成AIの登場に大きな衝撃を受けたWebライター。好きなAIツールは、ChatGPTとAdobeFirefly。AIがこれからの世界を良い方向に導いてくれると信じ、正しい&有益な情報を発信し続けています!

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次