【TikTokのAIツールまとめ】AIを使って鬼バズる投稿を大量に作る方法10選

TikTok AIツール 投稿 作る方法

WEELメディア事業部リサーチャーのいつきです。

突然ですが、TikTokで動画投稿をしている方のなかには、最近話題のAIツールを動画作成に活かしたいと考えている方も多いのではないでしょうか。

実は、TikTokの運営会社であるByteDance社が積極的にAIツールの開発をしているため、すでにTiktokで利用できるAIツールは数多く存在します

背景画像を自動で生成したり、AIでダンス動画を制作したりするなど、その活用方法はさまざまです。

そこで今回は、TikTokで使えるAIツール10選をご紹介します。

最後まで目を通していただくと、TikTok用の動画制作にAIツールを活用できるようになるので、これまでよりもハイクオリティな動画を制作できるようになることでしょう。

ぜひ最後までご覧ください。

なお弊社では、生成AIツール開発についての無料相談を承っています。こちらからお気軽にご相談ください。
→無料相談で話を聞いてみる

目次

TikTokに使えるAIツール

早速、TikTokに使えるAIツールを10個ご紹介します。

今回ご紹介するツールをまとめました。

  • ChitChop
  • Vid2DensePose
  • MagicAnimate
  • Animate Anyone
  • AIグリーンスクリーン
  • Suno AI
  • Perplexity AI
  • SpeedPaint
  • Kapwing
  • latte 

以下で、それぞれのツールの活用方法を詳しくみていきましょう!

ChitChop

「ChitChop」は、TikTokを運営するByteDance社がリリースしたAI搭載のアシスタントアプリです。200種類以上のAIチャットボットを1つのアプリに集約しており、テキストによる議論や画像生成などのタスクをこなせます。

なお、ChitChopのホーム画面に表示されているシナリオは、以下のとおりです。

  • 創作
  • 仕事
  • AI画像生成
  • 娯楽
  • AI学習
  • 生活

TikTokの動画制作においては、シナリオをAIに考えてもらったり、動画内で使用する背景画像などを作ってもらったりもできそうですね!

まあ、AIバーチャルキャラクターと一緒にゲームもできるとのことなので、配信の盛り上げ役としても使えそうです。

参考記事:バイトダンス、海外向けAIアプリ「ChitChop」を公開 200以上のAIチャットボットが集合

Vid2DensePose

「Vid2DensePose」は、アップロードした動画からDensePoseフォーマットを抽出できるAIツールです。おもに、MagicAnimateとの併用を想定しており、抽出したDensePoseフォーマットを使って、好きな人物やキャラクターに指定した動きを与えられます。

なお、DensePoseとは、以下のようなフォーマットのことです。(実際には画像ではなく、動画のように動きます)

プロのダンサーが踊っている動画からVid2DensePoseでDensePoseフォーマットを抽出すれば、被写体との組み合わせ次第でTikTokでバズる動画を作れるかもしれませんね!

なお、Vid2DensePoseについて詳しく知りたい方は、下記の記事を合わせてご確認ください。
【Vid2DensePose】人間の動きをデータ化できるMagicAnimate専用ツールを使って、ダンス動画を作成してみた

MagicAnimate

「MagicAnimate」は、ByteDance社が開発したアニメーショ生成AIツールです。画像や動画をアップロードすると、オリジナルのアニメーションを自動で生成してくれます。

先ほど紹介したVid2DensePoseのDensePoseフォーマットをアップロードすれば、好きなキャラクターや人物に指定したダンスを踊ってもらえますよ!

なお、MagicAnimateはコンテンツ制作での使用を許可しており、将来的にはTikTokのアプリにも統合されるとのこと。顔出しなしでダンス動画を投稿したい方や面白いダンス動画を投稿したい方は、ぜひ活用してみてください。

なお、MagicAnimateについて詳しく知りたい方は、下記の記事を合わせてご確認ください。
【MagicAnimate】AnimateAnyoneよりこっちを使え!画像を踊らせる神AIを使ってみた

Animate Anyone

「Animate Anyone」は、静止画像からキャラクターアニメーションを生成できるAIツールです。MagicAnimateとほぼ同様の機能が備わっており、DensePoseフォーマットでキャラクターの動きを指定すれば、TikTokに投稿するダンス動画を手軽に作れます。

以下の動画で、実際にAnimate Anyoneを使ってキャラクターを動かしている様子が確認できます。

動画を見ればわかるように、キャラクターの動きがカクつくことなく、なめらかに表現されています。これは、キャラクターがどう動くかを決める「ポーズガイダー」という機能と、動きをスムーズに繋げる「テンポラルレイヤー」という機能があるおかげです。

好きなキャラクターに好きなダンスを踊らせた動画をTikTokに投稿したい方は、ぜひ活用してみてください。

なお、Animate Anyoneについて詳しく知りたい方は、下記の記事を合わせてご確認ください。
【Animate Anyone】一枚の画像だけで好きなアニメキャラや人を思い通りに動かせる最新AIの仕組みを解説

AIグリーンスクリーン

「AIグリーンスクリーン」は、TikiTokのアプリ内に搭載されているAI画像ジェネレーター機能です。生成したい画像のイメージをテキストで入力すると、TikTokの動画で使用できる背景画像を生成してくれます。

以下は、「海の宇宙飛行士」「花の銀河」というワードで生成された画像です。

画風が抽象的なので、絵画などに近いですが、その分グロ画像やヌード画像などの不適切な画像も生成できないようになっています。

自身が投稿する動画の背景にアート的な要素をプラスしたい方は、ぜひ活用してみてください。

Suno AI

Suno AIは、テキストベースで入力した歌詞から音楽を生成してくれるAIツールです。Discordのサーバー内で提供されており、誰でも無料で利用できます。

筆者がお勧めするのは、こちらの投稿者がお勧めしている内容と同じく、自身のテーマソングを作成する用途でSuno AIを使用することです。自分の特徴や考え方などをテキストで入力すれば、自己紹介も兼ねたテーマソングが出来上がります。

さらに、Suno AIの楽曲生成は5分程度で完了するとのこと。現状、フリーの音楽素材を使用しているのであれば、Suno AIで作成したオリジナル楽曲に切り替えてみてはいかがでしょうか。

なお、Suno AIについて詳しく知りたい方は、下記の記事を合わせてご確認ください。
【Suno AI】テキストだけで曲、歌詞、歌声を作れる禁断の音楽生成AI

Perplexity AI

Perplexity AIは、無料の対話型AI検索エンジンです。日本語にも対応しているため、プロンプトや検索結果をわざわざ英語に翻訳する必要もありません。

TikiTokで使用する際は、こちらの投稿者がお勧めしているように、動画制作時のリサーチ作業で使用するとよいでしょう。

調べたい内容を入力すると、答えを出力してくれるほか、参考サイトや関連記事も大量に提示してくれます。TikTokでバズりそうな内容を調査するのにピッタリですね!

動画制作に多くの時間がかかっている方は、ぜひPerplexity AIを試してみてください

SpeedPaint

TikTokに投稿する動画のネタとして使えそうなAIツールを見つけた方がいたのでご紹介します。

こちらの投稿者が紹介している「SpeedPaint」は、画像をアップロードすることで、その画像が完成するまでの道のりをドローイングしてくれるAIツールです。好きなキャラクター画像をアップロードすると、完成までの道のりが楽しめるので、TikTokでも話題になるかもしれません。

使い方は簡単で、画像をアップロードした後は、ドローイングの速度や染色の有無を選択するだけ。鉛筆を持った手も出てくるので、あたかも自分が描いているかのようにみせられますよ!

Kapwing

「Kapwing」は、チームの動画作成プロセスを効率化させられる動画編集のプラットフォームです。複数のAIツールやテンプレートが備わっており、動画作成における面倒な作業を自動化できます。

Kapwingのプラットフォーム内でメッセージのやり取りもできるので、わざわざ別のチャットツールを利用する必要もありません。

こちらの投稿者が利用しているように、Denseposeの作成もできるため、MagicAnimateと併用すれば好きなキャラクターに指定のダンスを踊らせることもできますよ!

複数人でTikTokの動画制作をおこなっている方は、ぜひKapwingで効率化を図ってみてください。

latte

「latte」は、入力したテキストから動画を自動生成できるAIツールです。動画のイメージをテキストで入力するだけで、動画や音声をAIが自動で組み合わせて1つの動画にしてくれます。

さらに、文字起こしといった面倒な作業も自動化できるので、単純作業に時間を取られません。

このlatteを使ってTikTokで収益化する方法を投稿していた方がいたのでご紹介します。

こちらの投稿者によると、たったの3ステップでTikTok用動画が作れるとのこと。動画イメージをテキストで入力した後は、比率や画像を選択するだけで、すぐに動画が出力されています。

実際に出力された動画を筆者も拝見しましたが、短時間で作成した割にはかなりクオリティの高い動画が出来上がっていました。

TikiTokで顔出しせずに稼ぎたいという方は、真似してみるとよいかもしれません。

なお、生成AIの法人利用方法について詳しく知りたい方は、下記の記事を合わせてご確認ください。
生成AIの法人利用方法10選!法人向け生成AIツールや実際の事例も解説

TikTokの動画制作にAIツールを活用しよう!

Tiktokは、AIツール使用のガイドラインに従い、ラベル付け機能を活用すれば、AI生成コンテンツを投稿しても問題ありません。

動画のシナリオをAIに考えてもらったり、動画で使用する背景画像やBGMを作ってもらえば、よりハイクオリティな動画投稿ができるはずです。

なお、記事内で紹介したAIツールは、以下の10個です。

  • ChitChop
  • Vid2DensePose
  • MagicAnimate
  • Animate Anyone
  • AIグリーンスクリーン
  • Suno AI
  • Perplexity AI
  • SpeedPaint
  • Kapwing
  • latte 

基本的には、AIを使って架空のキャラクターを動かせるツールを中心に紹介しています。顔出しなしで動画を投稿できるほか、視聴者の興味関心を惹きやすい動画を手軽に作りやすいのでおすすめです。

TikTokで「よりクオリティの高い動画を作りたい」「もっと効率よく動画を作りたい」と考えている方は、ぜひ今回ご紹介したAIツールを活用してみてください。

サービス紹介資料

【無料】2023年2月版生成系AIの業務活用なら!

・生成系AIを活用したPoC開発

・生成系AIの業務活用コンサルティング

・システム間API連携

サービス紹介資料

生成系AIの業務活用なら!

・生成系AIを活用したPoC開発

・生成系AIのコンサルティング

・システム間API連携

最後に

いかがだったでしょうか?

弊社では

・マーケティングやエンジニアリングなどの専門知識を学習させたAI社員の開発
・要件定義・業務フロー作成を80%自動化できる自律型AIエージェントの開発
・生成AIとRPAを組み合わせた業務自動化ツールの開発
・社内人事業務を99%自動化できるAIツールの開発
ハルシネーション対策AIツールの開発
自社専用のAIチャットボットの開発

などの開発実績がございます。

まずは、「無料相談」にてご相談を承っておりますので、ご興味がある方はぜひご連絡ください。

➡︎生成AIを使った業務効率化、生成AIツールの開発について相談をしてみる。

生成AIを社内で活用していきたい方へ

「生成AIを社内で活用したい」「生成AIの事業をやっていきたい」という方に向けて、生成AI社内セミナー・勉強会をさせていただいております。

セミナー内容や料金については、ご相談ください。

また、弊社紹介資料もご用意しておりますので、併せてご確認ください。

投稿者

  • いつき

    高卒6年目にして独立開業した、フリーランスのWebライター。 ChatGPTをはじめ、多くのAIツールを使いこなした経験を基に、AIメディアの記事を執筆中。 複数のWebメディアに在籍し、ライター・ディレクター業務をマルチにこなす。

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次