サイトのデザインが新しくなりました。

生成AIをSEOに活用するには?Googleの見解とおすすめツールを徹底解説

生成AI SEO 活用 Google 見解 おすすめツール 徹底解説

ChatGPTなどの生成AIが注目される中で、生成AIで自社業務を改善されたい方が多いのではないでしょうか。生成AIはSEO対策におけるコンテンツ制作を効率化できますが、活用方法を誤ると質の高いコンテンツを作成できず、SEOに悪影響を及ぼす可能性があります。

今回は、生成AIでSEO対策するメリット・デメリットや実際の活用方法を紹介します。おすすめの生成AIも紹介しますので、生成AIでSEO対策をしたいと考えている方はぜひ参考にしてください。

なお弊社では、生成AIツール開発についての無料相談を承っています。こちらからお気軽にご相談ください。
→無料相談で話を聞いてみる

目次

SEO対策に使える生成AI

生成AIを活用してライティングを行う場合、SEOへの良い効果を期待できます。生成AIを活用するとSEO対策に必要なコンテンツ制作のコスト削減や時間短縮が可能です。

ただ、AIにそのままライティングを任せてもコンテンツを検索上位に表示させることはできません。

生成AIを活用してコンテンツを制作し、人のチェックを通しユーザーにとって質の高いコンテンツにブラッシュアップする必要があります。生成AIの活用方法は詳しく後述しているのでぜひ最後まで読んでください。

生成AIコンテンツに対するGoogleの見解

Googleは生成AIでコンテンツを作成しても問題ないという見解を示しています。Googleで重視しているのは、あくまでユーザーの視点に立ち、有益な情報を提供しているかです。

また、SEO対策ではGoogleの品質評価ガイドラインにあるE-E-A-Tの条件を満たすことが欠かせません。E-E-A-Tを押さえた上で、独自性のあるコンテンツを作成し、検索上位を目指しましょう。

  • Experience:実体験
  • Expertise:専門性
  • Authoritativeness:権威性
  • Trustworthiness:信頼性

参考記事:AI 生成コンテンツに関する Google 検索のガイダンス 

なお、生成AIを活用した検索ツールであるGoogle SGEについて詳しく知りたい方は、下記の記事を合わせてご確認ください。
Google SGEとは?生成AI時代の検索ツールの日本からの使い方や機能一覧を紹介

生成AIでSEO対策するメリット3点

次に、生成AIでSEO対策するメリットを3点紹介します。自社で求める課題を生成AIで解決できるか確認し、SEO対策に生成AIを導入するか検討しましょう。

  • 切り口の発見
  • 時間短縮
  • コストの削減

切り口の発見

生成AIは、SEO対策に必要なコンテンツ制作の切り口を発見できます。通常メディア担当者が行っている競合他社の分析やキーワードの選定は生成AIが対応可能です。

また、生成AIは大量の情報から切り口の発見を行うので、担当者が気づかなかったキーワードや新しいアイデアを生成してくれます。さらに、生成AIは情報を簡潔にまとめてコンテンツの構成案を作成できるので、切り口発見のために行っていた担当者の一連の業務を生成AIに依頼できるのです。

時間短縮

コンテンツ制作の時間短縮も生成AIでSEO対策するメリットです。生成AIは高度な言語処理技術を持っているので、短時間で文章を作成でき、コンテンツ作成の時間を削減できます。

また、コンテンツ作成におけるキーワード選定・リサーチ・構成作成といった時間の削減も可能です。さらに、生成AIは文法や表現に違和感がないかチェックすることもできます。ただし、コンテンツの品質を一定に保つ必要があるので、最終的に人のチェックを必ず通しましょう。

コストの削減

生成AIでSEO対策すると、コンテンツ制作のコストを削減できます。通常SEO対策でコンテンツを制作するためには、ライターやディレクターに業務を依頼するため人件費が必要です。

しかし、生成AIの場合はそれらの人件費を削減でき、効率的にコンテンツを制作できます。ただし、生成AIに全てを任せてはいけません。生成AIの文章は不自然な表現やコンテンツの質の低下がみられるので、最終チェックのために必要な人員を確保しましょう。

生成AIでSEO対策するデメリット3点

次に、生成AIでSEO対策するデメリットを3点紹介します。SEO対策のコンテンツ作成を効率化できる生成AIですが、デメリットを考慮した活用が必要なのでぜひチェックしましょう。

  • コンテンツのクオリティ低下
  • 学習データの古さ
  • 著作権上のリスク

コンテンツのクオリティ低下

生成AIでのSEO対策はクオリティの低下が伴います。生成AIは大量のデータから情報を抽出してコンテンツを制作しますが、医療など専門性・信頼性が必要なコンテンツの制作は難しいです。そのため、専門性が高い分野のコンテンツ制作はライターに任せましょう。

また、生成AIは重複した内容のコンテンツを制作する恐れもあります。さらに、文章で違和感のある表現が使われている場合もあり、コンテンツの最終確認と編集が必要です。

学習データの古さ

生成AIでSEO対策するデメリットは、AIが学習しているデータの古さです。例えば、2023年11月にリリースされたChatGPT-4 Turboは2023年4月までの情報が蓄積されていますが、ChatGPT-4は2021年9月までのデータしか持っていません。

学習データが古いと、最新の回答をコンテンツに反映できないので、生成されるコンテンツは低いものになります。そのため、生成AIを導入する場合は必ずバージョンをチェックしましょう。

著作権上のリスク

また、生成AIでSEO対策すると著作権上のリスクを負う可能性があります。生成AIでコンテンツを作成してチェックを通さず公開すると、コンテンツに類似した内容や似た表現がみつかるケースも少なくありません。

そして、多くの類似性や依拠性が認められると著作権侵害と判断される恐れがあるのです。コンテンツ制作する際に類似性・依拠性の高い内容は情報元を記載し、文章のチェックを徹底しましょう。

なお、生成AIのセキュリティリスクについて詳しく知りたい方は、下記の記事を合わせてご確認ください。
生成AIのセキュリティリスクとは?具体的な問題や対策、過去に起きた事例を解説

SEOにおける生成AIの活用方法7選

  • スモールキーワード記事の量産
  • 記事原案の作成
  • リサーチ・競合分析
  • メタデータ生成
  • アイキャッチ生成
  • 文法チェック
  • 言い換えの提案

次にSEOにおける生成AIの活用方法を7つ紹介します。生成AIはうまく活用できれば、大きく生産性向上に繋げられるので、上記のポイントをチェックしましょう。

スモールキーワード記事の量産

まず、生成AIの活用方法はスモールキーワード記事の量産です。SEO対策ではビッグキーワードを狙ったコンテンツ制作も重要ですが、スモールキーワードの検索ニーズを満たすコンテンツ制作もメディアへの流入数増加のために大切です。

生成AIは競合を分析して、メディアに必要なスモールキーワードを選定してくれます。そして、構成案の制作から記事制作まで担当してくれるのです。生成AIで新たなスモールキーワードを見つけてSEOを強化しましょう。

記事原案の生成

次に、生成AIを活用すると記事原案を生成できます。生成AIは大量のデータを蓄積しているので、記事のテーマや対策キーワードを決めると構成案の生成が可能です。

ただ、AIの提案した記事原案でそのままコンテンツを生成してはいけません。生成AIが提案する記事原案はあくまで参考です。

読みやすい表現や必要な見出しを追加して最終的なコンテンツの制作に活用してください。また、読者の検索ニーズを踏まえ、具体的な経験をコンテンツに入れてオリジナリティを高めましょう。

リサーチ・競合分析

リサーチや競合分析もSEOにおける生成AIの活用方法です。情報収集したい内容や競合の強みを調べたいときに生成AIで入力すると、大量のデータから情報を簡単にまとめてくれます。

また、競合他社の分析から自社メディアに必要なキーワードの選定も可能です。さらに、生成AIを使用してコンテンツのトレンドを予測し、検索順位の向上を目指すこともできます。まとめられた情報を活用し、競合と比較して差別化できる自社の強みやSEO対策の見直しを行いましょう。

メタデータ生成

メタデータの生成もSEOにおける生成AIの活用方法の1つです。メタデータを生成すると、検索エンジンにサイト内の情報を適切に伝えられるのでSEO対策を強化できます。

メタデータは、タイトルやディスクリプション・キーワード・文字コードなどがありますが、キーワードは入力しなくても大丈夫です。2009年にGoogleがメタキーワードは検索順位に影響しないと公言しています。

生成AIは大量のデータから情報を抽出できるので、メタディスクリプションやタイトル候補案を生成してSEO対策を強化しましょう。

参考記事:Google はウェブランキングにキーワードメタタグを使用しません 

アイキャッチ生成

次に、生成AIを活用するとアイキャッチの生成も可能です。画像生成AIは作りたい画像をテキストで伝えるとすぐに生成してくれます。

アイキャッチを生成すると、ユーザーの興味を引いたり、簡潔に内容を伝えたりできます。アイキャッチを設定していないと、TwitterやFacebookなどのSNSでシェアした際にSNSからの集客数が減少するのです。画像生成AIを利用してアイキャッチを生成し、ユーザーのクリックを促しましょう。

文法チェック

文法チェックもSEOにおける生成AIの活用方法です。生成AIは高度な言語処理能力を持っているので、一定のクオリティで文法に誤りのないコンテンツを生成できます。

ただ、生成AIに任せたままの文章だと冗長表現や主語の有無など細かいところで文法の誤りがあります。そのため、最終チェックで人の目を通してからコンテンツを公開しましょう。

また、AIツールには文章をチェックして表現の誤りを指摘してくれる校正ツールもあります。人の目を通してチェックするだけでなく、併せて利用を検討してください。

言い換えの提案

最後に、言い換えの提案も生成AIの活用方法です。生成AIは誤字脱字のチェックだけでなくわかりづらい表現の言い換えを提案してくれます。

わかりやすい表現に変えると、読者がコンテンツを読むのに苦労しません。そのため、より好んで読者記事を読むので滞在時間が伸び、SEO対策の効果を期待できるのです。ただ、提案された言い換えでかえって不自然になる場合もあるので、言い換えの表現を訂正した後に再度全体を読み直してみましょう。

SEOに対応した生成AIツール10選

  • BringRitera
  • Catchy
  • SAKUBUN
  • Creative Drive
  • EmmaTools
  • Transcope
  • ミエルカSEO
  • Value AI Writer
  • AI SEO ライター
  • Keywordmap

次に、SEOに対応した生成AIツールを10個紹介します。生成AIでSEO対策する場合は、ぜひ上記のツールの中から利用を検討してください。

BringRitera

詳細
機能見出し生成
タイトル生成
記事生成
画像生成など
料金フリー:無料
ライト:月額500円
スタンダード:月額3,000円
プロ:月額9,000円
エンタープライズ:月額28,000円
日本語対応対応
公式サイトBringRitera

BringRitera(ブリングリテラ)は、BringFlowerが提供するSEO対策に特化した記事作成ツールです。ChatGPT-4を採用しており、対策したいターゲットキーワードから魅力的なタイトル・見出し・記事を作成してくれます。

Catchy

詳細
機能記事生成
キャッチコピー生成
画像作成用テキストの生成
新規企画立案など
料金Free:無料
Starter:月額3,000円〜
Pro:月額9,800円
Enterprise:要お問合せ
日本語対応対応
公式サイトCatchy

Catchy(キャッチー)は、 株式会社デジタルレシピが運営するあらゆるマーケティングツールを網羅した生成AIツールです。記事作成だけでなく、キャッチコピーや新規事業提案など100種類もの生成AIを利用できます。

SAKUBUN

詳細
機能記事生成
ペルソナ指定
リライト
アイキャッチ生成
チームでの共同作業など
料金Standard:月額
9,800円
Pro:月額29,800円
Enterprise:月額49,800円
日本語対応対応
公式サイトSAKUBUN

SAKUBUN(サクブン)は、NOVEL株式会社が運営する記事制作ツールです。プロンプト不要でキーワードを入力すると、記事の見出しを生成してくれます。チームで共同作業できるのもおすすめのポイントです。

Creative Drive

詳細
機能競合分析
構成生成
見出し生成
記事生成など
料金Free:無料
Standard:月額7,500円
Professional:月額18,750円
Premium:月額37,500円
日本語対応対応
公式サイトCreative Drive

Creative Drive(クリエイティブドライブ)は、株式会社chipperが運営する記事制作ツールです。ChatGPT-4 turboを採用しており、競合分析から記事作成まで一貫して作業できます。

EmmaTools

詳細
機能キーワード分析
構成生成
記事生成
順位測定
リライトなど
料金for Personal:月額2,480円
for Personal+:月額6,980円
for Team:月額30,000円
for Team:月額65,000円
日本語対応対応
公式サイトEmmaTools

EmmaTools(エマツールズ)は、株式会社EXIDEAが運営する記事制作ツールです。キーワード選定から記事作成までのライティング業務だけでなく、生成した記事の検索順位を測定できるのでリライトのタイミングを判断できます。

Transcope

詳細
機能キーワード選定
構成生成
記事生成
画像生成
文章チェックなど
料金Free:無料
Basic:月額11,000円
Pro:月額38,500円
EnterPrise:月額66,000円
日本語対応対応
公式サイトTranscope

Transcope(トランスコープ)は、シェアモル株式会社が運営する記事制作ツールです。テキストからの情報インプットだけではなく、URLや画像から文章を作れます。生成した文章のチェック機能も備えており安心です。

ミエルカSEO

詳細
機能競合分析
キーワード分類
記事制作
検索順位測定
改善案の提案など
料金企業規模や課題感に応じた料金体系
日本語対応対応
公式サイトミエルカSEO

ミエルカSEOは、大手SEOコンサル会社である株式会社Faber Companyが提供するSEO対策ツールです。AIライティングだけでなく、多数の導入実績に基づくSEOノウハウを提供しています。迷った時はマーケティングのプロに相談できるのも安心です。

Value AI Writer

詳細
機能タイトル
見出し
本文の生成
アイキャッチ生成
リライトなど
料金エントリー:月額1,650円
ベーシック:月額2,970円
プロ:月額10,780円
エキスパート:月額43,780円
日本語対応対応
公式サイトValue AI Writer

Value AI Writer(バリューエーアイライター)は、GMOインターネットグループが提供する記事作成ツールです。記事のタイトル生成から本文のWordPress投稿まで対応可能であり、SEO対策の工数を削減できます。

AI SEO ライター

詳細
機能競合分析
構成生成
記事制作
ライター管理機能など
料金フリー:無料
エディターツール:月額9,800円
共用サーバー:月額39,800円
専用サーバー:月額100,000円
日本語対応対応
公式サイトAI SEO ライター

AI SEO ライターは、 メディアエクイティ株式会社が運営する記事作成ツールです。システムが自動で検索ニーズを調査し、見出しや記事の内容を箇条書きで提案してくれるので、記事作成のコストを大幅に削減できます。

Keywordmap

詳細
機能競合分析
構成案の生成
記事スコアチェック
ワードマップなど
料金ライト:小規模利用
スタンダード:中規模利用
エキスパート:大規模利用
日本語対応対応
HPKeywordmap

Keywordmap(キーワードマップ)は株式会社CINCが運営するSEO対策ツールです。大手企業の導入実績もあり、多くのSEOノウハウを提供してくれます。さまざまな機能が搭載されており、記事スコアをチェックしながら原稿を執筆できる機能が非常に便利です。さらに、ワードマップでユーザーニーズを可視化できます。

生成AIを活用してSEO対策を効率化しよう!

生成AIはSEO対策に活用でき、切り口の発見や時間短縮・コスト削減に繋がります。ただ生成AIを活用する際は、学習データが古かったり信頼性にかける内容だったりする場合があるので、コンテンツの質向上のため最終的に人のチェックが必要です。

生成AIは、見出しや記事の生成だけでなく、キーワード選定・画像生成・文法チェックなど幅広く活用できます。生成AIを活用してSEO対策を効率化し、自社の課題解決に役立てましょう。

サービス紹介資料

【無料】2023年4月版生成系AIの業務活用なら!

・生成系AIを活用したPoC開発

・生成系AIの業務活用コンサルティング

・システム間API連携

サービス紹介資料

生成系AIの業務活用なら!

・生成系AIを活用したPoC開発

・生成系AIのコンサルティング

・システム間API連携

最後に

いかがだったでしょうか?

弊社では

・マーケティングやエンジニアリングなどの専門知識を学習させたAI社員の開発
・要件定義・業務フロー作成を80%自動化できる自律型AIエージェントの開発
・生成AIとRPAを組み合わせた業務自動化ツールの開発
・社内人事業務を99%自動化できるAIツールの開発
ハルシネーション対策AIツールの開発
自社専用のAIチャットボットの開発

などの開発実績がございます。

まずは、「無料相談」にてご相談を承っておりますので、ご興味がある方はぜひご連絡ください。

➡︎生成AIを使った業務効率化、生成AIツールの開発について相談をしてみる。

生成AIを社内で活用していきたい方へ

「生成AIを社内で活用したい」「生成AIの事業をやっていきたい」という方に向けて、生成AI社内セミナー・勉強会をさせていただいております。

セミナー内容や料金については、ご相談ください。

また、弊社紹介資料もご用意しておりますので、併せてご確認ください。

投稿者

  • 晋平大竹

    生成AIの登場に大きな衝撃を受けたWebライター。好きなAIツールは、ChatGPTとAdobeFirefly。AIがこれからの世界を良い方向に導いてくれると信じ、正しい&有益な情報を発信し続けています!

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次