人間の絵とAIの絵の違いがわからない!AIはすでに人間を超えているのか?AI利き選手権【画像生成AI編】

画像生成AI AI 人間を超え

WEELメディア事業部LLMリサーチャーの中田です。

近年の画像生成AIの精度は凄まじく、「人間が描いたのかAIが描いたのか分からない」ところまで来ています!

特に、最近のDALL-E 3(ChatGPT)やMidjourney、Stable Diffusionなど、とてつもなく素晴らしい画像や絵を生成してくれます。その精度の高さゆえに、人間が描いたと見まがうほどに!

そこで本記事では、そんな画像生成が描いた絵の中に、人間が描いた本物の絵を1枚ほど紛れ込ませて、「どれが人間が描いた絵なのか」を当てるクイズを実施します!

なお弊社では、生成AIツール開発についての無料相談を承っています。こちらからお気軽にご相談ください。
→無料相談で話を聞いてみる

目次

【AI vs 人間】利きAI画像選手権

ここでは、以下の4種類の画像を用意しました。

  • 抽象画(キュビズム)
  • 東京の風景画
  • モネの睡蓮
  • シュールレアリスム

また、画像の生成には、以下の(特に注目度が高い)画像生成ツールを使用します。

  • Bing Image Creator
  • DALL-E 3(ChatGPT)
  • Midjourney
  • Stable Diffusion(DreamStudio)
  • Adobe Firefly

それでは、順番にクイズに挑戦していきましょう!

抽象画(キュビスム)

使用したプロンプトは、以下の通りです(各モデルで共通のプロンプトを使用しています)。

Paint an abstract painting that looks like the real thing.

この中で、人間が描いた抽象画はどれでしょう?

正解は、、、

これは分からない!

抽象画を描くのは、AIにとって得意そうですね。

抽象画家も気をつける必要があるかも?

そのほかの画像は、以下のAIツールで作成しました!

  • 上段中:Stable Diffusion(DreamStudio)
  • 上段右:DALL-E 3(ChatGPT)
  • 下段左:Adobe Firefly
  • 下段中:Bing Image Creator
  • 下段右:Midjourney

東京の風景画

使用したプロンプトは、以下の通りです(各モデルで共通のプロンプトを使用しています)。

Generate realistic-looking Tokyo landscape photos.

この中で、人間が描いた東京の風景画はどれでしょう?

正解は、、、

東京などの都市の風景を、本物の写真さながらに生成するのは、まだ難しそうですね。

てことは、まだ写真家には未来があるのか?

そのほかの画像は、以下のAIツールで作成しました!

  • 上段左:Stable Diffusion(DreamStudio)
  • 上段中:Midjourney
  • 上段右:DALL-E 3(ChatGPT)
  • 下段中:Bing Image Creator
  • 下段右:Adobe Firefly

モネの睡蓮

使用したプロンプトは、以下の通りです(各モデルで共通のプロンプトを使用しています)。

Paint a painting Water Lilies.

この中で、本物のモネが描いた睡蓮の絵はどれでしょう?

正解は、、、

これもかなり自然ですね!

ただ、ところどころAIっぽさが残る部分もあります。とはいえ、オークションに出しても、普通に高値で売れそう(笑)

そのほかの画像は、以下のAIツールで作成しました!

  • 上段左:Midjourney
  • 上段中:DALL-E 3(ChatGPT)
  • 下段左:Bing Image Creator
  • 下段中:Stable Diffusion(DreamStudio)
  • 下段右:Adobe Firefly

シュールレアリスム

使用したプロンプトは、以下の通りです(各モデルで共通のプロンプトを使用しています)。

Paint a surrealist picture.

この中で、人間が描いたシュールレアリスムはどれでしょう?

正解は、、、

一番難しい!

シュールレアリスムのようなカオスな世界を描くのは、AIにとって一番の得意分野なのかもしれませんね。

シュールレアリスム画家は、今後が危ういかも、、、

そのほかの画像は、以下のAIツールで作成しました!

  • 上段左:Adobe Firefly
  • 上段右:DALL-E 3(ChatGPT)
  • 下段左:Bing Image Creator
  • 下段中:Stable Diffusion(DreamStudio)
  • 下段右:Midjourney

なお、AIの開発環境の作り方について詳しく知りたい方は、下記の記事を合わせてご確認ください。
生成AI開発のベストな環境の作り方!エンジニアが開発の流れを解説

まとめ

皆さんは、いくつ正解できましたか?

AIか人間か、全く見分けがつかないレベルまで、もう来ているということです!

これは、皆さんも今すぐ、AIを活用するべきということですね。本記事のポイント(画像生成AIのポイント)は、以下の通りです。

  • 人間が描いたと見まがうクオリティで、画像生成が可能
  • 抽象画を描くのは得意そう
  • 都市の風景を生成するのは、まだ難しそう
  • 写真家にはまだ未来がある?
  • 少しAIっぽさが残るが、オークションに出しても高値で売れそう
  • シュールレアリスムのようなカオスな世界を描くのは一番の得意分野
  • シュールレアリスム画家が危うい

最後に、今回用いた画像生成AIの特徴、得意な画像の種類を、以下の表にまとめるので、ぜひ参考にしてください。

モデル特徴得意な画像の種類
Bing Image Creator・ChatGPTと同じDALL-E 3が使用されている。
・生成できる画像の枚数に制限がある
SFやカオスな世界観のアート
DALL-E 3(ChatGPT)・有料版であれば、何枚でも高品質な画像を生成可能。
・AIっぽさが少し残る
SFやカオスな世界観のアート
Stable Diffusion(DreamStudio)・プロンプトの柔軟な設定が可能
・Image2Imageも可能
すべて平均的
Midjourney・導入までが少し面倒で、有料な点がデメリット
・とにかく精度が高く、トップレベルで自然な画像を生成できる
手書きっぽい絵も得意
Adobe Firefly・かなり自然だが、画像の左下にAdobeのマークが入る手書きっぽい絵も得意
サービス紹介資料

【無料】2023年2月版生成系AIの業務活用なら!

・生成系AIを活用したPoC開発

・生成系AIの業務活用コンサルティング

・システム間API連携

サービス紹介資料

生成系AIの業務活用なら!

・生成系AIを活用したPoC開発

・生成系AIのコンサルティング

・システム間API連携

最後に

いかがだったでしょうか?

弊社では

・マーケティングやエンジニアリングなどの専門知識を学習させたAI社員の開発
・要件定義・業務フロー作成を80%自動化できる自律型AIエージェントの開発
・生成AIとRPAを組み合わせた業務自動化ツールの開発
・社内人事業務を99%自動化できるAIツールの開発
ハルシネーション対策AIツールの開発
自社専用のAIチャットボットの開発

などの開発実績がございます。

まずは、「無料相談」にてご相談を承っておりますので、ご興味がある方はぜひご連絡ください。

➡︎生成AIを使った業務効率化、生成AIツールの開発について相談をしてみる。

生成AIを社内で活用していきたい方へ

「生成AIを社内で活用したい」「生成AIの事業をやっていきたい」という方に向けて、生成AI社内セミナー・勉強会をさせていただいております。

セミナー内容や料金については、ご相談ください。

また、弊社紹介資料もご用意しておりますので、併せてご確認ください。

投稿者

  • 中田

    データサイエンス専攻の大学院生。大学では、生成系AIの拡散モデルを用いた音楽生成について研究。 趣味は作曲、サッカー、コーヒー。

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次