サイトのデザインが新しくなりました。

【Perplexity AI】生成AIを組み込んだ対話型検索エンジンの使い方、特徴や有料プラン、LLMを解説

Perplexity 生成AI 対話型検索エンジン 解説

WEELメディア事業部リサーチャーの大竹です。

2022年12月頃、検索エンジンMicrosoft Bingと大規模言語モデルGPTを活用したPerplexityが登場。AIに質問を投げかけると、インターネットから収集した情報を基に回答を生成できます。

大規模言語モデルは、10兆トークンの学習データで開発されたGPT4も選択可能。人間が書いた文章に近い回答を出力できます。

まるで、映画『アイアンマン』にてトニー・スタークが使う、リアルタイムで情報を取得し問題を解決するAIアシスタントのジャービスのようです!

この記事では、Perplexityの特徴と使い方について解説します。社内業務改善や研究のための論文検索などにお役立てください。

なお弊社では、生成AIツール開発についての無料相談を承っています。こちらからお気軽にご相談ください。
→無料相談で話を聞いてみる

目次

Perplexityの概要

Perplexityとは、AIを組み込んだ対話型検索エンジンのことです。利用者が入力した文章に対して、インターネット上の情報から回答を生成してくれます。検索エンジンと言えば、GoogleやBingなど、表示されたサイトの中から情報を探すイメージがある方も多いはず。Perplexityは質問を入力するだけで、AIが回答してくれるため従来よりも利便性が高いです。

社内業務において、情報検索や難しい専門用語の解説などで活躍したり、研究者や学生などが論文検索する際にも利用できます。

なお、AIを用いた社内業務の効率化について詳しく知りたい方は、下記の記事を合わせてご確認ください。
【生成AI×業務効率化】自動化の鬼になれるAIツールを紹介

Perplexityの特徴

Perplexityとは対話型AI検索エンジンであると言われても、どういう特徴を有しているのかイマイチ分からない方も多いはず。ここでは、Perplexityについてより詳しく解説します。

GPT 3.5版とGPT 4版の両方が選択可能

Perplexityは大規模言語モデルGPT3.5版に加え、さらに高性能なGPT4版も選択できます。GPT4は、有料版ChatGPTBing AIでも使われている言語モデル。GPT3.5と比べて、より自然な会話文を出力できます。

ただし、高性能なGPT4.0の利用には、無料版だと4時間に5回までという使用制限があります。PerplexityでGPT4を満足に使うためには、有料版のPerplexity Proにアップグレードしなければなりません。

日本語に対応済み

Perplexityは英語表記のAIツールですが、日本語を含む多言語に対応しています。回答精度はやや低い傾向がありますが、日本語で入力すれば同じく日本語で返答します。ただし、文章の質は英語で質問した方が安定しやすいです。

また、チャット画面以外のツールバーなどの操作画面は英語表記となります。一方、ChatGPTやBing AIの場合、多少の違和感はありますが日本語で操作できます。英語が苦手な方にとって、使いやすさはChatGPTやBing AIの方が上でしょう。

ブラウジング機能が標準装備

対話型AI検索エンジンであるPerplexityには、インターネットから情報を収集するブラウジング機能が標準装備されています。ChatGPTと違い、インターネット上の最新情報を検索し言語モデルに回答を生成させることが可能です。

一方、同じくブラウジング機能を実装しているBing AIとは、大まかな性能が似通っています。ただ、PerplexityはWikipediaなど一部のサイトだけに検索範囲を絞れるため、詳細な情報源の選定はPerplexityの方が得意です。

ログインなしでも使える

Perplexityは、ログインなしでも基本機能が利用可能。事前のアカウント作成も必須ではありません。利用にアカウント作成とログインが必要なChatGPTやログインなしだと利用制限があるBing AIと比べると、手軽さは優れています。

ただし、Perplexityはアカウント作成&ログインすることで、利用できる機能が多くなります。GoogleアカウントやアップルIDも利用できるので、基本的にはログインして活用することを推奨します。

最新の情報をソース付きで表示可能

Perplexityでは、回答の基となった情報ソースも提示してくれます。情報ソースとなったサイトを回答前に一覧表示してくれるため、Bing AIよりも分かりやすいです。

誤った情報を正しい情報のように扱うハルシネーションは、AIを使う問題のひとつ。利用者は必ず情報元を調べ正しい情報であるかをチェックしなければなりません。そのため、どこから学習してきた情報なのかを分かりやすく表示してくれるPerplexityは、ファクトチェックしやすいです。

なお、無制限にGPT4を使う方法について詳しく知りたい方は、下記の記事を合わせてご確認ください。
ChatGPT Enterpriseとは?無制限GPT4の使い方〜導入までを解説

Perplexityの使い方|スマートフォン編

Perplexityは、スマートフォンアプリとWebブラウザで使用できます。まずは、スマートフォンアプリにおけるPerplexityの使い方について、分かりやすく解説します。

アカウント登録・アプリ版のダウンロード方法

  1. 公式ストアからアプリをインストールする
  2. アプリを起動しアカウント登録を行う

Perplexityのアプリは、AndroidならGoogle Play、iosではApp Storeからインストールできます。

アプリを起動するとログイン画面が表示されます。ログインした方が利便性は高いため、Googleアカウント・AppleID・メールアドレスのいずれかでアカウント登録を行いましょう。ログインしたくない方は、画面右上のSkipを選べばアカウントなしで利用できます。

検索・質問の方法

  1. Home画面に移動
  2. 「Ask anything…」と書いてある入力欄から質問を送信
  3. 「Copilot」をタップすることで、高性能な回答(GPT4)に切り替え可能
  4. 「Focus」を選ぶと、検索範囲を絞ることが可能

Perplexityの検索・質問方法は非常にシンプル。Home画面にある入力欄から質問を送信するだけです。「Focus」を選ぶと、検索範囲をWikipediaなどに絞ることも可能です。

Perplexityの使い方|Webブラウザ編

PerplexityはHome画面にある入力欄から質問を送信する方法と、任意のLLMを選択して利用する方法の2通りがあります。

AI × 検索エンジンだけでなく得意分野が異なるLLMを使うことができるので用途にあった形でPerplexityを使い分けることができます。

HOME画面からPerplexityをすぐに使う方法

  1. Perplexityブラウザページにアクセス
  2. 入力欄から質問を送信
  3. 「Copilot」をタップすることで、GPT4に切り替え可能
  4. 「Focus」を選ぶと、検索範囲を絞ることが可能

Webブラウザの使い方も、基本的にはスマホ版と同じ。使い勝手も大差ありません。

また、Googleクロームをブラウザとして使用している場合、拡張機能でPerplexityを利用できます。Perplexityにアクセスしなくとも、ツールバーからAI検索機能やページ要約などが可能です。

任意のLLMを利用する方法

  1. Perplexity Labブラウザページにアクセス
  2. 右下のセレクトボックスからLLMを選択
  3. 下部に表示されている「Ask anything…」の入力欄にプロンプトを入力

簡単ですね!

2024年3月5日現在で、選択できるLLMは下記の通りです。

  • pplx-7b-online
  • pplx-70b-online
  • pplx-7b-chat
  • pplx-70b-chat
  • mistral-7b-instruct
  • codellama-34b-instruct
  • llama-2-70b-chat

pplx-7b-onlineとpplx-70b-onlineは2023年11月29日に発表された最新のモデルで、GPT3.5やllama2-70bを超えるパフォーマンスを備えていると評価されています。
この2つのモデルは定期的に微調整されており、有用性、事実性、最新性などの様々な面で高いパフォーマンスを達成するために訓練されているとのことです。

LLMによってはトレーニングデータを学習した時点の答えしか返せないのに対し、pplxの各モデルは常に最新の情報を返してくれるのはありがたいですね!

ただ、pplx-7b-onlineとpplx-70b-onlineを商用利用するには問い合わせする必要があるそうなのでご注意ください。

Perplexityの使い方|Chrome拡張機能

Perplexityには、Chrome拡張機能が2つ用意されています。

この2つの拡張機能のインストールから使用方法まで紹介します。

Perplexity – AI Search

Perplexity – AI Searchのサイトから右上の「Chromeに追加」をクリック。

すると、このような画面になるので「拡張機能を追加」をクリック。

これで、右上の拡張機能マークを押すと「Perplexity – AI Search」が追加されています。

「Perplexity – AI Search」をクリックすることで使用可能です。

ここまできたら、赤枠のところにプロンプトを入力するだけで使用可能です。

Perplexity – AI Companion

Perplexity – AI Companionのサイトへ行き「Chromeを追加」をクリック。

次に「拡張機能を追加」をクリック。

右上の拡張機能マークを押すと「Perplexity – AI Companion」が追加されています。

「Perplexity – AI Companion」を押すと、すぐに機能が使えます。

試しにChatGPTについて聞いてみました。

出力した情報元もわかるため、安心できます。

右上の「Summarize」を押すことでWebページを要約してくれます。

また、「This Page」か「Focus」を押すと検索範囲を設定可能です。

「This Page」は、表示しているページの翻訳や情報を検索でき、「This Domain」を選択するとWebサイト全体の情報を抽出することができます。

このように拡張機能は簡単に追加できるため、ぜひ使用してみてください!

Perplexityの機能

機能の名称詳細
HomeAI検索が利用できる。
Discover他ユーザーがどんな検索をしたのかを確認できる。
Library過去の検索履歴を確認
AI Profile好みや趣味、興味があるものなどを登録することでAI回答を最適化する。
Focus検索対象とするWebサイトを特定分野に絞る。
FilePDF・テキストファイルをアップし、AIが要約などを実行する。
CopilotGPT4を用いた高品質な文章を生成できる。

特筆すべきは、「Copilot」と呼ばれるGPT4が使える機能。従来のGPT3.5よりも自然な回答を生成できます。無料版でも、4時間で5回まで利用可能。有料版であれば、300回以上と使用回数が大幅に増加します。

有料プランのPerplexity Proとは

項目有料版
金額月額20ドル/年払い200ドル
Copilotの利用回数1日300回以上使用可能
ファイルのアップロード無制限となる
サポートあり
API利用可能となる

Perplexityには、有料プランのPerplexity Proも用意されています。大きなメリットとしては、Copilotの利用回数が1日300回以上になるところ。利用頻度が高い・正確な回答を希望している場合は有料プランのPerplexity Proに加入されることを推奨します。

なお、最新の料金設定や有料サポート内容に関しては、Perplexity公式サイトをご確認ください。

参考記事:Perplexity公式サイト

Perplexityを使用する際の注意点

ここでは、Perplexityを使用する際の注意点を4つ紹介します。Perplexityは便利なツールですが、日本語での使用には注意が必要で、特に日本語の回答の正確さに問題があります。

ぜひ、以下を参考にPerplexityの注意点を理解して使用してください。

日本語検索の精度が悪い

Perplexityは英語中心の開発で進められており、日本語検索の精度が低い傾向にあります。日本語での質問に対して、違和感を覚える文章を出力することがあるのです。

例えばこのような文章です。

赤線の最後の文章は少し違和感を感じませんか?

このように不自然な日本語で出力される場合があります。特に専門的な内容や複雑な質問に対する回答の正確性には注意が必要です。日本語での検索結果に対しては、追加の確認を行うことをおすすめします。

日本語で質問しても英語で出力される場合がある

Perplexityは、日本語で質問しても英語で出力されることがあります。これは、Perplexityの言語システムが完全には日本語に対応していないためです。

日本語で回答してほしい場合は、質問文に「日本語で」と明記することが有効ですが、それでも英語で返答されることがあります。英語が苦手な方には、日本語で回答してくれないと少しストレスになるかもしれません。

日本語と英語検索では回答の内容が違う

日本語と英語で同じ質問をしても、回答の内容が違う場合があります。これは、Perplexityが言語ごとに異なるデータベースや文化的背景に基づいて回答を生成するためです。

特に文化的な側面や地域特有の情報に関しては、言語によって回答が変わるため、異なる言語での検索結果を比較する際には注意が必要です。

また、英語での質問の方が回答精度が高いため、英語で質問できる方は英語で質問することをおすすめします。

画面上は全て英語表記

Perplexityの操作画面は全て英語で表記されています。日本語での質問や回答は可能ですが、操作方法や指示が全て英語なので英語に不慣れなユーザーにとっては使いづらい可能性があります。

英語表記に慣れるか、必要に応じて翻訳ツールを使用することをおすすめします。

なお、生成AI利用に伴う注意点について詳しく知りたい方は、下記の記事を合わせてご確認ください。
生成AIの企業利用・開発のリスクとその対策を解説!開発失敗事例も紹介

Perplexityで業務を効率化させよう!

AI言語モデルと検索エンジンを組み合わせたPerplexityは、活用することで社内の検索業務を大幅に改善させることが期待できます。ネットの調べものは、意外と時間がかかるもの。知りたい情報が見つからない、情報が複雑で分かりにくいという事態もあるはず。

Perplexityはスマホアプリもありますので、アイアンマンのジャービスのように活用すれば情報検索が容易になり業務効率にも繋がります。

ぜひ、今回の記事を参考にPerplexity導入を検討してみてください。

サービス紹介資料

生成系AIの業務活用なら!

・生成系AIを活用したPoC開発

・生成系AIのコンサルティング

・システム間API連携

最後に

いかがだったでしょうか?

弊社では

・マーケティングやエンジニアリングなどの専門知識を学習させたAI社員の開発
・要件定義・業務フロー作成を80%自動化できる自律型AIエージェントの開発
・生成AIとRPAを組み合わせた業務自動化ツールの開発
・社内人事業務を99%自動化できるAIツールの開発
ハルシネーション対策AIツールの開発
自社専用のAIチャットボットの開発

などの開発実績がございます。

まずは、「無料相談」にてご相談を承っておりますので、ご興味がある方はぜひご連絡ください。

➡︎生成AIを使った業務効率化、生成AIツールの開発について相談をしてみる。

生成AIを社内で活用していきたい方へ

「生成AIを社内で活用したい」「生成AIの事業をやっていきたい」という方に向けて、生成AI社内セミナー・勉強会をさせていただいております。

セミナー内容や料金については、ご相談ください。

また、弊社紹介資料もご用意しておりますので、併せてご確認ください。

投稿者

  • 藤崎

    情シスとして8年間勤務したあと、現在はWEBコンサルタントとして独立。 システム開発やマーケティング、ライター、プログラミング教室など幅広い分野で活動中。 と言えば聞こえはいいですが、実際のところはITの何でも屋さんみたいなことをしています。

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次