AIを使って自動で月100万円稼ぐ方法7選!AI副業の種類や注意点を解説

AI 自動 稼ぐ AI副業 種類 注意 解説

メディア事業部AIライターの中井です。

税金や物価が上昇している中、副業をして収入を増やしたいと思っている方は多いです。実は、現在副業をしている方は22.6%にも上り、さらに85%以上の方が副業を始めたいと考えています。

そんな中、働き方改革の流れに乗り、これから副業を始める方に特におすすめなのが生成AIを活用した副業です。

この記事では、生成AIを使った副業の種類や注意点、実際の副業事例7選を紹介します。

最後までご覧いただくことで、AI副業の事例や注意点がわかり、安全にAIを使って手間をかけず効率的に収入を得られるようになるでしょう。

ぜひ、最後までご覧ください。

なお弊社では、生成AIツール開発についての無料相談を承っています。こちらからお気軽にご相談ください。
→無料相談で話を聞いてみる

目次

生成AIを使った副業とは?

生成AIを使った副業には、さまざまな業種のものがあります。

例えば、生成AIを使いSNSの投稿するショート動画を作成したり、文章を生成してもらったりすることで簡単に副業で稼ぐことができます。

生成AIを使った副業について紹介するので、ぜひ参考にしてください。

さまざまな業種が選べる

生成AIを使った副業は、テキストや画像などさまざまなコンテンツの生成が可能ですが、完全自動で収益を得るのはまだ不可能です。

生成AIは、ブログ運営やWeb記事作成、台本作成など多岐にわたる用途で活用できます。しかし、AIが生成したコンテンツは完璧ではないため、人間による確認や編集が必要です。

また、AIを使った副業で収益を上げるためには、適切な市場やニーズを理解し戦略的に活動することが重要です。

そのため、生成AIを使って独自のコンテンツを作成し、それをオンラインで販売することで、副業としての収入源になります。

このように、生成AIは多岐にわたる業種で活用され、副業の幅を広げる強力なツールとなっています。

全自動で稼ぐのはまだ不可能

生成AIは、さまざまなコンテンツを持っていますが、全自動で稼ぐのはまだ不可能です。

例えば、SNSで見かける「AIを使ってブログを自動化する方法」のような投稿がありますが、実際には生成AIを使っても完全自動で収益を上げることはできません。

生成AIは新しいコンテンツの作成やアイデアの提供には役立ちますが、AIが作り出したものは完璧ではないため、人間による確認や修正が必要です。

したがって、生成AIは作業の効率化をサポートするツールとして活用することが重要です。

なお、ノーコード開発について詳しく知りたい方は、下記の記事を合わせてご確認ください。
【生成AI×ノーコード】AI時代のノーコード開発をAIエンジニアが解説

AI副業の種類

AI副業には、大きく分けて5つの業種があります。

以下の表に、仕事別のAIツールを紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

大まかな分類具体的な業種使えるAIツール
文章を扱う仕事ライターマーケティング・広告脚本・シナリオ作成翻訳ChatGPT
Writesonic
CopyAI
BingAI
画像を作る仕事広告・マーケティングファッション・デザインイラストレーター出版・メディアCanva
Midjourney
DALL-E 3
BingAI
動画を作る仕事インフルエンサーYouTuber映画・アニメ制作Pictory
FlexClip
2short.ai
GliaCloud
プログラミングプログラマーエンジニアCode Llama
GitHub Copilot
OpenAI Codex
CodeWhisperer
プロンプト開発プロンプトエンジニアNeural Writer
Easy-Peasy.AI
GPT-Templator

AIを副業で活用する際は、仕事内容に適した生成AIを選ぶことが重要です。

例えば、文章生成にはChatGPTが適しており、画像作成にはCanvaが最適です。各AIツールは得意分野が異なります。

それぞれAIツールには得意な分野があるので、副業で成功するには、適切なツールを選んで効果的に使うことが大切です。

AI副業の注意点

AIを使った副業には、注意すべきポイントが4つあります。

AIを使う際には、特にハルシネーションや著作権侵害に注意することが重要です。このような注意点を知らずにAIを使うと、法律上の問題に巻き込まれる可能性があります。

ぜひ、参考にしてください。

ハルシネーションチェックが必要

副業で生成AIを使う際は、「ハルシネーション」に注意が必要です。

これは、AIが実際とは異なる内容を作り出す現象のことを指しています。AIが生成するコンテンツの内容は必ずしも正確ではないため、出力された情報の正確性を確認し、誤りがあれば修正や検証を行うことが大切です。

出力された情報の正確性を確認することで、誤った情報に基づくリスクを防げます。

生成AIはトレンドを扱うタスクが苦手

生成AIは、最新のトレンドや情報を扱うタスクが苦手です。

生成AIは過去のデータを学習しているため、新しい情報や最新のトレンドについては学習していない可能性が高いです。そのため、最新情報を必要とするタスクでは、生成AIの出力をそのまま信頼するのではなく、常に最新の情報を確認し適切に補足する必要があります。

この点を考慮して、適切な使い方を心がけることが重要です。

著作権の知識もほしいところ

AIを使った副業では、著作権に関する知識はあった方がいいです

特に、生成AIを活用してコンテンツを作成する際、意図せず他者の著作権を侵害するリスクがあります。

例えば、AIによって生成されたイラストや文章が既存の作品と似ている場合、著作権侵害が生じる可能性があります。

そのため、AIを使った副業を行う際は、著作権法に関する基本的な知識を身につけ、常に慎重に行動することが大切です。

NDA(秘密保持契約)を守る

AIを使った副業を行う際、特に注意すべきはNDA(秘密保持契約)の遵守です。

生成AIは入力された内容を学習するため、クラウドソーシングなどでの副業でNDAに違反する可能性があります。

例えば、機密情報を含むデータをAIに入力すると、その情報が外部に漏れるリスクがあるため契約違反になることがあります。そのため、AIを使用する際は、NDAの内容を十分に理解し機密情報の取り扱いには特に慎重になることが重要です。

安全かつ法的な問題を避けるためにも、NDAの規定を遵守することを忘れないでください。

なお、 ChatGPTのリスクについて詳しく知りたい方は、下記の記事を合わせてご確認ください。
ChatGPTを企業利用するリスクと対策5選|実際の企業事例と共に解説

ほぼ自動で稼げる!おすすめのAI副業7選

AIを使ったほぼ自動で稼げる副業は、何があるのか気になりませんか?

ここでは、AIを活用して手間をかけずに収入を得られる7つの副業を紹介します。

時間を節約しながら効率的に稼ぐ方法を、ぜひチェックしてみてください!

【文章系】AIを使ったライター業務で月収10万円!

AIを活用したライター業務は、副業として非常に魅力的です。

AIツールを使えば、従来は時間がかかっていた記事の執筆や広告文の作成が、わずか数分で完了します。そのため、作業時間が大幅に短縮され、効率的に稼ぐことが可能になります。

ただし、AIが生成するコンテンツは完璧ではないため、人間の手での修正が必要です。それでも、AIがコンテンツのベースを素早く作成してくれるため、全体の作業時間は短くなり結果として月収10万円を目指すことが現実的になります。

また、ライティング業務を外注していた方は、AIツールの使用により外注費を削減できるため、コスト面でもメリットがあります。

【文章系】AIを使った文字起こしで月収5万円!

ブログ運営は、効率的に月収10万円を目指せる副業の一つです。

AIツールを使用することで、通常は時間がかかるブログ記事の執筆作業を大幅に短縮できます。

例えば、AIは与えられたテーマに基づいて素早く記事を生成し、人間が行うよりも迅速にコンテンツを生成することが可能です。ただし、最終的なチェックや微調整は必要です。

それでも、AIの助けを借りることでブログ運営の効率が大幅に向上し、副業としての収入増加につながります。

【画像系】AIを使った画像・イラスト販売で月収5万円!

AIを活用した画像やイラスト販売は、専門的なスキルがなくても高品質なイラストを作成できます。

これらのイラストは、オンラインプラットフォームやNFTマーケットプレイスで販売することが可能で、月に5万円程度の収入を得ることも現実的です。

AIツールの進化により、誰でも簡単に創造的な作品を生み出し、副収入を得るチャンスが広がっています。ただし、市場での差別化を図るためには、独自性のあるデザインやコンセプトが重要になります。

【画像系】AIを使ったLINEスタンプ販売で月収5万円!

AIを活用した副業の中でも特に注目されているのが、AIを使ったLINEスタンプの販売です。

この方法では、AI技術を用いてオリジナルのLINEスタンプを簡単に作成できます。

具体的には、特定のキャラクターやテーマに基づいたスタンプをAIがデザインし、LINEのプラットフォームで販売し収入を得ることができます。

この副業は、イラストやデザインのスキルがなくても簡単にスタンプを作成できます。そのため、多くの方にとって取り組みやすい方法です。

また、一度スタンプが完成すれば継続的な収入源となる可能性もあり、副業として魅力が高いです。

【動画系】AIを使った切り抜き動画 で月収5万円!

AIを使った切り抜き動画では、YouTubeなどの動画から面白い部分や注目すべきシーンを切り抜き、新たなコンテンツを作成します。

このプロセスはほとんど自動で行われるため、手間がかからず、副業として時間を有効に活用できます。さらに、切り抜き動画は視聴者に人気があり、適切にターゲットを設定すれば月収5万円以上稼ぐことも可能です。

AIの進化により、創造的なコンテンツ制作が手軽になり、副業としての収入源になります。

【プログラミング 】AIを使ったWebサイト作成で月収10万円!

プログラミングの知識がなくても、AIを活用してWebサイトを作成することで、副業として月収10万円を目指すことができます。

AIツールを使用することで、複雑なコーディング作業を省略し、効率的にWebサイトを構築できます。実際にクラウドソーシングでは、このようなWebサイト制作の案件が1件10万円以上で依頼されているのです。

AIを駆使して、時間を節約しながら高品質なWebサイトを提供することで、副業としての収入を増やすことが可能です。

プログラミングスキルがない方でも、AIの力を借りて副業で成功するチャンスがあります。

【プロンプト開発】AIを使ったプロンプト販売で月収5万円!

この副業では、AIに特定のタスクを実行させるための指示や質問(プロンプト)を作成し、それを販売します。

プロンプトとは、AIに対する指示や質問のことで、これをうまく設計することでAIの性能を最大限に引き出すことができます。

この副業では、AIの機能を最大限に活用するための創造的なプロンプトを考案し、それを販売することで月に5万円の収入を得ることも可能です。

なお、 ChatGPTを使用した副業について詳しく知りたい方は、下記の記事を合わせてご確認ください。
【AI副業】ChatGPTを使って副業で月100万円稼ぐ方法5選

AI副業で月の収入を増やそう!

生成AIを使った副業は、文章や画像、動画の生成など多岐にわたりますが、全てを自動で行える訳ではありません。また、AIの出力は必ずしも完璧ではなく、誤った情報(ハルシネーション)や著作権侵害のリスクがあるため、注意が必要です。

しかし、これらの点を理解し、適切に使用すれば専門知識がなくても高品質なコンテンツを作成できます。

税金や物価の上昇に伴い、収入を増やしたい方にとって生成AIは有効なツールとなるでしょう。

副業として生成AIを活用する際は、その特性とリスクを理解した上で取り組むことが大切です。

最後に

いかがだったでしょうか?

弊社では

・マーケティングやエンジニアリングなどの専門知識を学習させたAI社員の開発
・要件定義・業務フロー作成を80%自動化できる自律型AIエージェントの開発
・生成AIとRPAを組み合わせた業務自動化ツールの開発
・社内人事業務を99%自動化できるAIツールの開発
ハルシネーション対策AIツールの開発
自社専用のAIチャットボットの開発

などの開発実績がございます。

まずは、「無料相談」にてご相談を承っておりますので、ご興味がある方はぜひご連絡ください。

➡︎生成AIを使った業務効率化、生成AIツールの開発について相談をしてみる。

生成AIを社内で活用していきたい方へ

「生成AIを社内で活用したい」「生成AIの事業をやっていきたい」という方に向けて、生成AI社内セミナー・勉強会をさせていただいております。

セミナー内容や料金については、ご相談ください。

また、弊社紹介資料もご用意しておりますので、併せてご確認ください。

投稿者

  • Hiromi Sai

    ChatGPTメディア運営 / テクニカルライター リベラルアーツ専攻。大学休学中は、Webマーケティング会社のマネージャーとしてライター、ディレクター100名のマネジメントをする。南米のチリとタイでの長期居住歴を持つ。

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次