サイトのデザインが新しくなりました。

生成AIをMAに活用する方法!マーケティングが劇的に改善するAIツールを解説

生成AI MA 活用 マーケティング 改善 AIツール

MAツール(マーケティングオートメーション)に生成AIを活用することで、大量の業務が効率化されることを知っていますか?

例えば、コンテンツ作成やデータ分析、広告の買い付けなどが自動化できます。これらの作業を自動化することで、人はより重要な業務を進めることが可能です。

この記事では、生成AIの概要やMAでできることをわかりやすく紹介します。最後まで読んでいただくことで、MAで生成AIを活用し作業時間を大幅に短縮させることができるでしょう。

ぜひ、最後までご覧ください。

なお弊社では、生成AIツール開発についての無料相談を承っています。こちらからお気軽にご相談ください。
→無料相談で話を聞いてみる

目次

生成AIの概要

生成AI従来のAIの違いについて知らない方もいるのではないでしょうか?ここでは、生成AIの概要や従来のAIとの違いについてわかりやすく解説しています。ぜひ参考にしてください。

そもそも生成AIとは?

生成AIとは、膨大なデータを学習しており、そのデータを基に新たなコンテンツを生み出せるAIのことです。具体的には、テキストや画像、音声、動画などさまざまなコンテンツを生成できます。

この技術は、ディープラーニングと呼ばれる方法で構築され、多くのデータを事前に学習します。そのため、利用者は特別な知識がなくても、生成AIを使って新しいコンテンツを生成することが可能なのです。生成AIの魅力は、誰でも利用できる使いやすさと幅広いジャンルに対応できる能力です。

普通のAIとの違いは?

生成AIと普通のAIとの違いは、「新しいコンテンツを生み出せるかどうか」です。

具体的に説明すると、生成AIは学習したデータを基に文章や画像、動画など新しいコンテンツを生成します。しかし、従来のAIは、学習しているデータから結果を予測することしかできません。つまり、新しいコンテンツを生成できないのです。

このように、普通のAIと生成AIには大きな違いがあります。生成AIは、「0〜1」を作り出せるツールなのです。

なお、生成AIの企業利用・開発のリスクについて詳しく知りたい方は、下記の記事を合わせてご確認ください。
生成AIの企業利用・開発のリスクとその対策を解説!開発失敗事例も紹介

MAツール(マーケティングオートメーション)でも生成AIが活躍中!

MAとは、マーケティングオートメーションの略で、マーケティング活動を自動化し効率化するためのシステムです。この仕組みのことを「MAツール」と呼ぶこともあります。

生成AIをMAに組み込むことで、パーソナライズされたコンテンツの作成や、コンテンツアイデアの提案、データ分析などが可能です。このような作業を生成AIに任せ自動化することで、作業効率が上がり業績アップにつながります。生成AIとMAを組み合わせることで、マーケティング活動を効率化し、企業の成長へと導いてくれます。

MAツール(マーケティングオートメーション)で生成AIにできること6つ

MA(マーケティングオートメーション)で生成AIにできること6つを紹介します。生成AIを活用すると、コンテンツの作成データ分析案出しが自動化され効率が上がります。これから紹介するMAに活用できる業務を参考にすることで、導入する目的が明確になるでしょう。。

評判の定量化&分析

MAで生成AIを使用することで、「評判の定量化&分析」ができます。これは、企業が持っている大量のデータを分析し、そこから有益な情報を探し出すことが可能です。

具体的には、購買や行動の履歴、顧客リストなどの情報を集め、データを解析します。その解析結果を基に、企業や商品の評判を数値化し、世間の反応を明確に把握することが可能です。

このように生成AIを利用することで、企業は市場の動向をリアルタイムで把握し、戦略的な意思決定に活用できるのです。

広告クリエイティブ生成

生成AIを活用することで、広告クリエイティブ生成が可能です。この技術は、大量のデータを分析し、顧客ごとにパーソナライズされた広告コンテンツをリアルタイムで作成できます。

例えば、顧客が閲覧しているWebページの内容を解析し、その顧客に最適な画像やテキストを組み合わせた広告を表示することが可能です。そのため、従来の手法ではできなかった高度なパーソナライゼーションが実現し、顧客の関心に基づいたコンテンツの提供が可能になります。

コンテンツ生成

MAツールに搭載された生成AIを使用することで、文章や画像、動画などさまざまなコンテンツを生成できます。例えば、SNSに投稿する画像やメルマガで配信する文章、広告に使用する動画などです。このようなコンテンツ作成には、多くの時間が必要です。

しかし、生成AIを使用することで、作業時間を短縮しコンテンツを作成できます。また、コンテンツ作成時間が短くなるため、投稿までのスピードも早くなります。生成AIを使うことで、大幅な作業時間の短縮が可能です。

ターゲティング

生成AIを利用することで、正確なターゲティングが可能です。AIは、顧客の行動パターンや購買状況など大量のデータを分析し、その結果から最適なターゲット層と効率的なメッセージ配信方法を導き出します。

この自動化と最適化により、特定の顧客セグメントに対して、適切でパーソナライズされたアプローチが可能です。AIの精度が向上するほど、ターゲティングはさらに洗練され、マーケティング活動の効率性と効果を高めていきます。

広告枠の買い付け

MAで生成AIを活用することで、広告枠の買い付けが可能です。生成AIは、ビッディング(広告枠の買い付け)を自動で行い、予算やKPIに基づいて最適なメディアプランニングと予算配分を決定します。

このプロセスにおいて、運用担当者の役割は予算とKPIの設定に限られ、AIが残りの部分の業務を行います。そのため、膨大なデータを迅速に処理し、PDCAサイクルを回しながら休みなく広告の最適化を図ることが可能です。

結果として、人間の作業を最小限に抑え、効率的で効果的な広告配信ができます。

案出し

MAで生成AIにできることの最後の一つは、案出しです。案出しに生成AIを使用することで、従来の人間の手によるコンテンツ制作と異なり、ユニークで革新的なアイデアを提案できます。

具体的には、ChatGPTBardのような生成AIは、対話を通じて新しいアイデアや視点を提案します。そのため、キャッチコピーの制作やコンテンツの企画段階で、従来では思いつかなかったアイデアを得ることが可能です。

生成AIを使用することで、顧客の関心を惹きつけるコンテンツを作成できます。

なお、生成AI×マーケティングについて詳しく知りたい方は、下記の記事を合わせてご確認ください。
【生成AI×マーケティング】CVR爆上がり、マーケター特化の活用術

MAツール(マーケティングオートメーション)における生成AIの問題点

ここでは、MAツール(マーケティングオートメーション)における生成AIの問題点について紹介します。生成AIを活用すると、ハルシネーション著作権侵害情報流出などのリスクがあります。生成AIの問題点を知ることで、MAにおいて安全にAIを活用できるようになるので、ぜひご覧ください。

ハルシネーション

MAツールにおいて生成AIを使用する際の問題点として、ハルシネーションリスクがあります。ハルシネーションは、AIが事実ではない情報を生成する現象のことです。

この問題は、学習のデータの偏りや不足、またはAIの内部構造の複雑さによって起こります。例えば、AIが学習していない情報について誤った内容を生成する可能性があります。

MAツールで生成AIを活用する際には、ハルシネーションリスクを理解し、適切なデータセットとモデル構造の選択が重要です。

著作権侵害リスク

生成AIをMAツールで利用する際の問題点に、著作権侵害リスクがあります。生成AIはインターネット上の膨大なデータを学習して新しいコンテンツを生成しますが、そのデータには著作権で保護されているものも含まれている可能性があります。そのため、生成したコンテンツが無意識に著作権を侵害してしまうリスクがあるのです。

このリスクを回避するには、生成AIによって使用されるデータの出典やコンテンツの内容を慎重に確認することが重要です。

情報流出リスク

生成AIを使用する際には、情報流出のリスクが伴います。特にMAツールにおいては大量の顧客データを扱うため、情報漏洩が起きると重大な問題に発展します。

AIが学習するデータには機密情報が含まれている可能性があり、それが外部に漏れるとビジネスに大きな影響を及ぼしてしまうのです。このリスクに対処するためには、データの取り扱いに関する厳重な管理が必要です。

情報漏洩への対策として、オプトアウト設定があります。この設定をすることで、不正アクセスや漏洩リスクを減らすことができます。

生成AI×MAツール(マーケティングオートメーション)導入事例

MAツール(マーケティングオートメーション)に生成AIを導入している事例を2つ紹介します。これから紹介する事例は、サービス向上経営効率改善広告の制作を効率化するために導入されています。MAに生成AIを導入しようと検討している方は、参考にしてみてください。

ベネッセホールディングス

ベネッセホールディングスは、Web制作の効率化と品質向上を目指して、生成AIとノーコードツールを導入しました。このツールにより、制作期間が8週間から3週間へと大幅に短縮され、コストも4割削減する成果を達成しました。

従来の作業フローの見直しとテキスト生成AIツールの導入により、Webに最適なコピーを迅速に開発できるようになり、品質のばらつきを解消したのです。この事例は、業務プロセスの再構築と自動化に成功し、顧客体験を向上させています。

参考記事:【生成AI活用支援】ベネッセホールディングスさま

電通グループ

電通グループは、AI技術を利用してインターネット広告の制作を効率化する「ADVANCED CREATIVE MAKER」というツールを開発しました。このツールは、過去の広告データから学習し、わずか5秒で効果的な広告バナーを1枚生成できます。

この方法では、短時間で多くのバナー候補を作り出し、その中から特に効果が高いと予想される10〜20の優れたバナーを選出します。このAIの導入により、従来は時間がかかっていた広告制作の工程が大幅に短縮され、人間とAIが協力する新しい作業スタイルが生まれました。

電通グループのこの取り組みは、マーケティング自動化におけるAIの有効活用事例として、将来のマーケティング戦略に大きな影響を与えています。

参考記事:電通デジタル・電通・データアーティストバナー自動生成AIツール「ADVANCED CREATIVE MAKER」(β版)を開発

なお、ChatGPTの日本企業導入事例について詳しく知りたい方は、下記の記事を合わせてご確認ください。
ChatGPTの日本企業導入事例をまとめて紹介!業務に導入するメリットや注意点も解説

生成AI搭載型のMAツール(マーケティングオートメーション)ツール5選!

生成AI搭載型のMAツール(マーケティングオートメーション)を5選紹介します。MAツールにも、分析が得意なものやコンテンツ生成が得意なものとさまざまあります。活用したい分野に合ったツールを選ぶことが重要です。

【評判の分析】Ubun BASE

Ubun BASEの新機能「レビュー分析 Powered by ChatGPT API」は、レビュー収集やフィルタリングなどの分析が可能です。この機能を利用することで、今まで時間とリソースを大量に消費していた、商品レビューの収集やフィルタリング、解析作業を大幅に効率化できます。

この機能は、自然言語処理技術を駆使し、レビューテキストから価値ある情報を引き出すことができます。

参考記事:Ubun BASEにChatGPTを活用したレビュー分析機能をリリース

【評判の分析】ferret One

ferret Oneは、BtoBマーケティングに特化したMAツールです。このツールは、直感的なノーコードCMSを採用し、エンジニアデザイナーに頼らず、マーケティング担当者が自らサイト更新やリード獲得を行えるのが特徴です。

さらに、ChatGPTを活用したAIアシスタントが搭載されており、文章の自動作成やデータ分析からの改善提案、LPの最適化などができます。

参考記事:ferret One

【クリエイティブ生成】Adobe Sensei GenAI

Adobe Senseiは、AIを駆使したクリエイティブ生成のための強力なツールです。ジェネレーティブAI技術を活用して、パーソナライズされたコンテンツやコピーを生成し、人間味のある会話体験ができます。そのため、マーケティングの取り組みが飛躍的に効率化され、顧客が求める優れた体験を提供します。

Adobe Senseiは、データを分析しワークフローを自動化することで、マーケターが手間のかかる作業から解放され重要な業務に集中することが可能です。

参考記事:Adobe Sensei

【クリエイティブ生成】P-MAX

P-MAXはGoogleが開発した広告サービスで、生成AIを活用して数クリックで広告を最適化し、新しいテキストや画像のアセットを自動生成します。また、このツールは同じ画像を複数生成する可能性は低いです。そのため、他の企業と同じ画像になることがありません。

P-MAXを使うことで、企業は効率的に魅力的な広告を制作し、ターゲットに強く訴えかけることが可能になります。

参考記事:P-MAX

【コンテンツ生成】aimstar

aimstarは、BtoC業界向けに特化したMAツールです。このツールは、データの統合から分析、シナリオの設計などが可能です。

特に、100種類以上の分析テンプレートを標準装備しており、マーケティング担当者が迅速に売上拡大のために施策を立てることができます。このようにaimstarは、売上の持続的な拡大を目指す企業にとって、業務を簡単かつ効率的に行うための強力なサポートツールとなります。

参考記事:aimstar

弊社のAIツール導入活用支援について

弊社・株式会社WEELのサービス「AIツールの導入支援・活用促進」では、お客様のAIツール導入から活用までを、一気通貫でサポートしています。AIツールの導入にあたって、お客様が直面しうる

● どんなAIを使えばいいのか?
● うちには何が合うのか?
● 生成AIツールが多すぎて、わけがわからない
● ChatGPT公式や無料AIツールで、解決できないか?
● 一度入れてみたけれど、業務に合わなかった……

といったお困りごとを、弊社スタッフが伴走しながら解決いたします。詳しい内容や料金につきましては、下表をご覧ください。

AIツールの導入支援・活用促進
期間2〜4ヶ月
内容・要件定義
・改善案提出
・新業務フロー図の作成
・導入支援・ツールの設定
・サポート
見積もり額¥ 2,400,000 ~ 4,800,000
※対象規模により変動

「うちにもAIツールで自動化できる業務があるのでは……」と気になった場合は、ぜひ無料相談で、貴社のお困りごとをお聞かせください。「有料より良い無料ツールはないか」なども含めて、弊社の知見を共有させていただきます。
→無料相談で話を聞いてみる

AIツールの導入促進紹介資料

生成AIを組織に取り入れたい!といった方へ

【無料】サービス紹介資料AIツールの導入支援/活用促進

AIを取り入れようとお考えの企業様の支援をするサービスです。フローや実績も載せています。

AIツールの導入促進紹介資料

生成AIを組織に取り入れたい!といった方へ

【無料】サービス紹介資料AIツールの導入支援/活用促進

AIを取り入れようとお考えの企業様の支援をするサービスです。フローや実績も載せています。

なお、生成AIツールの開発費用相場について詳しく知りたい方は、下記の記事を合わせてご確認ください。
生成AIツールの開発費用相場を詳細に解説!コストを削減する2つの方法も紹介

生成AIをMAツール(マーケティングオートメーション)で活用し効率化しよう!

生成AIとは、大量の学習データから新しいコンテンツを作成できるAIのことです。生成AIをMAツール(マーケティングオートメーション)で活用すると作業を効率化できます。

例えば、広告クリエイティブの作成やコンテンツ作成、データ分析などさまざまな分野で活躍できます。そのため、作業量が減り人間は重要な作業へ時間を割くことが可能です。

しかし、生成AIには問題点が3つあります。具体的には、ハルシネーションや著作権侵害、情報漏洩リスクです。これらのリスクは、MAにおいて重大な問題につながります。

問題点に対して対策をすることで、安全に生成AIをMAで利用することが可能です。ぜひ、生成AIを利用して作業を効率化してみてください!

サービス紹介資料

【無料】2023年4月版生成系AIの業務活用なら!

・生成系AIを活用したPoC開発

・生成系AIの業務活用コンサルティング

・システム間API連携

サービス紹介資料

生成系AIの業務活用なら!

・生成系AIを活用したPoC開発

・生成系AIのコンサルティング

・システム間API連携

最後に

いかがだったでしょうか?

弊社では

・マーケティングやエンジニアリングなどの専門知識を学習させたAI社員の開発
・要件定義・業務フロー作成を80%自動化できる自律型AIエージェントの開発
・生成AIとRPAを組み合わせた業務自動化ツールの開発
・社内人事業務を99%自動化できるAIツールの開発
ハルシネーション対策AIツールの開発
自社専用のAIチャットボットの開発

などの開発実績がございます。

まずは、「無料相談」にてご相談を承っておりますので、ご興味がある方はぜひご連絡ください。

➡︎生成AIを使った業務効率化、生成AIツールの開発について相談をしてみる。

生成AIを社内で活用していきたい方へ

「生成AIを社内で活用したい」「生成AIの事業をやっていきたい」という方に向けて、生成AI社内セミナー・勉強会をさせていただいております。

セミナー内容や料金については、ご相談ください。

また、弊社紹介資料もご用意しておりますので、併せてご確認ください。

投稿者

  • 晋平大竹

    生成AIの登場に大きな衝撃を受けたWebライター。好きなAIツールは、ChatGPTとAdobeFirefly。AIがこれからの世界を良い方向に導いてくれると信じ、正しい&有益な情報を発信し続けています!

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次