サイトのデザインが新しくなりました。

生成AIを活用したバーチャルヒューマンとは?用いられている技術や導入事例を解説

生成AI バーチャルヒューマン 技術 導入事例

みなさんは「バーチャルヒューマン」をご存知ですか?バーチャルヒューマンとは、生成AIを活用して作られた、人間のようにリアルなキャラクターのことです。

最近では、SNSフォロワー210万人のバーチャルヒューマンも登場しており、とても人気があります。

この記事では、バーチャルヒューマンの概要や使用されているAI技術、メリット・デメリットを紹介します。最後まで読んでいただくことで、バーチャルヒューマンを理解でき、活用する際の注意点や活用方法がわかります。ぜひ、最後までご覧ください。

目次

バーチャルヒューマンとは?

バーチャルヒューマンとは、生成AIを使って本物の人間と見間違うほどCGで作られたキャラクターのことです。AIや3DCG技術の進化により、本当の人間かCGなのかわからないほどリアルに描かれています。

バーチャルヒューマンは単なるチャットボットではなく、本物の人間のように自然に会話し、表情や反応を通じてコミュニケーションの質を高めます。特にエンターテイメントやサービス、教育分野での活躍が期待されており、非接触サービス提供など事業を革新的に進化させることが可能です。

バーチャルヒューマンの活用により、企業は新しいビジネス展開ができます。

なお、AIインフルエンサーの作り方について詳しく知りたい方は、下記の記事を合わせてご確認ください。
AIインフルエンサーの作り方とは?無料で売れっ子AIモデルを作る方法

バーチャルヒューマンに用いられる技術

バーチャルヒューマンに用いられている技術を5つ紹介します。バーチャルヒューマンはさまざまなAI技術を利用することで、人間のようなリアルなキャラクターを生成しています。どのようなAI技術が使われているのか、参考にしてください!

大規模言語モデル(LLM)

大規模言語モデルは、膨大なテキストデータから学習し、文章を生成したり会話にリアルタイムで応答したりする能力を持っています。そのため、バーチャルヒューマンは人間のようなコミュニケーションを行うことが可能です。

画像認識AI

画像認識AIは、人間のように画像を認識し、解析可能です。具体的には、人の顔表情姿勢といった特徴を識別しリアルなバーチャルヒューマンを生成します。この技術により、人間のような自然な表情や動きを再現できるのです。

画像生成AI

画像生成AIは、バーチャルヒューマンのビジュアルを生成することに使用されています。具体的には、GANDiffusionモデルなどの技術が使用され、人間と見間違えるほどリアルなバーチャルヒューマンを生成します。この技術を使うことで、表情や反応をより人間らしいものにできるのです。

音声認識AI

音声認識AIにより、バーチャルヒューマンは人間の声を正確に理解し、リアルタイムで適切な反応を行うことができます。この技術を使うことで、バーチャルヒューマンは適切な反応をすることができ、自然な会話を行えます。

音声合成AI

音声合成AIは、バーチャルヒューマンが自然な言葉で話をするために、重要な役割を果たしています。音声合成AIはテキストから人間のような自然な声を生成し、それをバーチャルヒューマンに組み込むことでリアルなコミュニケーションを可能にします。

バーチャルヒューマンのメリット3つ

バーチャルヒューマンには、3つのメリットがあります。この技術を使用するメリットは、人件費の削減人的資源への依存が少ない、服装や容姿の制限がないことです。

バーチャルヒューマンのメリットを理解し、費用対効果があるのか参考にしてください。

コンテンツにかかる人件費が削減できる

バーチャルヒューマンを利用することで、コンテンツにかかる人件費が削減できます。今までのコンテンツ制作では、多くのスタッフが必要でしたが、バーチャルヒューマンを活用することで作業を効率的に行いコスト削減することが可能です。

人的資源への依存が少ない

バーチャルヒューマンを利用すると、人的資源への依存が少なくなります。例えば、広告に人間のタレントを使用すると、健康面やスケジュール、誹謗中傷、スキャンダルなどが発生し問題になる可能性があります。バーチャルヒューマンを使用することで、このようなリスクがなくなるため、企業イメージが悪くなりません。

服装や容姿の制約がない

バーチャルヒューマンは、服装や容姿の制限がありません。そのため、企業イメージにあったキャラクターを作成可能です。また、人間は歳を取るため、企業イメージとして使用し続けることは難しいです。しかし、バーチャルヒューマンを利用することで、何十年も同じキャラクターを使用できます。

なお、業務に導入するメリットについて詳しく知りたい方は、下記の記事を合わせてご確認ください。
ChatGPTの日本企業導入事例をまとめて紹介!業務に導入するメリットや注意点も解説

バーチャルヒューマンのデメリット3つ

バーチャルヒューマンには、3つのデメリットがあります。例えば、著作権侵害やディープフェイク開発コストが高いなどです。バーチャルヒューマンのデメリットについて解説しているので、参考にしてください。

著作権侵害のリスクがある

バーチャルヒューマンを利用する際、著作権侵害のリスクがあります。バーチャルヒューマンは、高度なCG技術としてAIを用いてキャラクターを生成します。その過程で、既存のキャラクターや実在の人物に類似したデザインなどを作成してしまうかもしれません。

時間&費用の面で開発コストが高い

バーチャルヒューマンの開発には、高度なAI技術と3DCG技術が必要です。特に、精密なデザインや細部にわたる動きの表現には、多くの時間と費用を要します。コストを削減したい企業にとって、開発費用が大きな負担となります。

ディープフェイクに応用できてしまう

バーチャルヒューマンはあまりにもリアルすぎるため、ディープフェイクに応用される危険性があります。ディープフェイクに悪用されると、実在の人物が言ったこともない言葉を話しているように見せかけることが可能です。そのため、社会的な問題が生じてしまいます。

バーチャルヒューマンが活躍する場面

バーチャルヒューマンが活躍する場面を6つ紹介します。バーチャルヒューマンは、さまざまな場面で活躍可能です。具体的には、広告モデル顧客対応などです。バーチャルヒューマンを利用したい方は、ぜひ参考にして活用方法を発見してみてください。

広告モデル

バーチャルヒューマンは、企業の広告モデルとして活用できます。バーチャルヒューマンを利用することで、企業イメージに合ったキャラクターを作成可能です。また、制作費用が少なくて済むことやスキャンダルなどのリスクがないため、ブランドイメージを保てます。

顧客対応

バーチャルヒューマンは、顧客対応ができます。例えば、大きなショッピングモールにある案内所の対応を、バーチャルヒューマンが対応できます。案内所で働く方は、外国語を話せる必要がありますが、バーチャルヒューマンはそれにも対応可能です。

教育現場

バーチャルヒューマンは、教育現場にも活用できます。具体的には、企業の講義教育の担当としてバーチャルヒューマンを使用することで、講師にかかる費用を削減できます。バーチャルヒューマンは、リアルタイムに返答が可能なので、質疑応答も可能です。

エンターテイメント

バーチャルヒューマンは、エンターテイメント業界で幅広く活用されています。具体的には、映画やゲームのキャラクターテレビ番組などです。特に、バーチャルヒューマンを利用したゲームキャラクターは、より臨場感を与えユーザーが興奮するような体験を提供します。

医療現場

バーチャルヒューマンは、医療現場でも活用可能です。例えば、患者のカウンセリング健康相談医師の練習台などに利用できます。このように、バーチャルヒューマンが対応することで、医師や看護師はより重要な業務に専念できます。

考古学

バーチャルヒューマンは、考古学に活用できます。1万年前のシャーマンを生き返らせた例で説明すると、骨から身長や体重主に海産物を食べ生活していたことがわかっています。このような研究結果を基に、バーチャルヒューマンでシャーマンを再現することが可能なのです。

参考記事:MetaHuman 技術で1万年前のシャーマンの姿を蘇らせる

なお、企業事例について詳しく知りたい方は、下記の記事を合わせてご確認ください。
ChatGPTを企業利用するリスクと対策5選|実際の企業事例と共に解説

バーチャルヒューマンを手がける企業5選

ここでは、バーチャルヒューマンを手がける企業を5選紹介します。最近では、企業がプロデュースするキャラクターが、SNSなどで多くのフォロワーを獲得し人気があります。バーチャルヒューマンを検討している方は、ぜひ参考にしてください。

Pantheon Lab

Pantheon Labは、バーチャルヒューマンを手がけている企業の一つです。この企業が提供する「AIDOL Studio」は、ディープラーニングを利用して、バーチャルヒューマンを使用したビデオを自動で作成します。そのため、制作時間を短縮することが可能です。

参考記事:Pantheon Lab

TSUBURAYA IMAGINIEERING

TSUBURAYA IMAGINIEERINGは、視聴者が作品の世界を体験できるように、バーチャルヒューマンを活用しています。この企画の第一弾として「ウルトラマントリガー超古代の秘宝」を公開しています。視聴者は、実際にキャラクターから選択を迫られ、その選択によりストーリーの展開が変わるアトラクションを楽しむことが可能です。

参考記事:円谷プロが贈る、没入型ライブアトラクション「INTO THE STORY」 第1弾『ウルトラマントリガー 超古代の秘宝』がついに開催決定!

Aww

Awwは、2019年に設立された日本で最初のバーチャルヒューマン企業です。この企業は、東京で開催された2020年夏季パラリンピックの閉会式に出演した「imma」をプロデュースしたことで有名です。また、「Ria」も手がけており、世界から注目されています。

参考記事:Aww

KDDI

KDDIは、バーチャルヒューマン「coh」を手がけている企業です。このバーチャルヒューマンは、日本科学未来館でのデジタル展示「HYPER LANDSCAPE」でアテンド業務を務め、その他企業でのアンバサダーとして活動しています。

参考記事:KDDI

Brud

Brudは、フォロワー210万人もいる「Lil Miquela」を手がけている企業です。このバーチャルヒューマンは、インフルエンサーや歌手として活動しており、とても人気があります。Lil Miquelaは、CALVIN KLEINの動画に出演したことで、話題になっています。

参考記事:まるで本物の人間。フォロワー数210万、バーチャルインスタグラマー「Lil Miquela」を手がけるBrud

生成AIを使用しバーチャルヒューマンを活用しよう

バーチャルヒューマンとは、生成AIを使用して人間と見間違うほどリアルなキャラクターのことです。バーチャルヒューマンは、5種類の生成AI技術を利用して作成されています。

バーチャルヒューマンを使用するメリットとして、人件費の削減人的資材への依存、そして服装や容姿に制限がないことです。また反対にデメリットとして、著作権侵害開発コストが高いこと、ディープフェイクに応用されることなどが挙げられます。

バーチャルヒューマンは広告モデルや顧客対応、エンターテインメントで活用でき、コスト削減やユーザーの満足度を高めることが可能です。バーチャルヒューマンを活用し、コスト削減やブランド認知に役立てましょう!

サービス紹介資料

生成系AIの業務活用なら!

・生成系AIを活用したPoC開発

・生成系AIのコンサルティング

・システム間API連携

最後に

いかがだったでしょうか?

弊社では

・マーケティングやエンジニアリングなどの専門知識を学習させたAI社員の開発
・要件定義・業務フロー作成を80%自動化できる自律型AIエージェントの開発
・生成AIとRPAを組み合わせた業務自動化ツールの開発
・社内人事業務を99%自動化できるAIツールの開発
ハルシネーション対策AIツールの開発
自社専用のAIチャットボットの開発

などの開発実績がございます。

まずは、「無料相談」にてご相談を承っておりますので、ご興味がある方はぜひご連絡ください。

➡︎生成AIを使った業務効率化、生成AIツールの開発について相談をしてみる。

生成AIを社内で活用していきたい方へ

「生成AIを社内で活用したい」「生成AIの事業をやっていきたい」という方に向けて、生成AI社内セミナー・勉強会をさせていただいております。

セミナー内容や料金については、ご相談ください。

また、弊社紹介資料もご用意しておりますので、併せてご確認ください。

投稿者

  • 晋平大竹

    生成AIの登場に大きな衝撃を受けたWebライター。好きなAIツールは、ChatGPTとAdobeFirefly。AIがこれからの世界を良い方向に導いてくれると信じ、正しい&有益な情報を発信し続けています!

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次