サイトのデザインが新しくなりました。

生成AIの研修は必要?導入するメリットと業務効率を高めた事例を徹底解説

生成AI 研修 導入 メリット 業務効率 高めた 事例 徹底解説

生成AIの社内導入には、業務効率を上げたり、新たなサービス開発のヒントとなったりなどのメリットがたくさんあります。

しかし、多くの企業において社員の生成AIに関する知識・技術不足が原因で導入できていないケースが目立ちます。そのため、外部から生成AIのプロを呼び研修してもらうことは非常に有益な社員教育だといえます。

この記事では、生成AIの研修についてご紹介します。お読みいただくと、研修を実施するメリットやサービスの選び方などについて理解できるはずです。ぜひ最後までご覧ください。

なお弊社では、生成AIツール開発についての無料相談を承っています。こちらからお気軽にご相談ください。
→無料相談で話を聞いてみる

目次

生成AIの重要性

今やだれでも気軽に利用できるようになった生成AIですが、実はさまざまな企業で生成AIが導入されているのをご存じでしょうか。使い方は企業によって変わりますが、今後もさらに生成AIを導入する企業が増えるでしょう。

では、いったいなぜ生成AIがそんなにも注目されているのか。その理由とビジネスとの関係について解説します。

生成AIが注目されている理由

生成AIが注目される主な理由は、その革新的な能力にあります。人間のように考え、創作することで未来のビジネスシーンを大きく変える可能性を秘めています。

自然言語処理や画像認識といった分野での応用により、サービス品質の向上や新製品の開発スピードを上げることもできるため、導入を検討している企業は少なくありません。その他にも、業務の自動化や業務効率を上げるよなサポートツールなど、生成AIのできることはたくさんあります。

働き方改革やDXの推進などに力を入れたいと考えている企業は、業務効率を上げ、働きやすい会社の実現に向けて生成AIを導入した企業も少なくないでしょう。

生成AIをビジネスに取り入れるメリット

前述の通り、生成AIは人間のように考え、創作することができるので業務効率を上げることや、業務の自動化以外にも使い方はたくさんあります。

例えば、自社商品の広告を配信したいと考えた時に、広告用のクリエイティブが必要となります。しかし、社内にマーケティングに詳しい人材がおらず、広告クリエイティブもどうやって作ったらいいかわからず悩んでいる状況です。

そこで、広告配信に特化した生成AIサービスを利用すれば広告用クリエイティブの作成はもちろん、配信設定やデータ分析などの広告配信に必要な作業をサポートしてくれるので、ノウハウがない企業でも効果的な広告を配信することができる可能性があります。

このように、生成AIを活用することでビジネスの幅を広げ、事業を拡大させることも可能になります。

また、ChatGPTの活用事例について詳しく知りたい方は、下記の記事を合わせてご確認ください。
【ChatGPTの最新活用事例】業務が鬼捗る仕事ハック術71選

生成AIを業務に取り入れるまでの障害

さまざまな分野で活躍し便利な生成AIですが、まだまだ日本では導入が進んでいない企業がたくさんあります。導入することで、ビジネスを拡大させるチャンスを見出すこともできるのに、なぜ導入が進まないのでしょうか。次に生成AIを業務に取り入れるまでの障害について考えてみましょう。

社員の生成AIに対するリテラシー不足

生成AIの性能を最大限に活かすためには、まず社員のAI技術への理解を深める必要があります。しかし、生成AIに関する知識を持っている人材は少なめ。導入しても使いこなせない人が多いのが現状であるため、生成AIに関する社員教育が必要となります。

とはいえ、社員の教育に時間を取れなかったり、使い方を教えても理解してもらえなかったりという理由から導入をあきらめる企業も少なくありません。

生成AIの活用方法が分からない

生成AIは業務の効率化もできて、ビジネスのヒントになるようなアイディアを提供してくれることは理解しているが、自社の業務にどのように活用していいか分からず導入が進まないケースも多くあります。

これは、先ほどのリテラシー不足にも関係しますが、生成AIが得意な作業や特性を理解していないと自社業務においてどの業務が生成AIに代替できるのかなどの活用方法が分からないため、結局導入を見送るというケースも少なくないでしょう。

リスク管理体制を整えられない

生成AIはとても便利なツールですが、導入することで情報漏洩や著作権の侵害、誤情報の発信などさまざまなリスクがあります。そのため、企業で導入するためには社員への教育だけではなく、リスクを管理する体制を整えなければなりません。

ただ、生成AI技術に詳しい人材の獲得やマニュアルなどの準備が必要。時間とコストがかかるため、導入を進めることができないという問題もあります。

生成AI研修を行うメリット

このように、生成AIを安全かつ効果的に導入するためには生成AIに関する知識を身に着ける必要があります。そうしたハードルを乗り越える方法のひとつが、生成AI研修の社内実施。ここでは、生成AIに関する研修を受けるメリットについて解説します。

生成AIの正しい知識が学べる

インターネットなど、情報源はさまざまあり検索すれば大抵のことは解決するでしょう。しかし、中には嘘の情報が含まれていることもあり、知らない間に誤った情報を取り込んでしまい、取り返しのつかない事態に発展する場合があります。

生成AIに関する研修を受けることで、正しい知識や基礎理論をしっかりと学ぶことができます。また、過去の導入事例や具体的な使用例などを用いて学習できるため、知識がなくても生成AIについて深く学ぶことができるのもメリットの一つでしょう。

社員全体のスキルアップが見込める

社員一人ひとり持っている知識やスキルには差があります。特にIT技術に関しては苦手意識を持つ人も多く、自社で社内研修を行っても、理解できる人とできない人が出てくるでしょう。

しかし、企業での研修実績が豊富な専門家による研修では、基礎知識から導入事例、活用事例などを網羅的に分かりやすくかみ砕いて解説してくれるため、苦手意識を持つ人でも理解しやすいです。

これにより、社員全体のスキルアップが見込め、生成AIの導入がスムーズとなります。

社内の生産性向上に繋がる

単純作業やデータ入力など、今まで時間をかけて行っていた業務を生成AIに代替することにより、社内の生産性向上に繋がる可能性があります。

例えば、配信した広告のデータ解析をするためには、実際に配信した広告のPV数やエンゲージメントなどをまとめる必要があります。そこで、生成AIを活用することで短時間で情報をまとめることができ、空いた時間で別の業務に取り組むこともできます。

また、生成AIはアイディア出しにも活用できるため、自分で調べるよりも早くそして大量の情報を簡単に入手することも可能です。

このように生成AIを上手に活用するには、生成AIに関する正しい知識を身につける必要があります。研修サービスを利用すれば、正しい知識を身につけられることはもちろん、活用方法や導入事例についても学ぶことができるので、社員全体の作業効率が上がり生産性向上へ繋がるでしょう。

生成AI研修を導入し業務効率が上がった事例

実際に生成AI研修を導入して、業務効率が上がったという事例もあります。ここでは特に効果があったとみられる事例を一部紹介します。

事例①横須賀市

2023年3月からChatGPTの活用方法を検討し、4月には全庁での実証を開始した横須賀市。導入当初からChatGPTを全職員に一斉導入し、海外のテレビ局まで取材が来るほど話題になりました。

実証実験の結果、業務短縮時間は文章作成事務に限定しても年間2万7200時間に相当したとのこと。その結果を踏まえて2023年6月5日に本格導入をしました。

また、公務員だけのちからでは生成AIの進化に追いつけないということで、本格導入に合わせてAI戦略アドバイザーを配置し、AI戦略アドバイザーが監修した研修プログラムを実施。これにより職員の熟練度も上がりさらなる時間短縮に向けて取り組みを続けている。

参考記事:横須賀市、日本初のChatGPT導入の知見を生かし行政のイノベーションを目指す

事例②マツダ

自動車メーカーでも生成AIが活用されるようになり、ソニー・ホンダモビリティは2025年に発売予定のEV「アフィーラ」の開発で生成AIを利用するとの発表がありました。

トヨタ自動車についてはすでに、デザイン調整などで生成AIを利用しており、部品の組み合わせを導き出す作業についても効率化に成功。また、生成AIを活用することで企画や設計に必要な時間を半分に短縮できる可能性があるとのこと。

マツダに関しては、生成AIを活用できる人材を取り揃えるため、2025年までに設計や実験部門を含む間接従業員全員にAI研修を求めるようになりました。

参考記事:マツダやトヨタ、新型車開発に生成AI 企画期間を半分に

事例③笠懸町商工会

笠懸町商工会では、ChatGPTの活用方法とプレスリリース作成方法について学べる講座を研修サービスを活用して実施。

全3回のカリキュラムで組まれた講座では、ChatGPTとはという生成AIの基礎的なところからスタート。その後、プレスリリースの基礎知識やChatGPTを活用したプレスリリースの作成方法などを学びました。

実際にChatGPTを活用して原稿作成したときに要した時間は、すべて人の手で執筆した時間のおよそ半分で執筆することが出来ました。研修後は、事業アイディアの発想やプレスリリースなどの案出しなどにChatGPTを補助的に活用する方向で導入を検討しているそうです。

参考記事:商工会職員様向けChatGPT×プレスリリース作成講座

生成AI研修サービスを選ぶポイント

生成AIに関する研修を行ってくれるサービスはたくさんありますが、それぞれのサービスには特徴があります。このサービス選びを間違えてしまうと、自社の業務に生かせない分野を勉強したり、業務上必要のないツールの説明など、意味のない時間を過ごしてしまうかもしれません。最後に、生成AI研修サービスを選ぶポイントについて解説します。

受講者のレベルに合わせた研修内容

生成AIに対する理解度は個人によって異なるため、研修は受講者の知識レベルに応じて最適な研修を選択する必要があります。例えば、全く生成AIに知識のない人がいきなり中級者向けの生成AI活用術の研修を受けたとしても理解することができず、無駄な時間を過ごすことになりかねません。

このことから、その研修サービスには基礎から応用まで段階的に学べるプログラムを提供しているか、またはカスタマイズが可能かどうかを確認しましょう。これにより、すべての社員が研修から最大限の価値を引き出すことができます。

研修日程や講座形式の確認

研修内容やサービスによって、研修日程や講座形式が異なります。そのため、研修サービスを申し込む際には、スケジュールや形式が社員の勤務体系や学習スタイルに合っているか確認する必要があります。

リモートワークや出向先で勤務するような業態の会社であれば、場所を選ばないオンラインセミナーや、いつでも受講可能な動画学習などを活用するとよいでしょう。

また、オフィスに出社している社員向けということであれば、オフィスに講師を招いてオフラインセミナーを行うなどやり方はさまざまあります。

使用ツールの確認

ChatGPTGemini、Stable Diffusionなど、生成AIツールは数多くありますが、それぞれ特徴があり、できることとできないことが分かれています。このことから、自社業務で取り入れるAIツールに合わせた研修を受ける必要があります。

例えば、画像生成AIを活用する計画がある場合、その分野に特化した研修が提供されているか確認することが重要です。業務に直接関連しないツールの研修を受けても、実際の業務への適用が難しく、あまり意味のない時間を過ごすことになります。

生成AIのできることや仕組みについて詳しく知りたい方は、下記の記事を合わせてご確認ください。
生成AIとは何か?仕組みやできることをAI専門家がわかりやすく解説

生成AIの研修導入で競合他社と差をつける

次々と新たな技術が開発され、日を追うごとに進化を続ける生成AI。今後、生成AI技術についていけない会社と、しっかりトレンドを把握し日々生成AI技術に関する勉強を進める会社とでは、大きな差が開く可能性があるでしょう。

そうならないためにも、定期的に生成AIに関する研修を受けることをおすすめします。生成AIの研修を行うことで、社員全体のリテラシーを高めることができ、活用の幅も広がります。それにより、業務効率が上がったり、今までになかったアイディアが生まれることもあるでしょう。

このように生成AIは、単に業務効率を上げるツールではなく、新たなビジネスチャンスを生み出すためのヒントとなることもあります。さらに使い方によっては新たなサービスを生み出すこともできるでしょう。

昨今の流れを見ても、今後どんどん生成AIを活用したサービスが増えていくことが予想されます。生成AIブームの今、生成AIを導入した新たなサービスの開発は、競合他社と差を広げるチャンスかもしれません。

サービス紹介資料

【無料】2023年4月版生成系AIの業務活用なら!

・生成系AIを活用したPoC開発

・生成系AIの業務活用コンサルティング

・システム間API連携

サービス紹介資料

生成系AIの業務活用なら!

・生成系AIを活用したPoC開発

・生成系AIのコンサルティング

・システム間API連携

最後に

いかがだったでしょうか?

弊社では

・マーケティングやエンジニアリングなどの専門知識を学習させたAI社員の開発
・要件定義・業務フロー作成を80%自動化できる自律型AIエージェントの開発
・生成AIとRPAを組み合わせた業務自動化ツールの開発
・社内人事業務を99%自動化できるAIツールの開発
ハルシネーション対策AIツールの開発
自社専用のAIチャットボットの開発

などの開発実績がございます。

まずは、「無料相談」にてご相談を承っておりますので、ご興味がある方はぜひご連絡ください。

➡︎生成AIを使った業務効率化、生成AIツールの開発について相談をしてみる。

生成AIを社内で活用していきたい方へ

「生成AIを社内で活用したい」「生成AIの事業をやっていきたい」という方に向けて、生成AI社内セミナー・勉強会をさせていただいております。

セミナー内容や料金については、ご相談ください。

また、弊社紹介資料もご用意しておりますので、併せてご確認ください。

投稿者

  • 晋平大竹

    生成AIの登場に大きな衝撃を受けたWebライター。好きなAIツールは、ChatGPTとAdobeFirefly。AIがこれからの世界を良い方向に導いてくれると信じ、正しい&有益な情報を発信し続けています!

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次