サイトのデザインが新しくなりました。

【OpenAI Soraの動画事例】一晩で世界を変えた動画生成AIのヤバい使い方10選

OpenAI-Sora 活用事例 動画生成AI 使い方

2024年2月15日(米国時間)に突如OpenAIから発表された動画生成AIの「Sora」。2024年2月16日(日本時間)現在、アーティストやデザイナーなどの一部のみしかアクセスが許可されていないため、一般公開はされていませんが、発表直後より世界中で大きな注目を集めています。

この記事では、新しく発表されたSoraの特徴や今後期待できるSoraの活用方法について解説します。最後までお読みいただくことで、Soraのすごいところがわかるので、ぜひご覧ください。

なお弊社では、生成AIツール開発についての無料相談を承っています。こちらからお気軽にご相談ください。
→無料相談で話を聞いてみる

目次

Soraとは?

前述の通り、OpenAIから発表された新しい動画生成AIです。まだ一般公開されてはいませんが、公式サイトやX(旧Twitter)上にSoraで生成された動画が公開されており、その動画のクオリティや表現力の高さに注目が集まっています。

詳しい使い方等は公開されていませんが、他の動画生成AIと同様にテキストプロンプトから動画を生成することが可能です。また、テキストだけではなく画像や動画を取り込むこともでき、取り込んだ画像から動画を生成したり、既存の動画を延長させることもできます。

なお、Soraの技術的な解説についてはこちらの記事をご覧ください。
OpenAI Soraは何がすごい?革新的な点や仕組みを技術的観点から徹底解説

Soraで期待できる活用方法10選

Soraがリリースされた後、どのような用途で利用されるのかわからないという方も多いのではないでしょうか。ここからはSoraで期待できる活用方法10選を紹介します。X(旧Twitter)に投稿された事例を基に使い方を考えました。ぜひ参考にしてください!

①画像をもとに動画を作成

Soraはテキストプロンプトだけではなく、画像をもとに動画を生成することができます。例えば、家で飼っているペットを普通ではありえないシチュエーションの中に置いたりポーズを取らせたりなど使い方はさまざまですが、面白い画像やおしゃれな画像などの生成が可能です。

②アニメーションの作成

前述の通り、画像をもとに動画を生成することができるので、オリジナルキャラクターのアニメーション動画の作成も可能です。

また、絵がかけないという方でも、テキストプロンプトからオリジナルキャラクターを生成し、そこからアニメーションを作ることができるので、誰でも簡単にアニメーションを作成することができます。

③広告やプロモーション動画

上記の投稿では、SORAが生成した動画に音声生成AI「Elevenlabs」を組み合わせた事例です。

前述の通り、画像をもとに動画を生成できるということは、商品やサービス、会社のロゴなどを取り入れた動画生成が可能となります。これにより、今まで時間やコストのかかっていた広告やプロモーション動画を簡単に作成することが可能です。

さらに、いろんなパターンを生成できるためABテストなどの検証を行えば、より効果の高い広告クリエイティブを作ることができるでしょう。

④クリエイティブ動画の作成

YouTubeやInstagram、TikTokなどのSNS上には、バズを狙うクリエイターたちが日々動画を公開しています。動画を投稿するには、企画考案から動画の撮影、編集作業など、時間と労力を使う作業が多いのが現状です。

しかし、Soraを使えば企画を考えて、プロンプトを打ち込むだけで簡単に動画の生成が可能です。また、企画や構成さえ考えることができれば、短時間で大量の動画が作成できるため、たくさんの動画を公開できます。

⑤動画のOP・ED動画

今やYouTubeなどに公開されている動画には、OPやEDが挿入されている動画が多く存在します。この、OPやEDは自分のチャンネルやアカウントを印象付けるのに効果的なので、独特なOP・EDを作りたいと考えている人も多いでしょう。

Soraを利用することで、自分のイメージを動画にすることができるので、技術がなくてもアイディアがあれば、独特なOPやED動画を作ることができます。

⑥ゲームのムービーシーン

プログラミングの知識があり、ある程度の画像素材があれば個人でもゲームが作れる時代です。しかし、個人製作の場合は予算等の兼ね合いで、ゲーム中にムービーシーンを導入することは難しいです。

しかし、Soraを使えば登場人物の画像データをもとに動画が作れるので、予算がなくてもムービーシーンを導入することができます。

⑦既存動画の編集

Soraは動画を生成できるだけではなく、既存の動画を編集することもできます。OpenAIから発表されている情報では、被写体をそのままに周りの環境を変更している動画が公開されています。

現時点では、その程度編集できるかわかりませんが、環境を変えることができるだけでも元動画から雰囲気の違う動画を生成することが可能です。

⑧異なる動画の組み合わせ

Soraは異なる2つ動画を一つに組み合わせることが可能です。OpenAIが公開したVideo generation models as world simulatorsでは、車が走っている動画と虎が走っている動画の2つを組み合わせた動画が公開されています。

生成された動画では、車が虎に追いかけられているような構図になっており、アイディアや素材次第で面白い動画を作ることができます。

⑨画像の生成

Soraは動画生成AIですが、動画の生成だけではなく画像の生成も可能です。生成できる画像は最大2048×2048の解像度までで、さまざまなサイズの画像を生成できます。

クオリティは高く、他の画像生成AIに引けを取らないレベルなので、画像生成したい方にもおすすめです。

⑩シミュレーション動画の作成

OpenAIが「ワールドシミュレーター」と謳っている通り、Soraにはこれまでの動画生成AIにはなかったようなシミュレーション能力があります。

一例で公開されている動画の中にある、「Minecraft」という言葉を入れたプロンプトから生成された動画を見ると、Minecraft内でのキャラクターの動きや世界観などを理解した動画が生成されています。

このように、さまざまな情報から物理法則やルールなどを間接的に学習しているため、さまざまなシーンのシミュレーション動画を作成できます。

Soraで可能性が広がる

頭の中にアイディアはあるけど、動画を作るのにコストをかけられないしスキル不足で自分で作ることもできない…… という方はたくさんいます。

そんな中、今回ご紹介したSoraを活用することで、出来なかったアイディアの具現化が可能となり、今までに世に出てこなかったアイディアが次々に出てくるでしょう。さらに、ビジネスの領域でも動画を中心としたマーケティングがより激化することも予想されます。

2024年2月16日現在、Soraの一般公開はされていませんが、誰でも使える環境になればクリエイティブやビジネスの領域で、可能性を広げるツールとなりうるのではないでしょうか。

サービス紹介資料

【無料】2023年4月版生成系AIの業務活用なら!

・生成系AIを活用したPoC開発

・生成系AIの業務活用コンサルティング

・システム間API連携

サービス紹介資料

生成系AIの業務活用なら!

・生成系AIを活用したPoC開発

・生成系AIのコンサルティング

・システム間API連携

最後に

いかがだったでしょうか?

弊社では

・マーケティングやエンジニアリングなどの専門知識を学習させたAI社員の開発
・要件定義・業務フロー作成を80%自動化できる自律型AIエージェントの開発
・生成AIとRPAを組み合わせた業務自動化ツールの開発
・社内人事業務を99%自動化できるAIツールの開発
ハルシネーション対策AIツールの開発
自社専用のAIチャットボットの開発

などの開発実績がございます。

まずは、「無料相談」にてご相談を承っておりますので、ご興味がある方はぜひご連絡ください。

➡︎生成AIを使った業務効率化、生成AIツールの開発について相談をしてみる。

生成AIを社内で活用していきたい方へ

「生成AIを社内で活用したい」「生成AIの事業をやっていきたい」という方に向けて、生成AI社内セミナー・勉強会をさせていただいております。

セミナー内容や料金については、ご相談ください。

また、弊社紹介資料もご用意しておりますので、併せてご確認ください。

投稿者

  • 晋平大竹

    生成AIの登場に大きな衝撃を受けたWebライター。好きなAIツールは、ChatGPTとAdobeFirefly。AIがこれからの世界を良い方向に導いてくれると信じ、正しい&有益な情報を発信し続けています!

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次